人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 37 )   > この月の画像一覧

クアトロ・ラガッツィ 天正少年使節と世界帝国

クアトロ・ラガッツィ 天正少年使節と世界帝国

若桑みどり、集英社、2003

3276冊目


週末、大阪に帰省していたせいか、本を読む暇がなかった。この550ページもの大部の本など、持ち歩くことすら憚られた。


しかし、若桑さんの集大成とも言うべきこの本は、小説のような面白みもありつつ、しっかり研究書でもある引用の確かさと、論点の明確さがある。


3章 信長と世界帝国


までが、日本におけるキリスト教会の絶頂期。その絶頂においてヴァリニャーノが少年使節を伴って日本を去った。228


しかも、そのヴァリニャーノはゴアの地において、インド管区長に任命され、旅を共にすることができなくなる。282


お膳立てをした当人を失った使節団。284


6章 運命の車輪


では、全国平定に力のあったキリシタン武将たちが秀吉によって処分される。

キリシタン武将を自らの対抗勢力を滅ぼすことに活用したのち、彼らが九州平定を成し遂げたのちは、彼らを警戒したのだ。403


7章 迫害


は高山右近の改易と追放から始まる。408


著者は秀吉の猟色について「「英雄色を好む」などと行った俗っぽい言葉で、秀吉の行為を見逃すことは自分自身が男根中心主義(ファロセンチュラリズム)である男性の歴史家のやることである。


そして、キリスト教に対する弾圧が始まった。


1586年、リスボンからの帰路は荒波だった。

1590年、変わり果てた日本に少年、いや、8年余を経て、若者たちは帰着した。

彼らを聚楽第に招いた秀吉を欺くために、彼らは自らのキリスト者的要素を押し殺した。

しかし、彼ら全員がイエズス会士になることを選択。その結果は、処刑か、病死、あるいは厳しい拷問の末の棄教であった。


1597年、秀吉が死に、1600年に家康が天下を掌握。1612年、運命暗転の年を迎える。491



歴史のヒーローにはなり得なかった四人の姿を知ろうとすれば、ここまで読み込まなければならななかったと、あとがきに著者は言う。


一方で、宣教師たちが日本人を奴隷として貿易していたと言うような「キリスト教禁止令擁護論」も聞くわけだが、そのことにはこの本では触れられていない。2007年没。


美術史家である著者の他の本はこちら。

https://ericweblog.exblog.jp/2220287/

https://ericweblog.exblog.jp/3872579/

https://ericweblog.exblog.jp/3889871/

https://ericweblog.exblog.jp/3903910/



by eric-blog | 2019-01-30 11:24 | ■週5プロジェクト2018

3.11以降の社会運動 8万人のビッグデータから読む

3.11以降の社会運動 8万人のビッグデータから読む

上野千鶴子さんのコメントのみ、ご紹介。 しっかりパワポをご準備されていたので。


コメンテーターとして呼ばれたわけは、団塊の世代であり、反原発に学者の会を立ち上げるなどの社会運動に関わってきたからだろう。


  • 本研究の意義と評価

8万人規模、インターネット調査

反原発と反安保 時宜を得たものを対象とした

  1. (1)目覚まし時計としての3.11 佐藤圭一 震災よりも福島原発事故 1.5%とは、60歳以上が その時代は大学進学率10%、その半数がデモ経験者。
  2. (2)デモ参加者の連続性 デモ経験が次のデモを呼ぶ。 柄谷行人「デモで社会は変わる。デモができる社会に変わる」 1970年代のデモ体験が40年間、不活性化していたのは。遺産の継承が断絶。
  3. (3)デモ抑制要因 
    1.   ()ニヒリズム、シニシズム、冷笑的な傾向=デモは怖いという印象。経験したことのない世代に、再生産されているのはなぜ?
    2.   ()1970年代、視聴率が80%以上という実況中継だった。
    3.   ()「デモは効果がない」
    4.   ()学生運動は敗北の経験だった。
    5.   ()政治的シニシズムが少ない若者が参加した。二つの運動が政治的シニシズムを払拭した」と言ってみた。ことが証明された。
    6. (4)社会的属性
    7.   ()正規雇用率が62.7%、逆数が非正規比率とすれば、今の数字よりも少ない。参加者の中で比べてはダメ。数値として、全国の傾向を使用するべき。
    8.   ()時間資源のある人が社会運動に参加する。
    9.   ()女性の参加が少ないのは、女性が時間貧乏だから
    10. (5)組織動員か個人参加か
    11.   ()古さと新しさの両方がある。
    12.   ()お一人様は、男性、SNS、これまでの参加がない、
    13.   ()運動が参加者を変える
    14.   ()一旦起きた子は二度と寝ない。
    15.   ()遺産を継承するためには再発生させる装置がなければならない。
    16. (6)情報源
    17. (7)運動が参加者を変えた
    18. (8)gender gap
    19.   ()food concernはライフステージが変わると変化する。
    20.   ()小さな子供がいる母親が参加できないということは、過去の女性の社会参加に対する様々な研究の発見と同じこと。
    21.   ()原因と結果が
    22.   ()生活満足度をハッピーな人と読むことには反対する。因果関係が
    23.   ()運動参加したから生活満足度が
    24.   ()生活満足度が高い人が
    25.   ()相関関係が見えるが、因果関係は説明できない。
    26.   ()時間資源も、経済資源も、ある女性が、生活防衛意識からくる保守主義としてでも参加する。
    27.   ()生活満足度の低い男性が参加し、ルサンチマン
    28.   ()生活満足度が高い女性が参加するのは、生活保守主義。
    29.   ()フェミニズムとの間には緊張関係が存在した。


  • 限界と問題点(論じられていないこと)

    • (1)効力感、自己充足的なもの。
    • (2)価値意識の項目にかけているもの
    • 憲法
    • 民主主義
    • (3)所属集団の類型に欠けているもの
    • ジェンダーセクシュアリティ
    • 人権・マイノリティ
    • (4)「反原発」のハードルが下がった。1980年代の反原発運動との違い。80年代の「電気製品捨てろ」原始生活か原発か。テクノロジーの大きな変化が2000年代には起こっていた。引き換えを強要される必要がない。社会的文脈の変化。社会的背景。
    • (5)運動参加のハードルが下がった。60-70年代、運動参加者は「革命家」が理想形。ステレオタイプ、私には無理だ。「すべてか無か」。社会運動の参加がそこまで要求しない。片手間参加で良い。誰が何を学ぶのか。


  • 3.11以降の動員の推移表

  1. (1)2015.6.4憲法審査会 が大きな反安保のうねりに



  • 教訓は何か

  1. (1)「デモは怖い」イメージの転換 「突っ込め」と叫ぶおっさんの出現を恐れていた。歴史的幸運。運動のノウハウも、40年間にわたって継承されず、警察にも火炎瓶を仕込むノウハウがなくなっていた。女子供にも参加できる。

  2. (2)デモ参加者の継続率を上げるには。初回参加者の5割が退出している。デモ効力感を高めるには。プチ成功体験。運動のレパートリーに「自己充足感」を入れる。

  3. (3)「左派」イメージの功罪。左派アイデンティティのあった人を運動に。左派は減少傾向にあることを認識すべき。

  4. (4)若者の参加洞にある「興味」をどこに誘導するか。そういう集団との接触が歩かないかによる。右にも左にもどちらにでも振れる。


  • 今後の社会運動研究への示唆

  1. (1)定量調査と定性調査の対応によるより詳細な事例研究
  2. (2)ライフストーリーアプローチ 東大闘争の課題(小杉)
  3. (3)歴史的比較 戦後史における社会運動の波とその評価
  4. (4)国際比較 何が日本固有なのか?

by eric-blog | 2019-01-28 17:08 | ■週5プロジェクト2018

ERIC NEWS 628号 より 2019年1月27日

新事務所の住所です! 郵便番号112-0011 文京区千石4-42-2

電話番号 03-6304-1991 鉢酒03ー6304ー1992

事務所の引越しをお手伝いいただける方、大募集!

今なら、レッスンバンクに収録されているアクティビティ、プログラムのアイデア、なんでも欲しいものは持って行ってOK状態です! 捨てる予定です。ご連絡ください! 交通費出します。

まとまった日数お手伝いいただける方には日当も出します! ご連絡ください。



◆◇◆◇ 1.  【収活からの収穫】ERIC leggs レッスンバンクの卵たち09-11、05-07 ◆◇◆◇


過去プロジェクト棚と神棚について、前回はご紹介しました。今回は、前扉付き引き出し式の重厚長大なファイル棚に入れていた「leggs」レッスンバンクの卵たちを09年から11年の分と05-07年分を整理しました。一部は取り置き、一部はPDF、そして多くは廃棄にしました。


leggsを整理していて楽しいことは、「leggsを伸ばす一言集」からの一言が、どのファイルにも入っていること。断捨離の作業に「クスリ」と笑いがこみ上げます。やっておいてよかったあ! KさんやTさんなど、懐かしい名前が開発者の欄に入っています。一言にはこんなものがあり、単純作業の疲労を癒してくれまする。

https://ericweblog.exblog.jp/6937621/


2009年から2011年というのは、東日本大震災前夜ということになります。

https://ericweblog.exblog.jp/239071416/


ここに挙げられたテーマを見ていると、いまも続く課題ばかりだということがわかります。再びの既視感、でしょうか。


leggsは2005年から始まっています。そこからレッスンバンクに「昇格」したものもたくさんあります。05年から07年までのものを整理していると、すでにテキストに入れられているものがたくさんあって、これまでのテキスト開発にレッスンバンク、leggsが果たした役割は大きいなあと感じました。ご協力いただいたみなさま、改めましてありがとうございます!


レッスンバンクのリストはERICのホームページからご覧いただけます。

http://www.eric-net.org/lessonbank01.html


これからは、learning by doingではなく、teaching by doing。doing is learning!


人生120年の時代に入ったとしても、かくたは、すでに人生半ばを過ぎました。これからは、何を為すかによって教育するのが「カナリアハウス」の存在意義になると思います。


国際的な人類共通の課題について学びつづける、自分をケアする、できるサポートを提供する、そんなことをやっていきたいと思います。千石時代のERICnextにもご期待ご協力くださいね。


ESDteachusALL, Active Life-long Learning. アクティブな生涯学習によって持続可能な社会を実現していきましょう。



by eric-blog | 2019-01-26 21:46 | ERICニュース

永遠のファシズム

永遠のファシズム

ウンベルト・エーコ、岩波書店、2018, 単行本1998

3275冊目


今日イタリアでは、解放戦争は悲劇的な分断期だったのだから、今こそ改めて国をあげて若いすべきだと主張する人がいます。あの恐ろしい時代の記憶は鎮められるべきかもしれません。しかし無理やり沈めることは心を苛みます。改めて和解することが、事故の信念に従ってあの戦争を戦い抜いた全ての人々に対する共感と尊敬を意味するとしても、許すことは忘れることを意味するわけではありません。わたしには、たとえアイヒマンが心底自分の使命を信じていたと認めることはできても、「オーケー、また復帰して続け給え」という気には到底なれません。今ここにわたし達がいるのは、他でもない、過去に起きたことを思い出し、<彼ら>が二度と同じことを繰り返してはならないと、厳粛に宣告するためなのです。

ですが<かれら>とは、いったい誰なのでしょうか。

もし第二次世界大戦以前にヨーロッパを支配したさまざまな全体主義政権を、いまだに想定しているのなら、歴史的諸条件が異なる状況下で同じ形態が蘇ることは困難であると、安心して断言できます。35


原ファシズムは、いまでもわたしたちの周りに、時には何気ない装いでいるのです。・・・これ以上ない無邪気な装いで、原ファシズムが蘇る可能性は、いまでもあるのです。わたしたちの義務は、その正体を暴き、毎日世界の至る所で新たな形をとって現れてくる原ファシズムを、一つひとつ指弾することです。60

建築も、称号、芸術、政治集団、

1 伝統崇拝 48

2 伝統主義が含むモダニズムの拒絶 50 非合理主義

3 行動のための行動を崇拝する 思考は去勢の一形態と考えられる 知的世界への猜疑心 51

4 混合主義は批判を受け入れることができない。批判精神は区別を生じさせる。区別するということは近代主義。科学的共同体は対立する意見に耳を貸す。原ファシズムでは、意見の対立は裏切りです。51

5 意見の対立は異質性の印。余所者排除、人種差別主義的

6 個人及び社会の欲求不満から発生する、新しい多数派

7 いかなる社会的アイデンティティも持たない人々に対し、原ファシズムは諸君にって唯一の特権は、同じ国に生まれたという事実だと語りかけます。52

国家にアイデンティティ。

8 信奉者は敵のこれ見よがしな豊かさや力に屈辱を覚える。

9 生のための闘争は存在しない。闘争のための生のみ。54 平和主義は悪。

10 エリート主義は本質的に貴族主義。

11 一人一人が英雄になるべく教育される。規律という英雄主義。

12 潜在的意志を性の問題にすり替える。、男根願望に起因する戦争ごっこ

13 質的ポピュリズム 原ファシズムにとって、個人は個人ととして権利を持ちません。量として認識される「民衆」こそが、結束した集合体として「共通の意志」を表すのです。人間存在をどのように量として捉えたところで、それが共通意志を持つことなどあり得ませんから、指導者は彼らの通訳をよそおうだけです。痛くけんを失った市民は行動に出ることもなく、全体を表す一部として駆り出され、民衆の役割を演じるだけです。こうして民衆は演劇的機能に過ぎないものとなるわけです。

14 原ファシズムは「新言語」ニュースピークを話します。オーウェルの造語。


以上が原ファシズムの特徴。




by eric-blog | 2019-01-25 09:37 | ■週5プロジェクト2018

leggs06-07

6001

1秒の世界




『1秒の世界』Think the Earth Project ダイヤモンド社

6002

「ジェンダーフリー」をめぐって




ジェンダーフリー 「不使用通知」広がる波紋 朝日新聞の記事

6003

フォトランゲージ・オーストラリア




フォトランゲージ・オーストラリア コピー

6004

WORD POWER




西部文理大学英語基礎演習用単語の段階を超えて、何が基本語彙の拡充につながるか・カラー・神・動物・シェークスピア・評価関連単語

6005

木から得られているもの


角田


図版

6007

世界は今




わたしたちの「今」にヨーロッパ各国による植民地支配が、どのように影響を与えているだろうか。知っていることや最近のニュースと、「世界を分割したヨーロッパ」との関連を見る  Sangseng Spring2005

6008

個の権利・コミュニティの論理



LB18-16個の権利・コミュニティの論理-近代の人間化

文字系統図 世界の文字の図典人類の移住ルート 

6009

少年事件に学ぶ




「少年A」についての本の著者が送ってくださったもの

6010

地球・いのち・美意識


角田

18-3 地球・いのち・美意識

創造学園大学のレジュメ

6011

大学におけるSustainability 教育とは~日本とスウェーデンとの対話から


講演ワークショップ「大学におけるSustainability 教育とは」ふりかえりシート

6012

レスリー・コームズ記録





6013

Lunch Menu




どの英訳が最もゆるされないか

6014

判定用紙


角田


サービス経営学科で用いられている資料なんのために判定するのか 

6016

ホモアカデミクス-大学というところ





6017

東京都の国際理解教育





6018

教育文化の重層性


角田


日本における教育文化の重層性と影響 ワークシート

6019

ジェンダーウォッチ




チエックリスト:Evaliating text/materialGebderwatch! Cambridge University Press1992より

6020

文化とマネジメント




「交渉における異文化要因」協調的交渉術資料 2001年American History:Why American act the way they do価値の形成と歴史

6021

写真と使った教材


足立


写真教材・写真と使ったアクティビティ リスト

6022

セルフエスティーム再考


木野


01年度教育力向上講座 「セルフエスティーム再考」プログラムセルフエスティ-ムと類語

6023

教育のこれからを考える




教育のこれからを考える ワークショップ記録 2001文部科学省組織図、文部科学省機構変遷表B.Reardon 教育目標日本における教育文化の重層性と影響 ワークシート

6024

400エーカーの森



PLT Introductory Module に収録

PLT新版翻訳

6025

人間についての諸科学




動物から人間を見る論理

6026

リスニング難易


角田


英語リスニング難易度表

6029

敵の顔




『敵の顔』より 敵意の心理学 戦士vs女、新兵器システム開発イニシアティブ

6030

開発コンパス ERIC版




Tide Development Compass Rose consultation pack より応用

6027

ORIDふりかえりシート


角田



6031

平和教育実践


角田


06年度 恵泉 平和教育実践 集中講座 カリキュラム、学生ふりかえり

6032

メンター制度


木野


メンターに関する記事教育実習改善に関する調査報告書 H9

6033

わたしたちの住んでいるところ




PLTモジュール『わたしたちの住んでいるところ』100dots sheetの効用思考スキル

6034

熊本の樹を使って




チラシ、パンフレット

6035

教員の専門性


角田


『新ティーチング・プロフェッション』より

6036

人権を学ぶ場をつくる


鬼木


栗本敦子さん「人権を学ぶ場をつくる」

6037

心の凍り、まだ溶けぬ


角田


06.9.13 埼玉県 研修での展開を発展させたもの「しがまっこ」溶けるためにい必要なこと

6038

子ども・ことば・発達


角田


岡本夏木『ことばと発達』『子どもとことば』

6039

男だてらに女泣き


角田


『「男だてら」に「女泣き」』奥山和弘 文芸社2003 「枠の組み」の中での発想男女共同参画を味わう

6040

解放新聞




しぬまでしきじ曹洞宗住職差別講演事件で

6041

学校グループワーク


角田


06.10.6 水野阿修羅さんのワークで使ったものハガキでグループワーク効果的コミュニケーション、論理系コミュニケーション変調傾向を助長るよね、といううのがわたしの感想。

6044

性の構造図




『遺伝子「不平等」社会』よりGAP

6045

PLTリーダー養成プログラム




2006年大分 PLT 3回連絡講座 実施アクティビティ新版 翻訳 42 太陽の光と木々の緑、46 校庭サファリ探検

6046

ひとがひとになるということ


角田


『ひとがひとをわかるということ 間主体性と相互主体性』 鯨岡峻 より関係性発達の概念図参考文献リスト

6042

グリーナムの女たち


角田


06.10.14 上映会参加。歌が印象的・We are witches of Diana・Which side are you on?・Carry Greenham Home.

6043

年表いろいろ


木野


Gap用他 国際協力50年、男女共同参画年表

6047

ラ-ニングオーガニゼーションの分析


角田


・これまでERICが取り組んできたこと・他のLOが取り組んでいることプロジェクト/概要/効果・効率/成果/成長

6048

ABM分布図




全国あほばか分布図

6049

ユニバーサルデザインワークショップ


角田


2006 ユニバーサルデザインワークショップ 大分由布市 資料ユニバーサルデザインって何?

6051

シングル単位の社会学




北区2006さんかく大学講座 伊田広行さん 格差のある社会をどう生きるかコスタリカ平和文化教育における基本的価値観に関する理論体系夢を100

6052

あなたがうまれたひ


角田


On the Day You Were Born 絵本・詩

6053

わたし・あなた・みんなの スキル・ビルダー




わたし・あなた・みんなの スキル・ビルダースキルビルダー年間計画表スキル分野別・ビルダー月間計画表 

6054

心の先史時代




子どもの発達に内蔵された人類の発達『心の先史時代』スティーブン・ミズン より

6055

こころの手をつなごうえー


角田


『こころの手をつなごうえー 子どもが考える子どもの人権』作文

6056

大学にPLTを導入する


足立、角田


講座15回の構成

6057

南アフリカ年表


角田


『南アフリカ「虹の国」への歩み』峯陽一より

6058

男女平等基本条例改正新旧対照表





6059

国ってなあに


角田


テーマワーク「国ってなあに?」の学習の流れ6つの国のジグゾーパズル「有利?不利?」検討のための視点他の国について学ぶ学習計画のチェックリストp1066つの国 型紙原形

6060

シュタイナー教育に学ぶ


角田


週5 「シュタイナー教育の実践 理想の実践とは」学年毎の主要授業の例1-12学年、一週の科目時間数の例、シュタイナー学校の教師のための教育講座・一般公開講座タイトル

6061

自然観察の手法-植物編


角田

10分ウォーク かんたん散歩 LB12-5 植物編、LB12-6エコロジー編

「植物の生活型の話 雑草のくらし・野外観察入門」より

6062

私を女と云うな


角田


GAP 週5 「思想の身体 性の巻」 「私は「私を女と云うな」と言う女である」

6063

歴史教育のあり方(仮)


木野


高校の世界史未履修を受けて、「世界史と日本史」山内昌之 

6064

コミュニティベースのこころのケア


木野


0666.12.8-10 「コミュニティベースのこころのケアワークショップ」資料

6065

環境基本計画


角田


06.12.12 勉強会with増原さん「環境基本計画」をコミュニケートする。方法にリスクコミュニケーションを参照する

6066

子どもの遊び


角田


子どもの遊びの分類 週5「ケガレからカミへ」新谷尚紀 木耳者ワークシート:おもちゃ遊び、身体遊び、場所遊び、言葉遊び/模倣、めまい、競争、運

6067

教育という文化


角田


「教育」とは何か 「矛盾したメッセージ」に対して「人権教育」の課題は何かを考える手順週5「教育という文化」 ブルーナーの考え方は二元的で機会的なので、主要な考え方リストを作成し

6068

アクティビティ実践評価表


角田


ワークシート

6069

教育マニュフェスト


角田


06.12.16 大朋生涯学習センターにて 資料

6070

なぜ日本人は?


角田


比較文化論を英語教育に活かす。英語討論のクラスで配ったもの。「誤解される日本人」「英語で話す「日本の謎」Q&A」

6071

モラハラ度チェック


角田


モラハラ度チェックリスト

6072

いじめ


角田


ビッグコミックオリジナル

6073

スゥエーデン環境法典


木野


06.12.19スゥエーデン環境法典-次世代のためのリスクマネジメント

6075

日本語(仮)




大学教材 クッション言葉や敬語を使って、客に対する丁寧な表現に変える

6076

知的財産


角田


西武文理大学の山村講師より 0609知的財産権 早わかり表

6077

参考文献いろいろ


角田


米原万里さんの『打ちのめされるようなすごい本』、グリフィス大学、『学力 いまそしてこれから』

6078

学力


角田


『学力 いま、そしてこれから』山森、荘島 2006 ミネルヴァ書房

6079

発達資産


木野


アメリカの「発達資産」青少年の社会参加活用ハンドブックより 内閣府 H14

6080

教育マニュフェストワークショップ


角田


教育マニュフェストづくりをKJ法で すすめ方、各段階の成果物内容

6081

千年向学


角田


日本の千年湯、巨木ツアーも入れるかね

6082

リスク


さとう


PLTリスクモジュール翻訳プロジェクト

6083

New Internationalist 読書会


角田


07.1.14 小川町New Internationalist 読書会 Ethical Shopping oxymoron環境とフェミニズムの英会話寺子屋

6084

マンション探検マップ




マンションライフセミナー「地域の安全とマンションコミュニティー」

6085

ら抜きの殺意


角田


『ら抜きの殺意』よりジェンダー編 台本 

6086

世界人権宣言


田中


アムネスティインターナショナル日本支部訳

6087

フォトランゲージ ジェンダーの固観念


田中



6088

18歳って大人?


木野


07.1.18 朝日新聞オピニオン

6089

ジェンダー・労働・政治


角田


07.1.25 お茶の水女子大ジェンダー研究センター 勉強会資料ハイディ・ゴッドフリード

6090

第7回東アジア女性フォーラム 


角田



6091

天皇制と部落差別


角田


上杉総 天皇制と部落差別 

5111

小水力(仮)


角田


エネルギーを調べる。意識する。06.3.10 小水力利用推進協議会 記録・資料

5112

人類のクオンタム・リープトレイサー


角田


身の回りの情報を読み取り、行動に活かす力。言葉の力。道具の力→生き残る、生き延びる

5113

詩 さようなら(仮)


角田



5115

感情の命名法


角田



6074

「結婚」がうれしい社会ってどんなのかな?




ESDfc05 人権教育 S3.プログラムづくりの成果

6092

人権教育海外教材アクティビティ168選


角田


1999年5月22日 国際理解教育基礎コース資料 

6093

日本語教師養成




日本語教師養成の標準的な教育内容、日本語教育能力検定試験出題範囲

6094

日本人とアメリカ人の仕事の概念




日本人論に関する12章 杉本良太、ロス・マオア、ちくま 2000

6095

箸とチョッカラク


角田


コミュニケーションについての調査項目 恵泉平和教育

6096

キャリア教育フォーラム


木野


07.1.28 キャリア教育フォーラム資料 企業による教員研修プログラム

6097

わたしのスキルビルダー 価値観の形成


木野


リビングバリュー×道徳学習指導要領

6098

資料の効果的な使い方


佐藤


ESDfc 地球の見方、未来を学ぼう プログラムより

6099

聞く技術・伝える技術


角田


『聞く技術・伝える技術』チェックリスト1~5、チェックリストの評価

6100

憲法9条


角田


2006年度明治学院大学国際平和研究所 国際シンポジウム「世界の中の憲法9条」07.2.24-25  資料、メモ

6101

環境リスク学


角田


FORの学習会用資料として 『環境リスク学 不安の海の羅針盤』中西準子、日本評論社、2004

6102

成人教育・生涯学習


角田


『苦悩する先進国の生涯学習』佐久間孝正・里沢惟昭、社会評論社  1996より 成人教育参加者の属性

7001

キーコンピテンシー


角田


『キーコンピテンシー』コンピテンシーの3つのカテゴリー、DeSeCoプロジェクト活動の経緯

7002

のばしたい力


角田


『異文化間コミュニケーションへ向けて』橋本満弘、北樹出版 1999より

7003

カウンセラーの養成


角田


『カウンセラー』よりコピー ○課題-国分康孝、○学校カウンセラーの役割、○生活分析カウンセリング-松原達哉、○学校を変えよう-荒井裕司、○日本におけるカウンセラーの養成-松原達哉

7004

デモクラシー・マニュフェスト


角田


7005

You gotta have wa


角田


『You gotta have wa』異文化理解英語の授業で4章を活用

7006

ラブカナルは遠いか




「いまだかつてない!分譲住宅地の土壌汚染!」瀬戸内トラストニュース

7007

識字の暴力


角田


『<識字>の構造-思考を抑圧する文字文化』菊池久一 「白いバッファローの仔の女」『失われる文化・失われるアイデンティティ』『子どもが輝く「とっておきの言葉」』

7008

未来のシナリオ


角田


A"Conserver Society"Bluprint for Canada's Future?

7009

ジェンダー白書




経済危機とジェンダー、新自由主義的なグローバル化とジェンダー平等、ジェンダー予算、「非正規雇用」の蔓延が促す身分格差の拡大、男女共同参画社会と賃金の平等戦略、近代の「貨幣文学」から見た男女共同参画、スークの中のお母さん、「働く」ことは社会参加の条件か?

7010

インターネットの人権侵害


角田



7011

フードマイレージ





7012

わたし、あなた、みんなのスキル・ビルダー


かくた

LB119-11

・わたしの目標・コミュニケーションの目標・コミュニティの目標WS・ていねいなコミュニケーションとは何か?共有・分析・発見ワークシート

7013

ジェンダー予算


かくた


書籍コピー ・ジェンダー予算の基本的概念と実施モデルの例・「ジェンダー予算」の先行事例

7014

弱い絆


かくた


人づきあいの科学「弱い絆でも大丈夫?」日経マガジン07.7.15号より日経新聞07.6.18「私の苦笑い」内海善雄

7015

憲法制度の民主性を問う


かくた


『アメリカ憲法は民主的か』

7016

○○への道のり


かくた


参考文献:Hulet Packrd 人材育成度・大阪市女性協会 キァリアチェックシート

7018

エネルギーJEDI




ジハード対マックワールド

7019

ポリアーキー


かくた


書籍コピー

7020

グローバリゼーションと文化・政治


かくた


アイデンティティ・ポリティクス、ディアスポラを解体する

7021

性の起源


かくた



7022

「ボランティア学習」チェック・ポイント


かくた


「ボランティア学習」学習計画者のためのチェック・ポイント

7023

これって環境問題?人権問題


かくた


研修プログラム+ワークシート等

7024

いま・むかし新聞


FOF 勉強会


「学食を通してみる今・昔」をテーマに、今の実態を話し合った上で、昔を思い出しながら「いま・むかし新聞」・三品献立・選び方食を「同じ場所・時間・メンバーで」が薄れている

7025

年代を特定する


かくた


『考古学と暦年代』より

7026

STS 科学技術社会


かくた


「科学とメディア」についてのまとめ コンセンサス会議のまとめ役、若杉さんによるもの

7027

世界をつながる500円ダイ


さとう



7028

ファシリテーター100の概念


かくた


FHB検討会にて

7029

リスクコミュニケーション




PLTセカンダリーFocus on Risk アクティビティ5の翻訳        

7030

南の風からを分析する


かくた



7031

伝記を使う




決定版 心をそだてるはじめての伝記101人 講談社2001

7032

プレイ・ストラクチャ-




プレイ・ストラクチャ-の分類

7033

地域デザイン




自然・田園・都市の連合体で考える より

7034

わたしたちの町 再発見!




部落解放・人権研究所教材

7035

キューバ都市農業




ERICの研修参加者同士のネットワークから生まれたビデオ

7036

教育基本法





7037

戦争と女性の人権




女たちの戦争と平和資料館、戦争と女性の人権博物館資料等

7038

ストーリーの心理学




「ストーリーの発生と機能」

7039

アボリジナリティ





7040

共感覚





7041

NPO立学校法人




「初の私立ろう学校、来春開校」日経新聞07.9.26

7042

100ドットシート





7043

みらいグリーンマップ





7044





保有財の比較、アメリカのクラスター

7045

貧困と社会的排除


かくた


スラムが合法外襟あだったからこそ、スラムになった。書籍コピー2章 排除による貧困4章 住宅からみた高齢女性の貧困5章 健康と貧困の相互関係6章 大都市における貧困の空間分析8章 福祉政策と女性の貧困

7046

2050年脱温暖化社会のライフスタイル


かくた


IT社会のエコデザイン 東京大学 RCAST, 電通、2007未来予測の6つの法則・フォアキャスティング手法・直感的手法・バックキャスティング手法(規範的)・シナリオプランニング手法・合意形成手法(デルファイ法)・アイデアブレスト調査

7047

いのちの食べ方




森達也 プロフィール:映画監督/ドキュメンタリー作家

7048

2050年人権の未来


かくた


「2050年のライフスタイル・ワークスタイル」10人の人に聞きました。

7049

参議院体験プログラム


かくた


参議院特別体験プログラム本会議録

7050

食育のカリキュラム




学校でつくる食育のカリキュラム北俊夫 明治図書2007(シリーズ食育1-4の1)

7051

ミニ立川・子どもだけの街




3日間子どもだけの街 ミニミュンヘンから

7052

シャドウイング





7053

けいしちょう




広報けいしちょう第28号 それは犯罪です。

7054

社会資本整備


かくた


『社会資本の未来』日経.1999より神野直彦『システム改革の政治経済学』

7055

リスク学





7056

第二言語の習得




第ニ言語習得の段階

7057

栄養英語





7058

美味しい映画




美味しい映画の味わい方 フィルムが紡ぐ女たち 映画に見る衣・食・住・遊

7059

GlobalCEOシンポ




東北大学グローバルCOE「材料インテグレーション」第1回国際シンポジウム 未来を開く科学と市民 08.1.29

7060

GAP Plus


かくた


GAP大阪08 08.2.9-11 記録とアイデア

7061

社会で子どもを育てる




社会で子どもを育てる 武田信子、平凡社新書2002より事例研究

7062

ESDキッズクラブ




ESDキッズプログラム-未来woつくるためのしつけプログラム

7063

構造改革特区





7064

里山の保全




里山の環境学より



by eric-blog | 2019-01-24 17:03

leggs 05

5001

未来へのパンくず 




聖書のことば糸井重里:ポスターのコピーが映画製作にとって未来へのパンくず。それに導かれて映画がつくられる

5003

ライフスタイルと人権教育


角田


・写真とコピー 英語ではこんな言い方しない・週5 生涯学習がつくる公共空間(05041)

5004

多文化間コミュニケーション


角田


コンフリクト研究会で、小林発表資料

5007

エンゲイジド・ブッディズム


角田


エンゲイジド・ブッディズム研究会資料就職難はどこから

5008

アイスブレーカー 環境・PLT


角田


PLTコーディネーターのネットワーク上で共有・icebreakers・マッチングのための特徴・メールでのやりとり

5009

ジェンダーそのものがコフリクト


金光


コンフリクト研究会資料バックラッシュ・宇部市条例条文・林道義さんのジェンダー批判文・神奈川新聞記事

5010

バイオマス




バイオマス・ニッポンに向けた具体的目標

5011

地球データマップ


角田


NHK地球環境学習のカリキュラム

5012

市民性教育・市民教育


梅村


新規購入資料の概要・市民教育とは、・市民社会による・市民社会のための・市民社会についての・市民社会を通した・市民性教育である。・市民教育の課題・国際的な普遍性のための共通基盤キーワード・「市民性教育」度チェックリスト・参加のスキルと参加型学習

5013

ファシリテーター100の概念アイスブレーカー


角田


TEST in大阪 05.4月29-30 セッション1  05043参照

5014

○○発見伝


角田

LB17-20 物語るからだ

ビッグコミックオリジナルに連載中の「ラーメン発見伝」より芦沢語録を収集。ワークシート

5015

笑いとユーモア


金光


ユーモア、ウィット、ジョークの違いプラスの働き、マイナスの働き(偏見差別につながる笑い)

5018

参加型で出版物を創ろう!


角田


『月刊地理』特集の作り方定期的に発信し続ける 学び続ける組織

5016

人が育つとき、人を育てる言葉


角田


少年の靴磨きという行為の中に、少年が育ったことが読み取れる。少年の育った背景に言葉があった。ファシリテーターの言葉は「未来のパンくず」のように、それに向けて自分自身を編集してゆく糧となるものだ。高いビジョンに向けて、わたしたちの人間的な成長を目指すこと。それなくては長寿社会はつまらなくなるのではないか。

5017

アボリジニ ウォーク




週5 アボリジニの世界-ドリームタイムと始まりの日の声

5005

テロリストは誰


角田


・ビデオ・「戦争中毒」も参考に・テロの定義や考え方を集める

5019

からだことば


角田


ジェスチャー 考えるからだ 「身体とシステム」喜多壮太郎

5020

わが心をルネサンス


角田


中世のキリスト教世界を克服したルネサンスから、西欧的価値観超克への道を探る。ルネサンスが回帰したのがローマで、今の日本が江戸にはまっているのってやっぱり浅い?ローマはルネサンスで15-10世紀遡るのだが。精神の強さを獲得すること心育て

5021

世界情報地図


金光


地球家族の展開のなかで、現状把握と未来予測の資料として使う

5022

貧しい国はなぜ貧しい


角田 金光 ひろさとう

ESDfc.アクティビティコース ワールドスタディーズ で作成したワークシート発展課題のモデルが必要:アジアの国について、日本の侵略について同様の地図を作成し、説明・解説・評価する

5023

ワールドスタディーズ年表


梅村


知識理解に終わらせないために、説明・解説・評価をする

5025

性差が制差に変るとき


角田

LB17-5 性差が制差に変るとき

5024

教育的社会・学び続ける社会


角田


教育について考える 教育目標の共有1949年の徳川夢声の本に示される「学術的な理解が広がる国」のイメージについて、説明・解説・評価してみる。そこから自分たちの目指す教育的社会のイメージを持つ

5026

町づくり市民会議


渡辺


ビジョンtoアクションとして 甚目寺事業を素材にラブカナル的につくったアクティビティビジョン(国内、国際てきな合意事項等)をアクションの点検素材として、または共通基盤として活用した成功事例から学び、エンパワーメントをねらう。

5027

公人?私人


角田


石原都知事「ババァ発言」裁判小泉の靖国参拝についての高裁判断

5028

大学におけるアクティブラーニング


角田


『地球市民になるためのの学び方』より 下羽友衛 日本図書センター2005大学における学びの記録 武蔵大学「人権」の授業 武田信子

5029

ビジョンtoアクション ビンゴ


角田



5030

コミュニティへの貢献


渡辺


やぶられた味噌汁のふくろ乱雑にやぶられた味噌汁のふくろ。これは個人の課題ではなく、コミュニティの課題として扱おう。それがコミュニティを育てることにつながる

5031

無限のカテゴリーの重層的なバランスシート


角田

LB17-1無限のカテゴリーの…

5032

親の記憶・子の記憶



LB16-8 親と子の物語

子の生活年と親の生活年の相関二次元軸のそれぞれのエリアのパターンを読む→プロジェクトX年表:どのプロジェクトをリアルな記憶として覚えているか

5033

実践コミュニティは進化する コミュニティ・オブ・プラクティス

角田


組織運営-NPO実践コミュニティの7つの原則 実践!コミュニティは進化する『コミュニティ・オブ・プラクティス』ウェンガー他 翔泳社 2002 p.95コミュニティの発展段階

5034

コミュニケーションにおける力


角田

17-1 無限のカテゴリーの…

無限のカテゴリーの「コミュニティ・コミュニケーションにおける力」のバランスシート

5035

ESDロードマップ


角田


新エネルギーの普及は1980年の法律以来25年。四半世紀をすぎてなお、その途上にある。ESD推進のロードマップをR&D法制度、推進についてというさまざまな要素を盛り込みながらロードマップを創ってみたい。プロセスファシリテーターに必要な要素。------------05078内容中央教育審議会大学分科会制度部会 04.7 木村孟さんのパワーポイント「知識基盤社会化」に向けて、高等教育改革の推進 米、英、仏、独、中

5036

メンター制度の検討




悔しいけど、思いを言葉に、そして言葉を行動にしていく力の彼我の格差を感じてしまう。PLTのメーリングリストっっっっで流されたファシリテーター育成のための制度である。テキスト、実践、人材育成の三位一体環境教育ファシリテーターの資質ワークシート

5037

対立の扱い方


角田


野澤さん主宰の教育総合企画「コンフリクト研究会」最終回・さまざまな感情 チエックリスト・言い換え練習

5038

「国ってなあに?」のバリエーション


角田


「国ってなあに?」の進め方のバリエーション-国境あるいは島『テーマワーク』6つの国が実は国境を接しているというような種明かしがある場合と、単独の島国というような考え方で国を考える場合と、どのように違ってくるかを考える。

5039

著名人 危険度 貢献度 二次元軸分布(仮称)




5040

最初のセッションの共通基盤をつくる


渡辺

17-23 共通基盤づくり3つの柱・7つの要素

共通基盤づくりの7つの要素

5042

オフィスのジェンダー


角田


4コママンガ  OL進化論

5043

セクハラ・ホットライン


角田


日本フェミニスト・カウンセリング学会の資料 取り寄せが必要一ヶ月のホットラインの結果の分析

5044

服従の心理


角田


多数派・少数派ゲームの発展で考えるための素材。

5045

ヨルダン


角田


05.7.30-8.7 ヨルダンスタディーツアー日程

5046

エントリー・シート


角田


面接用 検討材料

5047

発達段階と教育


木野


竹内敏晴『ことばがひらかれるとき』小学校全教育分野のパースペクティブとERICの捉え方の関連Reardon 責任ある市民を育てる教育の目標、平和教育の目標ワークシート「いつから大人?」思春期の特徴江戸しぐさ

5048

人権のための4A's


角田


人権のための4A'sチェックリスト

5049

これって人権侵害?


角田

17-2 これって人権侵害?

日本に対する人権侵害についての懸念と勧告

5050

歴史的和解11箇条


角田



5051

肯定的な風土




肯定的な風土ってなんだろう?「肯定的」positive という言葉を「否定しないこと」とか「批判しないこと」あるいは「やさしい」と思っている人がいる。それは違うだろ!というために作ります。「やさしさ」の裏側で、Esteem Builders、Xenophobe's guide to the Japanese、学習性無力感・思いきって言おう・批判的だが暖かく「静かな力」「シティズンシップ」

5052

チームワークス




コミュニティワーク研究会のために作成。MYOより 「124グループの中での役割」「126あなたのグループを評価しよう」「127個人のスタイル」「128リーダーシップ採点表」

5053

共通の歴史認識を育てる




第三回韓日市民フォーラム第一分化会で柴田さんから発表があった。市民性教育がテーマ。・レジュメ、資料、講議メモ・韓国史歪曲部分についての修正要請・週5-日本の戦争責任をどう考えるか-歴史和解ワークショップからの報告

5056

ローカル・ウォーク-地図セット





5001

未来へのパンくず 




聖書のことば糸井重里:ポスターのコピーが映画製作にとって未来へのパンくず。それに導かれて映画がつくられる

5003

ライフスタイルと人権教育


角田


・写真とコピー 英語ではこんな言い方しない・週5 生涯学習がつくる公共空間(05041)

5004

多文化間コミュニケーション


角田


コンフリクト研究会で、小林発表資料

5007

エンゲイジド・ブッディズム


角田


エンゲイジド・ブッディズム研究会資料就職難はどこから

5008

アイスブレーカー 環境・PLT


角田


PLTコーディネーターのネットワーク上で共有・icebreakers・マッチングのための特徴・メールでのやりとり

5009

ジェンダーそのものがコフリクト


金光


コンフリクト研究会資料バックラッシュ・宇部市条例条文・林道義さんのジェンダー批判文・神奈川新聞記事

5010

バイオマス




バイオマス・ニッポンに向けた具体的目標

5011

地球データマップ


角田


NHK地球環境学習のカリキュラム

5012

市民性教育・市民教育


梅村


新規購入資料の概要・市民教育とは、・市民社会による・市民社会のための・市民社会についての・市民社会を通した・市民性教育である。・市民教育の課題・国際的な普遍性のための共通基盤キーワード・「市民性教育」度チェックリスト・参加のスキルと参加型学習

5013

ファシリテーター100の概念アイスブレーカー


角田


TEST in大阪 05.4月29-30 セッション1  05043参照

5014

○○発見伝


角田

LB17-20 物語るからだ

ビッグコミックオリジナルに連載中の「ラーメン発見伝」より芦沢語録を収集。ワークシート

5015

笑いとユーモア


金光


ユーモア、ウィット、ジョークの違いプラスの働き、マイナスの働き(偏見差別につながる笑い)

5018

参加型で出版物を創ろう!


角田


『月刊地理』特集の作り方定期的に発信し続ける 学び続ける組織

5016

人が育つとき、人を育てる言葉


角田


少年の靴磨きという行為の中に、少年が育ったことが読み取れる。少年の育った背景に言葉があった。ファシリテーターの言葉は「未来のパンくず」のように、それに向けて自分自身を編集してゆく糧となるものだ。高いビジョンに向けて、わたしたちの人間的な成長を目指すこと。それなくては長寿社会はつまらなくなるのではないか。

5017

アボリジニ ウォーク




週5 アボリジニの世界-ドリームタイムと始まりの日の声

5005

テロリストは誰


角田


・ビデオ・「戦争中毒」も参考に・テロの定義や考え方を集める

5019

からだことば


角田


ジェスチャー 考えるからだ 「身体とシステム」喜多壮太郎

5020

わが心をルネサンス


角田


中世のキリスト教世界を克服したルネサンスから、西欧的価値観超克への道を探る。ルネサンスが回帰したのがローマで、今の日本が江戸にはまっているのってやっぱり浅い?ローマはルネサンスで15-10世紀遡るのだが。精神の強さを獲得すること心育て

5021

世界情報地図


金光


地球家族の展開のなかで、現状把握と未来予測の資料として使う

5022

貧しい国はなぜ貧しい


角田 金光 ひろさとう

ESDfc.アクティビティコース ワールドスタディーズ で作成したワークシート発展課題のモデルが必要:アジアの国について、日本の侵略について同様の地図を作成し、説明・解説・評価する

5023

ワールドスタディーズ年表


梅村


知識理解に終わらせないために、説明・解説・評価をする

5025

性差が制差に変るとき


角田

LB17-5 性差が制差に変るとき

5024

教育的社会・学び続ける社会


角田


教育について考える 教育目標の共有1949年の徳川夢声の本に示される「学術的な理解が広がる国」のイメージについて、説明・解説・評価してみる。そこから自分たちの目指す教育的社会のイメージを持つ

5026

町づくり市民会議


渡辺


ビジョンtoアクションとして 甚目寺事業を素材にラブカナル的につくったアクティビティビジョン(国内、国際てきな合意事項等)をアクションの点検素材として、または共通基盤として活用した成功事例から学び、エンパワーメントをねらう。

5027

公人?私人


角田


石原都知事「ババァ発言」裁判小泉の靖国参拝についての高裁判断

5028

大学におけるアクティブラーニング


角田


『地球市民になるためのの学び方』より 下羽友衛 日本図書センター2005大学における学びの記録 武蔵大学「人権」の授業 武田信子

5029

ビジョンtoアクション ビンゴ


角田



5030

コミュニティへの貢献


渡辺


やぶられた味噌汁のふくろ乱雑にやぶられた味噌汁のふくろ。これは個人の課題ではなく、コミュニティの課題として扱おう。それがコミュニティを育てることにつながる

5031

無限のカテゴリーの重層的なバランスシート


角田

LB17-1無限のカテゴリーの…

5032

親の記憶・子の記憶



LB16-8 親と子の物語

子の生活年と親の生活年の相関二次元軸のそれぞれのエリアのパターンを読む→プロジェクトX年表:どのプロジェクトをリアルな記憶として覚えているか

5033

実践コミュニティは進化する コミュニティ・オブ・プラクティス

角田


組織運営-NPO実践コミュニティの7つの原則 実践!コミュニティは進化する『コミュニティ・オブ・プラクティス』ウェンガー他 翔泳社 2002 p.95コミュニティの発展段階

5034

コミュニケーションにおける力


角田

17-1 無限のカテゴリーの…

無限のカテゴリーの「コミュニティ・コミュニケーションにおける力」のバランスシート

5035

ESDロードマップ


角田


新エネルギーの普及は1980年の法律以来25年。四半世紀をすぎてなお、その途上にある。ESD推進のロードマップをR&D法制度、推進についてというさまざまな要素を盛り込みながらロードマップを創ってみたい。プロセスファシリテーターに必要な要素。------------05078内容中央教育審議会大学分科会制度部会 04.7 木村孟さんのパワーポイント「知識基盤社会化」に向けて、高等教育改革の推進 米、英、仏、独、中

5036

メンター制度の検討




悔しいけど、思いを言葉に、そして言葉を行動にしていく力の彼我の格差を感じてしまう。PLTのメーリングリストっっっっで流されたファシリテーター育成のための制度である。テキスト、実践、人材育成の三位一体環境教育ファシリテーターの資質ワークシート

5037

対立の扱い方


角田


野澤さん主宰の教育総合企画「コンフリクト研究会」最終回・さまざまな感情 チエックリスト・言い換え練習

5038

「国ってなあに?」のバリエーション


角田


「国ってなあに?」の進め方のバリエーション-国境あるいは島『テーマワーク』6つの国が実は国境を接しているというような種明かしがある場合と、単独の島国というような考え方で国を考える場合と、どのように違ってくるかを考える。

5039

著名人 危険度 貢献度 二次元軸分布(仮称)




5040

最初のセッションの共通基盤をつくる


渡辺

17-23 共通基盤づくり3つの柱・7つの要素

共通基盤づくりの7つの要素

5042

オフィスのジェンダー


角田


4コママンガ  OL進化論

5043

セクハラ・ホットライン


角田


日本フェミニスト・カウンセリング学会の資料 取り寄せが必要一ヶ月のホットラインの結果の分析

5044

服従の心理


角田


多数派・少数派ゲームの発展で考えるための素材。

5045

ヨルダン


角田


05.7.30-8.7 ヨルダンスタディーツアー日程

5046

エントリー・シート


角田


面接用 検討材料

5047

発達段階と教育


木野


竹内敏晴『ことばがひらかれるとき』小学校全教育分野のパースペクティブとERICの捉え方の関連Reardon 責任ある市民を育てる教育の目標、平和教育の目標ワークシート「いつから大人?」思春期の特徴江戸しぐさ

5048

人権のための4A's


角田


人権のための4A'sチェックリスト

5049

これって人権侵害?


角田

17-2 これって人権侵害?

日本に対する人権侵害についての懸念と勧告

5050

歴史的和解11箇条


角田



5051

肯定的な風土




肯定的な風土ってなんだろう?「肯定的」positive という言葉を「否定しないこと」とか「批判しないこと」あるいは「やさしい」と思っている人がいる。それは違うだろ!というために作ります。「やさしさ」の裏側で、Esteem Builders、Xenophobe's guide to the Japanese、学習性無力感・思いきって言おう・批判的だが暖かく「静かな力」「シティズンシップ」

5052

チームワークス




コミュニティワーク研究会のために作成。MYOより 「124グループの中での役割」「126あなたのグループを評価しよう」「127個人のスタイル」「128リーダーシップ採点表」

5053

共通の歴史認識を育てる




第三回韓日市民フォーラム第一分化会で柴田さんから発表があった。市民性教育がテーマ。・レジュメ、資料、講議メモ・韓国史歪曲部分についての修正要請・週5-日本の戦争責任をどう考えるか-歴史和解ワークショップからの報告

5056

ローカル・ウォーク-地図セット





5057

カウラの大脱走


角田

LB17-3


5058

許すな!差別発言


角田


差別用語-未来型コミュニケーション 点検の視点として『性差別と資本性』・伊田広行 ・ババア発言

5059

レストランESD亭-持続可能な食卓


角田


『コンビニ弁当16万キロの旅』からの・フードマイレージ・バーチャルウォーター

5060

災害リテラシー




2005年水害から学ぶPLTの「ハリケーン カトリナ」から学ぶ姿勢を参考に

5061

思いきって言おう


木野



5062

障害学と人権教育


鬼木


人権啓発教材に描き出されがちな”障害者”像に疑問を投げかけた原稿。”社会モデル”vs”個人モデル”

5063

東洋の女性


木野


『東洋の女性』シェリダン・プラッソ『沈黙の向こう側』ウルワシー・ブターリア 講演資料

5064

Supporting the Standards


角田


Woerd Studies Trust Global Teachersproject 2002-2005お成果物の一つ。「すぐれた教員は○○できる」というスタンダードが示されている。

5065

拝啓、略称様


角田


略称をアクティビティにする、その素材①マッチングカード ②ビンゴ ③チェックリスト

5066

宗教とジェンダー


角田


バックラシュにふりまわされないために・「宗教」というものにも濃度差があること、そして、宗教と政治が分離されなければならないこと・日本のバックラッシュにもあてはめることができる文章。

5067

Small size workshop の心掛け


角田


05年夏あ小集団、長時間の研修が重なった。そこからの学びをまとめたもの

5068

ヒトはいかにして人になったか


角田


生物・文化的多様と普遍性を「言語」を通して考える。『言語のレシピ』マーク・ベイカー 岩波 2003映画『インタープリター』では、ニコール・キッドマンがアフリカの土着後を話す通訳として出演。その使われた言語は人工語であったという。

5069

参加型地域開発


角田


参加型地域開発のあり方JICA「スラウェシ貧困対策支援村落開発プロジェクト」を通じて構築された「タカラールモデル」。条例化され、地域で広く活用され日々進化している。

5070

民衆演劇




「被抑圧者の演劇」民衆劇-参加型演劇を通した社会変革の実践

5071

子ども兵士




196ヵ国・地域に子ども兵士がいると言われている。なぜ子どもが銃を持つのか

5072

ゲストティーチャーと共に学ぶ


佐藤玲、角田、木野、ひろ


5073

新しいコミュニケーション


角田


多様性を受容する風土を考えるキーワード『新しいコミュニケーションとの出会い-ジェンダーギャップの橋渡し』ラモーナ・R・ラッシュ編 垣内出版1992年「人的交流を通じての社会変化-聴くことは話すことより人を動かす」マーサ・スチュアート

5074

修学旅行を取り巻く状況(仮)




修学旅行を取り巻く状況 国際文化フォーラム通信 No.68,05年10月

5075

コペルニクス革命(仮)


角田


コペルニクス的転換-あなたは説明できるか?

5076

からだは健康になりたがっている


角田


ワイル『癒す心 治る力』より

5077

Hike Through PLT




PLTのモジュールを「素早く」紹介する方法を”Hike Through”という。Forest Ecology のモジュールについてのHike.

5080

部落差別とともに


角田

LB18-8「身近な体験を教材に」

・北九州人権問題啓発推進協議会H16 人権研修シリーズ21『人権作文集Ⅲ』・黒坂愛衣 ・長野県「結婚した二人を祝福したい」

5081

新しい女性の誕生




第4章 女性の進化を目撃した世紀第12章 気象が決める気性第13章 情報公開は全てのインフラ出典不明 各種の視覚化されたデータ

5082

世界を変えるお金の使い方(仮)


木野


『世界を変えるお金の使い方』山本良一100円単位でできること、1000円-数万円でできること、購入・投資によってできること、巨大なお金でできること

5083

ブレーンエクササイズ(仮)




英語 ブレーンエクササイズ3級

5084

コミュニティワーク


木野


「コミュニティワークを学ぼう」05年8月ワークショップ依頼のあったコミュニティワーク実践研究会主催の講座資料。コミュニティワーカー:地域開発のプロセスファシリテーター

5085

NPOと人材のマッチング




NPOと人材のマッチングに関する調査結果 財団法人東京仕事財団概要版:NPOにおける人材のマッチングの特徴

5086

新たな公共


角田

LB18-15

ワークシート「新たな公共」

5087

世界を見る目を変える


角田


「1秒の世界」「世界を変えるお金の使い方」「世界を見る目を変える50の事実」を使った活動

5088

人間を理解する


角田


『辛いもの好きにはわけがある』など、今日の人間科学のマップとニッチを描き出してみる。自分たちのこれからの研究領域を考える など学生たちと遊んでみたいな。

5089

看板と名刺-すべてはつながっている




福岡の研修で「教育の課題はすべてつながっている」ことをウーリーウェブ風に行うために開発した方法。説明としてはとおりやすかったが、内容的にはこのアクティビティ名、手法名では無理がある。

5090

1985年(仮)




1985年 20念前、あなたは何をしていましたか

5091

社会をうつすラベル




「ラベリング」20年史 朝日新聞

5092

LOHASって


鬼木



5093

絵文字




バリアフリー絵本

5094

教育事件


角田


事故は許されないのだろうか。車というモノは年間2-3万人もの人を殺しているのにそれは見過ごされている。学校で起こっていることは全て「事件」だ。「健康さ」を取り戻すためにはある程度の事故を想定することだと思うのだが。全18ページ

5095

女性と宗教


角田


「女性と仏教」アーユスvol.70の記事に触発

5096

教育予算(仮)




教育予算 『教育データランド』から

5079

女性の社会参加




女性問題・女性政策に関連する言葉の認知度「いわて男女共同参画プラン」における数値目標家事時間の変化三大産業の性・雇用形態別でみる労働者構成雇用形態別にみた男女の給与格差

5006

戦争とジェンダー


角田


・「軍事組織とジェンダー」より・若桑みどりさんの『戦争とジェンダー』を参考にすること・Warmde videoだれでもどこでもできる参加型学習教材にするにはどうすればいいか?

5002

個人情報保護のためのガイドライン


角田


走向未来05年度4月の課題・ホームページ・OECD 8原則 共通の基本

5055

世界の貧困




月刊IICA データファイルA開発途上国の人間開発指数B複雑に絡み合う貧困の諸要因C1日1ドル未満で生活する人と国内格差

5097

若者の課題


角田


週5118-3-553『若者はなぜ大人になれないのか』

5098

音感フォニックス


角田



5099

英語討論用資料


角田


英語討論のパターンとしてのデータを用いた授業

5100

デンマークの教育





5101

教育委員会ゲーム


角田


めざせBQOE日本一 北海道健全さの指標

5102

女性のためのエンパワーメント




連続講座の構成。カリキュラムを考えるときの参考に

5103

22世紀を構築しよう!




21世紀かながわ円卓会議の案内 講師16名すべて男性

5104

おとなだからこそ


角田


わたしたちはこれを参考に「講師・リーダー」になりたい成人を教えることを開発する必要があるんだよね。付け加えるべきことは何だろう?週5 120-2(563)『おとなを教える』EEM 大人の学習者の特徴

5105

ファシリテーター技の言葉



LB18-12

愛の言葉・技の言葉のための収集資料

5106

教員の職業的社会化


角田


教科アイデンティティ 『学習社会としての学校』

5107

コミュニティにするもの


木野


コミュニティの機能 何が集合をコミュニティにするのかコミュニティの定義

5108

ハガキ ツール アイデア




e-ワークショップとの会合でできたハガキ案

5109

フィールドワーク




『フィールドワーク』より 調査手法の特徴マトリクスなど

5110

マップ色々




『バカ日本地図』も面白い

5104

平和学習




村上登司文さん

5116

NPOの育て方


角田


生ゴミ資源化事業 説明会資料

5121

人類の大いなる旅




ナショナルジオグラフィックに発表された遺伝子を辿る旅

5122

文書法の発展


角田


ことば、言葉、そして言語を考える上で、分かち書きは一つの大躍進であった。日本語は漢字、かなまじり文によって、その一つの工夫を成し遂げているのか?『読むことの歴史-ヨーロッパ読書史』

5124

e-LaAB教材




LEGO Lerning system Rrnewable Enegy Educational curriculum+Worksheets


by eric-blog | 2019-01-24 17:01

寡黙なる巨人

寡黙なる巨人

多田富雄、集英社文庫、2010、単行本2007

3274冊目


なんと、この本を読んで、著者による新作能「望恨歌」の上演があることを知った! 大抵、あちゃー、終わってんじゃん!と歯噛みすることの方が多いのに、ラッキー。しかもc席がまだ空いているという! 即予約。

https://wan.or.jp/article/show/8121


電話番号: 090-9676-3798

電話でしか予約できないみたいでスーーー。


1934年生まれということは、私の母、1930 年生まれより若いじゃないか。

2001年というからまだ67歳じゃないか! これからが人生と本人が思っていたというのもわかる。解説とも呼べない解説を書いている養老孟司さんとは東大病院の仲間だったという。免疫学の権威。


2010年没までの約10年、この本は脳梗塞で倒れてから、第一部は4ヶ月の入院生活、第二部はその後に発表されたエッセイなどで構成されている。


折しも2006年の「診療報酬改定」によって、リハビリを180日に制限する改革が導入された。それを超えるものは介護保険の対象となり、医療的なリハビリは受けられなくなる。


自らの中に「新しい人」が生まれていることを自覚していた著者は、猛然とこの改革に異議申し立てを行う。48万筆の署名を集め、厚生労働省と交渉する。267


日数を超えるリハビリには報酬の逓減制さえ導入する彼らのやり方を「国家的犯罪」と断じる。271


病を得て「生きる」ことに出会った著者の、中世の表現である能を通して、「先の戦争で強制連行されて死んだ韓国人が残した手紙を、彼の年老いた妻が読んで、「恨の舞」を舞うという反戦の能」で描きたかったこと。264


日本の侵略戦争がもたらした悲劇を、心から恥じている観世英夫さんの、凄まじいまでの贖罪の演技


は流石に望むべくもないだろうが、女性能楽師の表現は、楽しみだ。


その巨人は天皇制について、森鴎外の「祭るにますがごとく」になぞらえて、「神を祀るところに神宿る」という。その祭祀を司る存在が長らくあることも民族の心を豊かにしてくれるという。一方で、愛国心は育てるものではなく、生まれるものだという。文化や伝統の中で育ってくることで生まれるもの。


それぞれにナショナリズムに担がれた過去があることに警鐘を鳴らしながらも、民族の深みへの感謝は忘れない。


ま、でも、私は、今の天皇礼賛の雰囲気、不合理な元号の強制など、鼻持ちならないことが多いので、反対を言葉にし続ける。ないことにされてしまわないために。



by eric-blog | 2019-01-24 13:50 | ■週5プロジェクト2018

北九州市 人権研修 5時間研修

北九州市 人権研修

2019116日 (水曜日) 10:00-16:00 [5時間研修]


ねらい:

1. コミュニケーションのスキルの一つ「アサーション」トレーニング

2. アサーションの限界 = 社会的提言アドボカシーの必要性

3. アドボカシーを当事者として行うだけでなく、援助者の存在が大切

4. 人権教育はESDteachusALL。生涯学習のESD課題とコンピテンシー


プログラムの流れ


セッション1 共通基盤づくり

10:00-12:00

1. これまでのファシリテーター研修で学んだこと

2. 傾聴

3. 話し合いの心がけ

4. 対立の扱い方

5. 共感的傾聴と「わたしメッセージ」

6. 対立の扱い方の限界


セッション2 アサーションからアドボカシー

13:00-14:30

1. アサーションの限界「日本型コンフリクト」集団的伝統的価値観に「わたしメッセージ」は伝わらない。

2. 日本社会の○△□ 何がアサーションを阻むのか?

3. アサーションからアドボカシーへ

4. アライは誰?


セッション3 アドボカシーとアライで変えるこれからの社会

14:40-16:00

1. あなたはどの人?

2. 重層的な自己分析 特権の側の「鈍感さ」

3. アライへのバリア

4. 人権教育ができること

記録

セッション1 共通基盤づくり

10:00-12:00

  1. 1.参加者アンケート「これまでのファシリテーター研修で学んだこと」
    1. ()基礎編で学んだこと
    2. ()実践に活かしたこと
    3. ()日常生活で変わったこと、変化したこと
    4. ()なぜ参加型?
    5. 2.傾聴
    6. 3.話し合いの心がけ ペア→全体共有
    7. 4.対立の扱い方「この一週間で体験した対立」をふりかえる
    8. 5.共感的傾聴と「わたしメッセージ」
    9. 6.ノートテイキング


セッション2 アサーションからアドボカシー

13:10-14:30

  1. 1.午前中のふりかえり
  2. 2.様々な感情と価値観、行動
  3. 3.「日本型コンフリクト」集団的伝統的価値観に「わたしメッセージ」は伝わらない。
  4. 4.日本社会の○△□ 何がアサーションを阻むのか?
  5. 5.アサーションからアドボカシーへ「差別をなくすのは文化運動」
  6. 6.「遅れてきた定着民」
  7. 7.300年後、どうなる? 2グループ、7名を解体、5グループに別れて入る。

4. アライは誰?


セッション3 アドボカシーとアライで変えるこれからの社会

14:40-16:00

  1. 1.「援助を必要としている人は誰?
  2. ()オープンマーケットでグループ作り
  3. 2.グループ作業
  4. 3.個人的行動計画
  5. 4.全体共有

by eric-blog | 2019-01-24 12:48 | □研修プログラム

国語教育の危機 大学入学共通テストと新学習指導要領

国語教育の危機 大学入学共通テストと新学習指導要領

紅野謙介、ちくま新書、2018

3273冊目


私立の中高一貫校で勤務した経験がある人が、今の大学入試制度の変更についてまとめている。


20201月 センター入試最後、以降廃止。

2021年   大学入学共通テスト

2022年度  新学習指導要領、高校へ導入。


特に筆者は、自身が千人程度の受験者の答案を10数人で採点した経験から、50万人規模での記述式採点方法とその規模を想定した記述式問題の作り方に課題があると。


このままでは「国語」を介した思考力・表現力・判断力をつけることにならない。014


確かに、50万人分の記述式問題の採点というのは、気の遠くなるような課題だ。問題が「資料」から解読するというようなものにならざるを得ないこともよくわかる。


さてはて、著者の危惧はどうなることやら。


「思考力・判断力・表現力は、そういう手間暇をかけていかなければ簡単には身につきません。「学習指導要領」にしてもそうですが、「大学入学共通テスト」に記述式問題をほんのわずか導入し、たくさんの「資料」を読み込ませる複合型の試験問題を作り、これで思考力・判断力・表現力が育てられるのなら何の苦労も要りません。それどころか、結果の見えているこのわずかな変更のために、膨大な予算と人手をかけて、破壊的な社会実験をやろうとしている」284


指導者意識だけで旗を振っている


ように見える改革は、大学入試だけに限らず蔓延している。対話や議論の場が見えないまま、改革だけが進んでいく。




by eric-blog | 2019-01-23 12:09 | ■週5プロジェクト2018

あなた 朝鮮の十字架よ 歴史詩集 従軍慰安婦

あなた 朝鮮の十字架よ 歴史詩集 従軍慰安婦

張貞任、影書房、1992

3272冊目


歴史詩というものなのだと、著者はあとがきに言う。


1992年、最初の慰安婦が名乗り出た年。その時にすでにこれだけのことが共有されていたことに驚く。それは著者らも含めて、韓国社会がともに経験してきた植民地支配の延長に若い女性たちの悲劇があったからに他ならない。


著者は1948年、日本でいわゆる団塊の世代である。44年の間にたくさんの伝聞が、たくさんの記憶が、たくさんの事実が、口にされ、耳に残っていたのだろう。圧倒的な叙事詩なのであるが、事実をそのまま歌ったものではないので、あえて歴史詩と呼ぶ。


植民地の記憶を拭い去りたい戦後を、圧倒的な犠牲を払わされながらも顧みられることもなく、故郷に帰ることすらできなかった若い女性の視線から照射することで、カサブタになっていた傷がぶり返す。傷ついていなかったわけではなかったのだと。


#Me Tooがあぶり出す1990年代のセクハラ、パワハラ。今に続くハラスメントによる後遺症。


植民地支配の中でも、自分たち自身が蔑み、差別してきた日本軍の慰み者にされた女性たち。はっきりそれとうしろ指さされることもあり、隠した口の端から漏れるように語られているのではないかと怯えることもあっただろう。


著者の書いた詩を出版する会社はなかなか見つからなかったと言う。


痛みの体験を見つめるには時間がかかる。そして受け止め合える同じ体験をした仲間が必要だ。戦後を生き延びるために必死で働き続け、家族を養い、子供を得た女たちの中には、この後も声をあげなかった人も多いだろう。


被害を受けた人たちを省みることなく、加害の側であった軍人恩給をサンフランシスコ条約とともに復活させた日本。そして、今、徴用工問題、慰安婦問題は解決済みだと言う。


志願して軍隊に行った我が父は、海軍時代の飲み会で、昔のままの階級意識丸出しで敬礼し、謳歌し、懐かしむ。その心性を支えたのが階級を反映した恩給の存在であったことは間違いない。日本皇軍は反省などしていない。ただ、黙っていただけだ。そして、平和憲法の重石が外れれば、また、首をもたげるだけなのだ。


東京オリンピックをきっかけに明治や戦前ブームが煽られている。朝は何色?

正気を保ち続けたいものだ。



by eric-blog | 2019-01-22 11:26 | ■週5プロジェクト2018