<   2018年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

声のサイエンス あの人の声は、なぜ心を揺さぶるのか

声のサイエンス あの人の声は、なぜ心を揺さぶるのか

山﨑広子、NHK出版新書、2018

3153冊目


声は、声を出す器官があって出ているのではない。

呼吸する息、もともとは気管に入るのを防ぐためのものだった声帯、おまけに口内、唇、舌などを総動員している。さらには、音を認識しているのは脳だが、脳に「聴覚フィードバック」という情報が届かないと、人は話すことができない。んだそうだ。


咳払いは話すときの緊張を一瞬で収める! 208

まばたきすると声は不安定になる。

顎を引いて眉をあげる。と共鳴腔が広がって声が変わる。211


自分の声を一番よく聞いている。だから、声を自分の声にすることで自分が安定する。216


自分自身が最高のトレイナー。


それは声の中枢が脳だから。自分で認識し、自分で良い方向へ導く。


この著者、人がウソをついているとわかるんだって!

刑事塾に講師として欲しくない?



[PR]
by eric-blog | 2018-07-30 13:19 | □週5プロジェクト2018 | Comments(0)

家のない少女たち 10代家出少女18人の壮絶な性と生

家のない少女たち 10代家出少女18人の壮絶な性と生

鈴木大介、宝島社、2008

3152冊目


家のない少年たち 親に望まれなかった少年の容赦なきサバイバル、太田出版、2011

援デリの少女たち、宝島社、2012


家族の不和、貧困、病気、虐待などで家から押し出された子どもたちが、どのように今の社会で生き延びているかをルポしたもの。


著者は、これまで『脳が壊れた』などでルポライターであると、その仕事ぶりが脳梗塞の原因だったかもと自認している人。


「泊め男」というのは、出会い系サイトや援交仲介サイトで知り合った少女を家出少女と知りながら、泊める男。ほとんどは「クズ」のような奴らだと、著者は言うが、中にはセックスという見返りを求めずに泊めて、自立を支援したいのだと本気で考えている人や、家を出た事情を知って毎月お金を支援し続けてくれる人などもいるのだそうだ。


悪くすると監禁や集団暴行などの目にも合う。


少年たちの場合は、オレオレ詐欺コミュニティや窃盗などのつながりの中で生き延びていく。免許証など、10万円で入手できるらしい。


その世界でも才覚のある人とそうでない人、頭角を表す人とそうでない人はいる。しかし、すごいのは、詐欺集団で分け前を十分もらえない下働きが、「上」を売るのだ。その情報をもとに、「タタク」。つまり、詐欺集団の金庫を盗むのだ。5分以内で。


少年たちにとっては、どこか「遊び」感覚でもある。人生にとって「高くつく」遊びもあるのだが。しかし、その「遊び」に入り込む理由は、現実における満たされなさ、つまらなさ、家族からの押し出しなどの居場所の剥奪であることを忘れると本末転倒になるよね。


その結果は女性にとって非対称的に大きい。

[PR]
by eric-blog | 2018-07-27 11:18 | □週5プロジェクト2018 | Comments(0)

人権研修 3時間

2018724日 13:20-16:40 (3時間)


対象: 指導主事 30

ねらい:

○身近にある「行動」を改善するための点検の視点を育てる

○何が行動化のバリアになっているか、克服のための手立てを考える

○互いにケアする態度・姿勢・行動のコンピテンシーを育てる


プログラムの流れ

1. アイスブレイキング「ことば・色々」

2. 「マイクロ」なら許される? ちょっとした攻撃性の意味するもの[ペアで連想図]

3. 「無限のカテゴリーの重層的バランスシート」

4. 複合差別=交差性はどこにある?

5. 「ケア」の心=慈悲心を取り戻すための人権研修

6. ESD持続可能な未来のための教育で点検する


■準備物

  • ¬人権2018資料 pp.7
  • ¬無限のカテゴリーの重層的なバランスシート p.1

 mugen.doc

  • ¬マイクロアグレッション pp.2

 Microagression.pdf


記録


参加者27名


結局、前半は「共通基盤づくり」になってしまった。

セッション1 共通基盤づくり

13:20開始。14:55

1. 教育は「より良いもの」を目指す。そのためには「点検の視点」が大事。

  今日、紹介したい点検の視点

  • λ人権教育
  • λESD GAP
  • λアクティブ・ラーニング


2. ミニレクチャーを聞いて、「気づいたこと、感じたこと、学んだこと」のノートテイキング[1']


3. 傾聴 [ペアで1'x2]


4. 話し合いの心がけ五つ[ペア2']→全体共有・板書


5. 「指摘する」と言うのが出されていたが、具体的なHow20[ペアで考えてもらうが、発表は個人から。27名。全体共有・板書]

a0036168_12023677.jpg
a0036168_12024187.jpg
a0036168_12024777.jpg





6. ここまでで14:25。ノートテイキングを入れる。[個人作業1']


7. 参加型学習の活動形態、四つについて、考えてみる。[グループで一人一項目ずつ考えて、共有する。3'→共有1'ずつ]

14:35


8. ここまでで、アクティブ・ラーニングについて、学んだことはなんだろうか? テキストを読んで学ぶのとはどこがどう違うだろうか?

14:45


9.


14:55 休憩

15:00再開


セッション2 マイクロアグレッションの攻撃性に気づく

15:00-16:20

1. マイクロアグレッションのワークシートで後半の12項目について、1.攻撃的な読み方、2. ニュートラルな読み方をしてもらう。四人一組。[7']


2. 「言われ続ける人の気持ち」「言う側はなぜ言うか」[A3の紙にマジックで]

a0036168_12030068.jpg
a0036168_12031208.jpg
a0036168_12030770.jpg







3. 「あなたはどの人? 無限のカテゴリーの重層的なバランスシート」で自分自身の属性が有利であるかどうかのチェックをする。[個人作業]


4. 「マイクロアグレッション しない・させない・見逃さないための手立て集づくり」をしよう!

a0036168_12032790.jpg


5. ここまでであれば「反差別教育」。人権教育は、何をするが大切。「どんな文化を作り出したいのか?」自分自身の貢献。


a0036168_12033144.jpg


6. 人権教育で伝えたい三原則は何?




■ファシリテーターの振り返り

マイクロアグレッションが「多数派」の安心感と鈍感さ、「何も考えていない」ことを背景にした行動であること、それが「多数派の全体主義」に陥る危険があること。という流れが自然に動いて行ってよかった。

では、人権教育は?と言った時のための資料が少なかったかも。

めちゃ、面白かった。


・加担と貢献という表現を今度使ってみたいなあ。

・理念を教育的ツールに、を強調することを忘れた。「全体主義」チェックリストで「これが理想だけれどなあ」と言っているのが聞こえたので。

7割は非言語

・「謝らない」It's OKも紹介したかった。小学生の教員がいたら特に。



[PR]
by eric-blog | 2018-07-25 12:06 | □研修プログラム | Comments(0)

年収は「住むところ」で決まる 雇用とイノベーションの都市経済学

年収は「住むところ」で決まる 雇用とイノベーションの都市経済学

The New Geography of Jobs,

エンリコ・モレッティ、プレジデント社、2014

3151冊目


教育水準による住み分けが米国では強まっている。

しかも、高学歴の人が住む地域では、高卒の労働者の賃金も高い。


三つのアメリカ

頭脳集積地

働き手の教育レベルが低く労働市場が地盤沈下を起こしている地域

そしてその中間の都市たち。


賃金格差は地理的な要因できまっている。131


マイクロソフトがシアトルに拠点を定めたおかげて、多くの労働市場が集積される。ハイテク産業の「引き寄せ力」は他の産業より強い。


三つの引き寄せ力。集積効果につながるもの。165-

厚みのある労働市場

ビジネスのエコシステム

知識の伝播



ハイテク産業の拠点は海外移転できない。


過去の分析としてはよくわかるけれど、今後もそうなのだという根拠はどこなのだろう? ハイテク産業は永遠なのか?知識情報社会の一人勝ち?



[PR]
by eric-blog | 2018-07-23 18:02 | □週5プロジェクト2018 | Comments(0)

「その日暮らし」の人類学 もう一つの資本主義経済

「その日暮らし」の人類学 もう一つの資本主義経済

小川さやか、光文社新書、2016

3150冊目


ピダハンの「直接体験の原則」。過去や未来を語らない。現在をあるがままに生きる。他の文化に興味がない。38

https://ericweblog.exblog.jp/17623758/


『石器時代の経済学』は「狩猟=採集の生活は、その情況に迫られて、やむなく客観的に低い水準に止まっている。しかし、それが彼らの目標であり、しかも適切な生産手段も与えられているので、全ての人々の物質的欲求は、普通たやすく充足されている。」40


イルカは食べるためには一日1時間しか「働かない」というからなあ。



最小限の努力で生きる農耕民として、著者はタンザニアの焼畑農耕民トングウェ人を紹介する。41


そして指導教官である掛谷誠さんとは異なる「都市の零細商人」を研究する。

タンザニアのムワンザ。


Living for Today


ジェネラリストな生き方とマルチな収入源。


ウーーン、面白い。でも、これは資本主義なのかなあ。人が生きるということにより近い感覚ではある。



[PR]
by eric-blog | 2018-07-23 17:41 | □週5プロジェクト2018 | Comments(0)

石器時代の経済学

石器時代の経済学

マーシャル・サーリンズ、法政大学出版局、19842012新装版

3149冊目


家族性生産様式は遠心的分散

部族的生産様式は、住民の集中化、階層性と同盟 152


未開経済の歌唱生産傾向


使用のための家族性生産システムでは、労働の強度は、生産単位の相対的な労働能力と反比例に変動する。109


カンボジアで聞いた話を思い出す。「収量が倍のコメの種籾を提供したら、半分しか作付けしなかった。」


ブルジョア的な所有とは、生産手段と生産物であり、それを通して生産者を所有する。

首長的所有とは、生産者を所有することで、彼らが調達できる生産手段と生産物を所有する。111


経済の基本原則なんだなあ。

システムによる統合は経済力を強くする。

そして、どのように集団を大きくするかが、鍵なのだ。



[PR]
by eric-blog | 2018-07-23 17:24 | □週5プロジェクト2018 | Comments(0)

あなたはどっち?

民主的で包摂的、課題解決的なコミュニティを目指して。
あなたはどっち?
a0036168_12430054.jpg

[PR]
by eric-blog | 2018-07-23 12:44 | ◎TEST 教育力向上プロジェクト | Comments(0)

奪取 「振り込め詐欺」10年史

奪取 「振り込め詐欺」10年史

鈴木大介、宝島社、2015

3148冊目


2003年「オレオレ詐欺」と名付けられた新手の詐欺が始まった。

2009年に取材対象とコンタクトを取れた著者によるインタビュー。


そんなに新しい犯罪だったんだ。


『弁護士のくず』に、ネットで放火を二人の人に依頼するというのがあったけれど、一人の人にはガソリンをまかせて、もう一人の人には火をつけた新聞紙を投げ込ませる。


結果、火事になって一人の人が焼け死んでしまうのだが、やった人に現実感がない。犯罪意識がない。


そんな風潮が、この詐欺にもあるように思う。「出し子」と電話する人は違う。電話のマニュアルがある。電話口で複数の人がお芝居のように役割を分担する。まるでお遊びだ。


詳細な個人情報をまとめた電話番号簿があるらしい。そこで、一度引っかかった人も掲載されているのだが、一度引っかかったからと言って、ガードが固いわけではなく、もう一度、二度三度と「カモ」にすることができるらしい。


そのあたりの心理はとても不思議なんだけれど、詐欺を働いている人も、騙される人も、人間関係資源が少ないんだろうなあと、思わされる。


手口はどんどん変化する。だから、こんな取材を受けて、本になっても誰も困らない。そもそも、こんな本、誰が読むんだ? 詐欺に引っかかる人? いやあ、彼らは読まないでしょう。


警視庁あたりがコミック化して、広報とかに使う?


ルポ・ライターさんたちって、テーマの金脈を掘り当てられるかどうかがポイントなのだね。




[PR]
by eric-blog | 2018-07-23 11:28 | □週5プロジェクト2018 | Comments(0)

腰痛・頸肩腕障害の治療・予防法

腰痛・頸肩腕障害の治療・予防法

垰田和史、かもがわ出版、2008

3147冊目


先週の手話教室で頸肩腕障害についての資料が配られた。手話者自身でこの障害にかかる人は少ないのだが、手話通訳者にはよく見られる障害なのだと、気をつけるようにと指導された。まだ卵ですらないから、全然心配していないけれど。24時間、手話のことを考えるのはやめてね、と。誰がやねん。


その時は、手話通訳者は心的な負担も大きいからなるのだと説明された。


シカーーーーーシ! この本には、とても面白い事実が書かれているのだ。86


読み取りをして、日本語に通訳している時も、手の筋肉は手話の動きをしているというのだ! アホやあ、私たち。


しかし、よく似た話をどこかで聞いたことがある。例えば、書かれたものを読んでいる時でも、「発話系・音声言語系」の脳野が活発に動いているとか。

切断した手足の感覚が残る、と違う話か。


この障害は医者に行く前に本人に自覚症状が現れる病気。18


意外に「マウス」の使用も障害を引き起こすというのだから、原因は多様である。


予防法はストレッチ! 了解。DVD注文しよう!

a0036168_11173709.jpg


[PR]
by eric-blog | 2018-07-23 11:17 | □週5プロジェクト2018 | Comments(0)

TOKYO 0円ハウス0円生活

TOKYO 0円ハウス0円生活

坂口恭平、大和書房、2007

3146冊目


2004年、『0円ハウス』を出版。自分自身が作った0円ハウスを紹介。

そのルーツに当たる活動の記録がこちらの本。


隅田川沿いの「0円ハウス」の詳細や学生時代に多摩川沿いの0円ハウスを調査(訪問?)した体験。


自分で作る「撤去可能な」移動式家屋は、とても工夫に満ちていたという。


たった三畳ほどの木造家屋に凝らされた工夫。いや、その生活そのものに凝らされた工夫の凄さ。そしてねそのような生活がつなぐ人間関係がまたすごい。


ホームレスの人が作った「ホーム」。人間の暮らしがそこにある。

のだが、国交省とのせめぎ合いでもある。


すごいなあ。今もあるのかなあ。


同じ著者による『独立国家のつくりかた』はもっとすごい。
https://ericweblog.exblog.jp/17635520/

[PR]
by eric-blog | 2018-07-23 11:05 | □週5プロジェクト2018 | Comments(0)