<   2018年 06月 ( 39 )   > この月の画像一覧

昨日までの世界 文明の源流と人類の未来

昨日までの世界 文明の源流と人類の未来

ジャレド・ダイアモンド、日本経済新聞社、2013

3136冊目


文明論に独自の視点を持ち込んだ『銃・病原菌・鉄』など。

https://ericweblog.exblog.jp/17741666/


この本は「伝統的社会」についての調査研究である。


伝統的社会は、中央政府を有する国家社会より、じつに多様な組織形態をとっている。26


国家社会の特徴は人口数十万から数億と稠密。狩猟採集ではなく食糧生産を行っている。食糧生産に携わるのは人口の一部。国民の大半は見ず知らずの他人。日々されられない他人同士の遭遇が争いにならないように、警察や法律、そして道徳規範が必要。意思決定をする指導者と、その意志を実行する高官、決定事項や法律を管理する官僚が存在する。26


国家が成立したのは紀元前3400年前後。


人口規模、生業、政治の中央集権化、社会成層の四つが比較できる。


エルマン・サービスによる人間社会の四つのカテゴリー「小規模血縁集団」「部族社会」「首長制社会」「国家」31


小規模血縁集団は政治的指導者は存在せず、経済活動の専門化もない。比較的平等主義で民主的。32


この本では小規模血縁集団と部族社会までを分析の対象としている。

テーマも絞っている。全てを扱うと2397ページもの大著になるからだという。すごいね。45


・友人、敵、見知らぬ他人、商人

・子供の死に対する賠償

・戦争

・子育て

・高齢者

・危険

・宗教、言語、健康


子育てについて、学ぶべき点が伝統社会にあると、著者は指摘する。353




国家社会と非国家社会の違い。

国家社会の願いは、子どもが有能で従順な市民に成長することである。

非国家社会での子育ては、国家社会での子育てよりバリエーションの幅が広い。354


小規模社会の人間のほうが安心感や自律性を持ち、社会性を身につけているというのは、印象による説明に過ぎない。356


狩猟採集民の育児は、大きな課題や危険に立ち向かう力と生活を楽しめる心の持ち主を育てることのできる育児なのである。現代的行動を共有する人類には10万年近い歴史があり、狩猟採集民の生活習慣は少なくとも、その歴史に耐え抜いた生活習慣なのである。・・・人が国家社会で暮らすようになったのは、たかだか5400年前の話である。






[PR]
by eric-blog | 2018-06-30 20:31 | □週5プロジェクト2018 | Comments(0)

GPWU2018 第11回記録 第12回資料

プログラムの流れ

1. 地域調査のプレゼン 

2. 協働学習についてのふりかえり

3. 未来予測コンピテンシー

4. レポートのための「情報バランスシート」

記録

  1. 1.地域調査のプレゼンテーション「玉村の地域活性化のために大学生に期待されること」 鈴木、小西、吾郷チーム
  1. ()問題意識 なんか玉村、「イキイキしてなくない?
  2. ()キーピーソン・インタビュー 「巣鴨座・ガモール」大正大学とのコラボ企画で生まれた東北・東日本大震災被災地などの支援を目的にしたアンテナショップ。大学生の店員と運営を委託された会社の社員で店長。
  3. ()通行人インタビュー 玉村の「ウェルシア」と「ダイレックス」に来ていた買い物客。約30名。
  4. ()Yes(17): 家が増えた、道の駅が賑わっている
  5. ()No(14): 一部だけ、若い人が行事に参加しない、仕事が少ない、
  6. ()自分たちができること1. 玉村町の有名なものをSNSでアピール、2. ポスター、SNSで呼びかける、3. 総合運動場で小中の児童生徒を対象に県女主催のイベントを企画する。
  7. ()【ふりかえりシートより】「三部構成でよくまとまっている。」「自分たちができることまで考えていてすごい」など、好評でした。
    • 2.協働学習をふりかえる。ワークシート参照
    • 3.未来予測コンピテンシーを育てる。コンピテンシー点検表参照(2回目)

  地域の「イキイキ」をどう測る? どうなってほしいの?

■大項目の共有

  • つながりと交流人口
  • 充実した人生が送れる町 店、公共施設、学校などに対する満足度と利用度の高さ
  • 人口増加
  • 経済の充実 GNPの伸び、
  • 意見を発信するツールと機会がある
  • 地域内のつながり
  • 賑わいがある
  • 住民の住みやすさ ニーズが満たされている。


■各ペアの出した項目


子ども出生率

子ども率

一人当たり店舗数

行事・イベントの数と来場者数

地域外からの観光客数

高齢者で介護が必要でない人の割合

コミュニティセンター、集会所、自治するところへの予算が多い

学校・幼稚園保育園が多い

町内で働く人の数が多い

フリーペーパーが多く作られている

住民意見が発信できる/地域の情報を得ることができる/考えることができる

行政の黒字


子ども比率が30%以上

祭りやイベントの充実と子どもの参加多い

観光客の増加

街のシンボルのようなショッピングセンターがある

公共図書館などの施設が充実


子どもが増える

元気なお年寄り

観光客

お店

交通の便

会社の数

プール図書館、公共施設

お祭りを30%増やす

お年寄りのクラブチームを増やす

複合型施設を作る

バスの本数、時間を増やす

会社の数を増やす

公共施設を増やす

保障を充実させる


人口増加

地域おこし協力隊の受け入れ

団体での地域ボランティアの実施(1以上)

出生率増加のためのサポート

公共交通のポイント制や無料化

フリマの地域開催

高校生の挨拶運動

学生間(小から大)までのつながり(1以上)

大学ALTの文化交流実施


若い世代を増やす

教育機関を充実させる

公共施設の充実

お店の分布具合

観光地があるか

仕事口の多さ


交通の便

他地域から人が来る

地域内での人々のつながり

お店の栄え具合

イベントの参加率

公共施設の利用率

赤ちゃんや子どもを預ける施設

学童

教育機関の充実

地産地消

有名な場所


町の居場所マップの充実

地域の中のお出かけ先に一週間で20度数以上

県女生主催のイベント

県女生が参加するイベント


実態を把握した活動が行われている

若い人が多いかどうか

浄行施設の内容や売り上げ

住民が密接につながりあっている

地域行事への参加度

ニーズにあった取り組みがある

保育施設の充実

制度の充実

介護内容の充実

閉鎖的になりすぎす、外にひらけている

公共機関・施設が適切に利用されている

情報共有がなされている

若者主催のイベントがある

観光客が来るほどの魅力がある12

■資料1 テッド・トレイナー「保全社会の一日」、『環境教育指導者育成マニュアル』p.189-190 参照:The Conserver Society: Alternatives for Sustainability 著者: Ted Trainer F. E. Trainer


■資料2 地域組織の類型、参照『社会教育の終焉』松下圭一、公人の友社、2003


■資料3 デザインができること 社会はデザインで溢れている! myブログ参照

  • λバリアフリーデザイン
  • λカラーユニバーサルデザイン
  • λ交流のデザイン実践ガイド https://ericweblog.exblog.jp/19476003/
  • λ話し合いの技術 交渉と紛争解決のデザイン
  • λインフォグラフィックス 情報をデザインする視点と表現
  • λニッポンの風景をつくりなおせ 一次産業×デザイン=風景
  • λ熟議ワークショップ プログラム・デザイン
  • λ震災のためにデザインは何が可能か
  • λ311後の建築と社会デザイン
  • λパーマカルチャー 農的暮らしの永久デザイン
  • λ2050年」から環境をデザインする 都市・建築・生活の再構築
  • λ2050年脱温暖化社会のライフスタイル IT社会のエコデザイン
  • λ構成主義パラダイムと学習環境デザイン
  • λ「未来の学び」をデザインする 空間・活動・共同体
  • λ環境デザインの試行
  • λ誰のためのデザイン? 認知科学者のデザイン原論
  • λ芸術としてのデザイン
  • λ参加するまちづくり
  • λ協働のデザインパートナーシップを拓く仕組づくり・人づくり

■資料4 環境教育のサービス学習 5つの分野における地域調査「緑の学校」

https://www.plt.org/greenschools/student-investigations/

  • λエネルギー
  • λ環境の質
  • λ学校立地
  • λ廃棄物とリサイクル
  • λ

[PR]
by eric-blog | 2018-06-29 14:04 | □研修プログラム | Comments(0)

沖縄慰霊の日 「生きる」

東京新聞 2018年6月24日

a0036168_10353111.jpg

映像はこちらから
https://mainichi.jp/articles/20180623/k00/00e/040/310000c
英訳を試みた方がいる。

https://blogs.yahoo.co.jp/papyalapo/69880481.html

# Ms. Rinko Sagara is 14th-years-old girl living in Urasoe City (Okinawa Prefecture) and recited her poem in Okinawa Memorial Day ceremony on June 23th,2018.
Please feel free to quote the below translation without my permission.

I Am Alive
Rinko Sagara
I am alive right now.
Treading on the land giving me the mantle’s heat.
Receiving pleasant wet breeze all over my body.
My nostril feels the smell of grass.
My ears hear the sound of sea from far away.
I am alive right now.
What a beautiful island I am alive in.
Shining blue sea.
Shining waves break against rocks and splash.
Bleating goats.
Whisper of our brooks.
Path toward our fields.
Sprouting our greenest hills.
Tender sound of our San-shin (Okinawan traditional stringed instrument).
The hot sun keeps on staring me.
What a beautiful island where I grew up.
With my all sensory organs, with my sensitivities,
I feel my island. My heart becomes hot gradually.
In this moment, I am alive.
This wonderful moment.
This beloved moment.
They come down to peaceful “Now” and penetrate my whole body.
How can I express my feelings?
The feelings filled my heart.
My precious “Now”.
My indispensable “Now”.
In this “Now”, I am alive.
Seventy-third years ago,
On that day, my beloved island became island of dead.
The songs of little birds changed into screams of terror.
The tender sounds of San-shin vanished in the roar of bombing.
Our boundless blue sky was covered with iron rain.
The smell of grass was contaminated by the smell of dead.
Shining sea was filled with a lot of battleships.
Soldiers fired flamethrowers. Children cried.
Burnt houses. Smell of powder.
Our land trembled by bombardments.
Our sea was filled with blood.
People had been destroyed like monsters.
That hell, that unforgettable memory of war.
Everybody was alive in that time.
Everybody was alive like me.
They were the life trying as hard as they could.
Without suspicion, they must have pictured their own lives, their own future.
They have family.
They have fellows.
They have significant other.
They devoted their vocation.
They had something to live for.
They rejoiced in daily small happiness. They cooperated each other.
They were the human like me.
But, they were destroyed and robbed.
“They lived in that times”. Just that is why.
So innocent lives had been destroyed.
So their ordinary and peaceful days had been destroyed.
Now I am standing on Mabuni Hills.
Just below my eyes, the calm sea spreads to the horizon.
With sad and unforgettable memories of my island,
I swear clenching my fist tightly.
Remembering the robbed lives, I swear it sincerely.
As long as I am alive, I do not allow all kinds of war sacrificing a lot of lives.
I do not allow our sad “Past” revives as “Future” again.
Every borders, every races, every religions, every interests. Overcoming every difficulties, people all over the world can live together peacefully.
I devote myself to realize it.
Anybody are not allowed to interfere with other life, with taking care of life.
I devote myself to create that kind of the world.
I make my best efforts to create the peace.
You can feel it, can’t you?
The beauty of this island.
And you must know it.
The sadness of this island.
Together with me, you are alive in this moment.
Together with me, you are alive right now.
So I believe you can figure them out.
On the meaninglessness of war. On the true peace.
Not with your head but with your heart, you must figure them out.
Taking advantage of silly military force, we never gain the genuine peace.
The peace is the life itself. The peace is to live naturally.
The peace is to brighten our lives as possible as we can.
I am alive in the present.
I am alive with everybody.
And I will live my own life as ever.
Taking care of my life day by day.
Remembering peace. Praying for peace.
Our “Future” is an extension of this moment.
In other words, our “Future” is our “Now”.
My precious island.
Everybody’s proud island.
My friends, my family, and all lives in my island.
In this island, you are alive in the present with me.
Together with you, I would like to live my life as ever.
From this beautiful home in blue, I would like to launch the genuine peace.
Come on, everybody. Let’s start to walk to the future!
The wind of Mabuni Hills is blowing me.
My heart is sounding.
“Past”, “Future”, and “Now” are resonating in this moment.
Our requiem, get to our sorrowful past.
Our songs of life, sound in our coming future.
I am alive in the present.


昨年の詩の朗読の英訳。
https://ameblo.jp/kazu-chann/entry-12287108678.html



[PR]
by eric-blog | 2018-06-29 10:38 | ◇ブログ&プロフィール | Comments(0)

読み手に伝わる公用文 <やさしい日本語>の視点から

読み手に伝わる公用文 <やさしい日本語>の視点から

岩田一成、大修館書店、2016

3135


面白い人だ! 最近、大阪大学出身者で面白い本を書いている人のもの、多いなあ。つて、波長が合うだけだろ。


公用文を集めて分析したもの。


「頭のストレッチ」が各章ごとについているのが、手話の言い換え練習にもなっていい!


構成の図もわかりやすくていい。


a0036168_11203552.jpg
まんま、心がけになっているんだよ!

基本対象は、中学二年生を想定せよ! by 斎藤美奈子。


[PR]
by eric-blog | 2018-06-27 11:21 | □週5プロジェクト2018 | Comments(0)

子どもの性的行動・きょうだい間の性虐待 親と教師のためのガイド

子どもの性的行動・きょうだい間の性虐待 親と教師のためのガイド

性暴力を生きる力に変えて1

グループ・ウィズネス、明石書店、2004

3134冊目


カナダ、BCでの研修、1999年、で出会った小さな冊子を翻訳したもの。全6巻。


シリーズ2

https://ericweblog.exblog.jp/8666618/


シリーズ4

https://ericweblog.exblog.jp/23368537/


この本もとてもよくまとまっているし、具体的だ。

家族という安心と信頼の源泉である場所で起こる虐待は、大きな影響を持つ。しかも、虐待された側が、自責感を持ち、「ごめんなさい」という。


きょうだいという家族時間を熟知している人が行う行為は、長期間気づかれないことが多いと、。


加害行為をする子どもの要因。

1. 虐待を受けた

2. ネグレクトされた

3. 社会性が乏しい

4. 対処能力が欠如

5. 権限を与えられすぎている

6. きょうだい巻でのライバル心が度を越している


加害行為が起こりやすい環境

1. 性的刺激がありすぎる

2. 個人の境界線が不明

3. 秘密が慣例

4. うちではあり得ないという否認


被害を受けた子どもの感情への影響

・無力感

・羞恥心

・恐怖心

・怒り

・孤独

・哀しみ

・罪悪感

・混乱


影響が長期に及ぶ場合もある。「不安」「人間関係」「アルコール依存」「薬物」など。


起こってしまった過去はやり直せない。しかし、意味を捉え直すことはできる。何回でも。百万回、意味付ける。そして、越えていけるだけの自尊感情を、しっかり育てていきたいものだ。


「あなたは大丈夫。」「よく生きてきた。」「きょうだいは、いまのあなたを傷つけることはできない。」


他に、どんな支援があり得るのだろうか?



[PR]
by eric-blog | 2018-06-27 10:59 | □週5プロジェクト2018 | Comments(0)

化学物質過敏症すごろく

化学物質過敏症の患者が、日常生活でどのようなリスクにさらされているか、また、限られた選択肢の中でどのように生活を立てていくかをすごろくで追体験する。

a0036168_14405632.jpg
a0036168_14411076.jpg
a0036168_14412152.jpg
a0036168_14413149.jpg
a0036168_14414161.jpg
ぜひ、体験してみてください。

■化学物質過敏症についてはこちらから
https://ericweblog.exblog.jp/20295746/

[PR]
by eric-blog | 2018-06-26 14:43 | ☆よりよい質の教育へBQOE | Comments(0)

テクノクラシー帝国の崩壊 「未来工房」の闘い

テクノクラシー帝国の崩壊 「未来工房」の闘い

ロベルト・ユンク、藤原書店、2017、原著PROJEKT ERMUTIGUNG, 1988

3134冊目


気候変動教育のワークショップで知ったユンクの「未来工房」。1913年生まれ、1994年没の著者が75歳の時に書いた本ということか。励まされるなあ。


『原子力帝国』1977年で警告したことが、1979年のスリーマイル、1986年のチェルノブイリと原発事故として現れた。


1984年、ブルントラントが議長となって「環境と開発のための世界会議」が開催され、1987年に「Our Common Future」として報告書にまとめられた。

https://esderic.exblog.jp/7977535/


オーストラリア、グリフィス大学環境教育センターのジョン・フィエンも、『ケアする心』でブルントラントが「ケア」について言及している部分を引用している。

https://ericweblog.exblog.jp/18988625/


英語のcareという言葉は、よく使われる。最近では、メラニア・トランプ大統領夫人が、不法移民の施設訪問に行く時に「I really don't care. Do U?」と書いたジャケットを着ていた。


I care for you. と言えば、「あなたのことを気にかけている」というような意味だし、care takerというのは養い親のことだ。


さて、本著では「強力な想像力の運動」が必要だという。32

新しい社会関係、別の生産的可能性について具体的に考える。

そして、次の本を紹介している。


1987年、世界資源研究所WRIから「持続可能な世界のためのエネルギー」が出版され、未来予測として2010年までのエネルギー増加は10%程度に抑えることができるとした。33


「諦め」という亡霊が、世界を徘徊していると、序は始まっている。にも関わらず、この本が書かれた時代の背景を思うと、今よりはまだ希望を語り合っていた時代脱兎すら思える。


問題の解決をめぐる熟慮。


インターネットや情報科学も、比較にならない。しかし、すでにその萌芽はあったし、警告も出されている。52


・孤立化

・粗暴化  他人に対する感受性が失われる。

・不機嫌

・感覚喪失

・積み木的思考 想像力、創造性が失われる。

以上「コンピュータは聾唖にする」報告書より。


4章 希望の現実性

5章 自主的な創造者であること

6章 実験的社会への道

7章 1989年の革命 空想的人物の増加、革命からの学び、新しい啓蒙。


情報を得て考えることのできる市民が希望である。


ERICが始まったのが1989年。非政府組織NPOにも希望がモテた時代。

あれから30年。まだまだ試行錯誤は続いているね。


希望を語ることをやめないこと。



[PR]
by eric-blog | 2018-06-26 11:51 | □週5プロジェクト2018 | Comments(0)

ちつのトリセツ 劣化は止まる

ちつのトリセツ 劣化は止まる

たつのゆりこ指導・監修、原田純、径書房、2017

3133


予約がいっぱいの本。


ねじれた家 帰りたくない家』の著者であり、径書房の社長。

https://ericweblog.exblog.jp/238542174/


『オニババ化する女たち』にも学びながら、たつのさんのケアを実践。パートナーがいなくても大丈夫!でもケアはしたほうがいい!

https://ericweblog.exblog.jp/1665487/


「骨盤底筋」体操は、脚を内股にして曲げて膣を引き締める、緩める。外股にして曲げていき膣を引き締める、緩める。と言うような動き。


著者はわたしより一つ年上。すでに更年期も過ぎているのだが、それでもやるか?と言う感じだが、尿道筋のトレーニングにもなるし、いいかもね。


そういえば、更年期障害は自覚的なものは何もなかったなあ。


ケアのために準備するオイルはセサミオイルかスイートアーモンドオイルだそうだ。膣だけでなく、顔や頭、全身のケア方法が紹介されている。


女性自身のためのケアの本ということだね。やらない気がするけれど。邪魔くさいから。



[PR]
by eric-blog | 2018-06-26 10:37 | □週5プロジェクト2018 | Comments(0)

国家がよみがえる時

国家がよみがえる時 持たざる国であるフィンランドがなんども再生できた理由 挫折のたびによみがえるフィンランドの強さとは?

古市憲寿、トゥーッカ・トイボネン、マガジンハウス、2015

3132冊目



ノルウェーに留学した体験のある著者。ショッピングの楽しみのない「快適な田舎」で老後生活を送ったという。


北欧の国々は似たような文化と社会制度を持つという。共著者との出会いから、人口547万人のフィンランドについて書くことになった。


スウェーデンとロシアの支配下にあり、ようやく独立を果たしたのは1917年。

第二次世界大戦でロシアと戦い、領土を失い、戦後復興を果たすも、ソ連の崩壊に伴って、深刻な財政赤字。012


1990年代から教育改革に邁進。IT立国を果たす。しかし、ノキアの時代が終わり、今は、「起業家大国」に。

これまで国家が担っていた福祉を社会企業が担っている。スウェーデンのサムハルのようなことが起こっているのか?

https://ericweblog.exblog.jp/238518165/


日本同様、たいした資源のない国が、何度もたちあがっている。


3章の「幸福なフィンランドの若者たち」は若者がアウトサイダー化する問題


「優秀さ」のエートスに疲れて分極化する若者。

情報化社会において低学歴の若者たちがはじき出されている。137

労働や有給雇用による成功の道から外れてしまうことは恥ずかしい。そのためにこれらの若者が、きちんと社会の一員として認識されるのだろうか? という著者らの危惧は、まさしく、吉川が指摘した分断の課題と同じである。


「起業家大国」とは言っても、そは「余儀なく起業家になってしまった人たち」という側面もあるのだ。240


イノベーションのために必要なのが「余裕」だと最終章はいう。

福祉は削減されてきたが、教育に対する投資は継続している。エリートでなくとも自由な学習の機会が保障されている。大学院まで出て、起業し、極めて高度で面白い革新的起業に取り組む余裕。


人口62万人の小さな都市だからこそ、コラボレーションもネットワークも起こりやすい。


一方で「教育」の章で指摘されているように「世界第一位」という成功の呪縛は、改革・改善を難しくする。変えようとすることが、大きなチャレンジになってしまうのだ。


なるほどね。日本が高度経済成長という「うまく行った過去」に囚われてすでに半世紀。自動車産業、白色家電産業、IT家電に陰りが出ているいま、日本も「ノキア」願望だけですまないことははっきりしていると思うのだが。


東京新聞
a0036168_12434215.jpg

[PR]
by eric-blog | 2018-06-25 12:24 | □週5プロジェクト2018 | Comments(0)

二宮金次郎とは何だったのか?

本はまだ読んでいないが、新聞記事が出ていたので。

a0036168_10250173.jpg
東京新聞
2018年6月19日
a0036168_10401174.jpg

[PR]
by eric-blog | 2018-06-25 10:25 | Comments(0)