<   2018年 04月 ( 36 )   > この月の画像一覧

「米軍が恐れた不屈の男」瀬長亀次郎の生涯

「米軍が恐れた不屈の男」瀬長亀次郎の生涯

佐古忠彦、講談社、2018

3075冊目


2017年に公開された映画の監督が、映画の内容を書いたもの。見そびれている。


「弾圧は抵抗を呼ぶ

抵抗は友を呼ぶ」


瀬長さんは199992歳から入院していたが、なんと2001911日の朝、心肺停止に。それから24日。105日に死亡。


1987年に衆議院議員を引退。


1970年、沖縄復帰を前に行われた国政選挙で63歳で当選して以来17年だ。


1956年には那覇市長に立候補。当選。しかし、米軍の嫌がらせは布令をも変える。翌年、6月には不信任決議を出され、同時に、逮捕歴のある人の被選挙権を剥奪するという行為に出たのだ。


次の市長選で勝ったのは、瀬長が押した兼好氏。


瀬長を追放したい米軍の焦りは、市長選にも勝利され、次期市長選も勝利され、高まるばかりだった。


そもそも、瀬長の政治活動は、1947年の沖縄人民党設立から始まる。

瀬長は、民主主義、法治主義を主張し続けた。

占領軍による支配ではなく、沖縄の権利としての統治を求めた。


1952年に琉球政府が設立された時にも、ハーグ陸戦条約に従って、「占領された市民は、占領軍に忠誠を使うことを強制されない」という条文から、米軍の支配に対する宣誓と取れる文書を拒否。


そのことによって、米軍に「好ましからざる人物」と記憶される。


この時、米軍は、日本本土と沖縄とでダブルスタンダードで支配を進めていた。民主主義のポーズを強く押し出していた本土では労働組合の活動を進めつつ、沖縄ではそれを弾圧していたのだ。


瀬長の人民党は標的となる。


1954年、でっち上げの罪状で逮捕、裁判、2年間の実刑判決。


瀬長は、刑務所の中でも戦った。「テロ禁止」「入浴などのルールの遵守」などを求めたのだ。


瀬長は、演説の神様であったという。


土地を守れ、支配を許すな。


その精神は、今にも受け継がれているという。


沖縄が捨て石だった太平洋戦争。そして、ダブルスタンダードの米軍支配。


その全てを見てきた沖縄人民の心を代弁できる男が、米軍が最も恐れる男であったのだ。


沖縄人民は忘れない。


やっぱりこの映画、見たいなあ。どこかでやっていないかなあ。

[PR]
by eric-blog | 2018-04-09 13:34 | □週5プロジェクト2018 | Comments(0)

震災と向き合う子どもたち 心のケアと地域づくりの記録

震災と向き合う子どもたち 心のケアと地域づくりの記録

徳水博志、新日本出版社、2018

3074冊目


元宮城県石巻市の小学校教員の方。子どもの版画研究会にも参加。

いまは、住民によるボトムアップ型復興を目指して地域社会に貢献する会社を設立、お連れ合いとともにかんばっているという。


震災直後、日本は変わるのではないかという期待があった。しかし、その後、被災校にも「学力向上」の波が押し寄せる。著者は「むらを捨てる学力」なのではないかと問題提起してきた。


勤務校であった雄勝小学校は、学校の建物が全壊、児童たちの自宅も108名中3名を除き全壊。


313日に保護者に児童の引き渡しを完了した後、41日まで、校長の判断で教員は自宅待機。4月に学校が再開された時に、教員を迎えたのは地域住民の怒号であった。学校は再開されるのかどうか、再開場所はどこになるのか、いつから再開されるのか、それらの情報が全くないまま、住民たちは避難先や避難時期を決めかねていたのだ。19


宮城県教育委員会を通じて示される文部科学省の方針は、「震災前」の教育課程の再開という形での「復興」であった。著者は、学校が地域にとってとても大きな役割を果たしていること、そして、児童の状況に答える教育内容が求められていることをひしひしと感じ、「震災前に戻ること」が復興であるとはとても思えなかった。


目の前の子どもの現実から始めない文科省教育行政。被災した子どもたち、避難所で暮らす子どもたちに「早寝早起き朝ごはん」を説き、漢字検定を頑張ろうと呼びかける校長。被災地を訪問した梅原利夫和光大学副学長は驚愕したという。


石巻市独自の「復興教育」を考えたい。著者の思いは全職員による話し合いの場へとつながっていく。


地域の復興につながる教育

地域復興に貢献できる内容


震災で切れたつながりを再びつながり直すこと。33


地域で復興に頑張っている人を教材にする。


夏休みをかけて総合学習のカリキュラム作成を進める。40

・当事者性が高いテーマ

・地域の復興を扱う

・復興に向かう大人を自己形成の一つのモデルとして学ぶ

・確かな学力を育てる


能動的に支援する側になることで自分が癒される。45

「南中ソーラン」が地域の人に感動を呼び、その姿に子どもたちは力を得た。

ストリートダンスのような振り付けなんだなあ!

https://www.youtube.com/watch?v=GzmrGAM2U7c


まちづくり協議会の復興計画案の学習。まちづくり計画の立案。そして、住民へのアンケート調査の実施。本当に街に必要なものは何かという気づき。


被災者との交流。

まちづくりプランの立体模型作り。

その上で「まちづくり協議会」での意見表明。


そのプロセスを京都大学公共政策大学院教授の岡田知弘さんは「人間性の復興」でと評する。子どもを含めた「人間の復興」がそこにあると。77


つぎの年度には五年生の総合学習で「雄勝湾のホタテ養殖」について学習。


それらの取り組みは、「主体的な」「対話的」「深い」学びと定義されているアクティブ・ラーニングには「真理を探究する学び」であり、異なる点なのだと著者は言う。


当事者として学ぶ意味のあることを学ぶ。それが復興教育の柱だ。101


震災二年目、五年生は19名が9名に激減した中で始まった。異常な学習意欲の低下。国語も算数も手応えがないまま、夏休みに。


実践のモデルはどこにもなかったが、ケアの教育が必要だと、自分自身の入院、トラウマ、グリーフ体験のふりかえりから実感。内面に抱えているものを語らせ、対象化させること。意味付ける学美。

『女川一中生の句あの日から』を国語で取り入れた。


俳句での表現をきっかけに作文へ。そして、「大震災が奪ったもの/大震災さえ奪えなかったもの」によって体験を意味付ける作業へと。


友達を一度でも守ってあげたい 絶対に 131


桑山心療内科医師に「心理社会的ケアワークショップ」。オスロ大学で学んできた技法。

対象化、意味づけと重なるものがあった。


自宅周辺のジオラマ作りと木版画。そして住んでみたい街。

体験をプラスに意味付けていく過程。


そして、「地域」を利用する学校ではなく、「地域のための学校」を構想する。


亡くなった母親の形見は「私」自身。佐藤麻紀さんの気づき。182


震災と向き合う大切さ、PTSDの可能性が言われていたのに、学校での実践は少ない。

被災三県で10人に満たない。183


復興に向き合うことで、リアルに地域を見つめ、視野が広がる。「復興教育」は地域に子どもを縛りつけるものではないと、今もう高校三年生になる彼らが、海外留学も含め、多様な可能性に挑んでいる姿を証拠として語る。185


今行われている復興は失敗だったのか? 山下祐介さんの本を紹介し、また、雄勝に残ったものとして、防潮堤の背後地に街の未来が見えないことを見つめながら、「失敗で終わらせることができない」のが、住民だと。


定年を迎えた著者は、自らの「復興教育」に地域の未来の可能性を見る。学校と地域の連携だ。

学校の教育目標自体が変わる必要があるよね。


お連れ合いの「フラワーガーデン」の試みも含め、


雄勝の試みは続く。続く試みが復興なのだろうな。


■海の見える病院 語れなかった「雄勝」の真実

辰濃哲郎、医薬経済社、2013


当日、40名の入院患者と34名の職員、合計74名がいた。助かったのはたったの四人。

三階建ての建物の屋上までもが流された。


病院の職員の皆さんに「特殊公務災害」の申請は通ったのだろうか?




[PR]
by eric-blog | 2018-04-05 14:39 | □週5プロジェクト2018 | Comments(0)

高齢ドライバー 加害者にならない・しないために

高齢ドライバー 加害者にならない・しないために

毎日新聞生活報道センター、岩波ブックレット、2007

3073冊目


すでに10年以上、この問題が議論されている。

研修でのテーマとしても取り上げているので、社会的認知もかなりすすんでいるのだろう。

https://ericweblog.exblog.jp/23199317/


しかし、本人の自認によると、80歳以上でも80%以上が「運転に自信がある」と答えてている。


20173月からは75斎場に対し「認知症検査」が義務になった。

機械的な「自動運転」補助的なシステムも考えられている。

保険料が高くなるというようなこともあるだろう。


きっと、わたしが75歳になる頃には、もっと物事はすすんでいるだろう。


家族の負担が大きいということが、この本を読むとわかる。そして、その事情は、きっと今も変わっていないのだろうなあ。結局は、身近な家族が免許の返上についても説得する役を担うのだから。


認知症になっても大丈夫、そんな社会づくりは、家族のサポートも含んでのことでなければね。

https://ericweblog.exblog.jp/237073811/


生真面目な人ほど、追い詰められる。そんなことがないように、「6つのポケット」で高齢者を支援する体制が大切だ。

https://www.asahi.com/articles/SDI201803205362.html?ref=apimag1804_sp_con_mailm_0404_15



[PR]
by eric-blog | 2018-04-05 11:52 | □週5プロジェクト2018 | Comments(0)

人生に消しゴムを使わない生き方

人生に消しゴムを使わない生き方

岩本麻奈、日本経済新聞社、2017

3072冊目


「フランスの女性が、男性からの都合のいい価値観の押し付けに抗い、今日のポジションを得るまでには粘り強い抵抗の歴史があった。・・・まだ道は遠いのだ」最終章に著者はいう。


著者は皮膚科の医師であり、ネットで見る限り、かなり美人。きっと、フランス人女性同様、「わたしは実年齢より13歳若く見える」と思っていることだろう。


ノートをとるのに鉛筆と消しゴムではなく、小学生の頃からボールペン、中学生にもなれば万年筆が当たり前という教育事情をネットで読んで、この本をゲット。教育だけでなく、フランス女性の生き方にも多くの言及があるエッセイ集だった。


つまり、人生にも消しゴムはない。失恋も消さない生き方というわけだ。


学校で「消しゴム」を使わない理由は、「考えの道筋が見えなくなる」から。


かといって、ノートがぐちゃぐちゃというわけではない。ノートの美しさにも、彼らの美意識が反映されるため、ノートの美しさは加点減点の対象になる。


テストですら、デザイン性が優れていたら1/10程度の加点をもらえるのだから。


この考え方はいいなあ。


ミスは成長のきっかけ。家で皿洗いを手伝っていて、皿を割ったら、親は、「なぜだと思うか」をきく。改善するためにはどうすればいいと思うかを一緒に考えるという。


大学に入るのは簡単だが、進級、卒業することは難しいお国柄。学生たちは必死で勉強する。大学院レベルの学歴がないとなかなか仕事が見つからない現実では、大学入学から6年間は、努力し続けなければ、報われないことになる。


今度の大学の授業では「思考経路」の見えるノートづくりに取り組もうかなあ。



[PR]
by eric-blog | 2018-04-04 15:24 | □週5プロジェクト2018 | Comments(0)

すぐれた英語授業実践 よりよい授業づくりのために

すぐれた英語授業実践 よりよい授業づくりのために

樋口忠彦、緑川日出子、高橋一幸、大修館書店、2007

3071冊目


多分、高橋さんのブログがヒットしたからこの本を図書館で検索したのだと思う。英語の発音指導についてだったか。


19の中高における授業実践の分析と改善点などを中心に紹介している。


・英語ですすめる授業

・英語でのやり取りのある授業

・インプットとアウトプットの豊かな授業


・コミュニケーション

・リスニング

・リーディング/ライティング

など。


育てたい具体的なイメージを持つこと。


生徒の到達度評価と授業の内省


というのが各章に出てくる。


コミュニケーション能力というはそれを支えるいくつかの能力から構成されている。(Canale&Swain, 1980)

・文法能力

・社会言語学的能力

・談話能力

・方略的能力


全体として、「アクション・リサーチ」という手立てで改善を進めようという勧め。ごく普通の教科書も活用次第。ひょっとして「アニマシオン」を活用できる?



[PR]
by eric-blog | 2018-04-03 12:54 | □週5プロジェクト2018 | Comments(0)

これからの日本、これからの教育

2018年4月2日 今日から「週5プロジェクト2018」が始まります。

昨年度は333冊をご紹介。今年度もそれに負けない冊数をご紹介していきたいと思っています。

よろしくおつきあいのほど。


==========================


これからの日本、これからの教育

前川喜平、寺脇研、ちくま新書、2017

3070冊目


2018326日 寺脇研さん、語る。

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/415985


前川さんは、なんと私と同い年! 気づいてなかった。


2017年に「再就職規則」違反の責任を取って辞職。文科省時代のノートパソコンの待ち受け画面はチェ・ゲバラだったと「はじめに」に代えて、で明かす。


4年先輩の寺脇研さんとは入省以来37年の関係。6歳年上の河野愛さんからの影響も、共通項だという。

http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2017/07/24/sataka-6/


ヨットは逆風でも前にすすむ。(016)わたしも、ファシリテーター養成研修でよく使う表現だ。参加者からのネガティブな反応も、無反応よりははるかに研修の目的に向かうための力になる。ただし、まっすぐは進めない。ジグザグになる。


加計学園問題について、発言したのも、「河野スクール」の影響が大きいようだ。河野さんという人は、利益誘導や媚びへつらい、曲がった事が大嫌いな人だったという。


森有礼が明治19(1886)年に発した「自警」は「その職に死するの精神覚悟」が文部省には必要だと。026


森は1889年に国粋主義者に刺されて死んでいる。


この本ではお二人は文科省の改革について語っている。


1987年の臨教審「生涯学習社会」が一つの転機だったと寺脇さんは指摘する。


教育行政は現場から始まり、現場で終わる。


福岡県添田町添田中学校の事例。給食日本一になった。040


生涯学習は文科省の「鎖国状態」を変えた。

臨教審は同時に、国家主義と新自由主義による教育行政の方向性を示していた。「教育の自由化」。中曽根行革。


1992年、寺脇さんは職業教育課長として農業高校の存続に尽力する。「脱・偏差値」とのセットで、成功した。特に女子がげんき。「農業をやってみたいから」と選んで入る。057


偏差値の輪切りにつながる業者テストの廃止。

学校五日制は、性急すぎて大変だった。

家庭科の男女必修も寺脇さんが関わった。

総合学科の導入も。


ゆとり教育は「自由自律の個性尊重」のためのもの。未来を切り開く力を子どもたちに。075


学校とは勉強のできない子どもたちのためのものではないか。木田宏元文部次官。078


小渕首相の立ち上げた教育改革国民会議は「個あって公」を示すものとして構想された。083


しかし、跡を継いだ森喜朗首相によって教育基本法改正のための会議にされてしまった。


前川さんは「義務教育国庫負担金の廃止」に反対の論陣を貼る。087


2004年度からは「総額裁量制」も導入することで、例えば給与水準を下げて人員を増やすといった鳥取県片山知事による改革も可能にした。091


40人以下の少人数学級の実現も。


2011年度から一年生については上限が35人になった。

高校無償化は民主党政権による改革の目玉。4000億ほどの財源を「控除から給付へ」によってひねり出した。100


それが自民党政権の下村大臣の時に、「奨学給付金」も出るようになり、実質的な無償化が実現。一方で、そこには910万円以上には支給しない、しかもそこからは授業料も取るという所得制限が導入された。


しかし、それは税金そのものでやるべきことであり、高校無償化、高等教育無償化のための論理にも反する。


寺脇さんは「大学無償化」派。それに対して前川さんは「18歳から20歳までの学習権保証」として二年間ほどの学習機関があり得ないかと、専門学校を含めた構想を持っている。


学力で高等教育の進学を決めるのではなく、学ぶ意欲で決めること。128

中退率が高いのは「暫定入学制度」のようなものなのだから、大学の評価基準にすべきではない。就職率も同様。大学を出て、すぐ就職ではなく、自立型職業の模索ということだってあるのだから。


朝鮮学校の問題にも寺脇さんは関わった。コリア国際学園の設立。無償化を勝ち取る。

しかし、朝鮮学校の無償化は自民党政権になって、不可能に。138


朝鮮学校を「洗脳教育」の場所だと言いたがる人たちは、実際は日本の学校そのものを洗脳教育に従っているようにも思える。139


2011年、沖縄八重山地区での教科書採択。共同採択制そのものをなくすべきだという考えの前川さんが担当。

石垣市と与那国町は育鵬社、竹富町は東京書籍と別れてしまった。民主党政権下では、竹富町を教科書無償制度から外すことで、自主的に住民からの寄付で東京書籍の本を22冊分購入することでケリがついた。150


自民党政権になって義家政務次官が問題を蒸し返し、共同採択の決定に迫るように言ってきた。そこで「共同採択では、必ず一本化することと」という法律改正を通し、沖縄県教育委員会は改正次第、竹富町を共同採択区分からはずして、竹富町を単独採択地域にした。155


そして、文科省、天下り問題引責辞任について。176


2018年加計学園、獣医学部開設。

http://www.ous.ac.jp/vet/kaisetu.html

教授陣の名前がどこにも出てこないけど。始まるのかなあ。


小泉政権下で始まった「株式会社立学校」全国20校以上あるがほとんどが広域通信制高校。98%が卒業するほとんど「ディプロマ・ミル」状態。


問題が発覚したのが「ヴィッツ青山学園」

株式会社による学校設立特区制度を廃止し、学校設立のハードルを下げる方が、合理的。206


行政とは「品質保証」。


教育は、しっかりとした品質保証が必要な分野なのではないか?


前川さんを次官に任命したのは馳文科大臣。いまはなんであんな奴を、と批判されているだろうなあ。と。209


そういえば、馳議員。森友加計問題についてはかなり文部科学大臣の責任を問うような質問をしていたなあ。


「教育行政とは、人間の、人間による、人間のための行政」

「教育行政は、助け、励まし、支える行政」

「教育行政とは現場から出発して現場に帰着する行政」


前川さんが宮城県で仕事をしていた時にまとめた三原則である。43


LGBTや発達障害の人々のことも視野に入れた、お二人の対話。いいですね。


「みんなの学校」のように、すべての学校がなればいい。by寺脇。


木村泰子さんの本。

https://ericweblog.exblog.jp/23157639/

https://ericweblog.exblog.jp/21690362/


地方分権改革はきちんとすすんでいる。

匿名性と無責任は違う。



教科書検定課長、村上智さん。1976年からたった一年を入省二年目の職員として過ごした寺脇さん。村上さんが定めた「フェア」な教科書検定のルールに、政治家からの横槍があってはならないと、思い定めた。


この対談を読んで、お二人の「意思」によるところが大きかった文科省の変化を思った。そして、このお二人だけではないことも、また、信じたい。



■本の紹介
http://www.webchikuma.jp/articles/-/1099

[PR]
by eric-blog | 2018-04-02 13:54 | □週5プロジェクト2018 | Comments(0)