<   2014年 05月 ( 65 )   > この月の画像一覧

本当にワルイのは警察 国家権力の知られざる裏の顔

本当にワルイのは警察 国家権力の知られざる裏の顔
寺澤有、宝島社、2013
単行本は宝島社新書で2012年2月
2222冊目

2014/05/20 自由報道の為に戦った世界のヒーロー・寺澤有氏「記者クラブは堂々と大本営発表を垂れ流し続けろ」http://iwj.co.jp/wj/open/archives/140792

国境なき記者団が2014年5月3日の世界報道自由デーに向けて発表した「世界の情報ヒーロー100人」(100 héros de l'information)に、日本人としてただ一人選出された。選出理由は、長年にわたる警察腐敗追及、記者クラブ批判、秘密保護法の違憲確認・施行差し止め請求訴訟の提起など。(Wikiより)を受けて、日本外国人特派員協会での記者会見となった次第。

記者会見で寺澤さんは言う。彼が記事にしたせいで処分された警察官は100人はくだらないと。

記者会見でも聞かれていたが
1. なぜ、この問題に関わりだしたのか
2. これまで怖い思いをしたことはないか
についても、この本で紹介されている。

高校生の時、自分自身がスピード違反をしていないにもかかわらず切符を切られ、サインせよと強要されたこと。支払いを拒否していたら、不処分になったこと。取締をしていた警官とその後であった時、不処分だったというと「機械は間違わない!」と切れられたこと。その彼は、当然10万円を払ったものだと確信していたのだ。200

警察改革のチャンスもあったという。1999年10月、警察法改正案が議論された。著者も参考人に呼ばれたが、主張した「外部監察の導入」は見送られ、税金の無駄遣いでしかない「警察署協議会」が設置されて終わった。

なぜ改革が必要か。そのことを
1.東日本大震災の被災地で検視に対する謝金支払いを裏金にしている。
2.変死体の検案代金も裏金にしている。
3.参考人呼び出しの謝金を支払わず、裏金にしている。
4.税金をかけてとった証拠を隠蔽している。(東電OL殺人事件の犯人とされたゴビンダさんの事例)
5.拳銃の摘発ノルマがあるので「やらせ」「で来レース」で摘発している。
6.警察から個人情報が流出
7.東電の自警団か? 脱原発運動に対する弾圧
8.天下りの範囲が「マッチポンプ」式でどんどん広がっている。金融、警備、スーパー、学習院の守衛、など。「人材情報センター」によって退職後の就職も扱うことで、内部告発がしにくくなる。一生飼い犬。
9.交通安全協会に独占的業務委託で仕事をまわしている。
10.これらの問題を報道しない記者クラブというジャーナリズム

北海道新聞は「裏金づくり」についてのキャンペーンを2003年に行ったが、その後の北海道警察からの報復にあい、敗北。63

その経緯についてはIWJの岩上安身氏によるインタビューが詳しい。
http://iwj.co.jp/wj/fellow/archives/1133

こちらもおもしろそうだ。
http://iwj.co.jp/wj/fellow/archives/1178


そうまでして作った裏金は、署長が転勤する時に数百万、一千万円単位で餞別として贈るのだそうだ。
『誰も書けなかった日本のタブー 原発と山口組と芸能裏人脈編』宝島社、2011
にも「変死体」の問題の一稿を寄せている。

この本では電力会社が年間2000億円ものお金を広告費と販売促進費としてメディアにばらまいている実態も紹介されているけどね。
鈴木健『電力産業の新しい挑戦』は電力業界が広告によってメディアを籠絡していく様子が描かれているらしい。

製薬会社は「病気の恐怖」を売って、薬を売り込んでいるし。

昨日見ていた「モザンビーク解放戦線史」をまとめた舩田さんに対する岩上安身さんのインタビューではないが、世界がくずれていく? その原因はどこに?

2014/03/21 「企業」による資源収奪が続くアフリカへ進出する、安倍政権の思惑 ~世界トップクラスのアフリカ研究者・舩田クラーセンさやか氏に岩上安身がインタビュー
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/130483

こちらは、まだ無料で全部、視聴できますよ!


■全国警察力ランキング
寺澤有編著、宝島社、2006

栃木、茨木、群馬が並んで総合的な地位が低いのが気になった。43,46,40だもんねぇ。

■報道されない警察とマスコミの腐敗  映画『ポチの告白』が暴いたもの
寺澤有、インシデンツ、2009
[PR]
by eric-blog | 2014-05-29 09:06 | ■週5プロジェクト14 | Comments(0)

アート・検閲、そして天皇 「アトミックサンシャイン」in沖縄展が隠蔽したもの

アート・検閲、そして天皇 「アトミックサンシャイン」in沖縄展が隠蔽したもの
沖縄県立美術館検閲抗議の会・編、社会評論社、2011.8
2221冊目

芸術と社会という問題を、語ることはわたしにはできないが、自主規制が広がる傾向には違和感を覚えるので、この本を紹介しておこうと思う。

この本は、2009年4月に沖縄県立美術館で開催された展示会に、大浦信行作品〈遠近を抱えて〉が展示拒否された問題について開かれたシンポジウムの記録である。

既にニューヨーク、東京を巡回しており、いずれにおいても展示されてきた作品が、なぜ沖縄では問題になったのか。

沖縄で天皇制が盛んに議論された時期の一つが1972年、返還前後。「沖縄にとって復帰とは何か」「日本国民になることの意味」という問いかけがなされた。
渡嘉敷島への元日本軍守備隊長および兵士の慰霊祭のための来島反対がきっかけであった。84

海洋博をきっかけに、新川明さんがまとめたルポルタージュ「悲惨なる逆説-帰ってきた勝ち組」とは、ブラジルの最後の勝ち組が1973年に帰国。彼らは「神州不滅」「テンノウヘイカ様」という言葉を口にし、日本は戦争に勝ったのだと信じていたりする。85

沖縄の天皇制との出会いの「悲惨なる逆説」は、戦争中に「より日本人らしく」行動しようとした沖縄出身兵士の姿にもある。そして、わたしたちの無意識にも。アートとは、そのような無意識を、あぶり出す存在なのだなあと、「皮膚感覚がざらつく」と評されている大浦作品を見ながら思った。
http://ericweblog.exblog.jp/12250093/


東京都美術館(東京都台東区上野公園)作品撤去事件 2014年2月
http://article9.jp/wordpress/?p=2144

2014年3月4日 東京新聞 「憲法までがタブーになる?」
a0036168_821345.jpg


2014年5月3日 東京新聞
a0036168_7575249.jpg

[PR]
by eric-blog | 2014-05-29 07:58 | ■週5プロジェクト14 | Comments(0)

生活保護から考える

生活保護から考える
稲葉剛、岩波書店、2013
2220冊目

「生活に困窮した人が自らの生活を建て直すために制度を利用することは政党な権利である」
「社会保障制度の中の一つが生活保護」

にもかかわらず、「生活保護」に対するマイナスイメージに便乗する形で安倍政権は生活保護制度の見直しを進めている。iv

支援運動の中で稲葉さんが見てきたものは、
・生活保護規準の引き下げ
・生活保護の捕捉率の低さ
・扶養義務強化の傾向

生活保護は「利用」するものであって「受ける」「受給する」ものではないのだと。vi

路上生活者の中で餓死や凍死が頻繁に発生している。

権利意識は日本社会に根付くのか?
[PR]
by eric-blog | 2014-05-28 09:04 | ■週5プロジェクト14 | Comments(0)

日本人はなぜいつも「申し訳ない」と思うのか

日本人はなぜいつも「申し訳ない」と思うのか
長野晃子、草思社、2003
2219冊目

ルース・ベネディクトの『菊と刀』によって「恥の文化」と分析され、そうなのだと再帰的に受入れられてきた日本人の行動規範。しかし、と、著者は「恥」という外在的な視線ではなく、「自責の念」という内在的な、内省的な視線が、日本人の行動規範にあるのだという。

ま、どっちも一緒だろ、とおもうのだが、民話のスタイルや教えを東西比較することで、文化的に共有されていく倫理を描き出している。

まずは、ベネディクトの論を紹介している。16
・罪の文化より恥の大きさ。
・道徳の絶対的標準があるのが罪の文化。
・罪を犯した人間は、その罪を告白することで主にをおろすことができる。
・恥が強制力である場合は、告白しても気が楽にはならない。
・恥の文化は外面的強制力にもとづいて善行を行う。

外面的強制力と内面的強制力。恥と罪。

とベネディクトは、罪の文化の方が、内面的な強制力を持つので、罪を犯した人は、外在的な要素なしで自責する。その文化の方が優れていると、論じたがっていたのだと。しかし、では、犯罪について見てみると、日本の方が圧倒的に少ない。罪の文化の方が優れているわけではないではないかと。18

いやいや、日本でも「だれも見ていなくても悪い事をしてはいけない」という意識はある。28

民話は「心の習慣」である。

それらの教えから著者は「日本の四戒」を提案し、それをモーセの十戒と比較している。46

 日本の罪は「他者を害するもの」。それに対して「自分を害すること」が罪なのだとキリスト教の「自殺は極刑」を交えて、論じている。48

教え方にもあらわれる。「神の命令だから」に対して「人に迷惑をかけるから」51

外面的強制力を意識させる欧米のしつけ。それが容赦ない体罰。54-55

それに対して「内面的強制力」を植え付けるのが日本のしつけだという。57

その方法は「悪い事をしたら自分自身がいやな気分になる。」「親はその悪い気分がなるべく長引くように工夫する。」反省させる。自分で自分を罰するようにしむけているのだ。と。59

神に罰せられる文化では、強制力は外にある。61

そして、もっとも秀逸なのは、欧米人には「忠臣蔵」が理解できない、ということ。187—

そこに「英雄による竜退治」がない物語の何がおもしろいのか。

日本の猿神による退治は、コミュニティが幸せになって終わる。安定と秩序の維持が結末。

日本人のいちばん好きな言葉
「忍耐」「感謝」「誠実」「根性」「愛」「和」「思いやり」「友情」「信頼」(1979年のNHK調査より)

さらに、喧嘩両成敗も欧米人は理解できないのだと。228

日本の治安を守るものは何か。
それは一人ひとりの遵法精神。人を害さないことを規範とする人。
[PR]
by eric-blog | 2014-05-28 08:52 | ■週5プロジェクト14 | Comments(0)

紫禁城の黄昏

紫禁城の黄昏
R.F.ジョンストン、中山理訳、渡辺昇一監修、祥伝社、2005
2218冊目
Twilight in the Forbidden City, 1934

1906年に誕生し、1908年に二才で皇帝の地位についた溥儀の帝師として、1919年から1925年までの6年間、身近に仕えたものとして、1898年の戊戌の政変から1932年満州国建国宣言までを通史したもの。

著者自身はイギリスに帰国後、1931年から1937年までロンドン大学で教鞭をとり、1938年に死去。

原著の出版直後にも翻訳出版され、そして1989年には岩波書店からも翻訳が出ている。しかし、完訳ではない上に、岩波版では、多くの章が割愛されているという。

渡辺昇一さんは、この本が東京裁判で証拠として採用されていたら、結果が違ったのではないかという。溥儀が裁判で満州国は日本の傀儡政権だったと証言したのはソ連からの圧力であり、また、保身のためだったのだ、と。

田中裕子さんが主演した西太后の物語、NHKなどの日中共同制作でドラマ化された、浅田次郎さん原作の 「蒼穹之昴」 (蒼穹の昴)をおもしろく見ていたし、最近では「宮廷の諍い女」も見たが、紫禁城とはどんなものなのか、全体像がわからない。北京で故宮博物館を見た時も、なんだか建物だらけの路地裏博物館? 程度の印象だ。ほとんどの宝物が掠奪された後の姿なのだから当然か。なぜ、ああいう構造にしたのだろう? 不思議だ。

それで、文中には、居場所や謁見場所のことでやたら「宮」が出てくるのだけれど、その位置づけ、物理的な位置だけでなく、意味づけとでもいうのか、も解説なしではわからない。そういう意味では、この原注までも完訳され、さらに訳注までついているこの本はとてもすばらしい。さらに言えば、原著では「音」で表記されたそれぞれの宮の意味を英語で加えていて、それを訳してくれているのも、楽しい。

17世紀から続いた清朝が、満州人と漢人の双方を支配し、弁髪という満州人の風習すら、どちらがどちらの慣習をまねたのだか、不分明になるほどの長きにわたって続いていたこと。

そして、共和国建設の動きの中でも、帝位保存の約束は継続していたこと。そのために、皇帝の実権も変化したこと。

群雄割拠する時代の中にあって、民衆からは変わらず敬愛されていた皇帝と、そして「国民とともに、豊かに、そしてますます末広に分かち合うまで、皇帝は決して満足されないであろう」とジョンストンが結んでいるように、溥儀もまた国民や国のあり方を考えていたはず。

だとすれば、溥儀が「傀儡だった」と強弁するからには、1934年から45年にかけての満州国のあり方に、納得も、感激もしていなかった証左だということにならないか。

東京裁判の結果が変えられたどうかはわからないが、どっぷりとした史資料をどう評価するか、評価の視点を狭くしすぎることは、不実であろう。

渡辺昇一さんが引用したがることを裏切る証拠もまた、ここから掘り出すことができるのだから。もし、溥儀が、ジョンストンが描き出そうとしている通りの人物ならば、彼が、自己保身のためだけに語るはずがない、と。

■今日のニュース「清朝最後の王女、亡くなる」
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140526/chn14052620280010-n1.htm
[PR]
by eric-blog | 2014-05-27 08:08 | ■週5プロジェクト14 | Comments(0)

PLT12時間研修 in 那須甲子

今回の研修では「流れのあるプログラム」体験で「ものの形」から「葉っぱの観察」、そしてアクティビティ実践で「64 葉っぱの観察」と「68 あの木の名前」と、葉っぱの観察の活動がたくさんあった。

「人美ノート」を作成している強力な参加者を得て、ずいぶんとおもしろい情報が共有できた。ということで、「葉っぱのスケッチ」のためのワークシートを作ってみた。

ダウンロードはこちらから
http://www.eric-net.org/news/PLTnamethattree.pdf

a0036168_14571254.jpg


五感や感性を大事にする活動と、ワークシートという「補助線」によって言語化できる能力を高めることと、
両方をねらいたい。



記録

セッション1 共通基盤づくり
10:00-12:30
1.ミニレクチャー
2.傾聴
3.話し合いのルールづくり
4.アクティビティ体験
(ア)わたしの木
(イ)あの木の見方: ゴールディロックす効果

セッション2 流れのあるプログラム「ものの形」
13:30-15:00
1.ものの形
2.かたち散歩
3.葉っぱのかたち
4.ふりかえり

セッション3 PLTについて+「幼児期からの環境体験」
15:00-17:00
1.ふりかえり「参加型学習の特徴」
2.ふりかえり「参加型学習の手だて」
3.「前向き子育て」のポイント

セッション4 ファシリテーション実践 アダプト・アクティビティ
8:00-12:00
1.ミニレクチャー「プログラム・カリキュラムを構成するためのストーリーライン」
2.「接続詞で論理トレーニング」
3.「伝えたい事」で起承転結のストーリーライン
4.アダプト・アクティビティ
(ア)4. まわりの音
(イ)13. わたしたちみんな木が必要
(ウ)24. 自然のリサイクル屋
(エ)25. 鳥と虫
(オ)38. 一滴一滴が大切
(カ)64. 葉っぱの観察
(キ)68. あの木の名前
5.準備する
6.プログラムの評価の観点の共有
7.実践

セッション5 ふりかえりと個人的行動計画
14:00-15:00
1.ざっくりとふりかえり
2.プログラム改善立案表で「個人的行動計画」
3.紋章で自己紹介
4.サークルタイム「二日間のふりかえりと紋章」
5.アンケートの記入

ファシリテーター・アンケート

a0036168_15234723.jpg

国立那須甲子青少年自然の家
「自然体験活動指導者のための研修講座 アウトドアのプロになろう!」
第一回 PLTファシリテーター養成
2014年5月24日-25日(土日)

対象: 20名
ねらい:
○PLTのファシリテーター養成12時間研修として
➢PLTのアクティビティ・プログラム体験
➢アクティビティ実践
○「幼児期からの環境体験」について
○環境教育プログラムとしての改善の視点を共有する

プログラムの流れ

セッション1 共通基盤づくり
10:00-12:00

セッション2 流れのあるプログラム
13:00-15:00

セッション3 PLTについて+「幼児期からの環境体験」
15:00-17:15


セッション4 ファシリテーション実践 アダプト・アクティビティ
8:00-12:00

セッション5 ふりかえりと個人的行動計画
13:00-15:00





プログラムの詳細および準備物など

セッション1 共通基盤づくり
□目標
◯施設と仲良し   場に対するオーナーシップ    施設の利用
◯参加者同士で仲良し 自己紹介、コミュニケーションや協力を学ぶ、話し合いの心がけ
◯環境体験と仲良し 環境体験をするための注意事項  危険予知トレーニング
◯経験学習的アプローチとして「ふりかえり」を取り入れる

□取り入れたい活動
・ ジャーナルづくり ・名札づくり

1. チームを決める チームのマスコットを決める→画用紙に書く・共有する
・名札にもそのマークを取り入れる

2.  個人ジャーナルを作る
・ 表紙を作る フェリシモアート
・ 施設の地図を綴じる 注意事項の印を書き込む
・ 予定表に、絵記号を書き込む

3.  施設と仲良し
施設の地図を見ながら、使い方を確認する。
施設探検=「歩数でマップ」で、「測る」「予測する」「応用する」
全体共有

4. 戸外活動について
・注意事項をマップで確認する
・ 「観察できるもの」を予想する→地図に書き込む
・ 全体で共有する

5. 傾聴でコミュニケーションのスキル・トレーニング、話し合いの心がけ

【準備物】
○施設マップおよび講座予定表  配布資料として
○個人ジャーナルのための画用紙 あるいはB5,A4などのフォルダー
○フェリシモアートのためのクレヨン、色マジック、ペンなど

セッション2 流れのあるプログラム体験「かたち散歩」[PLTpreK-8 #1「ものの形」]
・かたちさんぽ
1. 一人ずつに「かたち」を配る。「かたちの歌」を歌う。
 歌を使った子どものためのアクティビティの工夫を紹介する。「◯◯さんが持っている」[「メリーさんのひつじ」の音楽で]で、一人の子どもにフォーカスする。同じ形を持っている子どもに立ち上がってもらう。など。

2.  かたち散歩に出かけよう! 「ものの形PartB」
・秘密のかたちを持って、戸外へ。[雨天の場合は、室内で]
・ジャーナルに見つけたものを書き込む[クレヨンで]室内にもどって、紹介する

3. 一人ひとりの描いたものを使って、グループで「身の回りのかたち新聞」をつくる
・落ち葉などを拾ってきてもよいことを伝えておく。

4. 発表

オプション「かたちリレー」や「葉っぱのこすり絵」

【準備物】
○CDプレイヤー
○かたち散歩用型紙で切り抜いた厚紙の「かたち」大小、ピースが人数分はあるようにする
○PartBの展開用のバッグあるいは紙袋
○クレヨンと画用紙 一人数色あるとよいか。
○「かたち新聞」のための模造紙、あるいはA3の用紙
○オプション用に、落ち葉を拾ってきておく


セッション3 ふりかえりとまとめ 「PLTの特徴と教授法」に「幼児期からの環境体験」を取り入れる

1.今日一日をふりかえる ジャーナルを書く時間
2.正確に聞く傾聴
3.PLTの教授法
4.テキストリーディング
5.ふりかえり
【準備物】
○PLTファシリテーター・ハンドアウト


セッション4 ファシリテーション実践 アダプト・アクティビティ
8:00-12:00

セッション5 ふりかえりと個人的行動計画
13:00-15:00


【準備物一覧】
○施設マップおよび講座予定表  配布資料として
○個人ジャーナルのための画用紙 あるいはB5,A4などのフォルダー
○フェリシモアートのためのクレヨン、色マジック、ペンなど

○CDプレイヤー
○かたち散歩用型紙で切り抜いた厚紙の「かたち」大小、ピースが人数分はあるようにする
○PartBの展開用のバッグあるいは紙袋
○クレヨンと画用紙 一人数色あるとよいか。
○「かたち新聞」のための模造紙、あるいはA3の用紙
○オプション用に、落ち葉を拾ってきておく

○PLTファシリテーター・ハンドアウト
[PR]
by eric-blog | 2014-05-25 19:40 | □研修プログラム | Comments(0)

ひっくり返しましょうぞ! こんなにある選挙。投票権のある選挙には必ず行きましょう。

久々に、共有です。ね、あなたのそばにも、選挙はある。

==================
■最新選挙情報■

1 都道府県知事選挙
2 都道府県議会議員選挙
3 市町村長選挙
4 市町村議会議員選挙
5 政令指定都市区長選挙
________________________________________

■■ まずはFacebookコアメンバー登録をどうぞ ■■
https://www.facebook.com/groups/523477864425704/

◆座間宮ガレイ著/ 電子書籍「勝ちにいく!ネット選挙の戦術の作り方」発売!
https://gumroad.com/blue_ribbon

◆ひっくりSHOPでTシャツ、パーカー発売中
http://www.ttrinity.jp/shop/hikkuri/
________________________________________

■1 都道府県知事選挙(◎は更新情報)

★滋賀県 2014年7月13日 
★長野県 2014年8月10日 

すでに決定しているのは上記の選挙。
ほかにも2014年には下記の任期満了知事がおり、
満了日の前30日間に選挙が行われます 。

香川県 2014年9月4日
福島県 2014年11月11日
愛媛県 2014年11月30日
沖縄県 2014年12月9日
和歌山県 2014年12月16日
宮崎県 2015年1月20日 


※たくさんの「ナマの声」をお待ちしています。
________________________________________

■2 都道府県議会議員選挙(◎は更新情報)

【6月15日】 徳島県議会議員補欠選挙
【8月10日】長野県議会議員補欠選挙(佐久市・北佐久郡選挙区)

※たくさんの「ナマの声」をお待ちしています。
________________________________________

■3 市町村長選挙(◎は更新情報/★は投票の行なわれる直近の選挙)

【5月25日】
北海道 上ノ国町長選挙 上ノ国町 
秋田県 東成瀬村長選挙 東成瀬村 
岩手県 岩手町長選挙 岩手町 
福島県 鏡石町長選挙 鏡石町 
埼玉県 小川町長選挙 小川町 ★
東京都 武蔵村山市長選挙 武蔵村山市 ★
石川県 珠洲市長選挙 珠洲市 ★
富山県 朝日町長選挙 朝日町 
愛知県 春日井市長選挙 春日井市 ★ 
奈良県 三郷町長選挙 三郷町 
奈良県 野迫川村長選挙 野迫川村 
島根県 海士町長選挙 海士町 
山口県 防府市長選挙 防府市 ★
宮崎県 五ヶ瀬町長選挙 五ヶ瀬町 
【6月1日】
新潟県 田上町長選挙 田上町 
奈良県 野迫川村長選挙 野迫川村 
島根県 江津市長選挙 江津市 
【6月8日】
宮城県 岩沼市長選挙 岩沼市 
岐阜県 神戸町長選挙 神戸町 
【6月15日】
千葉県 松戸市長選挙 松戸市 
福井県 大野市長選挙  大野市 
広島県 大竹市長選挙 大竹市 
【6月22日】
青森県 黒石市長選挙 黒石市 
青森県 六ヶ所村長選挙 六ヶ所村 
栃木県 茂木町長選挙 茂木町 
新潟県 津南町長選挙 津南町 
京都府 宮津市長選挙 宮津市 ◎
兵庫県 加古川市長選挙 加古川市
高知県 奈半利町長選挙 奈半利町 ◎ 
【6月29日】
北海道 苫小牧市長選挙 苫小牧市 
青森県 五所川原市長選挙 五所川原市 
長野県 大町市長選挙 大町市 
兵庫県 播磨町長選挙 播磨町 
【7月6日】
青森県 大鰐町長選挙 大鰐町 ◎
宮城県 柴田町長選挙 柴田町 ◎
埼玉県 東松山市長選挙 東松山市 ◎
埼玉県 鴻巣市長選挙 鴻巣市 ◎
東京都 調布市長選挙 調布市 ◎
千葉県 鎌ケ谷市長選挙 鎌ケ谷市 ◎

※情報提供などお待ちしています。
________________________________________

■4 市町村議会議員選挙(◎は更新情報/★は投票の行なわれる直近の選挙) 
  
【5月25日】
宮城県 石巻市議会議員選挙 石巻市 ★
千葉県 野田市議会議員選挙 野田市 ★
千葉県 鴨川市議会議員選挙 鴨川市 ★
奈良県 三郷町議会議員補欠選挙 三郷町 ★
島根県 海士町議会議員補欠選挙 海士町 
熊本県 菊池市議会議員選挙 菊池市 ★
【6月1日】
福島県 二本松市議会議員選挙 二本松市 
島根県 江津市議会議員選挙 江津市 
【6月8日】
岐阜県 神戸町議会議員補欠選挙 神戸町 
【6月22日】
山形県 庄内町議会議員選挙 庄内町 
栃木県 茂木町議会議員補欠選挙 茂木町 
東京都 立川市議会議員選挙 立川市 
石川県 中能登町議会議員選挙 中能登町 
京都府 宮津市議会議員選挙 宮津市 ◎
鳥取県 米子市議会議員選挙 米子市 
 

※情報提供などお待ちしています。
_____________________________________

■6 政令指定都市区長選挙(◎は更新情報)

【6月8日】東京都 中野区長選挙 
【6月29日】東京都 杉並区長選挙 


※情報提供をお待ちしています。
_______________________________________

■7 政令指定都市区議会議員選挙(◎は更新情報)

【6月29日】東京都 杉並区議会議員補欠選挙 


※情報提供をお待ちしています。
_______________________________________


あなたのナマの声で、ひっくり返しましょうぞ!

▼ナマの声はこのメールに返信いただくか、下記アドレスまでお寄せ下さい。
hikkurikaesu.sv@gmail.com

・メールのタイトル先頭に【選挙名】などをお願いします。
・メール本文には、下記のように表記していただければ幸いです。
・本文はできる限り簡潔に、文字数500字以内でまとめてください。

=====(掲載希望ここから)=====
名前(ペンネーム可、任意):
年齢(任意):
本文:(500文字以内推奨)
=====(掲載希望ここまで)=====

ひっくり返す100万人無料メルマガは、
選挙に関する読者のナマの声をできるかぎり掲載します。
政党、候補者を問わず、あなたのメッセージをお寄せください。
このプロジェクトは購読者全員にオープンです。
[PR]
by eric-blog | 2014-05-23 22:43 | ◇ブログ&プロフィール | Comments(0)

ライティング・ワークショップ for ブログ?

ちょっとおもしろかったので、シェアします。

インターンのHHさんと「ライティング・ワークショップ」を行いました。「障害者」という表現をめぐって、HHさんがブログを書きたいと思いながら、なかなか書けないということだったので、その情報だけから、ブログ記事を10分で書いてみようということをやりました。
その後、二つの文章を比べて、何がわかるか検討しようということです。

共有された情報は以下の二点のみ。
○金満里さんの障害者を表現することば「違う形として完全なもの」に出会った。
○英語での表現を共有したことがある。

編集の実力者、Tさんも居合わせたので、コメントをいただきながら、ブログ記事の書き方を考えました。って、何の結論があったわけではないのですが。

以下は、とりあえず、わたし自身が10分で書いた文章です。もう少し時間があって、校正するとしたら、の文章は、また今度追加したいと思います。この文章ではアップしないだろうなあ。
でも、たたき台として。

========================

「障害者」という言葉に違和感がある人は多いのではないだろうか。「障害ってなんだよー」なんだか、問題があるような表現ではないか。障害者が問題なのではなく、障害者を受入れにくくしている社会に「障害」があるのだという人もいる。

そこで、ちょっと調べてみた。劇団態変主宰者である金万里さんのこんな表現に出会った。「違う形として完全であるもの」。

とても納得した。わたし自身は、「人間は常に完全で、常に未完成な存在だ」と考えているので、その感覚にも近い。

では、日本の現実はどうなのだろうか。

英語での以下のような表現は、どれほど日本語での表現として検討・受容されてきているのだろうか。
・challenged
・disable
・retarded
・handicapped
・impediment
言語障害者 person with a speech impediment
逆に日本のネット翻訳の世界では「handicapped」しか出てこない。そして、言語障害者の例に見るように、日本語訳は常に「障害」だ。

英語の言葉を並べてみて感じることは、「言葉は現場から生成されていく」ということだ。

学習困難という表現について、アメリカ人からこんなことを聞いたことがある。「どうしてこんなに表現がどんどん変わるのか?」というわたしの問いに対して、「学習困難というのは差別につながる恐れがある。だから固定させないために、どんどん言葉が変わったほうがいい」

翻って、日本は、専門家や行政による決定が幅を効かせているのではないか。

言葉は誰の都合で決定されるのか? わたしたちはあまりにも行政の都合で言葉を使わされているのではないか。

現場の声、当事者の表現に賛同し、積極的に活用し、広げて行く、そんなモメンタムが弱いことが、「障害」を巡る語彙にも現れているのではないだろうか。


===============

その後、Hさんが、ご自身のブログにアップされたものです。

http://diversityeducationlaboratory.wordpress.com/2014/06/17/am-i-temporarily-abled/
[PR]
by eric-blog | 2014-05-23 22:38 | ◇ブログ&プロフィール | Comments(0)

世界を見る目が変わる50の事実

世界を見る目が変わる50の事実
ジェシカ・ウィリアムズ、草思社、2005
50 FACTS THAT SHOULD CHANGE THE WORLD, 2004
2217冊目

kindle版はこちらから
http://www.amazon.co.jp/Facts-That-Should-Change-World-ebook/dp/B004HD4U5W

著者が求めているのは、世界を見る目が変わることではなく、世界を変える事なのに。このタイトルでは「へぇぇぇぇ、そうなんだあ」「世界ってこんな場所なのね」で終わる人が増えるだけなのではないだろうか。

インタビューに答えて、著者が言っている。

「これらは事実です。しかし、変えることのできない真実ではありません。わたしたちの世界のあり方を変えるのに、遅すぎることはないのです。いくつかの事実は、変えるのに、考え方が大きく変わる必要があるものです。また、あるものは、政府が彼ら自身の責任を真剣に受け止める必要があります。これのいずれも達成するのは簡単ではありません。しかし、努力しなければ、何も起こらないのです。」

"These are facts, but they are not immutable truths," says Jessica Williams, the author of the book. "It's not too late to change the way our world works. Some of the facts need major shifts in thinking, while others require governments to start taking their responsibilities seriously. Neither of these will be easy to achieve, but if we don't try they'll never happen."

http://www.christiantoday.com/article/50.facts.that.should.change.the.world/1125.htm

死刑制度についても取り上げている。

6 EIGHTY-ONE per cent of the world's executions in 2002 took place in just three countries: China, Iran and the USA.

2002年に行われた死刑の81%は三つの国で行われた。中国、イラン、米国である。

野蛮で不公平な懲罰を続けることで、米国はすべての人の暮らしを、少しずつ貧しくしている。40

いま、アムネスティ・インターナショナルの「死刑についてのレッスンプラン」を、主催研修のために一部、翻訳しているのだが、この著者の言葉は、反対派の理由の5に当たるのかなあ。

AMI死刑についてのレッスンプランより
http://www.amnesty.org.uk/sites/default/files/lesson_1_1.pdf#search=%27Amnesty+International+Death+Penalty+Lesson+Plan%27

***********
あなたは賛成?反対?

賛成派の議論
1.死刑は、人の命を奪う人に対する正しい刑罰です。殺人者、テロリスト、麻薬常習者などです。死には死を。一人の人を殺した人は、殺すべき。
2.死刑は抑止力です。逮捕されたら死刑になるかもしれないと知っていたら、死刑を執行されるかもしれないという恐怖が、犯罪者を殺人から遠ざける。
3.一つ確かな事は、死刑にされた人は二度と殺人できないということ。
4.世論が執行を求めている。
5.殺された人の家族が、正義と報復を望んでいる。
6.殺人者たちを終身刑で監獄に入れておく方が、死刑よりもコストがかかる。
7.何年も閉じ込めておくよりも、死刑にする方が、より人道的だ。

反対派
1.死刑の執行は、世界人権宣言が謳っている声明の権利の侵害である。
2.絞首刑であろうが、射殺であろうが、ガス刑であろうが、致死注射であろうが、刀であろうが、石投げの刑であろうが、電気椅子であろうが、死刑は残酷で非人道的で人を貶める刑罰である。
3.死刑は、犯罪を抑止しない。国連その他の機関によるすべての調査研究は、死刑が、その他の刑罰と比べて、より効果的に犯罪を防止することはないと証明している。
4.裁判所も間違うことがある。無実の人々が死刑を執行されている。1987年の研究では、米国では1900年から350人の無実の人々が死刑を宣告されており、その内、23名が死刑執行されている。
5.死刑を執行している州は、わたしたち全員を殺人者にしている。わたしたちが殺人者に対する死刑を認めれば、わたしたちは殺人を支持していることになり、偽善の罪を犯してしまう。
6.死刑は差別的であり、貧困、特定の民族、精神的障害などの背景がある人々に対して、より多く執行されている。
7.もし、誰かが死刑になったら、彼らは人生をやり直す事も、社会に積極的に貢献することもできなくなる。

a0036168_1153829.jpg


a0036168_1154714.jpg


しかし、昨日紹介した「子どもの貧困が再配分後に増加する」という日本の衝撃は、「政府が自身の責任を真剣に受け止めるべき事実」なのではないか? なんらかの行動を喚起すべきだろう。

この本でも、もっと世界を変えようと取り組んでいる団体や運動のことを同時にとりあげて欲しかった。

この本を使ったレッスンプランがこちら。
http://blog.livedoor.jp/eigokyoukashoreview/archives/51467618.html
[PR]
by eric-blog | 2014-05-23 11:15 | ■週5プロジェクト14 | Comments(0)

ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体

ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体
原田曜平、幻冬舎新書、2014.1
2016冊目

マイルド・ヤンキー
というのは、地元大好きな保守的な若者層を著者が名付けたもの。

20年前に出会ったベネツィアのゴンドラ漕ぎ青年。「おじいちゃんもお父さんも同じ仕事をしていたんだよ」。

その時は理解できなかったことが、日本でも階層化が進み、成熟期を迎えるに至って、「親の地位や収入を超える」という大きなは夢を描く事のない世代が生まれていると指摘する。

ベネツィアの青年と、ただ生まれ育った5km四方の地元で、竹馬の共と「永遠に続く日常」を夢みる若者たちと、その姿が重なると、著者は言う。

しかし、間違っているのは、ゴンドラ漕ぎは、言わば「歌舞伎」の世界である。伝統的で、参入障壁が高く、そして廃れることのない産業。

マイルド・ヤンキーが直面しているのは階層化社会ではなく、格差社会なのだ。

とはいえ、彼らの生活満足度は高い。生活が変化しないことに満足感を持っている。地元、地縁、血縁の「地続き」の生活。

彼らは「成熟社会型の若者たち」なのだと著者は言います。
彼らこそが、いまの消費のリーダーなのだと。

なるほどね。でも、彼らの未来はどうなるのかなあ。

いま、クール・ジャパンで取り上げられる「名人」や「名工」などの何代も続く伝統工芸や和食の世界と、ヤンキーが生きる地元との不連続性は、まさしく、いの、地域社会に、高度成長期の「プッシュ」が不在ではないという事だと思う。
[PR]
by eric-blog | 2014-05-22 15:58 | ■週5プロジェクト14 | Comments(0)