人気ブログランキング |

カテゴリ:☆PLTプロジェクト( 111 )

NAAEEガイドライン「コミュニティの関わり」

6Community Engagement: Guidelines for Excellence

コミュニティとの関わり


サマリー、p.17


Key Characteristic #1: Community Centered

Key Characteristic #2: Based on Sound EE Principles


Key Characteristic #3: Collaborative and Inclusive

Key Characteristic #4: Oriented Toward Capacity Building and Civic Action

Key Characteristic #5: Long-Term Investment in Change


五つの鍵となる特徴#1 コミュニティを中心にする

コミュニティの関心事、課題、能力という文脈の中で、環境問題の目標を立てるということは、環境教育の中核にコミュニティを据えるということです。

1.1 コミュニティを知り、理解する

1.2 環境教育の関心事や能力とコミュニティの心配事、財産、期待を結びつける。

1.3 コミュニティの関わり方の適切さを配慮する。

1.4 コミュニティの財産や共有された優先項目に焦点を当てる。

1.5 これまでのパートナーやプログラムの提供法を超える。


#2 環境教育の原則を遵守する

環境教育にコミュニティを関わらせるということは、すでに確立されて原則や効果が証明された実践を取り入れるということです。

2.1 コミュニティにとって馴染みのある関心事、課題、枠組みから始める。

2.2 広く関わることができるようにする。

2.3 適切な教授法を活用する。

2.4 効果的な教材を選び、応用し、あるいは開発する。

2.5 パートナーあるいはコミュニティの関心事、課題、能力にあった巻き込み方をする。


#3 協働的で包摂的である

環境教育は協働的で、包摂的な関係性、パートナーシップ、協働関係の中で効果を発揮する。

3.1 方略的に協働関係、パートナーシップを構築する。

3.2 多様性、公正、包摂の価値観を認め、実践する。

3.3 協働的に計画し、実践する。

3.4 対立から学び、対立を解決する。


#4 能力形成と市民的行動へ繋げる

環境教育はコミュニティとの継続的な市民的な関わりを支援し、長期的なコミュニティの幸福、持続可能性、抵抗力に寄与する。

4.1 環境教育をコミュニケーション、教育、社会変革のアプローチと統合させる。

4.2 コミュニティの能力形成を支援する。

4.3 市民的行動へと動く。


#5 変化への長期的投資

コミュニティで、長期的なイニシャティブによる変化を作り出すには、関係性の構築、関わり方の進化し続ける姿とプロセスにコミットする必要がある。

5.1 個人と組織のコミュニティとの関わりへのレディネスを測る。

5.2 関わりのための能力育成に投資する。

5.3 学び続けること、向上し続けること、適応して行くことを取り入れる。

5.4 長期的な支援と持続可能性を計画する。

5.5 変化を受け入れ、成長の過程をお祝いする。





by eric-blog | 2019-06-26 17:44 | ☆PLTプロジェクト

NAAEE よりよい環境教育のためのガイドライン

NAAEE北米環境教育連盟が1992年の初版から改定しつつ、出している「ガイドライン for エクセレンス」 その改善し続ける姿勢から、「よりよい」と訳しています。




Guidelines for Excellence 6つのガイドライン



1

K-12 Environmental Education: Guidelines for Excellence

2

Environmental Education Materials: Guidelines for Excellence

3

Professional Development of Environmental Educators

4

Nonformal Environmental Education Programs: Guidelines for Excellence

5

Early Childhood Environmental Education Programs: Guidelines for Excellence

6

Community Engagement: Guidelines for Excellence


それぞれ無料でダウンロード可能。

https://naaee.org/eepro/publication/guidelines-excellence-series-set


■2006年のガイドラインの柱

1. 環境教育教材について

2. 学習について

3. 環境教育指導者の専門性の向上について

4. ノンフォーマル教育について

5. ワークブック・副読本の質について

6. 自己評価のツールについて


1K-12 Environmental Education: Guidelines for Excellence

K-12環境教育の優秀性を確保するためのガイドライン


学年レベルをK-4(幼稚園から小学校4年生10歳まで)5-8(小学校5年生から中学校2年生)9-12(中学校3年生から高校3年生)の三段階に分割。それぞれの発達段階の学習目標を記述。

学習目標は4本の柱で構成されている。p.17


Strand 1 問いを立て、分析し、解釈するスキル

Questioning, Analysis, and Interpretation Skills

A. Questioning


B. Designing investigations

C. Collecting information

D. Evaluating accuracy and reliability

E. Organizing and analyzing information

F. Working with models and simulations

G. Drawing conclusions and developing explanations


STRAND2 環境の変化とシステム

2
Environmental Processes and Systems

2.1—Earth’s physicial and living systems

A. Earth’s physical systems B. Earth’s living systems

2.2—Human systems

A. Individuals, groups, and societies

B. Culture


C. Political systems

D. Economic systems

2.3—Environment and society

A. Human-environment interactions

B. Resource distribution and consumption

C. Places

D. Change and conflict

STRAND3 理解し、課題解決するスキル

3
Skills for Understanding and Addressing

3.1—Skills for analyzing and investigating environmental issues

A. Identifying and investigating issues

B. Sorting out the consequences of issues

C. Identifying and critiquing alternative solutions and

courses of action


D. Working with flexibility, creativity, and openness

3.2—Decision-making and action skills

A. Forming and evaluating personal views

B. Evaluating the need for action

C. Planning and taking action

D. Evaluating the results of actions

STRAND 4 個人的、市民的責任

4
Personal and Civic Responsibility

A. Recognizing rights and responsibilities

B. Recognizing efficacy and developing agency

C. Accepting personal responsibility



2Environmental Education Materials: Guidelines for Excellence

教材のあり方


Key Characteristic #1 Fairness and accuracy

Key Characteristic #2 Depth

Key Characteristic #3 Emphasis on skills building

Key Characteristic #4 Action orientation

Key Characteristic #5 Instructional soundness

Key Characteristic #6 Usability






3Professional Development of Environmental Educators

環境教育者としての専門性の育成


Theme One:
Environmental Literacy

Theme Two:
Foundations of Environmental Education

Theme Three: Professional Responsibilities of the Environmental Educator

Theme Four: Planning and Implementing Environmental Education

Theme Five: Fostering Learning and Promoting Inclusivity

Theme Six: Assessment and Evaluation

4Nonformal Environmental Education Programs: Guidelines for Excellence

ノンフォーマル教育プログラム


サマリー p.6

Key Characteristic #1 – Needs Assessment.

1.1 Environmental issue or condition;

1.2 Inventory of existing programs and materials; and

1.3 Audience needs.

Key Characteristic #2 – Organizational Needs and Capacities.

2.1 Consistent with organizational priorities;

2.2 Organization’s need for the program identified; and

2.3 Organization’s existing resources inventoried.

Key Characteristic #3 – Program Scope and Structure.

3.1 Goals and objectives for the program;

3.2 Fit with goals and objectives of environmental education;

3.3 Program format and delivery; and

3.4 Partnerships and collaboration.

Key Characteristic #4 – Program Delivery Resources.

4.1 Assessment of resource needs;

4.2 Quality instructional staff;

4.3 Facilities management;

4.4 Provision of support materials; and

4.5 Emergency planning.

Key Characteristic #5 – Program Quality and Appropriateness.

5.1 Quality instructional materials and techniques;

5.2 Field testing;

5.3 Promotion, marketing, and dissemination; and

5.4 Sustainability.

Key Characteristic #6 – Evaluation.

6.1 Determination of evaluation strategies;

6.2 Effective evaluation techniques and criteria; and

6.3 Use of evaluation results.


5Early Childhood Environmental Education Programs: Guidelines for Excellence

幼児期からの環境教育

サマリー、p.8

KEY CHARACTERISTIC 1: PROGRAM PHILOSOPHY, PURPOSE, AND DEVELOPMENT

Guideline 1.1—Focus on nature and the environment

Guideline 1.2—Focus on education of young children

Guideline 1.3—Culturally appropriate goals, objectives, and practices

Guideline 1.4—Environmental literacy: board, staff, and providers

Guideline 1.5—Health and safety


Guideline 1.6—Ongoing evaluation and assessment


Guideline 1.7—Partnerships

Guideline 1.8—Interpersonal and intergenerational relationships

KEY CHARACTERISTIC 2: DEVELOPMENTALLY APPROPRIATE PRACTICES Guideline 2.1—Based on research and theory


Guideline 2.2—Authentic experiences

Guideline 2.3 Child-directed and inquiry-based

Guideline 2.4—The whole child

KEY CHARACTERISTIC 3: PLAY AND EXPLORATION

Guideline 3.1—Use of the natural world and natural materials

Guideline 3.2—Play and the role of adults

KEY CHARACTERISTIC 4: CURRICULUM FRAMEWORK FOR ENVIRONMENTAL LEARNING

Guideline 4.1—Social and emotional growth

Guideline 4.2 Curiosity and questioning

Guideline 4.3—Development of environmental understandings

Guideline 4.4—Skills for understanding the environment

Guideline 4.5—A personal sense of responsibility and caring

Guideline 4.6—Physical health and development

KEY CHARACTERISTIC 5: PLACES AND SPACES

Guideline 5.1—Spaces and places to enhance development

Guideline 5.2—Natural components


Guideline 5.3—Comfortable for both children and adults

Guideline 5.4—Maintenance and usability

Guideline 5.5—Health, safety, and risk

Guideline 5.6—Environmental sustainability

KEY CHARACTERISTIC 6: EDUCATOR PREPARATION

Guideline 6.1—Foundations of early childhood environmental education

Guideline 6.2—Professional responsibilities of the educator


Guideline 6.3—Environmental literacy

Guideline 6.4—Planning and implementing environmental education

Guideline 6.5—Fostering learning

Guideline 6.6—Assessment and evaluation



6Community Engagement: Guidelines for Excellence

コミュニティとの関わり


サマリー、p.17


Key Characteristic #1: Community Centered

Key Characteristic #2: Based on Sound EE Principles


Key Characteristic #3: Collaborative and Inclusive

Key Characteristic #4: Oriented Toward Capacity Building and Civic Action

Key Characteristic #5: Long-Term Investment in Change



by eric-blog | 2019-06-26 17:06 | ☆PLTプロジェクト

炭素サイクルを探せ!

Carbon Cycle in Action
https://www.plt.org/wp-content/uploads/2017/06/Carbon-Cycle-worksheet.pdf

対象学年: 6年生から8年生(小学校6年生から中学校2年生)


すすめ方

1. 学校や家庭の近くにある緑地を選ぶ。グーグルアースで位置を確認する。

2. Historical Imagery Toolを使って、その場所の時系列変化を調査する。

3. 表の一番上の行の「今日」の下線が引かれた場所に、今日の日付を入れる。

4. この緑地のついての最も古いデータを特定し、表の最下部にその日付を記入する。

5. この二つの日付の間に、均等に時間が空いている日付を二つ選んで記入する。

6. これらの4つの日付について、表の項目を完成させ、次のページの質問に答える。


日付木の被覆率(推定値:0%,25%,50%,75%,100%など)炭素貯蔵量(推定:高い、中位、低い、無)前の日付からの景観の変化


次の質問に答えなさい。

1. 炭素貯蔵量にどのような変化がありましたか? 変化について説明しなさい。


2. 炭素貯蔵量を最大化するためにできる提案はありますか?


3. この場所で起こっている炭素サイクルの要素を説明しなさい。




by eric-blog | 2019-06-24 10:41 | ☆PLTプロジェクト

【中林調】 備忘録 岡山調査

中林調OKY岡山

20181122-24日 

インタビュー対象者

  • λ就実学園・森の学校
  • λ操山里山センター
  • λ京山区公民館
  • λ公民館振興課


森林ESDの推進のためには「プログラム」「場」「人」をつなぐ「仕組み」と「資金」が必要であることは論を待たない。

今回、岡山市内において「里山」を中心に活動を展開している「学校」「公園」「公民館」を対象にインタビュー調査を行なった。


大きな発見は  

  1. 1.プログラムの多様性と展開の幅広さ
  2. 2.担い手の世代交代という課題
  3. 3.ESDという生涯学習の意識化・制度化が未熟


1.2.については詳細な資料及び調査訪問記録を参照。

特に、「3. ESDの意識化」という課題について、多角的なインタビューから見えてきたことをまとめておく。


■プログラムの多様性と発達段階への配慮

就実学園・森の学校には幼少期の子どもたちから小学校、中学校、高校を通じて多様なプログラムが、教科にも対応する形で展開されている。しかし、一方で、ESDコンピテンシー・リストを共有する中で、指導者、リーダーにはそれらの力がある、必要であることは認識しつつ、学習者に対して明示的に取り入れていることはない。

プログラムは担い手の興味関心と実施体制の制約などから作り出されているが、2人のスタッフ(非正規・ほぼ常勤)プラス就実学園教員によって担われているとは信じがたいほどの充実ぶりである。インタビュー当日、スタッフのお一人は出張中であったが、もう一人のスタッフの方は10haある敷地に展開する遊歩道を案内し、ピザ窯に火を入れ、大学生たちの自炊を支援し、インタビューにもこたえていただいた。

本当に「好き」でなければできない活動だと思った。エビソードから子どもへの目配りも「こども中心」であることが伺えた。

同様のことは「操山里山センター」にも言える。こちらは、さらに「ボランティア依存度」が高いと言える。

センターで実施されている年間30本ほどのプログラムを担っているのはボランティア(登録150名、実質活動人数30-50)であり、センターが実施しているのは、ボランティアや指導者育成のための研修中心である。

同様に京山公民館が行なっている17項目の活動の担い手もボランティアである。

[三者のプログラムについての分析は別紙参照]


ボランティアのレベルアップのための研修を「公園協議会」などが実施しているが、まだ岡山市全市的な者にはなっていない。また、ボランティアが「生涯学習社会」におけるESD指導者であるという位置付けも意識化されていない。ESDとしての「コンピテンシー」と「イシュー」についての課題も共有される機会は持たれていない。


岡山市には大学、学校、NPO、公民館、公園など、多様な「生涯学習」としてのESDの担い手、場となり得る担い手が多くある。[別紙参照]


今現在、多様に、豊かに行われている諸活動をESDとして捉え直し、全市的に展望することで、岡山市はよりESD先進地域として充実していくに違いないと思った。



by eric-blog | 2018-11-27 11:06 | ☆PLTプロジェクト

佐野市のフィールドツアーを計画する

森林ESDのイシューとコンピテンシー


教材開発の視点と教材によって育成することのできるコンピテンシーの明確化。


コンピテンシーリスト

  • ¬Critical thinking competency クリティカル思考コンピテンシー
  • ¬Systems thinking competency システム思考コンピテンシー
  • ¬Anticipatory competency 予測的コンピテンシー
  • ¬Integrated problem-solving competency 統合された問題解決コンピテンシー
  • ¬Strategic competency 方略的コンピテンシー
  • ¬Collaboration competency 協働コンピテンシー
  • ¬Self-awareness competency 自己認識コンピテンシー


佐野市をフィールドとして、拾い出せるイシューとコンピテンシー【例】

  • λ「田中正造」をテーマとして、記念館、博物館を二箇所、ないし三箇所周り、設立趣旨、設立者、内容およびメッセージの比較をする。同じテーマでもイシューの立て方が異なることに気づく「クリティカル思考」を目指す。
  • λ「田中正造と足尾鉱毒事件を歩く」を材料としてリストにされたスポットの関連性を図にする。足尾銅山の公害と反対運動をした人々、伝えようとしている場や内容を繋げて考える「システム思考」を目指す。
  • λ足尾鉱毒事件に関係のある市町村のこれからを考える「未来予測コンピテンシー」のためには、どこを訪れればいいか、何を調べればいいかを提案する。


■フィールドトリップとは何か?
足尾銅山鉱毒事件、田 中正造など、ゆかりの場所を訪れる時間を22日の午前、あるいは24日に取れる方は是非、どうぞ。

わたしが2015年に坂原さん(田中正造大学)にご紹介いただいたルートを共有しておきます。
https://ericweblog.exblog.jp/21672564/

また、PDFの資料もDropboxに入れました。
https://www.dropbox.com/sh/yoyfs8ures2s871/AACCIyQZuYkThiqsQYw6DsXMa?dl=0

是非、自分で「フィールドツアー」を「テーマ」を絞って、育成する「コンピテンシー」を明確にしてプロデュースしてみてください。

ご提案はこのパネルに投げてください。現在車で参加する方は2名なので、二コースに分かれて実証することは可能です。


dropboxをご覧ください。
https://www.dropbox.com/sh/yoyfs8ures2s871/AACCIyQZuYkThiqsQYw6DsXMa?dl=0

小学生と地域ツアーを実施。「経路分析」
a0036168_17231255.jpg

出典は
Project Learning Tree Secondary Environmental Education Program
Exploring Environmental Issues: Places We Live 「わたしたちの住む場所」
PLT日本事務局 ERIC 国際理解教育センター、2008、原著2006年


by eric-blog | 2018-11-09 14:37 | ☆PLTプロジェクト

PLT中等教育補足教材 アップデイト

PLT中等教育補足教材は、共同開発も含めて、多様なテーマについての探究活動を支援しています。



PLT教材の中核となるPLTアクティビティ・ガイドは「就学前から8年生」を対象としています。8年生は中学2年生にあたります。加えて、米国のHigh Schoolレベルの中等教育のための補足教材も出版されており、生徒が特定のテーマについて深く探究できるように工夫されています。これらの教材は、現実の生活における環境的な意思決定の複雑さを描き出しています。


現在発行されているSecondary Modulesのリストです。

https://www.plt.org/curriculum-offerings/high-school/


-Green Schools STEMの基準に合致する地域調査教材、五つの項目についての調査を進めるための手引き。(日本語訳はwww.eric-net.orgから入手可能)


-Focus on Forests

-Forests of the World


-Places We Live『わたしたちの住む場所』 PLT日本事務局発行


-Southern Forests and Climate Change フロリダ大学との共同開発。詳細は大学のホームページから入手可能。   http://sfrc.ufl.edu/extension/ee/climate/


-Biodiversity 世界自然保護基金との共同開発。単体で購入可能。

-Biotechnology 『リスクに焦点』の補足教材。単体で購入可能。


-Focus on Risk 『リスクに焦点』 PLT日本事務局発行


-Municipal Solid Waste




単体で購入可能なものについてはPLTショップのホームページから入手できます。

http://shop.plt.org



PLT日本事務局発行のものについては、ERICにお問い合わせください。



by eric-blog | 2018-02-16 10:40 | ☆PLTプロジェクト

PLTのGreenSchools!の背景

PLTGreenSchools!の背景


PLTGreenSchools!プログラムは、「学校全体アプローチ」という全米で州ごとに展開していた取り組みから始まりました。全米およびコミュニティに対するサービスに対する協力(Corporation for National and Community Service)からの助成金で始まったこの取り組みは、その後米国森林局からの助成金とAFFからのPLT運営資金の予算によって続けられました。


PLTGreenSchools!は、2008年の緑の学校調査から始まりました。そこから、わたしたちは学校認証プログラムをスタートさせたのです。


この調査を通じた学校からのフィードバックに応えて、この年、わたしたちはGreenSchools!認証プログラムを改定し、カリキュラムへの環境教育の統合、生徒のリーダーシップ、環境行動を取り入れました。学校は、生徒、教員その他の学校関係者の省エネ、廃棄物削減、リサイクル、水の利用削減、学校校庭の改善、その他のプロジェクトへの取り組みをたたえるためにPLTによって認証されます。

PLTGS認証プログラムの改定はどちらかというと、教員に対するPLTを通した専門性の向上、PLTと環境教育を学校カリキュラムに取り入れていくこと、Green Teamの構成や会合や宣誓、報告の作成などに積極的に参加していくことなどに焦点がありました。さらに、認証するだけでなく、「継続校」制度も取り入れました。

また、認証申請をオンラインで申請することで、学校の環境フットプリントや地域社会への影響などを量的に捉えられるようにしました。


Hello State Coordinators,

I’m following up on Naoko’s excellent GreenSchools! questions. Answers to her questions are below in PLT purple. In addition, we do welcome school registrations from countries around the world. We can share the country/state data with the coordinator(s) from that country or state (as long as your organization has signed our privacy policy agreement, from which state agencies are exempt). Please feel free to reach out to me if you have any additional questions.

1. Is there any other certificates like GS in USA?

Yes there are a substantial number of both state and national Green Schools programs in the US with certification requirements. We have MOU’s with a number of state Green School programs allowing reciprocal recognition of each other’s investigations and/or certification status.

2. Is there any other countries which has GS certification system?

There are many countries with Green Schools programs and certification systems. This movement has grown nationally and internationally in recent years. The Australian Sustainable Schools Initiative is an example.

3. Is it possible to cut some of the items in an investigation, or is everything needed to be completed?

In order to become a certified PLT GreenSchool!, we ask that all of the investigations, in their entirety, be completed. However, if you have completed investigations from another Green Schools program, those can be used towards meeting the PLT GreenSchools! requirement (we don’t want to ask school’s to do the same work twice!).

4. Teachers would be frightened to see the high level of investigation contents, that they are not qualified for them as professional. What do teachers deal with this problem in USA?

As with all PLT materials, our GS investigations have been used by both formal and non-formal educators. Educators can utilize the on-line resources provided by the program such as archived webinars and webcast which they can access after registration. They can also reach out to their local PLT coordinator and network for additional support. In addition, we are working on creating an online GreenSchools! professional development course with our USFS partners.

Happy New Year and we look forward to seeing everyone in NY!

Regards,

JRM

James Riley McGirt

Manager of Education Programs

Project Learning Tree

American Forest Foundation

2000 M Street, NW Suite 550

Washington, DC 20036

jmcgirt@plt.org



http://www.greenbiz.com/article/growing-trend-towards-certification-best-hope-forests



2014年11月22日

by eric-blog | 2017-05-29 12:57 | ☆PLTプロジェクト

「コミュニティを創るのは私たち」~米国地域学習プログラム’Places We Live’の「総合的な時間の学習」への活用から

「コミュニティを創るのは私たち」~米国地域学習プログラム’Places We Live’の「総合的な時間の学習」への活用から

2008510


1.モモコ先生からの相談

モモコ先生から事務所に相談がもちこまれたのは20075月のこと。卒業学年である6年生の総合的な学習のテーマ「福祉」の展開にあたり、子どもたちの生まれ育った地域が、将来にわたって自分たちそしてお年寄りや介護を必要とする人々が安心して暮らすことができる町であるために、どんな町であってほしいか、そのために自分たちができることは何か、気づきと行動につながるような学習プランを2学期実施にむけて計画・実施に協力してほしいとのこと。

ERIC国際理解教育センターは、グローバル教育の概念や手法を紹介する「ワールド・スタディーズ」の翻訳・刊行により、学習者中心(learner-centered)の協同学習(cooperative learning)の方法論を表す言葉としての「参加型」という用語を創出。以来、国際理解、環境、人権、ジェンダーなど地球的課題とされるテーマについて参加型による学びの理論と手法の啓蒙と指導者育成に関わってきたNPO法人。また今回の学習プラン作成の基となった米国環境教育プログラム「プロジェクト・ラーニング・ツリー」日本事務局として環境教育ファシリテーター養成にも関わっている。

モモコ先生を交えての議論、学校見学や学区域のフィールド観察、関係者との話し合い、校庭指導員をはじめ学区域の子どもたちに関る関係者、行政や地域のボランティアセンターとの折衝などをへて、米国の中等段階地域学習モジュール’Places We Live’ (私たちの住む場所)の構成を活用することで、テーマ「コミュニティを創るのは私たち」、6セッション(単元)10時間プログラムを仕上げたのが8月。学校側への最終提案と了承のもと、10月第1週~第4週にかけ、2名の担任と私たちスタッフ5人を中心に実施した。(表1

本学習プラン作成の基となったPLTについては、かつて「地理」(20058月号)で、「1970年「環境教育法」制定と、その推進に向けて連邦政府の支援…アメリカ森林協議会(現アメリカ森林基金)と西部地域環境教育評議会の共同プロジェクトとして1973年発足…ミッションは森林を「世界への窓」とみなして多様な環境への理解を図ることにあり、そのための批判的、創造的思考の訓練を通して環境問題への意思決定能力、そして環境に対する責任ある行動をとることのできる人材を育てることにある…」と記したが、最小限の付け加えをしておこう。

PLTと関連した環境教育プログラムとして日本では、公園緑地管理財団によるプロジェクト・ワイルド、河川環境管理財団による水辺の環境を対象とするプロジェクト・ウェットが知られるが、いずれもPLTを母体としている。アメリカにおける環境教育基準を定める北米環境教育連盟は(NAAEE)は、PLTを「環境教育教材ガイドライン」に適合した最初のプログラムとして認定、かつ2006年度地球規模の環境教育への貢献賞をPLT(Project Learning Tree)としている。


  1. 2.テーマ「コミュニティを創るのは私たち」設定の背景をなした’Places We Live’ について

本学習プラン提起にあたって、’Places We Live’ (以下『私たちの住む場所』)における構成を援用した背景の一つに、学習指導要領に示された地域学習のねらいに対する物足りなさがあった。小学校学習指導要領社会には次のようなねらいが示される。

3~4学年社会の目標に、「地域の産業や消費生活の様子、人々の健康な生活を守るための諸活動についての」理解、「地域の地理的環境、人々の生活の変化や地域の発展に尽くした先人の働きについての」理解を通して、「地域社会の一員としての自覚を持つ」「地域社会に対する誇りと愛情を育てる」態度、そして「考える力」としての技能の必要性が記される。

一方、『私たちの住む場所』は、導入で「なぜわたしたちは私たちの住む場所について学習するか?」という問いを立て、次のような趣旨を記す。

わたしたちは、コミュニティの成長・変化にどのような関り方をするかによって、自分のコミュニティの環境、公衆衛生、まちの特徴、場の感覚(a sense of place)や生活の質に影響を及ぼすことができる。コミュニティの成長・変化は、環境、社会、経済的側面にどのように影響するか、成長や衰退にともない、住民は土地開発、交通問題、公共サービス、自然・文化資源の保全のありようなどニーズの変化に伴うマネジメントが求められる。わたしたちは身近なコミュニティの探索から始めることで、周囲とのつながりを意識化し、環境・社会・経済的なまとまりとしてのコミュニティをどのように維持していくかについて学ぶのである。


前者においては、地域の諸側面についての理解という過程が地域に対する「自覚」や「誇り」に結びつくという。後者は地域社会の構成員として、地域とどのような関わり方をするかによって互いに影響しあう関係にあること、地域を学習の対象とすることは公共圏への参画の意識化と、そのために求められる知識・スキルの習得が学習の必要性として明示されるのである。

モモコ先生が卒業学年の子どもたちに願ったことの根底に、地域に生まれ育って12年、家族・近隣・学校等すでに様々なつながりのもとで今の自分があることを認識するとともに、地域住民の一員として自分たちは何ができるか、何をしなければならないのか、参画と行動への意識化が総合的な学習の時間「福祉」に具体化することであり、「私たちの住む場所」に示される構造はこうしたねがいに応えるものであると私たちは判断した。


3.「コミュニティを創るのは私たち」の展開

テーマ「コミュニティを創るのは私たち」学習プランは、全10時間、6つのテーマとして構成した。展開に当たっては、教室・教室外とも2クラス合同、グループ(6~8人単位)による協同学習によって進められた。表1に示した各テーマの進め方について概略を記すとともに、日常的な地理学習における空中写真・衛星画像の活用の事例として、#4「緑の空間」におけるグーグル画像を利用した土地利用調べの手順について表2に示した。


#1→本学習プランの導入に当たる。小グループにわかれ学校外での居場所紹介、クラス全体での秘密の場所地図化と共有、自分たちが住んでいる場所とのつながりを意識化すること。特別な場所とその背景についての表現から、それら「場の感覚」を意識化などがねらい。

#2→前回の作図をもとに6グループ(6ルート)設定。それぞれのルートとポイントの特徴(福祉の観点に留意しつつ)をはっきりさせるため現地観察。観察結果のプレゼンテーション資料の作成と発表。さらに学区域地図上に各グループによる観察結果図を配置、学区域全体の展望図を作成、全校児童が見ることができる図書室前に展示した。(写真)

#3~#4→地域の変化とその背景について作業経過をふまえて類推すること。戦後期の1/10000地形図から学校周辺における土地利用の特徴をとらえること。異なる時期の空中写真の比較を通して、地域の変化と環境の変化との関係を視覚的に捉え、その背景を考えること。緑は地域の社会資本(インフラ)という視点を明らかにすることなど。

#5→コミュニティ(学区域)はより広い地域(板橋区)のもと、どのような役割を担っているか、地域の大人たちへのインタビューを通して、課題と展望をはっきりさせること。インタビュー先として地域の土地利用など都市計画に関わる区役所都市計画担当者、地域の歴史・文化など地域住民と深いかかわりを持ってきた寺院、区内環境教育の中心をなすエコポリスセンター、そして福祉をはじめ地域住民のつながりを担ってきたボランティアセンターと活動団体を設定。グループごとの聞き取りとその成果をまとめること。

#6→これまでの活動をふりかえり、20年後のコミュニティの様子を描写する未来新聞を作成する。よりよき地域の未来像とその要素を明確にすること。そのために自分たちしたいことを明確にすること。


4.地域をESDの視点で学習するとはどういうことなのか

本学習プラン実践に関する評価や課題の点検はいまだ充分とはいえないが、卒業学年として学校や学区域を自分たちとの関わりで捉えるとともに、地域の未来は自分たちの関わりようにあることへの気づきは得られたと思われる。プランの枠組みと進め方に活用した米国地域学習プログラム’Places We Live’についても充分適用できることを実感したが、10時間という時間的制約のもと構造主義、全体言語というPLTの基本的特徴の具体化には課題が残された。

 さて本連載のテーマであるESDとの関連で地域学習のありようについて若干の考察を加える。これまでの連載記事を活用することで、記述の重複をできるだけ避け、論議を深める方向をとりたい。まず第1回でESDについて一般的な紹介がなされ、第2回でESDが要請された背景について「大量消費のライフスタイルや社会システムからの転換を人々が目指すようになりつつ…、しかし社会の転換には…人々の意識の変革が必要で、それには教育の力が必要である」こと。第3回では(原稿段階での拝読)ESDは価値観の教育であるというユネスコの定義が示された。

地理との関わりについては、ESDの教科学習における中核としての可能性について、イギリスのナショナル・カリキュラムと教科書における位置づけについての記述。私たちの国での地理学習が扱うことの優位性について、公民、理科、総合的な学習における可能性とともに「…しかし、これらの領域の中でESDを取り入れる場合、総花的で地域の実態に即した議論にはなりにくい」のにたいして地理は、「…地域に即して物事を考えることができ、地域をよりよくするために、地域の視点からの政策提言が可能…」であると、「地域をよりよく」するための視点からの提言を含む地理学習の在りようが示された。その際の「よりよく」の背景をなすのが「SDの視点が求められる」(いずれも第2回)であり、ユネスコの定義をふまえての「公民的資質の具体化」(3)であることが提示された。

 これら記述を踏まえて論議を深めるためになされるべきことは、ESDを支える基本的な考え方(=概念)についての理解、確認であろう。ESDは価値観の教育であるというとき、それらSDの概念を尊重しての教育活動であるだろうし、よりよい地域学習なるものも概念をふまえての展開を求めることになるだろうからだ。

しかしながら、SDの概念として合意されたものはない。ESDに関する国際実施計画案は「持続可能な開発についての概念は進化を続けている」と記す。ただSDの意味と目的を明らかにするため、社会、環境、経済の3つの領域(3回参照)から明らかにすることを求めている。ここでは初等地理学習におけるSDの具体化を提案した指導者向けテキストが採用しているESDの概念をあげておく。(表3) 

地域に即しよりよい地域づくりへの提案は、地理教育だからこそできるというとき、例示されたような概念を地理学習のプロセスにどう生かすか、いいかえれば概念を柱にすえた学習計画が構築されねばならないのだろう。さらに「公民的資質」の具体化というときも、SDの概念をいかに身のまわりで具体化するかということであり、泉がいうところの「地球市民的資質」の意味するところでもあろう。

ちなみに今回の地域学習プランのもととなった’Places We Live’の場合、環境教育としてのPLTが提起する概念、多様性、相互依存、システム、構造とスケール、変化のパターンの5つに基づいた構成となっている。

なお「地理だからこそESD」という想いを具体化するにあたって、国際実施計画案に示された「質の高い教育」の特徴として①学際性と総合性 ②価値による牽引 ③批判的な思考と問題解決 ④さまざまな方法(PLTでは全体言語として意義付ける)④参加型の意思決定 ⑤地方とのかかわりをあげる。地理における地域学習に当てはめた場合、①と②の具体化にあるように感じている。



by eric-blog | 2017-05-13 15:25 | ☆PLTプロジェクト

緑の校庭 Green Schoolyards America

Green Schoolyards America
http://nebula.wsimg.com/62235b73ee3efcc854f894ee5d6e0070?AccessKeyId=065718B828D697FE7ED3&disposition=0&alloworigin=1

目次

はじめに
 生きている校庭って何?
 カリフォルニアの生きている校庭
 5月にお祝いしましょう。

芸術
 自然と創造ゾーンを作る
 「ガーデンペイント」で創造的な色塗り
 四季を彩る
 自然の水彩絵の具
 鳥の巣箱づくり

レクリエーション
 自然になりきる
 風景の中の自然の要素
 「みんなのお気に入り」タグ
 川を飛び越せ
 校庭の自然くじ
 灯台
 光合成タグ
 校庭で家族でキャンプ

健康
 なわとび遊び
 植物の部分でリレー
 あの木、わたしみたい
 カラフルな虹色の食べ物を食べるのはなぜ?

野生生物の生息地
 ツールを使って校庭探査
 シロナガスクジラ: とんでもない大きさの動物
 チョウチョウの生息地探し
 校庭の生息地調査
 固有種を盗め
 固有種で垣根をつくる
 庭園で学ぶ: 相互依存
 モノあてクいずれまたお便りします。
 あなたの校庭の生物的多様性を記録する

流域保全
 水の流れ: 嵐の水の流れ図
 シートマルチ: 芝生を節水のための自然庭園に
 雨水の流量を計算する

校庭農園
 アメリカの文明: アズテックアレグリアのレシピ
 ハーブの束
 子どもと採種する
 植物の根を探求する
 根と芽
 六つの一つ、その他を半ダース

エネルギーと気候
 ソーラー・エッチング
 再生可能エネルギーを取り入れる

材料の思慮深い使い方
 捨てる前に考える: 4R’sのリサイクル・レース
 コンポスト・グルメ

場を理解する
 世界であなたの場所を見つける
 校庭立地調査地図をつくる
 わたしたちと場所の関係を探る
 あなたの緑の校庭でふりかえりを書く
by eric-blog | 2016-05-06 17:33 | ☆PLTプロジェクト

Forest Fast Breaks ちょっと休憩して、木の動画

https://www.youtube.com/playlist?list=PLS8kydnMHQ9k8teSRSMGqLYn3fOqZjV_8

http://www.forestinfo.org/Forest_Fast_Breaks
by eric-blog | 2016-04-15 14:19 | ☆PLTプロジェクト