カテゴリ:☆よりよい質の教育へBQOE( 288 )

人権擁護のためのセルフチェック

全国保育士会が作成した「人権擁護のためのセルフチェック」

http://www.z-hoikushikai.com/download.php?new_arrival_document_id=53

子どもの権利条約や保育綱領などに準拠して作成した以下

(1) 子ども一人ひとりの人格を尊重しないかかわり
(2) 物事を強要するようなかかわり・脅迫的な言葉かけ
(3) 罰を与える・乱暴なかかわり
(4) 一人ひとりの子どもの育ちや家庭環境を考慮しないかかわり
(5) 差別的なかかわり

の五つのカテゴリーの観点から、
登園時から降園時までを6つの場合に分けて、「している/していない」のチェックと、している場合の「より良いかかわりへのポイント」という働きかけ、ことばかけの具体例が示されている。

昨年できたばかりのようだが、15ページ程度で簡単にダウンロードできるので、ぜひ使って見てほしい。保育段階だけでなく、小学校段階でも有効なのではないだろうか?

a0036168_13341287.jpg

一つずつのケースについて、「なぜ?」「どんな時?」をしっかり深めて考えることで、「言い換え表」のように使われる危険を回避できるのではないだろうか?



[PR]
by eric-blog | 2018-07-03 13:34 | ☆よりよい質の教育へBQOE | Comments(0)

化学物質過敏症すごろく

化学物質過敏症の患者が、日常生活でどのようなリスクにさらされているか、また、限られた選択肢の中でどのように生活を立てていくかをすごろくで追体験する。

a0036168_14405632.jpg
a0036168_14411076.jpg
a0036168_14412152.jpg
a0036168_14413149.jpg
a0036168_14414161.jpg
ぜひ、体験してみてください。

■化学物質過敏症についてはこちらから
https://ericweblog.exblog.jp/20295746/

[PR]
by eric-blog | 2018-06-26 14:43 | ☆よりよい質の教育へBQOE | Comments(0)

ワークショップ成功の秘訣  17



Seventeen Tips for a Great Workshop


1. CIRCLES, NOT SQUARES - Whenever possible, arrange chairs in a circle or semi-circle. This arrangement will allow all participants to see each other and will increase their participation.

2. MURPHY'S LAW - Be prepared for the unexpected. Stay flexible enough that you can change an outdoor activity to one done inside.

3. NUMBERS - In general, 10 participants is a minimum number for a successful workshop. Because PLT activities are done in groups, it is difficult to do activities successfully with fewer people. A good rule of thumb is to use one facilitator for every ten attendees.

4. PACK YOUR OWN BAGS - Be sure to pack materials and supplies yourself so you will know what you have. Use a checklist! At your workshop, arrange materials so that they are right at your fingertips and you don't waste time or appear unprepared by searching through boxes.

5. PLT PARTNERS – PLT best practice is to have two people conduct a workshop, one educator and one resource person. Participants will benefit from varying styles, voices, and personalities. Also, if one person has an emergency, the other can cover the workshop so it will not have to be canceled.

6. THE SPICE OF LIFE - Arrange your workshop agenda so the active parts are interspersed with the sitting and listening parts. Select activities that reflect a variety of learning styles. Alternating facilitators provides even more variety.

7. NAMETAGS - Provide nametags even if everyone knows each other. Have them prepared before the session with large enough letters for all to read.

8. QUESTIONS? - Create an open atmosphere by encouraging participants to ask questions. If you don’t have an answer, be sure to say “I don’t know, but will look into that for you.” Post a large sheet of paper to collect “I need” ideas or questions.

9. WAIT-TIME - When using questioning strategies to engage participants, allow them enough time to think through the question before providing an answer or continuing the discussion. This is an important teaching strategy for classroom learning, too.

10. WRAP IT UP - After an activity, be sure to include a “debrief”. Include questions about the subjects covered, the vocabulary, and materials needed. Ask for volunteers to tell how they might use it in the context of what they teach. Ask for ideas for extensions or variations. The purpose of the wrap-up is to allow participants to reflect on the lesson and how they may use it or change it to meet their needs.

11. JARGON - Use common, everyday language that everyone will understand. Be sure to explain any jargon or acronyms you do use.

12. TEACH, DON’T PREACH - Treat your participants as professionals. Let them make their own judgments about the PLT activities. Urge them to think about how they might use PLT in the context of what they teach or to help to meet their students’ needs.

13. SOAPBOXES - When you conduct a PLT workshop be careful to avoid sharing too much of your personal agenda or point of view. Be sure to introduce yourself and your professional affiliation. The fact that you are sponsored by your employer speaks for itself.

14. THE EYES HAVE IT - Make eye contact when facilitating your session. Watch for body language: yawning may mean participants are bored, sleepy, or too warm, having arms crossed may mean they are cold or antagonistic.

15. FAIRNESS - Treat everyone equally. Don’t show favorites. Watch out for unprofessional conversations or jokes.

16. EVALUATIONS - Be sure to let the participants know how important the workshop evaluation is to both the state and national program. Everyone should fill out an evaluation. They can omit their name if they wish.

17. HAVE FUN - Be comfortable with your presentation style and what you have to share. And have fun!





This document is an excerpt from the PLT Facilitator Handbook, revised 2007.



[PR]
by eric-blog | 2018-06-23 10:35 | ☆よりよい質の教育へBQOE | Comments(0)

気候変動教育についてのコンピテンシー自己点検項目

Critical thinking competency クリティカル思考コンピテンシー
a) I can question norms of the problems of climate change
b) I can question practices to solve the climate change issue.
c) I can question options to slve the climate change issue.
d) Ican take a position in the sustainability discourse.
Systems thinking competency システム思考コンピテンシー
a) I can recognize relationships among climate change.
b) I can understand relationships among climate change.
c) I can understand climate related systems have uncertainty.
d) I can understand how climate related systems are embedded within different domains.
e) I can understand how climate related systems are embedded across different scales.( local to global)
Anticipatory competency 予測的コンピテンシー
a) I can make sesirable own sisions for the future.
b) I can evaluate multiple futures.
Integrated problem-solving competency 統合された問題解決コンピテンシー
Strategic competency 方略的コンピテンシー
a) I can collectively develop innovative actions that strengthen sustanability at the local level,
Collaboration competency 協働コンピテンシー
a) I can learn from other's perspective.
b) I can understand perspectives of others.
c) I can understand the needs of others.
d) I can respect the needs of others.
e) I can be sensitive to others.
f) I can deal with colflicts in a group.
g)I can facilitate collaborative and participatory problem solving.
h) I can create a common product with others.
Self-awareness competency 自己認識コンピテンシー
a) I can reflect on my own role in the local community.
b) I can reflect on my own role in global society.
c) I can continuallly evaluate my actions against climate change.


第一日目の「Mistery」については「システム思考」。二日目の「未来ワークショップ」については「予測的思考」が入れ替えられていた。
文字色の違う部分がそれ。

[PR]
by eric-blog | 2018-05-29 13:01 | ☆よりよい質の教育へBQOE | Comments(0)

ESDコンピテンシー

ESDコンピテンシー

なぜ、日本語はこんなにわかりにくいんだ?

https://edu.env.go.jp/conference/files/esd10_03/reference_04.pdf


キー・コンピテンシー(OECD2005)

社会・文化的、技術的ツールを相互作用的に活用する能力

○言語、シンボル、テクストを活用する能力

○知識や情報を活用する能力

○テクノロジーを活用する能力

多様な社会グループにおける人間関係形成能力

○円滑に人間関係を構築する能力

○協調する能力

○利害の対立を御し、解決する能力

自律的に行動する能力

○大局的に行動する能力

○人生設計や個人の計画を作り実行する能力

○自らの権利、利害、責任、限界、ニーズを表明する能力


UNESCO, Key competencies for Sustainability, 2017

Critical thinking competency クリティカル思考コンピテンシー

Systems thinking competency システム思考コンピテンシー

Anticipatory competency 予測的コンピテンシー

Integrated problem-solving competency 統合された問題解決コンピテンシー

Strategic competency 方略的コンピテンシー

Collaboration competency 協働コンピテンシー

Self-awareness competency 自己認識コンピテンシー


http://unesdoc.unesco.org/images/0024/002474/247444e.pdf

p.10


ホフマンさんの「気候変動教育」で使われていたのは2017年のもの。どんどん新しくしていくんだねぇ。

a0036168_10083874.jpg


[PR]
by eric-blog | 2018-05-28 13:10 | ☆よりよい質の教育へBQOE | Comments(0)

未来ワークショップ

2018年5月26-27日 立教大学 高橋敬子研究資金により実施。

第一日  ESDコンピテンシーのうち、「System Thinking」を身につけるための「Mystery」日本版体験

第二日  ESDコンピテンシーのうち、「Anticipatory Thinking」を身につけるための「未来ワークシッョプ」の体験

Robert Jungkの考えたFuture workshop


民主的な社会における市民参加の促進。共同的な創造性を作り出す。対話。会話。社会的な課題について。

社会的な条件を改善したかった。確信していた。新しい方法はいつでもextraordinaryな人々によって始められる。主流の人によるのではない。

Change-makers

それが学習の核である。

そういう人々が議論に入ってくる場づくり。主流から外れる人々と。


応用されたのは、地域の基本計画。

彼のアイデアから、社会への応用。80年代後半から学校教育に応用されだした。カリキュラムの一部に取り入れられ始めた。


ユネスコのキーコンピテンス。Anticipatory Competenceを、

Zukunft 未来。

シナリオ分析。未来ワークショップ。の二つの方法論。

werkstattというのはドイツ語そのままが理解しやすい。


まずはシナリオ分析から。時系列が横軸。左の始まりは現在、未来のある時点。2030年としてみよう。現在の出生率が続くとすれば。



「なりたい未来」の立体型。

いくつかの前提条件があれば、ベストケースシナリオが達成される。

最悪なのは下方。現実的にはこの二つのポイントの間のどこか。

シナリオ分析は、できる限り具体的に現実的な未来を分析しようとすること。

Action-oriented, cooperated 具体的で、データに則っていて、戦略的な考え方で、現実をベストケースシナリオに近づけたいと思うのであれば、行動が必要。

http://seesaawiki.jp/soziokultur/d/%A5%ED%A5%D9%A5%EB%A5%C8%A1%A6%A5%E6%A5%F3%A5%AF%A4%C8%CC%A4%CD%E8%A5%EF%A1%BC%A5%AF%A5%B7%A5%E7%A5%C3%A5%D7


未来ワークショップは、より協働的で、具体的である必要はないし、データに則る必要もない。


すべての学びにはステップがあるが、このワークショップには三つのステップ。

Kritik

Utopie Nowhere Fantasy

Realization

未来ワークショップの展開方法

http://image01.seesaawiki.jp/s/r/soziokultur/d9caf88c04dc4ed4.pdf



1920年代のシュットットガルト

1950年代に考えられた未来像

今日の映像、しかし、これは持続可能ではない。正しい道にあるわけではない。新たな未来像が必要。


メキシコシティの現実から始めよう。

600mのアースクレイパー、を地下に。スカイスクレイパーの逆。


気候変動

エネルギー供給

移動  

家屋

都市


グループ別に「現状分析」30分、「未来のシナリオ」11:50-14:00 共有。

2つのアイデアを出すこと。Unconventional Ideas


a0036168_11464441.jpg


[PR]
by eric-blog | 2018-05-28 11:38 | ☆よりよい質の教育へBQOE | Comments(0)

交差性と教育

交差性と教育


交差性の概念については、こちら

https://www.hurights.or.jp/archives/newsletter/section4/2018/01/intersectionality.html


キム・ケースさん講演会 at上智大学

https://www.sophia.ac.jp/eng/event/u9gsah00000074oq-att/DrKimA_Case_flyerMay11finalv2.pdf


わたしが理解したポイントは二つ。


○「交差性」は相対化を許さない。


「あなたはそう思うのね、わたしはこうよ」という相対主義はありえない。


「交差性」という概念は「多様性」というような「多様な存在」の並行性の受容を含む、相対化される概念ではなく、心理学社会学経済政治、人間関係、力関係などの「交差点」にある個人を社会、組織、制度、システムの面から見ていくことである。「あなたは女性で、わたしは男性、それでいいじゃないか、多様なんだから」というような相対化を許さない概念である。一つの属性が「力関係」「政治力」など、他の歯車を動かしていくものであって、独立した変数ではない。



○交差性とアクティビズムは切り離すことができない。


「多様性」と「アクティビズム」はベン図で言えば、共通部分が限定的で、一部交差でしかないように考えられているが、「交差性」とアクティビズムは完全と言っても良い重なりでなければならない。社会政治的状況に対するアクティビズムなしで交差性を語ることはできない。


主催者に対する謝辞

理論の背景

理論の中身、特権はその一部


20年前、同時的アイデンティティについて研究していた人たちが「交差性」の概念を持ち出した。(日本では同時期に複合差別というようなマイノリティ女性の問題として提起されたように思う。)

(この辺り、多数の研究者、活動家、フェミニストの名前が列挙されていた。ベル・フックスの名前はわかったが。)


教授学についての本を去年出した。(これは面白そう)

女性のことを研究するのに、人種やジェンダーの属性を除外して考えられない。

1990年に広がった。言葉を使っていても、その背景を知っているとは限らないような事態が起こって来た。黒人研究者、フェミニスト、活動家なども使っていた。

■交差性について教える必要は何か。社会心理学の教員としてなぜ教えるのか。

インクルージョンとは何かについて話しましょう。

どのように多様性、文化的尊厳、自信を教えることができるか。

実際に交差性は存在している。インクルージョンを実現するのは簡単なことではない。

失敗した時というのは、学びのチャンス。

誰が教室にいないか? 物理的に。米国の文脈で考えてみると、先住民の生徒は不在です。カリキュラムや教材にも出てこない人たちは誰?障害のある人たちはほとんど出てこない。

心理学について

テキストはとても範囲が狭い。女性は一つのカテゴリーとして扱われている。

特権についてはこの後で話す。

貧困女性などについての読書リストを作っている。ホームページで公開している。

女性が描かれる時それは、白人、異性愛、中流、米国市民として描かれている。

白人女性中心主義。

そのために学生にinvisible見えない、周辺化された女性について学んでもらう。

文化的な視点から、考えられるパケットをまとめた。

構造的に教えるために、教科書は大切。しかし、教科書は偏っている。

多様性を持っている読書リストが必要。

交差性の理論

見えない特権

有色人種について語っている。黒人女性は「あなたたちは黒人について語るか、女性について語るかするが、それらは同時に語られなければならないのだ」と指摘して来た。

有色男性は人種について焦点化する。人種差別として彼らの経験を語るのだ。

これらのどれについても、一つだけをみるのでは深く見たことにならない。


Diversityって何?

多くの人が考えるのは「人種」「ジェンダー」の順番で言う。人種が最初。性差別、ジェンダーなどは出てこない。他にも出てこないものがある。障害、

白人黒人の関係性。ラティーノなどは出てこない。

これらの問題で起こることは何?

テーブルで声を出すことができない人たちは誰なのか。

人々は人種とジェンダー以上に複雑な問題。

学生は人種、ジェンダー、などをまず考える。


多様性を定義する。米国の文脈では人種とジェンダーだけではない。

レズビアンについての学習が多すぎると、私の父親は言う。

学生は「女性」と聞いた時、同じ社会階層、同じジェンダーの女性だと思っててしまう。

シラバスを計画する時、私たちは多様性の概念に挑戦しているだろうか? 人種とジェンダーより以上のものをその中に含んでいるだろうかと自問する必要がある。


交差性は特権についての自覚を含む。


特権グループにいると言うことは、心理的にどのような影響があるかなどを知る必要がある。教室の中の特権。

心地よさ。状況として誰かがあなたに対して怒ったり。教授が告訴されたり。カナダでも起こっている。

ペギー・マッキントッシュの特権リストを攻撃している。

メディアは、白人特権。


トロント大学では白人男性が単位をくれなかったからと、教授を訴えた。

誤解やバイアスなどはすべて特権からきている。

社会的文脈。多くは見えない。訓練されている。見ないように。見えないように。

多様性アプローチは特権、パワー、構造的なシステム、組織的なもので、個人の関係性にも影響している。

組織、文化、メディア、教育システム、社会グループ、家族関係などによって学ばれている。

差別だけではなく、特権について学ぶ必要があるのはこのような理由からだ。

交差性には特権が含まれる。

「はーい、私白人よ」

このような一コマ漫画を見せる。

「いい人よ。私は人種差別主義者じゃないし、でも、便益は受けているわ」

別に、その特権者リストに名前を書き込んだわけでもないし、特にその便益が欲しいと言ったわけでもない。でも、便益は受けている。

よく起こることは、特に白人特権について語ろうとするときのことだ。白人学生が、「私はいい人よ」と言い出す。

個人を攻撃しているわけではない。システムの問題を考えようとしている。社会の問題。

心理学は個人に焦点を当てすぎている。罪がある。関係性や社会性について恥ずかしいほど、考えていない。

個人主義的。Me 私は奴隷を所有していないし、私は差別していない。


交差性にとって特権とパワーは必須。


この概念はどのように学生の学びに貢献するか。


特権のある人々の「行動」って?

同僚の間、顧客との関係、大学で、スタッフとして。など。

モスリムを見たらどう反応する? どのグループが彼らに対して偏見が最も強いか。

異性愛の人たちは同性愛の人たちについてどう行動するか。

社会的アイデンティティがものの見方に影響する。


こうさ性は複雑である。1989年に出された概念だが、今もまだ議論されている。


みなさんから知りたいのですが、Dr. Whooを知っている人? 少しいますね。嬉しいでする

TARDIS タイムマシーン。誰が一番最初に乗ったか。

ポリボックスぐらいのサイズですよね。33程度に見えるのに。中は大きい。

隠喩として優れている。多様性についてではなく、「時間」についてDr. Whooは語っている。

多様性とは、

時間とは無限の流れのよう

多様性についても同じ。交差性についても同じように考えられる。

多様性はカテゴリーのことだと考えられているが、それは違う。それはすべてであり、分かりにくいものであり、あれもこれも入っているもの。

社会的アイデンティティは社会的機会によって、経験が変わる。

validate 知識が

ある特定の人々が作り出す知識はいいものと考えられ、その他の周辺化された人々が作り出す知識は、忘れられ、大切にされることはない。

学生はそれほど防衛的ではないが、

私たちは本当に学ばないといけない。

学びに焦点を当てよう。

社会をよりよく理解する。法廷をもっと黒人女性に優しいものにする。


教科書に載っていて女性は手をあげて! ほとんどの人の手が上がる。

学級に来た時に、「女性」と言った場合、

心理学のコースの名前を変えてしまう。

どのように人々が努力して来たか。交差性について説明するために。複雑なものなのだが。構造的に捉えようとしたり、マトリクスで考えようとしたり、ちょっとやくに立ちました。ゴムまりみたいなもの。ピザについてはこのあと話します。

友人がデザインしてくれたんですけど。

歯車みたいな。一つが回ると他のものも回ってしまうシステム。

ビデオを作った。隠喩が素晴らしい。学級ではみんな理解できる。何について語っているか。明らかだと、みんな言う。


多様性はハリウッド

交差性とフェミニズムについて語る。

チーズピッツアを食べたいのに

バーガーばかり。

ピッツアにも人権がある!

でもチーズピザばかりではない。トッピングはいろいろあるじゃん!

でも、チーズピザがピザ界では最も代表的。彼らはすべてのピザの権利のためには戦わない。

バーガーにチーズピザが愚痴ばかり言われることに焦点が当てられる。

ユニークなピザは、「何それ」と言われる。チーズピザが強い時代がながすぎた。

多様なピザのフレイバーを楽しまなくちゃ。


バーガーって誰のこと?

チーズピザ 白人女性

その他のピザ 有色女性

白人女性は「女性の権利」のために戦っていると言うが、先住民女性が直面している問題について共闘することはない。

交差性の問題について意識化すると言うこと。アウェアネス・レイジング。

前向きな態度をムスリム女性に対して持つことなど。

2015年のペーパー。Breaking Boundaries

社会変革によってアクティビズムとフェミニズム。

交差性は社会変革。

しかし、ネガティブなつながりを強調されて来た。

現実を理解する

教員は学生の意識化を助けることができる

個人のユニークさのことだとおもっている人も。白人、テキサス、性的に

この人は障害がある、ラティーノなど、多様性があるわよね。

組織てきなレベルではどうか? カテコリーグループの間の関係性はどうか。

文化、社会のことを語っている。


円柱 ジェンダー

立方 人種


心理学、人文科学でも、たくさんのコースがある。しかし、二つは全然別のコースとして学生に提示されている。これは交差性ではない。


コースのシステムがそうなっている。

出口眞紀子さんも研究して来ている。

ジェンダー、人種それぞれのコースで、偏見や差別について扱って来た。

15週にどう入れ込むことができるか。

特権の女性にどう教えるか。レズビアンや障害のある女性の問題を。米国市民だけのことだったり。


モデル・コース

まずはここからスタートとして。十分ではないけれど。このモデルを適用していきたい。

人種だけでもなく、ジェンダーだけでもなく。交差点にあるものとして。

多文化主義は、「食べ物」「文化のサンプル」見たいに考えられている。伝統や文化をつまみ食いする「ビュッフェ多文化主義」と呼んでいる。

パワーは分析しない。

文化的なギャップがあることは明らか。だから、常に学ばなければ。

交差点に立ってみること。

バイアスや、他者理解、省察、社会的な機会や文化的経験について。


何かをしなければならない、安楽椅子に座っているのではなく、その交差性の理解から何をするかが問われる。

マージナライズ

すべての人の意見が尊重される、間違いはない。

特権者たちは最高の差別者。そのことを意識化しなければならない。

特権階級は、あなたの発言が自然に持つ「害」を知らない。


すべての大学で多様性についての要件をカリキュラムに入れ込む必要がある。


構造的

個人的なユニークさを多様性として祝祭する傾向について、しっかり批判する。

交差性の研究者は構造や組織を分析する必要がある。

構造を分析していないと、パワーの分析ができていない。

パワーの問題を扱うのは居心地が悪い。

あなたもユニークだし、私もユニーク と言うのが安楽な立ち位置。

性差別についての経験が白人と黒人の女性で異なっている。


交差性意識化スケール

男性が職場でどう評価されているか。白人男性。

しかし、黒人女性にとっては、「列島」だと思われていたり、「怒り」がちだと捉えられていたり、

コネクションが鍵。これらの間のつながりは何かを分析する必要がある。


心理学との違い。

社会正義と多様性は直接関係ない。ベン図。

交差性では、社会正義そのもの。円は一致している。

コミュニティ集団につながっている必要がある。学生が学級で学んでいることにコミュニティ集団の課題を入れてくる必要がある。それを支援すること。それができるようにすること。学級で学んでいることが人類学のクラスでも、白人女性は清掃する? メキシコ系アメリカ人が99%。英語も話せない。

彼女たちにインタビュー。コミュニティ集団として無視されている。

そのプロジェクトをした教授は表彰された。

カリキュラム全体を通して、交差性を取り入れる必要があると言い続けて来た。

心理学や社会科学を教える時、交差性を外すことは考えられない。

大学のミッション宣言に入れる、コースの名前に入れる。


一から作るとしたら、どんなコースデザインにするか。2015年にやってみた。

あまりにも基本的なことなので交差性は外せない。

これが私のアプローチ。歯車。

複雑なアイデンティティのパターン。

社会的文脈を与えているもの。後ろに押しやられているもの。

白人女性、南部アクセント、

システムとしてもみてみる。社会の中ではどう機能するだろうか。

中心にくるもの、周辺化されるもの、能力、社会的階層を汁めしているもの、他のアイデンティティの後ろに隠されるもの、自分自身もあまり注目しないもの、無視するものもある。

これを学級で使っている。彼らは書き込むこともできるし、

クロスバウンダリーについて語る。

分析を進めるために、次のようなことを問う。

二つのイメージを比べる。コースの読書リスト。

彼らは別のイメージを描くこともできる。まだ完成していない。完成することはない。


Dr.Whoo

Dr. Ago

どこから始めようか。どこへ行こうか。


Q: 白人性は社会に広がっているので、それを「白人性」をパフォームするにはどうすればいいかを取り入れてみた。

白人性は日本人にもある。それをどのようにつなげることができるか。


A: 白人黒人の二分法はとても明らか。先住民、アジア系は二つの大きな多様性についての学び。美しさはヨーロッパ系に繋げられているし、アフリカ系の人は化粧や白くするなどを強制されている。


出口: 日本で日本人が日本人であることを意識化することも


Q: カリキュラムを全く新しくするということだったが、どのようにしているのか


A: 一週間に一つは読み物を指定する。

Global Feminism Project 60-70のインタビューが、活動家、フェミニスト。言語も多様。学級プロジェクトとして調査させたりする。

理論を学び、それを現実に当てはめる。

青少年担当官とのプロジェクトをした学生。ハリウッドのアジア系の扱われ方。

学生主体でプロジェクトをさせる。


Q: 心理学

A: 国際的な研究者を境を超えて互いに持ち込む。「見えない」ことが課題。父親はとても有名な人種差別主義者。教員もひどかった。マイノリティの友人は大学にはいけない、知能もない、スカラーになんかなれないなど、言われ放題。

ある集団は彼らの持っている知識が尊重されることもない。

交差性を多様性としてだけの言葉として使い始めている人がいる。しかし、それは違うのだ!



[PR]
by eric-blog | 2018-05-12 10:19 | ☆よりよい質の教育へBQOE | Comments(0)

ESDグローバル・アクション・プラン

・ESD GAP グローバル・アクション・プラン

2014年、日本で開催されたESD国連10年の行動計画最終年の諸会合は、これからのグローバル・アクション・プラン(GAP)を採択し、今後もESD推進を継続することを宣言しました。これからがESD発展・充実期なのです。GAPは、以下の5つの優先行動分野に焦点をおいています。

  • 政策的支援
  • 教育・トレーニングの場に持続可能性の概念を取り入れる(機関包括型アプローチ) 
  • 教員やトレーナーの能力向上
  • ユースの役割支援と動員
  • 地域コミュニティや地方政府にコミュニティ・レベルのESDプログラム策定を推奨

    【参考1】ESDに関するユネスコ世界会議の開催結果について

    http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/gijiroku/__icsFiles/afieldfile/2014/11/26/1353643_4_1.pdf

    【参考2】2015年に合意されたSDGs「目標4:包摂的で質の高い教育」についてはこちらから

    http://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/


    文科省のESD GAPのページに全文仮訳が乗っています。
    http://www.mext.go.jp/unesco/004/1345280.htm

    環境省の三年間の取り組みはこちらから。
    https://edu.env.go.jp/esd/esdprogram

    現在は、環境パートナーシップ・オフィスなど、全国8箇所の拠点が活動を続けています。


    [PR]
    by eric-blog | 2018-02-07 10:32 | ☆よりよい質の教育へBQOE | Comments(0)

    備忘録: 大学入試改革

    http://www.dnc.ac.jp/corporation/daigakunyugakukibousyagakuryokuhyoka_test/pre-test_h29_01.html

    実験的問題と解答

    [PR]
    by eric-blog | 2017-12-12 09:56 | ☆よりよい質の教育へBQOE | Comments(0)

    内発的な行動規範

    内発的な行動規範


    倫理的発達段階の6段階とはローレンス・コールバーグによる分類。33


    1. 面倒を避けたい

    2. 報酬が欲しい

    3. 誰かを喜ばせたい    教員はこれが好きだ。

    4. ルールに従う      ルールが全てではない。

    5. 他人を思いやる

    6. 個人的な行動規範を持ち、それに従う


    https://en.wikipedia.org/wiki/Lawrence_Kohlberg%27s_stages_of_moral_development


    Stages[edit]

    Kohlberg's six stages can be more generally grouped into three levels of two stages each: pre-conventional, conventional and post-conventional.[7][8][9] Following Piaget's constructivist requirements for a stage model, as described in his theory of cognitive development, it is extremely rare to regress in stages—to lose the use of higher stage abilities.[14][15] Stages cannot be skipped; each provides a new and necessary perspective, more comprehensive and differentiated than its predecessors but integrated with them.[14][15]


    Level 1 (Pre-Conventional)

    1. Obedience and punishment orientation(How can I avoid punishment?)

    2. Self-interest orientation(What's in it for me?)(Paying for a benefit)


    Level 2 (Conventional)

    3. Interpersonal accord and conformity(Social norms)(The good boy/girl attitude)

    4. Authority and social-order maintaining orientation(Law and order morality)


    Level 3 (Post-Conventional)

    5. Social contract orientation

    6. Universal ethical principles(Principled conscience)


    The understanding gained in each stage is retained in later stages, but may be regarded by those in later stages as simplistic, lacking in sufficient attention to detail.


    道徳性の発達と教育 コールバーグ理論の展開 永野重史編、新曜社、1985

    http://ericweblog.exblog.jp/9101165/

    もうひとつの声 男女の道徳観の違いと女性のアイデンティティ キャロル・ギリガン、川島書店、1986

    http://ericweblog.exblog.jp/1960781/

    少年たちの遊びは、口ゲンカがあっても続く。少女たちの遊びはケンカで終わる。(ジャネット・レバーの遊びと社会化の研究より)8-9
    少年は規則を創り出すことが好き。(ピアジェ)・子どもというものは、規則に従った遊びをすることが道徳性の発達に必要な規則を遵守する精神を学んでいく。(ピアジェ)に加えて、そのような教えは、口論をしていく過程でなされる役割者得の機会を通じてもってとも効果的に学ばれていく。(コールバーグ)10
    少女は、ケンカの解決のため規則を苦心してつくりあげるよりは、むしろ人間関係の継続を遊びの継続に優先させている。
    少女の遊びは「一般化された他者」を指向せず、「特定の他者」を演ずるのに必要な共感と感受性の発達を促進する。(ジョージ・ハーバード・ミード)11

    権利の概念(コールバーグ理論による5.6段階)はあらゆる理性的な人間が同意できるような、客観的にみて公平かつ公正に道徳的ジレンマを解決することを指向する。責任の概念は、...どんな方法にも限界があるということに焦点をあて、解決されないままの葛藤を説明しようとする。30

    女性発達のわかりにくいなぞは、ライフサイクルにおいて女性は、人にたいして愛着をもちつづけることの重要性を認識している点にあります。32...一般発達論が、人間の分離、自律性、個別化、それに自然権をほめたたえる中で、この認識を保つこと



    1.慣習以前のレベル

    第一段階=罰と服従への志向

    罰の回避と力への絶対的服従がそれだけで価値あるものとなり、罰せられるか褒められるかという行為の結果のみが、その行為の善悪を決定する

    第二段階=道具主義的相対主義への志向

    正しい行為は、自分自身の、また場合によっては自己と他者相互の欲求や利益を満たすものとして捉えられる。具体的な物・行為の交換に際して、「公正」であることが問題とされはするが、それは単に物理的な相互の有用性という点から考えられてのことである

    2.慣習的レベル

    第三段階=対人的同調あるいは「よい子」への志向

    善い行為とは、他者を喜ばせたり助けたりするものであって、他者に善いと認められる行為である。多数意見や「自然なふつうの」行為について紋切り型のイメージに従うことが多い。行為はしばしばその動機によって判断され、初めて「善意」が重要となる

    第四段階=「法と秩序」の維持への志向

    正しい行為とは、社会的権威や定められた規則を尊重しそれに従うこと、すでにある社会秩序を秩序そのもののために維持することである

    3.脱慣習的レベル

    第五段階=社会契約的遵法への志向

    ここでは、規則は、固定的なものでも権威によって押し付けられるものでもなく、そもそも自分たちのためにある、変更可能なものとして理解される。正しいことは、社会にはさまざまな価値観や見解が存在することを認めたうえで、社会契約的合意にしたがって行為するということである

    第六段階=普遍的な倫理的原理への志向

    正しい行為とは、「良心」にのっとった行為である。良心は、論理的包括性、普遍性ある立場の互換性といった視点から構成される「倫理的原理」にしたがって、何が正しいかを判断する。ここでは、この原理にのっとって、法を超えて行為することができる

    内発的な行動規範

    なぜ、勉強するのか? なぜ、学級で共に学ぶのか? なぜ、級友の学びを妨げないのか? なぜ、他の人の発言に敬意を払うのか?


    「なぜ」の背景にはさまざまな理由があります。


    ローレンス・コールバーグという人は、そのような「なぜ」には次のような発達段階があると言います。あなたはどの段階ですか? そして、どの段階があなた自身にとって、望ましい、身に付けたい行動規範だと思いますか?


    レベル1. 面倒を避けたい

    レベル2. 報酬が欲しい

    レベル3. 誰かを喜ばせたい    教員はこれに騙される。喜ばせてくれる生徒!

    レベル4. ルールに従う         しかし、ルールが全てではない。よね?

    レベル5. 他人を思いやる

    レベル6. 個人的な行動規範を持ち、それに従う


     この行動規範の6段階で、全員でレベル6を目指しているレイフ・エスキス先生の学級からは、米国のトップクラスの大学への進学者、高等教育卒業資格が求められる職業に就く生徒たちがたくさん出ています。


     実践できるようになるまで、先生が繰り返し生徒に伝えているのは次の二つです。


    1. 近道はない。  There is no shortcut.

    2. なりたい自分を生きる。  Behavior has to be examplery.


     ぜひ、エスキス先生の実践をネットで探して見てください。そして、どうすれば学びに集中できる学級ができるか、あなたも考えて見てください。


    ■NAESPスピーチ

    https://www.youtube.com/watch?v=KXTIHf-VsFM



    [PR]
    by eric-blog | 2017-11-30 10:51 | ☆よりよい質の教育へBQOE | Comments(0)