生態的思考のすすめ 人・企業・地球のリスクマネジメント

178-2(849) 生態的思考のすすめ 人・企業・地球のリスクマネジメント
勝田光俊、TBSブリタニカ、1993

ゆっくりすすむ生物的進化ではなく、すばやく転換できる文化的進化という適応
能力
を獲得したヒト種は、今後はどのような文化的進化を見せることになるだろうか
。(
後書き、285)

一般進化と特殊進化。

ある環境への適応に特化する特殊化進化。これに対して、環境がどう変化しても
適応
できる機能を保持したまま、当面の環境に必要な機能だけを進化させる一般化進
化。
20

特殊化進化を人間は「文化的進化」によって行っており、特定の環境に適応する
ため
の文化を発展させてはいるが、人間としての一般的な機能をなくしているわけで
はな
い。環境が変われば、文化的な進化をすばやく転換できるのが人間である。

21世紀は、近代産業社会という特殊化進化が袋小路に入った時代である。しかし
、行
き詰まった時ほど、進化の転換はすばやく起こる。

文化的進化を遂げた人間は、生物的には大きな進化をここ数十万年遂げていない
。そ
して、さまざまな地域環境に適応した文化が行き詰まったとき、交流が促進され
、よ
り一般的な進化として文明の進化が起こるのが人間の一般化進化となっている。

というところが、おもしろいと思った本でした。進化と転換の法則が12まとめら
れて
いますが、リスク・マネジメント的な本ではなかったです。
[PR]
by eric-blog | 2007-04-18 16:17 | ■週5プロジェクト07 | Comments(0)
<< 世界をひらく数学的リテラシー A is for Ox: V... >>