人気ブログランキング |

幸せの小国オランダの子どもが学ぶ アクティブ・ラーニング プロジェクト法 ~自ら考える生きる力の基礎を身につける~

幸せの小国オランダの子どもが学ぶ アクティブ・ラーニング プロジェクト法 ~自ら考える生きる力の基礎を身につける~

辻井正、オクターブ、2017

3363冊目


[実践編~八つの知能領域で学ぶ保育環境~](2019)の続編とのセット。

著者はインクルーシブ教育や幼児教育に関わってきた人。


八つの知能領域は以下に整理されている。多重知能などの考え方との共通点が多い。30-36

・言語的知能

・論理数学的知能

・視覚空間的知能

・運動感覚的知能

・音楽リズム知能

・内観的自己認識知能

・博学的知能


レッスンプランの提示、実物での学び、デジタル教材を使ったふりかえりや復習。のスリーステップが学びを形作っている。


保育環境を整えることが、普通の子どもにも大事。一日の流れをビジュアルに見えるように、年齢ごとに色分けされた導線、一人ひとりの目印。


全体を構成するのが「ピラミーデ理論」

「子供の自立性」「保育者の積極的な関わり」「心理的な愛着形成」「心理的な距離感」


環境を整えることで、子どもが自ら学ぶ教育がデザインされている。


安心して、好奇心をはっきすることができること。実物で探求できること。ふりかえりで定着すること。


教育は繰り返しだからね。




by eric-blog | 2019-08-12 10:43 | □週5プロジェクト2019
<< スクール・セクシュアル・ハラス... 武器としての情報公開 --権力... >>