人気ブログランキング |

「赤毛のアン」の島 プリンスエドワード島の歴史

「赤毛のアン」の島 プリンスエドワード島の歴史

ダグラス・ボールドウィン、河出書房新社、1995

3310冊目

PLTのテキストにも引用されているアメリカ・インディアン酋長のアメリカ大統領に宛てた言葉は有名だ。

そして、この本にも、カナダの先住民ミクマク族が語った言葉が紹介されている。また、18世紀にはカナダの先住民は、スペイン人コルテスが南米にもたらしたと同じような厄災によって人口が激減していた。ヨーロッパ人によってもたらされた病気である。さらにアルコールも慣れない彼らに悪影響を及ぼした。57

ヨーロッパ人は、自分たちはミクマク族よりも優れた人間だと信じていた。・・・驚くべきことではないが、ミクマク族の方も自分たちを白人よりも優れた人間と考えていた。54

17世紀からイギリス人、フランス人が代わる代わるに支配を強め、英仏戦争の結果、1713年、カナダは恒久的にイギリスの植民地となった。

初期に入植したフランス人はアカディア人と呼ばれた。

現在、島には60を超えることなった民族グループが存在している。194

プリンスエドワード島がカナダ連邦に参加したのは、1873年。125

赤毛のアンの舞台となる時期は、政治的に揺れながら、成熟して行った時期だったのだ。


a0036168_15304997.jpg


by eric-blog | 2019-05-13 15:31 | □週5プロジェクト2019
<< 奪われざるもの SONY「リス... 相模原事件 備忘録 >>