備忘録: 希望のかなた

希望のかなた

http://kibou-film.com

2017年、フィンランドの映画監督、アキ・カウリスマキ。

「フィンランド防衛軍」と名乗る三人組からつけ狙われる主人公。難民申請をするが、アレッポの状況は外務省の見解によるとそれほど差し迫ったものではないとの理由で却下される。

難民収容センターから逃げ出す主人公。場を与える人々。偽のID、在留カードの偽造。

妹と再会を果たしたその時に、防衛軍の一人に刺されてしまう。そのことを隠して、妹を送り出す。

主人公のまっすぐな目がすごい。


上映館は早稲田松竹。この映画館もすごい。


最近見た映画『愛と法』『愛しのアイリーン』『判決 ふたつの希望』『クレイジー・リッチ』(途中まで)

よかったのは「ふたつの希望」と今回の「希望のかなた」だなあ。

『1987』も見たい気はするが。


[PR]
by eric-blog | 2018-10-11 17:41 | Comments(0)
<< ざんねんないきもの事典 告発 児童相談所が子供を殺す >>