シリアの秘密図書館 瓦礫から取り出した本で図書館を作った人々

シリアの秘密図書館 瓦礫から取り出した本で図書館を作った人々

デルフィーヌ・ミヌーイ、東京創元社、2018, 原著2017

3180冊目

ダラヤ、シリアの首都ダマスカス近郊の町、政府軍の空爆により破壊された町。

中東問題のジャーナリストが、イスタンブールで、ネットで彼らの活動に触れる。

若者たちが拾い出した本を集めた一室。

この図書館では映画も見る。

2+2=5』 二足す二は五であると繰り返し教える教師の物語。

何度も破壊され、政府軍に支配され、何度も息を吹き返した図書館。

今はもう、彼らの消息は不明だ。亡命した人を除いて。

シリアからのなん民たちは、トルコから地中海に漕ぎだすのだ。


[PR]
by eric-blog | 2018-09-04 10:20 | □週5プロジェクト2018 | Comments(0)
<< 名古屋市民大学 ファシリテータ... 刑務所の読書クラブ  教授が囚... >>