読み手に伝わる公用文 <やさしい日本語>の視点から

読み手に伝わる公用文 <やさしい日本語>の視点から

岩田一成、大修館書店、2016

3135


面白い人だ! 最近、大阪大学出身者で面白い本を書いている人のもの、多いなあ。つて、波長が合うだけだろ。


公用文を集めて分析したもの。


「頭のストレッチ」が各章ごとについているのが、手話の言い換え練習にもなっていい!


構成の図もわかりやすくていい。


a0036168_11203552.jpg
まんま、心がけになっているんだよ!

基本対象は、中学二年生を想定せよ! by 斎藤美奈子。


[PR]
by eric-blog | 2018-06-27 11:21 | □週5プロジェクト2018 | Comments(0)
<< 沖縄慰霊の日 「生きる」 子どもの性的行動・きょうだい間... >>