知立国家 イスラエル

知立国家 イスラエル

米山伸郎、文春新書、2017

3027冊目



各国の民族的多様性と文化的多様性を比較した論文。

https://web.stanford.edu/group/fearon-research/cgi-bin/wordpress/wp-content/uploads/2013/10/Ethnic-and-Cultural-Diversity-by-Country.pdf


イスラエルは74位と高い方である。その原因は大勢の移民によるものだ。


近年、イスラエルのイメージと国力は大きく向上していると、著者は言う。


ハイテク分野での躍進、移民活用による、起業、イノベーションの宝庫だと見られているのだ。


プラス、徴兵制も駆使した徹底したエリート教育。国家のためという危機感が背景にある。


個人主義的なユダヤ人が軍隊で「個を上回る大義」を知る。


また、軍産官学が徹底している。141


イスラエル人の45%の最終学歴が大学卒である。


そして、三つの特性があるという。

・徹底した懐疑と議論

・危機感

・ユーモア


日本とは真逆な文化や特性だが、学ぶべきことはあるのではないかと著者は言う。



[PR]
by eric-blog | 2018-02-14 11:57 | ■週5プロジェクト17 | Comments(0)
<< 核兵器廃絶への道 祖父はアーモン・ゲート ナチ強... >>