東京を生きる

東京を生きる

雨宮まみ、大和書房、2015

2662冊目


『女子をこじらせて』と言うタイトル。すごくないですか?


老後のために貯金しなくちゃと思いながら、

なんで消費するのか、わからないと言いながら、

クラブに終電で行き、タクシーで帰宅する。


ワンルームやアパートに住み

ブランド物の出で立ちに身を包み

東京を闊歩する。


憧れの東京を生きる。


すごーい!

なんて思いっきりのいい生活だ!

ビンボーなのにビンボーたらしさが全くない。


そんなみかけではわからない「東京人」が

ものすごいスピードで地下鉄の構内を

歩いていく。


東京って、そこに住む人の、こんな心意気で

「憧れの街」であり続けているのかあ、と

注ぎ込まれている血潮の熱さと熱狂に

クラクラしてしまった。


で、そのことをクールに書いているのが、雨宮さん、なんだ。

クールに書いてはいるが、クールに生きれているわけじゃない。


そこが東京らしさ。


消費の街、東京を見る目が、変わる?


そして、それはニューヨーク、パリ、ロンドンなどの「憧れ」の街に共通している。そこに暮らす人たちは、街の出演者たちなのだ。

彼らが憧れを生きることが憧れの街の生命線。


東京が生産しているものは、なんなのだろう?


わたしはなぜ東京で住んでいるのだろうか?

なんて奴まで住んでいるのが、東京だけどね。


「憧れ」や「らしさ」や「なりたい私」やらの参照じくが強い人ほど、

こじらせやすいよね。


なーーんもなかったなあ。東京に対して。お子ちゃまのおとうさんが居ただけで。

何によらず、こだわりがなさすぎ。

[PR]
by eric-blog | 2016-12-11 13:43 | ■週5プロジェクト16 | Comments(0)
<< 日本会議と神社庁 日本会議に関... 新しい世界史へ 地球市民のための構想 >>