関東大震災朝鮮人虐殺の記録 東京地区別1100の証言

関東大震災朝鮮人虐殺の記録 東京地区別1100の証言
西崎雅夫、現代書館、2016
2631冊目


九月、東京の路上で 1923年関東大震災 ジェノサイドの残響
http://ericweblog.exblog.jp/19768817/

「右翼政治家たちがけしかけ、メディアが展開する、集団ヒステリーのような「非人間化」=レイシズム・キャンペーンを誰も疑問に思わない状況。それはどこにたどり着くのだろうか。私たちはそのなかで、いつまで当たり前の共感を手放さずにいられるだろうか。」205

関東大震災の時の朝鮮人大虐殺は、軍と正力松太郎によって仕掛けられた。IWJウィークリー19号
http://ericweblog.exblog.jp/18825480/

3.11の後、巣鴨の近所の喫茶店で、「関東大震災の時は、炊き出しのおにぎりを作って、並べた」ということらしいという話は聞いた。その時、その人に虐殺のことは聞かなかった。巣鴨界隈の証言も探したが、わからない。

いま、東京都の豊洲市場移転問題で、盛り土をしないという判断がいつどの段階で誰によってなされたのかについての3回目の調査報告が出されるという。

この証言集を読んで思った。

警察署に「朝鮮人に気をつけろ」という告示があったという証言はある。しかし、告示を出した、あるいは出すように命令したという証言はない。

絹田幸恵さんが始めた荒川放水路の開削工事についての聞き取りから、川岸に多くの朝鮮韓国人の遺骨があることを知る。

「関東大震災時に虐殺された朝鮮人の遺骨を発掘し慰霊する会・準備会」の発足。1982年。

これまでにも証言集を出版してこられているが、これがその集大成。

加害を見た人はいるが、
加害したことを語る人は少ない。
さらには、それを命じた人の口はさらに堅い。

それがこの分厚い証言集を読んで実感することである。

なぜ、みんな傍観者なのか?

■2017年11月6日 エル・おおさかにて 西崎雅夫さん講演会
1. 政府は犠牲者の数などを調査していない。
2. 遺骨を警察が掘り出したという証言があり、遺骨収集もできない。
3. 当時の留学生による調査では6000人。遺体が見つかっているのは1500体。
4. 政府は情報を隠した方である。
5. 遺骨を探して欲しいという声が犠牲者の遺族らからは続いている。


[PR]
by eric-blog | 2016-11-01 10:01 | ■週5プロジェクト16 | Comments(0)
<< どんぐり検索表  便利です! ... ESDfc2016CR記録 >>