大川小学校 判決

■控訴の方針だとか。
http://www.asahi.com/articles/ASJBX3G6JJBXUNHB004.html

■案の定、こんな記事もありました。悲しいね。
2016年10月27日11:00
あの日大川小学校で何が起きていたか 津波が迫る中で教師達は権力闘争
http://thutmose.blog.jp/archives/66862393.html


■大川小学校
2016年10月27日 東京新聞

3.11以降、気になってきた。

校長が不在で
保護者が迎えに来る混乱の中で
校庭で待機させられている児童にも
津波の到来を告げる広報車の音が聞こえていて

誰が責任を持つのか
どのように意思決定するのか
どこが安全なのか
しっかりした情報はあるのか?

集合的に集権的に決めようとすればするほど
一人ひとりの教員の判断力が鈍くなり
責任感が薄くなり
混乱の中でも従うこと、従わせることだけが
最優先になったとしか思えない。

これはなんなのだ?

「津波てんでんこ」の教訓は
津波だけではない危機管理の鉄則だと知るべきである。

そのような社会的な学びあいの場、真実に耳を傾ける場に
体調不良で、教職員の唯一の生き残りである教務主任が証人に立たないまま、
結審した。

教育が、すごく汚された気がする。

a0036168_12104172.jpg

a0036168_12105864.jpg

a0036168_12111084.jpg

a0036168_12112436.jpg

a0036168_12113624.jpg

a0036168_1211507.jpg


http://diamond.jp/articles/-/21234
[PR]
by eric-blog | 2016-10-27 12:11 | ●3.11地震・津波・原発 | Comments(0)
<< 外国人研修生殺人事件 サバイバー 池袋の路上から生還... >>