田中正造ツアー 2015シルバーウィーク

田中正造ツアー

■行程表
一日目 9/20
➢館林駅到着
➢昼食 自慢亭らーめん(佐野ラーメン)と餃子
➢田中正造記念館
➢雲龍寺、救現堂、新潟県阿賀野川からのお地蔵さん、6つの分骨の一カ所
➢佐野市郷土博物館
➢田中正造の生家、ザクロをいただく、240坪。県道を通すために7mほどセットバックさせられた。庭に砂利を敷いたのも、問題。
➢田中正造夫妻の墓
➢向いに子どもの頃通った塾
➢坂原さん自宅訪問、ガスで湧かす五右衛門風呂! 長屋門、600坪
➢旭館宿泊
二日目 9/21
➢渡良瀬遊水地
➢合同慰霊碑、1961年、268もの十九夜塔、庚申塔、仏像、墓石などを集めたもの、中にキリシタン仏像も。県知事。古いものは1660年。
➢ここから見ることのできる橋の二番目の柱のところに「庭田清四郎家」があった。現在は移転している。
➢谷中村有縁無縁一切精霊供養法要
a0036168_1717338.jpg

2015年9月20日 東京新聞

➢役場跡
➢昼食、おれの家(佐野らーめん系)、餃子
➢太田市足尾鉱毒展示資料室
➢祈念鉱毒根絶碑(割愛?)
➢原堆積場
➢足尾の町中
➢中才浄水場、地図にはどこにも出ていない。しかし、三段階の沈殿槽が連なる大きな施設である。古河が運営。
➢源五郎沢堆積場、3.11で液状化、倒壊
➢かじか荘宿泊
三日目 9/22
➢中国人殉難烈士慰霊塔、1973年建立。スズメバチの巣、線香台(今年の4月にはなかった)、中国の祖国独立のために戦った「烈士」ととして祀ることを提案した。
➢朝鮮人強制連行犠牲者慰霊塔
➢小滝抗口
➢小滝の里
➢製錬所跡
➢足尾ダム、植林地
➢カラミ投棄場(索道によって上から投棄)
カラミでレンガなども焼いている
http://yosuzumex.daa.jp/industrial_heritage/ashio/ashio_6.htm
➢松木村跡
墓石
➢龍蔵寺
松木村無縁仏を集めた塚、二カ所、
鉱夫の墓
➢銅親水公園
➢足尾環境学習センター
➢昼食、らぽーる
➢足利市で解散
以上についての資料コピー、10ページ

■資料
足尾銅山近代産業遺産MAP
谷中村有縁無縁一切精霊供養法要
➢岡安恒武「鉱毒地帯」
➢谷中村たより no.81

渡良瀬遊水地ガイドマップ ラムサール条約登録地 A3二つ折り
渡良瀬遊水地ガイドマップ 横長A4
明治の柩 チラシ
➢http://www.bungakuza.com/hitsugi/
➢http://t-toen.com/play/146.htm
太田市足尾鉱毒展示資料室
➢特別展示 丸木位里・俊絵「足尾鉱毒の図」第1部2部(全6部中)
➢http://www.aya.or.jp/~marukimsn/kikaku/2009/2009ashio.htm
「祈念鉱毒根絶」の碑 毛里田期成同盟会会長 板橋明治
➢所在地: 太田市只上町(ただかり)1167
渡良瀬遊水地歴史自然ガイドマップ ラムサール湿地ネットわたらせ A23つ折り
田中正造大学入学案内 「田中正造を学ぶあなたに」 
➢出版部 〒327-0001 栃木県佐野市小中町932 坂原辰男
足尾環境学習センター 
第43回渡良瀬川鉱害シンポジウム 2015年8月30日
草木ダム 水質監視を水質分析室で行っている。曝気循環装置。
足尾銅山観光
たてばやしと鉱毒事件、館林市教育委員会文化振興課発行、H.21
田中正造没後100年記念事業 2013年10月13日
田中正造、佐野市郷土博物館、パンフレット
田中正造ゆかりの博物館、佐野市郷土博物館、パンフレット
田中正造に学ぶ会 会報No.199
足尾鉱毒事件 田中正造記念館 2015年度企画展「田中正造 カツ夫妻 54通の手紙から」
日本の近代産業発祥の地 産業遺産と環境学習のまち 足尾、100円、2006年、足尾町発行、p.6の間違いを訂正
足尾歴史館パンフレット



■文献・映画・演劇
大鹿卓、渡良瀬川:田中正造と直訴事件、河出書房、2013
明治の柩
小口一郎映画「鉱毒に追われて」
鉱山の仲間とともに、足尾、上岡健司
農薬いらずの庭づくり、反農薬東京グループ、2000年、嫌農薬権
赤貧洗うがごとき 田中正造と野に叫ぶ人々
水樹涼子、岸辺に生う 田中正造の生と死、随想舎、2013年
「襤褸の旗」http://movie.walkerplus.com/mv18068/
荒畑 寒村、谷中村滅亡史
立松和平、恩寵の谷
痛恨の山河:足尾銅山中国人強制連行の記録 増補改訂版 、猪瀬 建造、随想舎;宇都宮 1994.7
田中正造と足尾鉱毒事件を歩く、布川了
まんが田中正造 渡良瀬に生きる、水樹涼子、下野新聞社・佐野市郷土博物館、2012、1000円で佐野市郷土博物館にて購入
[PR]
by eric-blog | 2015-09-23 20:11 | ◇ブログ&プロフィール | Comments(0)
<< わが家の母はビョーキです 息の長い運動のための、運動にお... >>