途上国の人々との話し方 国際協力メタファシリテーションの手法  3

途上国の人々との話し方 国際協力メタファシリテーションの手法 
 和田信明・中田豊一 みずのわ出版、2010年
2351冊目

佐藤宏幸さんからご紹介いただいて、すでにブログでは紹介していますが、改めて、読んでみて、ぜひ、ご紹介しておきたいと思いました。

佐藤さんの詳細なノートは以下に紹介しています。
http://ericweblog.exblog.jp/21373008/
http://ericweblog.exblog.jp/21373009/

中田さんは、シャプラニールのダッカ事務所でも働いた経験がある方。いろいろな開発協力の現場を体験し、そして和田さんの方法に出会い、二人のコラボで「メタファシリテーション」という技法を確立したという。

まずは、中田さんが、開発協力の現場で感じていた「違和感」、隔靴掻痒感、曇りガラスを語り、それが和田さんと出会うことで、変わったことが語られ、そして、和田さんが、徒手空拳飛び込んだ現場で、味わっていた「頭の中が真っ白」感と、偶然たどりついた「対話法」が中田さんと出会うことで昇華していったことを語る。

さらに、と構成はどんどん進化、深化していくのだけれど、これまでのところでいったん、「対話術」についてのまとめをしておこう。

何が、彼ら二人の共通の焦燥感だったのか。

現場が見えない。
何を質問したらいいのかわからない。
質問しても「地域の抱える課題」と「課題解決のためにして欲しい援助」しか出てこない。
援助が「自立」に向かうのではなく、「依存」に向かっているのではないか。
「住民参加型」プロジェクトと言いながら、ドナーの立場で仕切っていて、ドナーのためのプロジェクトになっているのではないか。

開発とは何か、貧困とは何か、誰に援助すべきなのか、そしてそれはなぜか?

そんな疑問がぐるぐると頭を巡っているのに、何がいけないのか、わからない。
二人とも日本の援助団体ワーカーとして現場に行くのだが、現場の住民と直接関わっているのではなく、カウンターパートのNGOや地域団体が介在しての現場訪問になる。

そうすると、現場では対応はこんな感じだ。

何人かの人が来ている。地域ボスも来ている。
カウンターパートのワーカーと通訳がついている。
場所は地域の集会所のようなところである。
2時間ぐらいの会合が設定されている。
支援を感謝される。課題が共有される。
今後のプロジェクトが提案される。

なんだ、この大名行列による視察巡行は? 和田さんのNGOが弱小で資金力があまりなかったのが奏功したという。これもかなりの皮肉だね。

もしも、二人が「大名行列」が好きで、コズメティックに感謝される儀式に満足し、次なる支援金の行く先を探しているようなドナーであったなら、この本は生まれなかったからだ。

逆に、わたしは、そういう関係を続けることができなかったから、踏み込まなかったと言える。

ドナーによる大名視察あるいは専門家派遣に課題があることは、RRA,PRAなどの地域調査手法の工夫にも現れている。

しかし、二人は、専門家でもなかった。調査をする担当者ではなかったのだ。

地域の人々がいて、カウンターパートがいて、通訳がいて、ドナーがいる。

地域の人が本音を語ることなど、ありえない状況であることはすぐわかる。

地域で援助の窓口になっている人は、ほとんどカウンターパートの「共犯者」みたいなものだ。この二つの団体は阿吽の呼吸で結ばれている。

だ・か・ら、この二つの主体が共同正犯している「アイデア」や「課題」や「プロジェクト」が答えとして返ってくる。「M型コミュニケーションの罠」。自らがどう見ているかではなく、ドナーの側がどう見ているかを答えてしまう。

こんなコミュニケーションをくり返していると、彼らが支援している地域の課題が見えなくなってくる。というのも、彼らが支援している「貧困地域」は近代化という社会の流れゆえに、問題を抱えているのだ。

近代化が引き起こす問題は大きくは二つだ。

○焼き畑放牧民であった社会が、近代化の中で定着を求められる。稲作などを始めて、人口が増加する。環境への負荷が高まる。
○問題解決を「貨幣経済」の中ではからなければならない。収入向上プロジェクトなどが持ち込まれ、援助される。しかし、住民たちにはマネジメント能力がない。

伝統的に生きていた時、環境が彼らにリミットを教え、計画性もあたえてくれた。彼らは収入を計算したり、利益率を考えたりする必要はなかったのだ。

マクロの行政の方もこのことを意識していない。ミクロとマクロのミスマッチの中で、「地域」からのボトムアップや住民参加が求められる。そもそも彼らは何が求められているのか、なぜ資金提供があるのかすら、よくわかっていないのだ。

さて、そのような認識を共有した上で、では「メタファシリテーション」はどのように機能するのか。

1.プロジェクトの話から入らない。
2.地域を歩きながら、対話によって、住民が知っていることを引き出す。具体的な質問で。
3.地域情報を共有するとともに、セルフエスティームも高める。意見を言おうという自信をつける。
4.ファシリテーターはマネジメントやファイナンスの知識を元に、住民らが製品の売り先やコストなどをどう考えているか、具体的な質問で明らかにする。
5.自分たちが何を知っていて、何を知らないか、あるいは考えていないかを、住民自身が発見する。

ファシリテーションとは「発見」を助けることなのだ。

というようなまとめをした上で、引用しておこう。
現実を構成する3つの要素 事実、感情、観念・意見  33
Mのコミュニケーションの罠 Eコード 34

経験から学ぶ 経験を分析することで学ぶ 56

コミュニティの開発、経済的開発、環境の開発 142
主体、生産消費などコミュニティの再生産のための経済、資源と場をあたえてくれる環境

元々森があったら、「森を作る」という知識はない。時間軸と空間軸でコミュニティをみる。171

民主化と分権化の流れ。何を行政がやり、何をコミュニティがやるのか。

マイクロクレジットは
・グループで取り組む
・資源をグループで管理運営運用することが本来の機能。185


言語化するファシリテーターの役割 暗黙知と形式知

ムラの時間は数十年、数百年 201

マクロな危機意識(森林の焼失)をどのようにミクロの危機意識にできるか。209

近代化が作り出した貧困
貧困な人々は普通の人々、感覚は相対的
外のスタンダードを持ち込まない229

と、ここでPRAとメタファシリテーションとの違いを考えてみる。

メタファシリテーションも、「分析」している。空間的時間的にとらえることを助けている。

ただ、明確なツールを使わないだけだ。

だからこそ、職人芸的に、「対話」がなってしまう。
事実を問う、答えのある問いを出す「対話力」を、中田さんがずいぶんトレーニングしたように、トレーニングする必要が生まれる。

うーーん、PRAじゃあだめなのかなあ。ファシリテーターの役割が大きいだけに、喜んでしまっている印象がどうしても拭えない。
[PR]
by eric-blog | 2015-08-05 17:48 | ■週5プロジェクト15 | Comments(0)
<< 闇の支配者に握り潰された世界を... 暁の群像 豪商岩崎弥太郎の生涯 >>