高校生の英語力

http://www.taro.org/2015/06/post-1611.php

昨年度、文科省は英語の能力を測定するために、全国の高校三年生の中から、国公立480校、約7万人(「話す」は約1.7万人)を対象とするサンプル調査を行った。

Common European Framework of Reference for Language(CEFR)と呼ばれる欧州共通テストのようなものを利用して、読み書きだけでなく、話す聞くについても調査した。

英検3-5級に相当する一番低レベルなもの(A1)から、英検準一級に相当するB2まで、結果は4段階に分かれている。

読む
B2 0.2%
B1 2.0%
A2 25.1%
A1 72.7%

聞く
B2 0.3%
B1 2.0%
A2 21.8%
A1 75.9%

書く
B2 0.0% 69,052人中5人
B1 0.7%
A2 12.8%
A1 86.5% うち0点 29.2%

話す
B2 なし
B1 1.7%
A2 11.1%
A1 87.2% うち0点 13.3%

かなり惨憺たる結果だ。
[PR]
by eric-blog | 2015-06-19 14:53 | Comments(0)
<< PLTコーディネーター会議 歴... 人口減少と対策のインフォグラフ... >>