PM Abe's planned speech at UN General Assembly

安倍総理国連でのスピーチ(予定)

国連総会での安倍総理のスピーチの内容がNHKニュースで紹介された。「日本は、戦後かたときたりとも戦争のことを忘れたことがない。これからも積極的に平和に貢献していきたい。」「女性の輝く世界をつくる」

カテゴリーの言葉を多様することで、国民国家の枠組みの再強化、役割分業社会の再強化を宣言しているとしか思えない。

「日本」を強調するだけで、恐怖する人はいるだろうし、同様にかたときも忘れたことのない人たちがいる。その人達に対する謝罪や思いの発露のない言い方は、不十分だ。また、「日本の世界貢献」を強調することは、国内における「日本人としての教育」が強化されることにつながる。

「女性」というカテゴリーにはめることが求められているのではなく、ジェンダー平等が求められているのだ。

アベシンゾウさんは、ジェンダーという用語を使わない。理解できないからなのだろうし、直観的にその用語の含む彼らに対する既得権の侵害および求められている変革に怯えているからでもあろう。

従って、アベシンゾウさんのスピーチをカテゴリーの言葉を多用しない「未来型」言語に変換するとこうなる。それでも、意図は隠せないけれどね。

「人類は二度の大きな戦争を経て、国家間の紛争解決に武力を使わない世界の構築に努力してきた。いま、平和と人権に対する脅威は国家の対立の枠にはとどまらなくなっている。武力紛争の根っこにあるものを見極め、人権尊重社会の建築が津々浦々に徹底していけるような国際貢献を、すべての諸国および人々とともに努力していく。しかし、国民国家の枠組みは越えがたく、日本として守りたい既得権も大きい。時には武力による示威行動も発動できるようにしておきたいし、また同盟国との関係を強化するために、武器の共同開発や融通のしあいに制限のない国づくりを目指したい。日本にはそれ以上のリーダーシップをとる哲学的基盤がない。

性別による格差もまだまだ大きな課題である。性による行動規範が明確な文化もあれば、性差よりも大きい個人差への対応を人権尊重の基盤としている文化もある。日本社会における性別による経済格差、社会的地位の格差は先進国中最大であり、まずはその問題を解決しなければならないことを求められているのだろうということは認識している。しかし、わたしを含め、性別役割文化の影響は大きく、特に高年齢高肩書き高学歴の男性を中心に根深い。これを変えることは非常に難しいだろうから、女性には女性という格差に甘んじながらも、輝けるように努力してほしい。その限りにおいて、支援することを約束する。」

英訳してみた。
PM Shinzou Abe is going to make a presentation at the UN. Here is the draft speech translated with flat words:

Through the experience of the two world wars, human beings have been aspired to build a world where nations do not use force to solve the conflicts between them. Today, threats against peace and human rights are not limited to the conflicts between nations. We are determined to build human rights based society throughout the international society with the people of the world, by combatting the real cause of these military aggressions.
However, the framework of nation states is difficult to overcome, so Japan also have to protect its vested interests as a country. For that purpose, we would like to prepare ourselves to be able to use the demonstration of military forces against any threats against Japan and strengthen the cooperation with our allies through cooperation in the developments of arms and sharing the arms and forces. There is no philosophical nor constitutional base to take any further leadership for peace for Japan now.

Disparity by gender is still big in Japan. There are cultures where gender role models are distinct between male and female and there are cultures which are not in the world. The gap of economic and social powers between gender in Japan is the largest among the developed nations and I understand that the international society is urging Japan to solve this problem as quickly as possible.

But, including myself, the culture of differentiated role models between male and female is very strong, especially deeply rooted in the mentality of elder, higher, and well-educated male in Japan. This is very difficult to change and I am not trying at all. Therefor, I want women to be contents with the gap and forced role, but still try do their best to contribute to the society. I promise to support their efforts as long as there is no threats to this “genderous” society.
[PR]
by eric-blog | 2014-09-21 11:15 | ◇ブログ&プロフィール | Comments(0)
<< 民主政の不満 公共哲学を求める... 英国ファイナンシャルタイムズ >>