人気ブログランキング |

橋下発言に抗議する緊急院内集会

レイバーネットTV
http://www.ustream.tv/channel/labornet03
OurPlanetTV
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node%2F1587
Ustream
http://www.ustream.tv/channel/ourplanettv-ch1


国連経済社会委員会から、国別レポートに対する勧告が出されました。
英文は、以下からダウンロード可能。
http://www2.ohchr.org/english/bodies/cescr/cescrs50.htm

13パラは、ジェンダー・ステレオタイプに関するもので、「政府は性別役割の社会通念を変えるために意識啓発キャンペーンを行わなければならない」
26パラは慰安婦で、「委員会は政府に対し慰安婦の方々が経済的・社会的・文化的権利を享受できるようあらゆる方策をとらなければならない、慰安婦に対する差別発言や慰安婦を非難する表現を防止するよう公衆を教育するよう求める」
斎藤@社会権ジェンダー・レポート・プロジェクト 粗訳

勧告に同意ですね。


*橋下市長の「慰安婦」・性暴力発言を許さず辞任を求めるネット署名
⇒ https://www.change.org/ja/キャンペーン/橋下徹大阪市長-即時-辞職

★共催団体が217団体に!
共催団体がみるみる増えて、200を突破しました。
最新リストはこちら→http://p.tl/7xmh

★SACHICOの加藤治子さん参加決定!
大阪で 性暴力被害者救援に携わる加藤治子さんより発言いただくことになりま
した。その他発言者は
●梁澄子さん(日本軍「慰安婦」問題解決全国行動 共同代表)
●上野千鶴子さん
●北原みのりさん
●周藤由美子さん(性暴力禁止法をつくろうネットワーク)
ほか、さまざまな




ご案内の転送です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 女性の人権を尊重する政治を!
 橋下発言に抗議する緊急院内集会

  日時:5月22日(水)15:00~17:00
  場所:参議院議員会館 講堂
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 橋下徹大阪市長・日本維新の会共同代表は、5月13日、「慰安婦制度が必要な
のは誰だってわかる」「海兵隊の性的なエネルギーを解消するためにもっと風俗
業を活用してほしい」等と発言し、その後、批判を受けると、さらに開き直りの
発言を続けています。
 橋下氏の一連の発言は、日本軍「慰安婦」被害者のみならず、すべての女性に
対する著しい人権侵害であり、とうてい看過できません。このような言葉の暴力
を政治家が堂々とマスメディアで行えるという状況は、橋下氏だけの問題にとど
まらず、女性の人権が日本の政治の中で非常に低い価値づけしかされていないこ
との反映です。橋下氏の発言は、また、戦争のできる国をめざす憲法改悪の動き
が、女性の人権否定と密接な関係にあることをも明らかにしています。
 7月には参院選が行われますが、女性に対する暴力を容認する政治家を許さず、
真に女性の権利を守る政治を求めて、緊急抗議集会を開催します。
 橋下発言に怒りをおぼえる多くの女性と男性の参加をよびかけます。今こそ政
治の流れを変えましょう!

主催:橋下発言に抗議する緊急院内集会・実行委員会
共催団体:ついに長すぎて載せきれなくなりました。17日17:00時点で76団体で
す。最新リストはこちらからご覧下さい→http://p.tl/7xmh

★当日はロビーで通行証をお渡しいたします。
★共催団体として実行委員会に加わってくださる団体を21日まで募集中です。

連絡先:アジア女性資料センター
E-mail: ajwrc@ajwrc.org
Tel: 03-3780-5245/ Fax: 03-3463-9752

東京新聞 2013年5月17日
a0036168_1812829.jpg

以下、東京新聞 2013年5月16日より
a0036168_18193586.jpg
a0036168_18194518.jpg
a0036168_18195772.jpg
a0036168_1820722.jpg

a0036168_18231491.jpg



アラブニュースの内容について
http://yaplog.jp/g_d_h/archive/1
 橋下市長はさらに、フランスとドイツも戦時「慰安所」を設置した同類であると主張する。
「慰安所というシステムが朝鮮戦争やベトナム戦争で利用されたのは歴史的事実」とツィート。
ただし、詳細については語らず、また、どの国の兵士が売春宿を利用したかについても言及していない。
日本以外の近代的な軍隊が公式に性奴隷システムを導入していたという、主流とされる証拠はない。

 月曜日に、市長は、日常的に死の恐怖と共に生きている兵隊がストレスを発散するには何らかの方法が必要であり、それを解決するのが慰安所制度だった、という発言で国内外を激怒させていた。
市長は、制度は間違っており、元性奴隷の方々には謝罪するべきだと信じている、と述べた。

 (日本の)国または旧日本軍が性奴隷制度へ直接関与した証拠は存在しないという意見は、日本の右翼政党にとって珍しいものではない。

(アラブニュース(2013年5月19日))

【以下、引用】
★維新・西村氏が“侮辱”発言、「売春婦がウヨウヨ」(TBS)130517

 日本維新の会の西村真悟・衆議院議員が、党の代議士会で韓国人女性を侮辱するような発言を行いました。西村氏の発言には人の気持ちを傷つけたり不快にさせる内容が含まれていますが、国会議員であり衆議院の特別委員会の委員長を務める人物の公の場での発言ですので、そのまま報じます。
 17日、国会内で行われた「日本維新の会」の代議士会。自ら発言の機会を求めた西村真悟・衆院議員は、橋下共同代表の一連の発言を擁護しようと、こう述べました。
 「(外国では)『慰安婦』が『セックス・スレイブ(性奴隷)』と転換(訳)されている。我々は積極的に『売春婦』と『セックス・スレイブ(性奴隷)』は違うと、売春婦はまだ日本にウヨウヨおるぞと、韓国人。私、きょう(17日)大阪に帰りますが、大阪の繁華街で『お前、韓国人、慰安婦やろ』と言ってやったらよろしい」(日本維新の会 西村真悟衆院議員)
 「今の(発言)は撤回してください。今の『韓国人』というのは撤回してください」(日本維新の会 松浪健太衆院議員)
 「『韓国人』は撤回します。『慰安婦』であります」(日本維新の会 西村真悟衆院議員)
 発言後、すぐさま、釈明会見を行いましたが・・・。
 「『韓国人慰安婦がウヤウヤおる』という部分は計数を計ったことがないので、韓国という国名を挙げたわけだから、少々不穏当であった」(日本維新の会 西村真悟衆院議員)
 政策協議を進めていた「みんなの党」の渡辺代表は・・・
 「そういうことを考える人が維新の国会議員の中にはウヨウヨいるのかなと。(維新の会との)政策協議について凍結するよう指示した」(みんなの党 渡辺喜美代表)
 橋下共同代表は、西村氏を除名する方針を明らかにした上で次のように述べました。

 「大変申し訳なく思っています。韓国の皆さんに、元慰安婦の方々に、大変な過ちを犯してしまった」(日本維新の会 橋下徹共同代表)
Q.西村氏は橋下氏の発言に関連して発言?
 「全く違いますね。僕は韓国の方、元慰安婦の方を侮辱する意図は全くありません」(日本維新の会 橋下徹共同代表)


★石原氏「あの戦争、侵略じゃない」 橋下氏の見解とズレ(朝日)130518

 日本維新の会の石原慎太郎共同代表は17日、先の大戦の旧日本軍の行為について「侵略じゃない。あの戦争が侵略だと規定することは自虐でしかない。歴史に関しての無知」と語り、侵略とした橋下徹共同代表の見解を否定した。朝日新聞の取材に答えた。
 従軍慰安婦などをめぐる橋下氏の発言への批判が収まらないところに加えて、歴史認識をめぐる両共同代表の認識でも違いがはっきりしたことで、党内の混乱が一層深まりそうだ。
 石原氏は、橋下氏が「敗戦の結果として侵略だと受け止めないといけない。反省とおわびはしなければいけない」と述べたことについて「全然違う。正確な歴史観、世界観を持っていないとだめだ」と批判した。


★維新・西村議員除名へ、慰安婦問題で不適切発言(読売)130517

 日本維新の会の西村真悟衆院議員(比例近畿)は17日、国会内で開かれた同党の代議士会で「売春婦はまだ日本にうようよいる。韓国人。大阪の繁華街で『お前韓国人、慰安婦』と言ってやったらよろしい。戦いましょう」などと発言した。
 維新の会の松井幹事長は、発言は極めて不適切だとして、同党から除名する考えを表明した。
 発言は、いわゆる従軍慰安婦問題を巡る発言が米国などから批判されている同党の橋下共同代表を擁護したもの。代議士会はメディアにも公開されていた。出席者の指摘を受け、西村氏はその場で発言を撤回したが、党内外で批判が噴出、西村氏は「党に迷惑をかけた」と離党届を提出した。
 これを受け、松井氏は大阪府庁で記者団に、離党届を受理せず、除名する考えを示したうえで、「橋下氏の発言と中身が全く違う。人権侵害だ。議席を返してもらいたい」と述べ、西村氏に議員辞職を促す考えも示唆した。除名は、橋下、石原両共同代表と協議し、正式に決定するという。
 一方、橋下氏は西村氏の発言について、大阪市役所で記者団に「自分(の発言)とは全く違う。自分には韓国の方や元慰安婦の方を侮辱する意図は全くない」と強調し、批判した。
 西村氏は自由党に在籍していた1999年に小渕内閣の防衛政務次官に就任、「集団的自衛権は強姦(ごうかん)されている女を男が助ける原理だ」などと述べて日本の核武装を主張、更迭されたことがある。
 菅官房長官は17日夕の記者会見で、西村氏の発言について「非常に残念で論評に値しない」と述べた。
【以上、引用終わり】
by eric-blog | 2013-05-22 09:19 | ◇ブログ&プロフィール
<< 人権研修 2.5時間 記録「や... 国際理解教育と橋下発言 >>