DEA News 16号、2005年2月

76-4(354) DEA News 16号、2005年2月
Development Education Association, UK

【ニュース】
DEAがコミッションfor Africa、CfAのプロジェクトを委託され、「UKにおける学校お
よび若い世代に対してCfAで討議された事項について啓発する」ための開発教育推進
を行うことになった。入札の締めきりは2月23日。金額は最大でも£12000

Make Poverty History
2005年1月にスタート。190を越えるUKの団体が参加。www.bond.org.uk

3月17日にペスタロッチ国際村で、ESDのコースが開催される。中等教育におけるエネ
ルギー教育に焦点。その他のコースあり。Educating for Sustainability, Educaton
with the Eco Footprintなど。www.cat.org.uk.

【出版物・書籍】

UN Decade of ESD 2005-2015 http://masl/to?Q17C22BC9
UK Government www.sustianable-development.gov.uk

Evaluation in education for SD, Council for Environmental Educaton CEE,
 white@cee.org.uk, 無料, www.cee.org.ukよりダウンロード可

The Way Ahead?, www.sustainabilitysouthwest.org.uk "free publication"よりダ
ウンロード可
Rethink, Refuse, Reduce £15  www.field-studies-council.org

World Disaster Report 2004 £17.95郵送/www.ifrc.orgよりダウンロード可

State of the World's Cities 2004/2005   $39 郵
送www.unhabitat.org/mediacentre/sowckit.asp よりダウンロード可

World Conservation Booksより  www.iucn.org/bookstore/
International debate on education for sustainable development, £9
Responding to the Global Challenge, £14

Engaging People in Sustainability 40pp/£8 近刊

同時に送られて来た紀要は特集「開発教育における価値」
The Development Education Journal, vol.11.2 feburary 2005
Values in DE

池田大作さん(創価学会)の論文が収録されている。Thoughts on education for
sustainable development: toward a life of value-creation

Human rights education: the process towards understanding and action on
global and development issues, Colm O Cuanachain
など特集記事8本

討議
Concepts, pathways and agendas of 'global citizenship' as intepreted beyond
the academy, Hans Shattle 34-35

結構基本的な視点をまとめている。池田大作さんをガルトゥングさんが「調停者」と
言ったのがわかるような気がする。仏教といいながら、どこかバタくさいというやつ
ですね。



-----------------------------------------
ERIC 2004-2009年 鍵となる方針

1. 持続可能性のための指導者育成を充実、拡大する。
2. 指導者育成のための制度や方法論について社会的提言を行う。
3. 持続可能性のために、紛争解決、和解などの平和的問題解決の方法を探る。(04
年度)
3. 市民性教育の追究(05年度)
-----------------------------------------
[PR]
by eric-blog | 2005-02-17 09:24 | ■週5プロジェクト04 | Comments(2)
Commented by eric-blog at 2005-02-17 09:51
ERICのメルマガもブログに乗せようと思っていて、忘れてしまいます。どっちがいいですかね。
Commented by ルイヴィトン 店舗 at 2013-05-14 03:07 x
それはするのが最善です 参加する |おそらく最大|最新鋭のライン|最も最高の一つのためのコンテストでウェブ上で最高のブログの中で |最高の間|効果的。 私がしますこのサイト ! ルイヴィトン 店舗 http://www.artofdrkara.com/lv.html
<< オニババ化する女たち 悪魔に仕える牧師-なぜ科学は... >>