地理教育におけるフィールドワークとPRAによるフィールドワーク

2月5日オープンハウス
テーマ「地理教育におけるフィールドワークとPRAによるフィールドワーク」

ERIC事務局の所在する滝野川周辺(石神井川を下り、王子方面、飛鳥山公園まで)について、地理教育
の手法とERICの参加型手法であるPRAの手法、両面の地域調査を通し、地域の観察を行います。
まずは明治時代の地形図からERIC事務局周辺がどのような地域であったかを確認後、現在どのような変化
が見られるのか、フィールドワークを行いながら情報収集をし、各自が持ち帰った情報をもとにルートマップを
作成するといった活動を通して、地域への理解を深めて行きたいと思います。
社会科教育に携わっている先生方、ERICの参加型手法に興味のある方、奮ってご参加下さい。

◎と き:2月5日(土)14時〜17時
◎ところ:ERIC国際理解教育センター
   ・東京都北区滝野川1-93-5 コスモ西巣鴨105
   ・都営三田線西巣鴨駅下車、A2出口より角を右に曲がり150m。
   ・地図こちらから→ http://www.try-net.or.jp/~eric-net/
◎内 容:ERIC事務局の所在する滝野川周辺の地域調査とフィールドワーク
◎入場料:500円
◎対象:(興味関心のある方はどなたでもご参加いただけます)
[PR]
by eric-blog | 2005-02-01 11:26 | △研修その他案内 | Comments(0)
<< 「沖縄講座フィードバックギャラ... アングロサクソンは人間を不幸にする >>