人気ブログランキング |

問題な日本語

71-5(325) 問題な日本語
北原保雄、大修館、2004

これは、いままでの「日本語を憂う」的出版物が取り上げてきたものより、より「流行語」についての解説のように読めてしまうのはわたしが高齢化したからでしょうか。このような語法が限られた人々の間で、限られた場面で、それとわかって使っているものだと考えていたのに、いつのまにやらわたしは浮世離れ、下界ではどんな場面でも使われるようになっているのでしょうか。
協力していただいたのが、高等学校の先生方であるところから、若者言葉が多いか。

目次から、こんなチェックリストを作りました。やってみてください。

知らない× 聞いたことがある○ 「耳障り」がいい・使っていい◎ 耳障りが悪い・やめてほしい●

・おビールお持ちしました。
・こちら--になります。
・全然いい
・よろしかったでしょうか。
・っていうか。
・知らなさそうだ
・すごいおいしい
・コーヒーのほうお持ちしました
・やむおえない
・私って...じゃないですか
・なので
・理由は特にないです
・みたいな
・台風が上陸する可能性があります
・真っ茶
・いただいてください
・メイル/メール
・なにげに
・とんでもありません
・きもい・きしょい・うざい
・こんにちわ/こんにちは
・事/こと
・お連れ様がお待ちになっております
・二個上の先輩
・話し/話
・いう/ゆう
・これってどうよ
・ふいんき/ふんいき
・違った・違くて
・お連絡/ご連絡
・耳ざわりのよい音楽
・猫に餌をあげる
・昔、その公園で遊んだときがある
・おざなり/なおざり
・わたし的にはOKです。

たぶん、流行作家の表現が影響している部分も多いね。でもわたしは使わないけど、たいていオッケーです。もっと気になる表現が、店頭にはある。「よろしかったでしょうか」と「こちら  になります」はあっという間にマニュアルのトップになったね。そのあたりの方を知りたいな。実はこの本はわたしのつれ愛が買ってきたもの。次に期待しています。

「お連絡」には×をつけたあなた、解説を読んで我が意を得たり、とはたと膝をたたかれると思います。なぜならば、基本的なルールは漢語は「ご」で大和言葉は「お」だからです。さてそこからです。わたしがショックを受けたのは、お葬式ですね。「ごゆっくり」「お時間」なんてのは、ね、いろいろ言えるけど。

木野さんの日本語関連オープンハウスで、アクティビティにしてしまいましょうね。

最後まで読んでも「問題な日本語」の問題は何かが解題されていないといういじわるな本である。
by eric-blog | 2005-01-14 10:28 | ■週5プロジェクト04
<< ニッポン 虹の解体 >>