人気ブログランキング |

女たちの21世紀 no.98 2019年6月

女たちの21世紀 no.98 20196

特集 フェミニズムとトランス排除

3331冊目


お茶の水大学が「トランス女性」の受け入れを決めた。そのことに対して差別的な発言が、自称フェミニストの間から出ている。そのことに対する批判を特集したもの。


「女装男性」との区別がつかない、性暴力が心配など、トランス当事者を傷つけるような内容での反対論は、果たしてフェミニズムというマイノリティの権利のための戦いの中から出るような言説だろうか?


レズビアン・コミュニティの方は、「果たして、こういう議論をしている人は、身近に当事者を知っているのだろうか」と問う。当事者の生きづらさを知っていたら、少なくとも「排除」的なことは言えないはずだと。


女子大学のあり方について、米国のセブン・シスターズの例を紹介している高橋裕子さんの論文はわかりやすい。

「女性が歴史的に高等教育から排除されるカテゴリーであったからこそ、排除され周縁化された女性たちに教育の機会を提供する」35

創立の理念を思い起こすと、「トランスインクルーシブ」という方針は、女子大学としてのミッションのアップデートである」という。かっこいい!


クィアの人々の生きづらさは、二元論的な性差別社会の中での、わたしたちの生きづらさと繋がっている。



# by eric-blog | 2019-06-17 16:33 | □週5プロジェクト2019

作兵衛さんと日本を掘る

作兵衛さんと日本を掘る

熊谷洋子監督、ポレポレ座、20196815:30から、上映後トークwithジャン・ユンカーマン監督

https://www.sakubeisan.com

3330冊目


この映画を撮るのに、7年かかったという。被差別の人たちについて表現しようとするときの難しさがあると、熊谷さんはトークでいう。五年間通って初めて、「筑豊」というだけで差別されるのではないかという恐れから、いうことができなかったという体験を語ってくれた人がいた。


筑豊というと土門拳さんの「筑豊のこどもたち」が有名だが、彼は数週間の滞在であの写真集を出したという。その結果、貧しい、遅れた筑豊という表面的な表現に止まってしまっているのだと。本橋成一さんの「在り処」写真集は50年以上も撮り続けた写真の大規模展示会であり、写真集だ。

「社会の基底にある人間の営みの豊かさを映し出してきた」と写真展は言う。


山本作兵衛さんの表現もそうなのだという。そこに「誇り」がある。哀れなだけではない。

2000点もの作品を書き続けた作兵衛さん。同じような図柄も多い。初めて作兵衛さんの絵を見た女炭鉱士の方が、笑い出したという。「あんな地底の暑いところで、こんな上品に服なんか着ていられるものか」と。それを聞いてから作兵衛さんは、上半身裸の女性を描くようになったという。


ユンカーマンさんは英語版を製作してくれたという。アメリカの炭鉱で働く人たちは移民が多い。United Mine Workers(UMW)は戦前からあった戦闘的な労働組合の一つだ。1960-70年代は山を削る露天掘りの炭鉱が中心になった。それが90年代には新たな環境問題として問題になった。

イギリスの音楽がルーツのBlue Grass音楽など、労働歌も多い。Coal Miners' Daughterであったこれトランセ・リンはその差別を逆転した。炭鉱の絵としては、1930年代に労働運動の中で、絵を学ぶということがあり、正統派の絵を炭鉱夫らが買いている。Pittman Painters美術館もある。しかし、彼らの絵は作兵衛さんの絵と全然違う。


作兵衛さんの絵は下手で、稚拙だ。しかし、そこには真実が溢れている。


29歳の時に作兵衛さんの絵に出会った菊畑茂久馬(もくま)さんは、それから20年間、自分自身の絵を書くことができなかったという。彼は作兵衛さんの絵の価値を知り、世に送り出した人だ。その絵に打たれて、絵を描くということを思い知らされたという。


作兵衛さんの絵は、その絵の価値としてだけではなく、人類の記憶として記憶遺産としてユネスコに登録されている。日本の近代産業遺産として軍艦島などが登録されたとき、筑豊も候補に挙がっていた。しかし、「石炭の記憶」は企業によって潰されていた。モノがない。そのために、作兵衛さんの絵が「記憶遺産」として登録されたのだという。2010年、田川市と福岡県立大学が推薦した頃、世界記憶遺産は日本で知られておらず、比較的自由度が高かったという。2011525日登録。


「国宝などではない民宝だ」と上野朱(あかし)さんは言う。


作兵衛さん。18921984

https://ericweblog.exblog.jp/19937720/


なんとも言えない、おかしみのある絵である。


上野英信さんの本とともに味わうべし。

https://ericweblog.exblog.jp/239303622/



# by eric-blog | 2019-06-14 13:07 | □週5プロジェクト2019

マイクロカプセル香害 柔軟剤・消臭剤による痛みと哀しみ

マイクロカプセル香害 柔軟剤・消臭剤による痛みと哀しみ

古庄弘枝、ジャパンマシニスト社、2019

3329冊目


「あらかい」についての本を書いている著者による香害問題追求本。

プラスチック公害にしてもそうだが、どこやら「イタチごっこ」感が拭えない。

問題は開発と販売戦略の両輪でやってくる。それが大きな産業だからだ。

化学物質製品と広告業界の親和性は高い。何と言っても商品の原価の9割が広告費などと言われるぐらいなのだから。原材料費なんて、微々たるものなのだ。値段のほとんどは開発費用と広告費。


PETボトル問題なんて、開発された最初から「古紙ネット」はじめ消費者連盟なども指摘していた。それが「ワンウェイ」の使い捨てではなくリサイクルできるからいいのだとか理由をつけて、500mlボトルが実用化したら、その後は1l, 2l, 3lなどなど、広がった。もちろん、リサイクルの優等生ではあるのだが、それでもプラスチック海洋汚染源の一つではないと到底言えない。


新たな開発がやまない限り、イタチごっこは続く。どんな開発競争なのか?


化学物質の場合も、大元は「石油」だ。PETも同じ。私たちが石油依存のエネルギー消費をしている限り、副産物の活用を探る道は止まらないのではないか。


「あとがき」に著者は言う。すでに発症してしまった人にも「大丈夫です」と。発症した人たちは、私たちの社会が正しい方向に進むための希望の光なのだと。


マイクロカプセルはにおい成分が長続きするようにと開発された。香り成分が洗濯した後も、着用中も、一日中続く仕掛けだ。誰が考えたんだ? そんなニーズ? 12週間続く「レノアハピネス アロマジェル」ってどんなニーズから開発されたのだろうか? 117


ニーズは掘り起こされた。「ファブする」ことは、山仕事ボランティアの現場では「当たり前」になっている。ヘルメットに着く「汗」の腐敗臭、剣道着とか柔道着などについているあのにおいだ。それをファブリーズはあっという間に消してしまう。汗がついた「汚いまま」でもにおいはなくなる。だって、ヘルメットなんて、毎回洗えないっしょ?


消臭剤のメカニズムは、1. 他の匂いで置き換える 2. におい物質を変質させる

3. より大きな物質の中に取り込む、くっつけることで臭わなくさせるなどである。


問題は、マイクロカプセルという香料を閉じ込めている物質にもある。イソシアネートという物質が壁材に含まれている。猛毒物質。157


著者は、この業界はどんどんと製造方法や含有物質を変えていくという。問題になる、あるいはなりそうな場合には、次の手立てを講じているのだ。「すでにこの原稿が書かれている段階で、ポリウレタン樹脂を使わずに作られている可能性もある」126


化学物質過敏とはどのように起こるのか? 他の人にとっては問題のないにおい物質が、ある人々にとっては頭痛など様々な身体症状の引き金になる?

香料に使われている化学物質に4000種もの有毒物質が含まれているというが、全ての人が発症するわけではない。そのメカニズムは「風呂桶理論」とか、閾値とかで説明されている。が、メカニズムは分かっていない。一度、発症すると、防衛反応や予期不安などで、次々と引き金になるものが増えていく。112


花粉症やアレルギーも同様だ。症状の出る人とでない人がいる。文明の利器である「自動車」も、年間6000人もの人が死ぬ。化学物質という文明の利便性は、何人ほどの受忍限度を超えたら、もっと大きな社会問題として認識されるようになるのだろうか?



# by eric-blog | 2019-06-13 15:55 | □週5プロジェクト2019

アメリカの大学の豊かさと強さのメカニズム 基本財産(Endowment)の歴史、運用と教育へのインパクト

アメリカの大学の豊かさと強さのメカニズム 基本財産(Endowment)の歴史、運用と教育へのインパクト

長野公則、東信堂、2019

3328冊目


Endowmentというのは「学校などに対して収入として寄付されるもの」と定義されているが、古くは「教会の財産は神聖なる神のエンダウメントである」という1597年の用例の記録があるという。43


「与えられ、神によって認められたもの」というようなニュアンスがendowにはあるだろう。


いま、企業が短期的な収益を上げることに血道を上げているのに対して、「大学」というような教育機関も、巻き込まれている感が、日本にはある。


■日本の国立大学をめぐるについて

1991年 大学設置基準の大綱化
1996年 東京大学教養学部再編・大学院重点化
一橋大学大学院言語社会研究科発足(学部化はされず)
2004年 国立大学の法人化(国立大学法人法)
2015年 国立大学法人法改正(「ガバナンス」の強調、教授会の議決権剥奪)
2015年6月 文部科学大臣通知「国立大学法人等の組織及び業務全般の見直しについて」(文系取り潰し?)


https://gendai.ismedia.jp/articles/-/65088

河野真太郎さんについて。元銀行家?

https://gendai.ismedia.jp/list/author/shintarokono


著者は1990年のHansmannの論文が紹介している五つの論点について検討している。


(1) 世代間の公平 Intergenerational Equity

「現在の請求に対する未来のための守護神」


(2)寄付金の不安定性に対する仕組み (Lumpy Funding)


(3) 寄付に対する税務上のインセンティブ (Tax Incentives for Current Giving)

大学は非課税者であるため、有利。また、連邦および州の税制度は、所得控除などの制度を持っている。


(4) 流動性の維持 (Maintaining Liquidity)


(5) 長期の安全確保 (Long Term Secutiry)


1821年設立のアマースト・カレッジの事例で紹介されているが、設立時に二つの組織が設立された。一つはアマースト・カレッジ、そしてもう一つは基本財産の管理組織である。69

基本財産の管理に当たる法人は、カレッジ設立の三年ほど前に設立され、寄付集めの活動を始めた。

基本財産の投資から得られた収入の5/6は学生の奨学金としてカレッジに支払われた。1/6は基本財産の元本に加えられた。70


1972年にUMIFA(Uniform Management of Institutional Fund Act)によって、金利収入や配当収入以上の活用が認められるようになった。84


ニューヨーク公共図書館でも感じたが、理事の役割って大きいよね。


研究大学においては、教員の質と学生の質の両方を高くすることが重要であり、そのために大学独自の「奨学金」は大きな意味がある。


教育とは「人」なのだなあ。


そして「人」とは理念を実現していく熱意なのだ。


ドイツやフランスの大学は国家施設型であり、イギリスの有産カレッジでも基本財産からの収入は5%以下程度4


アメリカの大学の特異性を探求したのがこの本。


アメリカの強さは、「意思」の強さだなあ。全員が高い志を持っているなどと幻想を振りまくつもりはないが、「理念」を追求する「意思」の表明と行動が認められていることは事実だろう。


改革は「内から」行われなければ、形式主義に陥っていく。日本の国立大学は低体温体質化している。それは日本においては、小学生からそうなのだ。



# by eric-blog | 2019-06-10 16:02 | □週5プロジェクト2019

追われゆく坑夫たち

追われゆく坑夫たち

上野英信、岩波書店、1994

3327冊目


「地底の魂」鎌田慧解説、単行本1960

「上野英信の仕事は、この国の原点ともいえる地底の闇から、最も弱い、しかし、もっとも気高い人間たちの魂を伝えた歌だったからこそ、今なお、消費文明に汚染された社会に深く突き刺さっているのである。」233


本文に、著者自身が、なぜこんなに彼らのことばかり書くのだろうかとひとりごちている。


その人となりを知るには上野朱(あかし)さんの『蕨の家』が良い。一本気で労働者階級として生きる矜持が小気味良いくらいだ。家族にとっては迷惑な「階級論争」であったろうが、こんな風に描かれている。


「女房の言動を自分の価値観に照らして気に入らぬとき、父はよく「きみはプチブルだ」と罵った。文章の中では極力そういう言葉を避け、いわゆる既製の労働運動用語にもたれかかることを嫌った父だったが、夫婦喧嘩となると「プチブル」「階級」「反動」などといった言葉が続々飛び出してくる。喧嘩は急がなければならない。きっと投げつける言葉を推敲している時間がないのだろう。」79


そこでお母さんは、原始共産制まで歴史を遡り、勝利するらしい。


1964年に設立された「筑豊文庫」。1996年にその看板を下ろすことになる。

その設立の宣言文はこうだ。


「筑豊が暗黒と汚辱の廃墟として滅びることを拒み、未来の真に人間的なるものの光明と英智の火種であることを欲する人びとによって創立されたこの筑豊文庫を足場として、われわれは炭鉱労働者の自立と解放のためにすべてをささげて闘うことをここに宣言する。」はじめに1 より


英信、1987年、母晴子1997年没。22歳で広島で被曝した英信さんは、原爆症。86日から15日をずっと生きていたのだと。骨身にしみて戦争の惨禍を味わい、「せんそうにならないかなあ」「戦闘機がかっこいい」などという子供のたわごとに、心底怒ることのできた世代。83


いまも、父から叱られている気がしている朱さんだが、わたしと同年代である。小学校二年生から、高校卒業まで、筑豊文庫に出入りする人びとと両親を見続けた人。


さて、著者についてばかり紹介したが、本編は、炭鉱の重層構造の中の、もっとも下層にある中小炭鉱、下請け炭鉱の失業者にも切り込む。そこには大きな炭鉱の住宅にあったような明るさはない。貧乏だけがある。しかし、彼らは「職をよこせ」「食をよこせ」とは叫ばないのだという。


「下請炭鉱の労働者が親会社の浴場や共同水道を使用することを嫌ってその使用を会社に禁止させるのは、いつもきまって親会社の労働組合や主婦会なのだ」178


炭鉱労働で負傷した著者を背負って坑道を上がった朋輩は、人間扱いしようとしない職制たちや会社に対抗して、自分たち自身を人間扱いすることこそが、自分たちの人間たる所以であることを、生きてみせるのだ。



# by eric-blog | 2019-06-08 12:31 | □週5プロジェクト2019

アメリカのろう者の歴史 写真でみる<ろうコミュニティ>の200年

アメリカのろう者の歴史 写真でみる<ろうコミュニティ>200

ダグラス・C. ベイントン、ジャック・R. ギャノン、ジーン・リンドキスト・バーギー、明石書店、2014

3326冊目



2001年に開催された展覧会「ろう者の目から」という歴史についての展示から多くのアイデアをとって、この本は編まれている。


グラハム・ベルと言えば、電話の発明者として有名だが、彼の母親もまたろう者であった。しかし、彼は「口話教育」の推進者として、ろう者自信が手話で会話すること、ろう者のためのクラブや社交の場を独立して作り、交わることを徹底的に批判した。それは、南北戦争後のアメリカという社会の一体感のために、独自の文化によって隔たりが生まれることを嫌う風潮とも重なっていた。


1960年代になって初めて「手話」が独自の言語であることが表明されるようになり、その独自の言語の習得を妨げられたろうの子供の発達は遅れることも証明されるようになった。


その後、ろう者のための大学、ギャローデッド大学の学長に「ろう」の学長が生まれるのは、1988年にもなってからのことである。124年の歴史の中で、6人の学長全員が健聴者であった。


またしても理事会は聴者の学長を選んだが、運動の力で第8代学長にI. キング・ジョーダンが選ばれた。


1990年、アメリカ障害者法、1991年全米ろう協会の声明(2000年に再度)139

子どもの言語能力の発達を保証すること。と。


まだまだ歴史が浅いのが聴覚障害者の言語能力保証なんだなあ。



# by eric-blog | 2019-06-05 16:37 | □週5プロジェクト2019

ストロング・メディスン

アーサー・ヘイリーのこの本が出たのは1988年。新薬の開発に多大な資金が必要な製薬会社が、許認可官庁と繰り広げる綱引き、競合他社との競争など、熾烈な内幕を暴露したもの。

いまさら、だと思う。一方で、日本国内の製薬会社だけを考えていては解決がつかない問題であることは、ヘイリーの本を待つまでもないだろう。

a0036168_08375566.jpg

# by eric-blog | 2019-06-05 08:38 | □週5プロジェクト2019

食の社会史 兵食からチェーンレストランへ

食の社会史 兵食からチェーンレストランへ

茂木信太郎、創成社、2019

3325冊目


GHQの駐留軍のための糧食を提供するために提示されたガイドラインが、日本の食料品提供業界を変えた!

戦後の混乱下で下肥は熟成が不十分で、寄生虫や大腸菌などの食品汚染に繋がっていた。下肥そのものは悪いものではないのだが、その経験のないGHQの判断で禁止された。


また、「国民食」の標準化に兵役体験が果たした役割は大きいという。貧しい東北地方から兵役についた彼らは、軍隊食の体験を故郷に持ち帰る。16


『軍隊調理法』という本に示されている献立はそのまま「日本的平均おふくろの味」だと、山本七平氏は指摘したという。15


わたしはNHKの「きょうの料理」が、洋食を取り入れた戦後の食卓の標準化を進めたと思っていたが、その前の伝統的な食卓のルーツは軍隊だったんだ!


富国強兵 殖産興業 という近代国家の二つの目標。3


外食産業の「集団食」の発展に光を当てたのがこの本である。


森鴎外は、軍医であったのだが、彼は軍隊の健康衛生担当として、食についても大きな貢献をした人なのだそうだ。森林太郎として「日本兵食論」によって、日本食擁護もしたという。28


明治の開国の副産物として、日本にもコレラやペストの流行があったんだなあ。

文明開化に伴うコレラ、赤痢、腸チフス、ジフテリア、疱瘡、発疹チフスなど。


ペスト菌を発見したのは北里柴三郎。その頃、日本ではネズミを何百万と駆除していた。9


明治22年に国民皆兵が完成した時、適齢者36万人のうち、兵営に送られた人数は5.2%! 58.6%は疾病その他健康上何らかの理由で生涯兵役免除となっている。8


徴兵制の足元は国民の健康であったということだ。


工場労働の大規模化も「集団食」の発展を求めた。

富岡製糸場の給食、寄宿舎食堂など、近代的な制度は集団食と切り離せない。53


戦後、GHQに食料を供給するにも、彼我の考え方や習慣の違いから新たなシステムが必要とされた。

そして、学校給食の時代へ。

冷蔵庫の普及から、「コールド・チェーン」の完成まで。


1970年代の外食産業。マクドナルド、ケンタッキー、ミスタードーナツ、デニーズなど。


集団食としての外食で魚が扱われるようになるには、冷凍技術、マイナス17.8(華氏0)の実現が不可欠であった。そういう意味では、日本が水産大国であったことが、冷凍技術の全国展開には有利だったのかも?


缶詰・瓶詰に、水産物が向きにくいことも、冷凍技術の受け入れと開発に拍車をかけた。


食と社会。切っても切れない関係にあるんだなあ。


昨今のグルメブームも、黒字大国という国際批判に対する食料輸入超大国というコンセンサスの結果なのだから。17




# by eric-blog | 2019-06-03 16:07 | □週5プロジェクト2019

GPWU第6回 学生アクティビティ(1)

GPWU6

2019530


学生アクティビティ(1)


■記録

1. アクティビティ実践の準備  10


2. アクティビティ実践 各グループ15分 ふりかえり

  • λコミュニティとわたし
  • λ対立と向き合う
  • λ受け入れる樹


3. ふりかえり



■次回実施アクティビティ 資料

  • λ支配するコミュニケーション

# by eric-blog | 2019-06-02 08:58 | □研修プログラム

国家機密と良心 私はなぜペンタゴン情報を暴露したか

国家機密と良心 私はなぜペンタゴン情報を暴露したか

ダニエル・エルスバーグ、岩波ブックレット、2019

3324冊目


「ウソはもう嫌だ!

http://www.news-pj.net/event/77686

東京新聞の望月衣塑子さん、吉岡忍さん、鹿島健さんのお話。


7000ページものペンタゴン・ペーパーをリークした政府高官。


14歳の時、原子爆弾が広島長崎に落とされた。13歳の社会科の授業でこれから開発されうる科学技術とその結果についての授業で予測した、まさしくそのことが起こっていた。


そして、1950年、彼の父親も同様に水爆制作のための工場建設に関わることを拒否して会社を辞めていた。そのことを彼は、1978年に89歳になっていた父親から聞かされる。


そして、彼の息子は、エルズバーグさんがリークした時には14歳。そして、成人した時、徴兵に対して兵役拒否をする。


家族のルーツにあるものなのだろうか。


最近の巨大リークは

・税金や企業について

・国家の個人情報監視


軍事機密のリークは、さすがにもうないのか。


■パナマ文書をジャーナリストたちによる協力で世界一斉配布した物語。TED

https://www.ted.com/talks/gerard_ryle_how_the_panama_papers_journalists_broke_the_biggest_leak_in_history#t-776121


■世界の権力者が寵愛した銀行  タックスヘイブンの秘密を曝露した行員の告白

https://ericweblog.exblog.jp/22904747/


■タックスヘイブンの闇 世界の富は盗まれている!
ニコラス・シャクソン、朝日新聞社出版、2012

https://ericweblog.exblog.jp/18119769/


暴露 スノーデンが私に託したファイル
グレン・グリーンウッド、新潮社、2014

https://ericweblog.exblog.jp/22959070/




# by eric-blog | 2019-05-28 16:36 | □週5プロジェクト2019