人気ブログランキング |

かがみの孤城

かがみの孤城

辻村深月、ポプラ社、2017

3375冊目


もちろん、待った! 予約人数はんぱなく待ちました。夏休みに間に合ってよかった。スクールものはやっぱり夏休みに読みたいよね。


そう、スクールもの。時空を超えて、出会う中学生たち。


出会い方と出会いの場は、「鏡よ鏡よ、鏡さん」。


学年も、不登校の理由も違う7人の男女が出会ったときから、互いに心を開き、仲間になっていく。


主人公の語り部以外の背景は物語がかなり進むまで明かされない。そして、一つずつが、衝撃的。


ここはパラレルワールドなのではないかと、手探り状態の彼らは思う。


最終章で明かされる謎まで、次々と語りあげられる物語が面白い。

二晩で読んでしまった。眠いのに。


とても不可解なのは、徒党を組んで人の家に押しかけたり、自分の要求を通そうとしたり、を個人に対して行っても、全く恥ない、悪びれない人の存在だ。よしんばそんなことがあるとして、そこからくる恐怖心の底ぶかさにも驚かされる。そこに果たす「制服」の存在の大きさを思うと、「いじめ」問題の悪化には、少なからず「制服」が一役買っているのではないかとすら思う。


・集団圧力を強める

・「個」が「全体」に埋没するので、「個」が「全体」の圧力を、常に持ち得る。

・表象性が高いので、「制服」が登場する様々な場面への連想が生まれる。


とはいえ、ある表象をすべての個人に塗りつける性向も如何なものかと、わたしはきしょいけど。男はみんな、とかと同じでしょ。


とはいえ、恐怖心を繊細に描き出しているのはすごい。知らないこと、知らない世界のことだから。


アニメ化されたものを見たいような、見たくないような。画像的な、特にアニメ化された画像へのスライドが、一シーン1シーン、簡単に書き割りできそうな文章力だ。


うーん、見たいか、見たくないか。見たいか、見たくないか。


『天気の子』と言い、アニメだからこその描写力が、新しい物語の世界を紡ぎ出しているという気がする。相乗効果、物語とアニメの共進化である。




# by eric-blog | 2019-08-23 15:26 | □週5プロジェクト2019

ESDfc ERIC主催研修 テーマ「人権」2019

ESDファシリテーターズ・カレッジ

テーマ「人権」


2019年9月28-29日 (土日)

a0036168_17112080.jpg
webでの申し込みはこちらから。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfCwrZxu0NEhmJINrbtxX7knhM_eqIX3Qahd--mdkvgyowGlw/viewform
a0036168_12245729.jpg


■よりよい人権教育の実践につなげるための二つの視点で点検する。


・新しい人権課題に応える

ESDとしてのよりよい質を目指す「価値観」と「コンピテンシー」


I. ERIC人権二部作のプログラムを、新しい課題に応用する。

『いっしょに考えて!人権』『いっしょにすすめよう! 人権』参照


Part 1 人権としての教育  Education as Human Rights

1.人権としての教育

2.厳しい状況にある人々にこそ人権教育を

3.人間の尊厳を求めて 恐怖からの自由

4.人間の安全保障 欠乏からの自由

5.人権としての教育をより広い視点からとらえる


Part 2 人権について学ぶ Education about Human Rights

1.人間の求めるもの 人権

2.差別のある社会 意識化と脱学習

3.カテゴリーとランキング

4.思い切って言おう 反射的行動で指摘する

5.国ってなあに? 難民の受け入れ

6.女性・子どもに対する暴力

7.差別のある社会の全体的不利益


Part 3 人権を通して学び合う

1.肯定的な態度が未来を開く

2.セルフ・エスティームを育てる

3.アサーション・トレーニング 人権教育の視点から

4.これからのコミュニケーション

5.「聞く姿勢」を育てる

6.対立の扱い方


Part 4 人権のために学ぶ 人権尊重社会の諸課題

1.「遅れてきた定着民」と貧困の悪循環

2.子どもの権利とわたしたちの責任

3.女性問題から男女共同参画へ

4.高齢者の人権を考える

5.ゼロ・トレランス・ポリシー  コミュニティの課題解決

6.めざせ、満点 アドボカシー社会

7.人権尊重社会推進の課題

8.人権教育のこれから 未来のための教育を目指して


II. ESDの二つの視点「価値観」と「コンピテンシー」

『いっしょにESD』参照


ESDteachusALL

ESDをよりよい教育実践の点検の視点に


前期 3つのテーマから課題に気づき

国際理解   2019629-30

環境 2019727-28

人権 2019928-29

後期 3つのキー・コンピテンシーで問題解決に迫る

わたし 20191026-27

あなた 20191123-24

みんな 2020125-26

TEST教育力向上講座は20203月末開催予定です。
a0036168_13322699.jpg
a0036168_13343426.jpg

# by eric-blog | 2019-08-20 16:15 | ☆よりよい質の教育へBQOE

誇りを持って未来へ  ~ろうあ者の権利保障と手話の言語的認知を求めて60年~

誇りを持って未来へ  ~ろうあ者の権利保障と手話の言語的認知を求めて60~

財団法人全日本ろうあ連盟、2007、第32012

3374冊目



戦後、ろう者の権利を求めて戦ってきた運動の成果として以下のものがある。

・民法11条改正 1979年、準禁治産者という明治の旧民法改正

・道路交通法88条 1973年通達、2002年法改正、2008年運転免許「聴覚障害者」マークとワイドミラーで可能になる。

・情報保障

・差別撤廃、2001年障害者を特定した絶対的欠格条項の撤廃。

・職域の拡大へ


2006年の学校教育法の一部改正で「特別支援教育」へ。ろう学校の毛歴史に幕か? p.19-20


サラマンカ宣言による統合教育の推進。しかし、聴覚障害児者のコミュニケーションの特性を考えたとき、統合教育がベストなのだろうか?


ろう学校で手話を認めるようになったとは言え、手話による教育はまだまだ研究の端緒についたばかりなのだ。


いま、手話通訳者養成講座を受講している仲間に、娘さんがろう者であるという方がいる。その方の手話は、殊更に「てにをは」を強調されていて、娘さんに対して日本語の文法に慣れ親しめるように配慮されているのだなあとバイリンガルを育てることの難しさを感じている。


つまり、日本手話で育つと日本語がおかしくなり、日本語対応手話にこだわると日本手話がおかしくなる。言語の習得は個人個人による能力の違いも大きい。『にぎやかな外国語の世界』の著者のように、好きで学び続けられる人もいれば、言語やコミュニケーションそのものが苦手という人もいるだろう。


在日韓国人のアイデンティティの揺れと同じような問題も起こるのだろうな。


500円。お値打ちの本ではないだろうか?



# by eric-blog | 2019-08-20 16:01 | □週5プロジェクト2019

にぎやかな外国語の世界 地球のカタチ

にぎやかな外国語の世界 地球のカタチ

黒田龍之助、白水社、2007

3373冊目


「地球のカタチ」シリーズ。

外国語が大好きで、外国語の教師になってしまった。


白水社は語学関係の出版が多いのだけれど、このシリーズは異色。

世界遺産や「美しい」、カレンダーなどの切り口で世界を読みといている。


言葉の世界は「かたち」「ひびき」「かず」「なまえ」「いろいろ」


言葉、という書かれた文字をまず観察する。何が見えるか。


そこから考える。


へえー、面白いねぇ。こんな風に違うんだ!


数の数え方。もちろん日本語は助数詞の使い方が難しいのだが、単数、複数にこだわる英語の学習も結構難しいよね。と思っていたら「両数」という二つを数える数え方が単数とも複数とも異なっている。

考えてみると、「2セント」硬貨とか、クォーターとか、日本の通貨の10進法からみると、不思議なシステムはあるものだ。


フランス語の数の数え方は、不思議。


国の名前とその国で話されている言語の名前は同じ?

ハングル文字は「韓」「字」だから、ハングルというだけでいいんだけど、韓国語を表音するのに作られた。


南米にスペイン語を話す国が多いのは植民地支配の歴史があるから。


言葉一つからでも「地球のカタチ」が見えてくる。



# by eric-blog | 2019-08-20 11:52 | □週5プロジェクト2019

ERICnext 千石 i テラス


ERICの前身であるアイデア・ハウスの略称として「iハウス」の時代から30年以上が経ちました。マンションの一室から始まり、田端高台通りの9坪の事務所へ、そして東田端時代を経て滝野川時代。2019年2月から文京区に移りました。

「在勤」というのは便利なもので、様々な行政サービスが受けられます。こんなに区によって文化的社会的活動の広がりが違うのかと驚くほど、文京区は恵まれています。無料の講演会、映画会が公共施設で提供されているのに加え、この辺りは出版社も多く、出版人の方々が行う活動もたくさんあります。

きっと、他の区や町でも、様々な活動があるところは多いでしょうから、一概には言えないかもしれませんが、いやあ、越して来てよかった!

ERICの事務所は二軒続きの「テラスハウス」。愛称を初心に戻って「iテラス」としました。

iテラスの目指すもの
・ESDの学びのアイデアハウスであること。
・ESDの実践的にエコロジカルであること。
・様々な文明病のカナリアであること。

当初、目指していた「カナリアハウス」は、人が住んでいなかった時期が長かったせいかカビ臭が強く、断念。いま現在も「空気清浄機能付きエアコン」を稼働させる、重曹水での拭き掃除をこまめに行うなど、改善に努めています。また、化学物質、プラスチック製品などの購入・使用は極力控え、洗い物はアレッポの石鹸に限るなど、引き続き努力をしています。

化学物質過敏などの文明病は、「みんなの課題」としてあり続けるものです。できることを、できる限り、取り組みたいと思います。

初めての夏ですが、一軒家はやはり二階が暑い! 二階の和室、洋室ともに二箇所の窓があるのですが、カーテンやプチプチシートでかなり気温を下げることに成功しました!
a0036168_12405417.jpg
a0036168_12404208.jpg
洋室の大窓と小窓にカーテン。

a0036168_12401020.jpg
和室の小窓にはプチプチシート。

a0036168_12394312.jpg
和室の大窓にはカーテン。それぞれに気温が二度ほども下がりました!
a0036168_12393298.jpg
和室のカウチは昼寝に最高!

a0036168_12420382.jpg
アイデアの宝庫、ERIC出版物
a0036168_12414653.jpg
研修グッズ棚
a0036168_12412732.jpg
点検の視点棚
a0036168_12402505.jpg
厳選して持って来た本たち。
a0036168_12411159.jpg
過去プロジェクト。

三つの視点が学べる千石 i テラス。ぜひ、ご活用ください。
関係者の方々の宿泊、受け付けています。










# by eric-blog | 2019-08-19 13:19 | ◇ブログ&プロフィール

「欠陥だらけの子ども」と言われて 出生前診断と愛情の選択

「欠陥だらけの子ども」と言われて 出生前診断と愛情の選択

サンドラ・シュルツ、岩波書店、2019、原著2017

3372冊目


ダウン症であることが出生前診断で判明した子どもを出産した当人による手記。260ページ超。


障害を持って生まれるということに対して、どれほどの人が干渉してくるものか、どのような言葉をかけてくるものか、驚く。それだけ、「完璧」な生が求められているという圧力が蔓延していることを感じる。


著者がマルヤという娘さんを生んだのは、多分、ドイツで。アジアでも働いた経験があるジャーナリストではあるが。


葛藤と選択の物語。


a0036168_11232999.jpg


# by eric-blog | 2019-08-18 14:40 | □週5プロジェクト2019

新たなマイノリティの誕生 声を奪われた白人労働者たち

新たなマイノリティの誕生 声を奪われた白人労働者たち

ジャスティン・ゲスト、弘文堂、2019

3371冊目


孤独や孤立は、すでに時代のキーワードだ。


ミドルクラスの孤軍奮闘を描いたこの本。

https://ericweblog.exblog.jp/15658451/


そして、米国におけるコミュニティの崩壊。

https://ericweblog.exblog.jp/7459630/


そして、この本の著者は、白人労働者は「白人」というマジョリティであるがゆえに、マイノリティとしての属性を確立することや団結から遠いという。


それは、裕福な黒人層が、社会政治的には共和党の政策に親和性が高いにも関わらず、マイノリティ支援の政策に賛同する、ないし賛同していると見られているのと、対照的だ。


白人労働者の特徴を著者は次のようにまとめる。62

・社会経済的不平等を拡大させている経済的あ知力から影響を受ける。

・将来、社会階層間の移動がおそらく難しい子供達を育てている。

・福祉全般や政治的影響力を増大させる機会について悲観的である。

・選挙において彼らの指示や見解をあまり求めようとしない政党から影響を受けている。

・無秩序に広がる都市の周縁か、衰退しつつある工場街に居住している。

・このような社会的政治的状況の変革に無頓着か、そうでなければ反抗している。

・政治的変革や課題設定を行う能力に自信がない。

・それにもかかわらず多くの場合、再分配政策を支持しない。


つまり、「負け組」なのに、従来の負け組が「差別」や「マイノリティ」を盾に戦ったような生き方はしない人々ということか。


孤独なミドルクラスのように、労働者階級として団結するのではなく、「自分自身」の力で戦うという価値観を持ちながら、実は戦うための資源を「白人」という以上は持てていない。


実際、わたし自身、「労働者」が団結する、できるということに、すごく不思議さを感じていて、そういう意味でマルクス主義や資本論の社会的影響はすごいなと驚くのだ。だから、白人労働者が団結できないのはよくわかる。個人の問題だし、個人の努力だし、自己責任でしょ?みたいな方が、楽じゃないですか?


にも関わらず、長らく「労働者」は労働者というだけで団結できてきていた。マルクスすごい!


「安心社会から信頼社会へ」の変換が日本では難しく、キリスト教社会においてそれができていることの方が奇跡だと、山岸さんは指摘している。

https://ericweblog.exblog.jp/11411425/


同様に、マルクス主義は労働者の間に「信頼」を生み出していると言えるのではないだろうか。属性の類似という点では「安心社会」ですらある。


しかし、この本が示していることは、一旦信頼社会へ移行してしまった社会では、「安心社会」はできないということなのではないか。白人労働者たちは、地縁血縁コミュニティなどという自然発生的な「安心社会」からも、隔絶されているように見える。


それは、彼らが「安心社会」の靭帯を形成する論理に馴染めないからではないか。


などという疑問を「??????」たくさん持ちながら、一生懸命読んだのだが、著者の関心や論理の展開と、わたしの「?」はとてもかけ離れていたようで、疑問符は残されたままだ。山岸さんの本は翻訳されているのかしら?



a0036168_10253344.jpg
p288-289
a0036168_10254105.jpg
p.295



# by eric-blog | 2019-08-18 14:33 | □週5プロジェクト2019

ダンシング・ザ・ドリーム

ダンシング・ザ・ドリーム

マイケル・ジャクソン、ソニー・マガジンズ、1992

3370冊目


マイケルの歌はどれもこれも同じに聞こえるという音痴。音楽的弁別力皆無のわたし。本は読める! 森田さんの本に紹介されていた二冊の自伝。圧倒的に、こちらがいい! 人間関係や、誰がどうしたという話には興味が持てないので。


そして、感動した! やっぱり「表現者」で長年あり続けることができる人は違うなあと、思い知る。


生きるということ。子どもたちは生きたがっているということ。それは理屈ではないということ。


そのことを知っていた人、なんだなあ。


全部を紹介したいくらいの、センスの良さなのだが、ぜひ、手にとってほしい。



a0036168_11213008.jpg




# by eric-blog | 2019-08-15 11:23 | □週5プロジェクト2019

ゾフィー21歳 ヒトラーに抗した白いバラ

ゾフィー21歳 ヒトラーに抗した白いバラ

ヘルマン・フィンケ、草風館、新版2006年、原著1980

3369冊目


三人が処刑されたのは1943222日。奇しくもERICの引っ越し日だ。


五人兄弟姉妹の四人目として育ち、ミュンヘンの大学へ。バーデン=ヴュルテンベルク州ウルム市はアインシュタインの出身地でもある。


ナチス時代のドイツが、どれほど抑圧的だったか。ゲシュタポの逮捕、取り調べの過酷さは人々を萎縮させる。


そんな中で、ヒトラーの示すのとは異なる未来を信じて行動した若者たち。


218日の逮捕から処刑されるまでの時間の短さも、ナチスの異常さを示している。彼女たちをさばいたのはフライスラー。ヒトラーの裁判官と呼ばれ、治外法権的判決を出すことができた?


「白バラ」と銘打たれたビラを印刷、各地でばらまく活動を継続。


ビラは5番目まで作られ、慎重に配られた。


しかし、それまではやらなかった自分たちの通うミュンヘン大学でのバラマキに警備員が気づき、逮捕される。


映画『白バラの祈り ゾフィ・ショル 最期の日々』2005


21歳、純粋な若い女性のまっすぐな姿が、最期の日々に彼女と接した多くの人、裁く側ですらの人、の心に残り、それが物語として像を結び続けている。


白バラで検索したらこんなにも!

・抵抗者たち テイコウシャタチ 反ナチス運動の記録、池田浩士/著、新版2018

・正義の声は消えない 反ナチス・白バラ抵抗運動の学生たち、ラッセル・フリードマン、汐文社、2017.7

・ヒトラーの裁判官フライスラー、ヘルムート・オルトナー、白水社、2017.4

・白バラ 反ナチ抵抗運動の学生たち、関楠生、新装版、清水書院、2016.2

ヒトラーに抵抗した人々 ヒトラー テイコウ シタ ヒトビト
反ナチ市民の勇気とは何か

著者

對馬達雄/著 ツシマ,タツオ

出版者

東京 中央公論新社

出版年 出版年

2015.11

麗澤大学が出している『大学生のための道徳教科書』にも載っているみたいだ。


・「白バラ」尋問調書 シロバラ ジンモン チョウショ

『白バラの祈り』資料集

著者フレート・ブライナースドルファー/編 ブライナースドルファー,フレート

石田勇治/訳 イシダ,ユウジ

田中美由紀/訳 タナカ,ミユキ

出版者東京 未來社

出版年 出版年2007.8

・白バラの祈り シロバラ イノリ

ゾフィー・ショル、最期の日々

オリジナル・シナリオ

著者フレート・ブライナースドルファー/著 ブライナースドルファー,フレート

瀬川裕司/訳 セガワ,ユウジ

渡辺徳美/訳 ワタナベ,ナルミ

出版者東京 未來社

出版年 出版年2006.2

・ヒトラー暗殺計画と抵抗運動 ヒトラー アンサツ ケイカク テイコウ ウンドウ

著者山下公子/著 ヤマシタ,キミコ

出版者東京 講談社

出版年 出版年1997.4

タイトル白バラを生きる シロバラ イキル

ナチに抗った七人の生涯

著者M.C.シュナイダー/著 シュナイダー,M.C.

W.ズュース/著 ズュース,W.

浅見昇吾/訳 アサミ,ショウゴ

出版者東京 未知谷

出版年 出版年1995.8

・こちらが最初の出版か?

白バラが紅く散るとき シロバラ ガ アカク チル トキ

ヒトラーに抗したゾフィー21

著者フィンケ/[] フィンケ,ヘルマン

若林ひとみ/訳 ワカバヤシ,ヒトミ

出版者東京 講談社

出版年 出版年1986.8

タイトル白バラの声 シロバラ コエ

ショル兄妹の手紙

著者ハンス・ショル/著 ショル,ハンス

ソフィー・ショル/著 ショル,ゾフィー

インゲ・イェンス/編 イェンス,インゲ

山下公子/訳 ヤマシタ,キミコ

出版者東京 新曜社

出版年 出版年1985.10

・姉のインゲ・ショルさんによる著書はこちら。

白バラは散らず シロバラ チラズ

ドイツの良心ショル兄妹

著者インゲ・ショル/著 ショル,インゲ

内垣啓一/訳 ウチガキ,ケイイチ

改訳版

出版者東京 未來社

出版年 出版年1964.10



# by eric-blog | 2019-08-14 16:09 | □週5プロジェクト2019

We 2019年8/9月号

We 20198/9月号

3368冊目

Project Women 大藪順子さんの海女さんたちの写真がいい!

三重県志摩市の萌えキャラ、「碧志摩メグ」問題について考えるとき、この視点は面白い!

今、長崎県壱岐島の海女さんたちは平均年齢70歳、メグちゃんのような裸、露出とは程遠い重装備で潜る。しかも、いまや潜って取れる「商品」は減少の一途、いまさら海女になってもやってけないさと、彼女らは言う。

メグちゃんは、こっそりと非公認キャラクターとして復帰し、バスのラッピングにも使われた。

大藪さんは、アニメキャラが日本女性の自己肯定感を奪ってきたのではないかと問題提起する。

男性目線で考えられた女性像だけが露出され、現実を見ない姿勢と価値観では女性のエンパワメントは望めない。

慧眼である。


# by eric-blog | 2019-08-14 15:23 | □週5プロジェクト2019