<   2017年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

50歳を過ぎたら、身につけない方がいいもの・・・

http://www.vibrantnation.com/things-shouldnt-wear-50/#.WKu0anbgYWJ.facebook

「50歳を過ぎたら、身につけない方がいいもの・・・

なんてことを書いている記事なんて読む必要もないことぐらい、50を過ぎたらわかっているよね。他人が何を気にするかなんて、わたしの装いには関係ない。

でも、いくつかヒントはありそうだ。こんなもの、身に纏わないこと。

○ 世界の重荷
○ 羞恥心と後悔
○ バラ色の色眼鏡   ははは、いい加減に目覚めろよ
○ 何事にも動じないわよ、口元  感情を殺しすぎ
○ 多すぎる帽子   役割引き受け過ぎ
○ 普通にしている時に軽蔑的な顔になっている(RBF)

そうそう、マジでやめてほしいのは、季節のイベント向けの服かなあ。」


着るものではなく、態度や姿勢のことを言っているのですね。


RBFは、実際には男性に多いそうですよ。マジ、日本の中高年男性に当てはまっていると思います。「Resting Bitch Face」休んでいる時に苦虫噛み潰したような顔。やめてね。
https://en.wikipedia.org/wiki/Resting_bitch_face
[PR]
by eric-blog | 2017-02-24 17:54 | ◇ブログ&プロフィール | Comments(0)

谷中村 第八 Chapter 8 Undermining the Pollution Issue

谷中村 第八
Chapter 8 Undermining the Pollution Issue

Twenty years have passed for the people who suffer the damages from the pollution of poisonous minerals from mining and the oppression from the Government, while resisting, appealing, and fighting day to day. Meanwhile, diseases, hungers and damaged yields of crop continuously threatening these people to the extent that they no longer can sustain their voices and rebellions as before.
To this situation, the Government says that this is the proof of end of pollution! It is very contrary to the fact that the victims of pollutions had been worn out from the pressures from the Government and the industry and can no longer raise their voices as before and down low in their spirits. Never the proof of any ending of pollution nor the recovery from extinctions which had been caused by the long standing years.
It has been twenty years since PM Tanaka first raised his voice on this issue of pollution from the mines at the Diet. Years had passed but to this day, the issue had never been solved nor the voices of people who're suffering had stopped since. However, the Government and the Industry together had been trying so hard to conceal their guilts and sins of years and oppressing the voices of victims so the world and the society do not realize nor know these plights and appeals that they can continue their ways of treating this issue as before with ease and light hearts. They now try to buy out the Yanaka Village, which is the center of the pollution and the place most affected by the damage for water reservors to prevent flood and to cover-up all the traces of damages and plights of people, which is the results of the guilts of the Government and the Industry, and the land under water, together with their sinful reputations.
However, the Yanaka Village is the most fertile area in the Kanto Plain. According to the elders of the village, the rice shoots do not need any fertilizers and you only have to weed once before the harvest in the fall, when the golden ears of rice ripen and fill the fields with good yields of 7 to 9 barrels( one barrel is about 18 litters by volume) per 1 are.  The villagers hesitate to move to other areas, knowing its fertility and longing for the past memories even when the pollutions and floods repeatedly and regularly attack the area. The Government and the Industry had been trying to chase out these people and deprive them of their lands, but no regular means would work to cut the bonds of these people to this lands. It was obvious from the very beginning.
So, look how harsh the means they took to chase people off the lands! The Government, who's supposed to protect the lives, properties, rights and freedom of the people, is the one who destroyed the banks, which is almost equal to the farmers life-lines. They threatened, intimidated and pressured the people to go out of the lands, as if some gangsters would do. Who sent these guys who nailed the watergates at the time of floods and let the polluted water fill all the areas and set the pollutants to silt. Who stealed the villagers' fishing gears when they were suffering from poor crops and going hungry, depriviing of them the other measures of sustaining their lives. Who blindfolded the honest and straight young men with gilds and lurred them with rice wines and women, that they were bought out. Who did, indeed? Who started all these? The Industry! And they say that it was the Yanaka Villagers themselves who destroyed the village, PM Tanaka and the Social Party. How shameless they are! The cold-blooded brutes, they are! Your name is the Japanese Government!
The guilts and sins of the Government, who engaged all the possible measures to damage the ignorant and powerless peasants, should be recorded and remembered. And people of the Yanaka Village would, as long as they live inthe area, renew their memories of "Pollution" everytime floods and overflows take places. So the Government had not allowed to rebuild the banks of Yanaka Village since Meiji 35 and let the people suffer, so that they can negotiate them to leave the damaged area to be free from the sufferings and in the end, they declared that the village is no longer sustainable with such a little population left and forcifuly merged the village with Fujioka Town. And on June 29th, this year, the Government enforced the Compulsory Purchase of Lands Act to forcifully buy out the lands and destroyed the village to none. Coming springs and falls, with winds and rains, the floods will flow freely into the fields from the broken banks, but it never matter for the Government. The destruction of Yanaka Village is not only the destruction of a village, but it is the destruction of the pollution issues, which had been the issues for long. It means the victory of the Industry centered and controlled politics which pay no attention to the public interests and benefit from the bloods and bones of the people. Such is the luck of the people, the poor and the weak born in Meiji Era.
16 some years had passed since the issue of pollution first brought to the Diet. Mutsu Munemitu is now dead and so is Furukawa Ichibee, also the adopted successor to Ichibee, who is the second son of Mutsu is deas. The plan to bury the polluted lands by Minister Mutsu, after their death, is now enforced and accomplished by Minister of Interior Hara Takashi, who is the employee of Furukawa, economically, and henchman of Mutsu. Is this not some kind of story, isn't it? I am now going to tell the history of the construction of the water resoivors, which is the problem today facing the destruction of the Yanaka Village.
[PR]
by eric-blog | 2017-02-23 16:54 | 草の根の種々 | Comments(0)

良心的抵抗への呼びかけ 地球と人間のためのマニフェスト

良心的抵抗への呼びかけ 地球と人間のためのマニフェスト
ピエール・ラビ、四明書院、2014
2710冊目

常々、持続可能性のためには「環境」と「人権」が両輪だと言っている。しかし、もっと素晴らしい表現があるのだなあ!

「わたしたちの生命が誕生して惑星である地球への、さらには地球上の肥沃な大地への、畏敬の念。」「地球規模でのヒューマニズムの創出」014

人類の奇跡ともいうべき歴史に、真の意味を与える思想となる。

人間をそがいし、人間が生きる環境を破壊するあらゆるものにたいする一人一人の良心的抵抗こそ、・・・必要不可欠の条件。

第一部は「地球」。
燃焼文明の中で教育までもが国内総生産ないし国民総生産の増大に奉仕させられている。059

五分の1の人間が五分の4の資源を消費している。

著者は1938年アルジェリア生まれ、フランスに移住後の1960年代後半から「有機農」を始め、このマニフェストは1996年に起草。

地球とヒューマニズムのための運動を提唱。

教育は「競争から協力へ、依存から自立へ、成績主義から人間性の開花へ、世代間の繋がりを取り戻す」156
・モンテッソーリ法による「こども農園」の取り組み。1999年から
生きるための教育
平和のための教育
エコロジー教育
社会教育
http://la-ferme-des-enfants.com

運動についての情報はこちらから
https://terre-humanisme.org

フェイスブックはこちらから
https://www.facebook.com/terreethumanisme/
[PR]
by eric-blog | 2017-02-23 12:26 | □週5プロジェクト16 | Comments(0)

「神道」の虚像と実像

「神道」の虚像と実像
井上寛司、講談社現代新書、2011
2709冊目

3.11直後の出版となった本書であるが、「現実をごまかし、厳正に事実と向き合おうとしない、てまえがってで無責任な考えや施策がいかに脆く、悲惨な結果をもたらすのかを、原発の事故は余すことなく明らかにした。」と著者はあとがきに言う。

そして、本書によって著者が明らかにしたかったことは、「日本の神社や神祇信仰が太古の昔に成立し、今日まで変わることなく連綿と伝えられてきたとの理解が広まっている」ことに対する異議申立てである。そして、このような言説が広まった背景はなんだったのかを明らかにするということである。それは、「批判的精神」なしではなしえない。

日本列島の地理的な条件によって、外来の事物の影響とその受け取り方に独自なものがある、と著者は言う。これまでの三大カルチャーショックは
1. 中国大陸からの稲作伝来
2. 律令制の導入 国家の誕生。日本、天皇という呼称の成立
3. 幕末以降の近代国民国家及び近代資本主義体制の成立

これらの影響に対して、極めてナショナリズム的な対応をしてきたのが日本。

神道(シントウ)という概念すら、「神」や宗教についての日本的な受け入れの結果であって、決して「自然発生的な日本固有の民族的宗教」などではない。
マーク・マーテンというノルウェー大学の研究者が「シントウ」という清音に至った背景を指摘している。(はじめに、p.16)
(a) 「神道」は中国で用いられていたもの。ジンドウと読む。
(b) 「仏教下の神々を指す仏教語」
(c) 「ジンドウ」が室町期、14世紀ごろの日本で、清音表記による「シントウ」へと転換した。「神」の語の集合名詞から抽象名詞への転換に伴って。

福山敏男「神社は自然発生的に成立した」という理解を広げた人。戦後。1949年。戦前の柳田國男らの研究成果による。

しかし、神社が成立したのは律令制とともにであった。「律令制と神社は双生児である。」22
官社としての常設の神社は人為的・政策的なもの。681年(天武10年)から始まって、律令政府は再三に渡って神社の造設を命じている。25

福山敏男『神社建築』1949年は神社の成立を以下の四段階で整理している。
a. 神籬(ひもろぎ) 磐境(いわさか)
b. 神殿のない神社
c. 仮設の神社
d. 常設の神殿

自然発生的なものが常設化したという理解であるが、神社をそれ以前のものと一連のものと捉えることは、神社の本質的理解につながらない。24 と著者は批判する。

「天皇」という称号も律令制と一体。31

吉村武彦『日本古代の社会と国家』1996年は天皇の統治する日本国を、完結した世界と見せるために、差別と選別に基づく厳しい国家的な身分秩序が整えられたという。賎民、夷狄を天皇の統制の下にある良民・王民から排除、差別しながら、他方で取り込む。
第二に、この差別的な構造をその周縁部にも広げて、朝鮮なども蕃国とした。32
第三に、国内を「国」という単位で編成し、「国司」を派遣することで服属させ、統治した。

中国からの律令制を導入し、それを代表する象徴的な存在としての寺院・仏教があった。36
それに対抗するための宗教施設の創出。見た目においても寺院と異なること。

在地首長層が握っていた土地と人民に対する支配権を否定し、彼らを天皇中心の律令制国家権力機構の中に官僚として組み込む、そのための方策。

仏教ありきの神仏習合の形。42

官社と非官社の区別。階層性。
全国の官社の神官全てが、祈年祭(675年に始まった)に宮中に集められ、幣帛を受け取り、持ち帰って祭神に豊穣を祈願した。41

神社という日本固有の宗教施設が作られることによって、原始社会以来の自然信仰が新しい段階に移行すると同時に、・・そのハコモノを拠り所にして伝統的な信仰がそのまま保持される新たな足がかりが築かれた。43

中世になって二十二社、諸国一宮制が整えられた。1081年。84

国鎮守が66カ国、ないし68カ国全てに置かれることになった。

中世顕密体制が解体されるのが戦国時代。
・新仏教の勢力拡大。一向宗、法華宗
・戦国期特有の宗教的熱狂
・教団の成立。社会集団としての宗教組織。全国の信者の組織的統一。
・キリスト教が伝えられた。


さらに近世になって幕藩体制。
・村落の自治を前提とした年貢納入制度。
・厳しい国家的な身分制度
・流通の整備
・法治主義
・地域支配権力としての各藩と中央国家権力としての幕府の相互依存補完的
・将軍権力の超越制・絶対性を支える天皇  125


中世の「憂き世」から近世の「浮き世」へ。それに伴う宗教儀礼の社会的習俗化。142

民衆に力がついてきたことによって、「民衆自身が主体的・積極的にその秩序を担い、参加する」ことが求められた。144

そして、産業革命後の世界における日本の明治時代という転換。

第二次世界大戦の戦後へ。

柳田国男の二重の誤り。戦後万世一系が再強化されていく。
230
[PR]
by eric-blog | 2017-02-23 11:54 | □週5プロジェクト16 | Comments(0)

縮充する日本 「参加」が創り出す人口減少社会の希望

縮充する日本 「参加」が創り出す人口減少社会の希望
山崎亮、PHP新書、2016
2708冊目

あとがきに言う。これまで参加の波があったのだと。
第1期 1945年から
第2期 1970年から
第3期 1995年から
第4期 2020年からなのではないか。

25年周期で波が来ると言う。

本の題名についても『参加についての学習帳』がいいだろうと言う、まさしく、その通りの内容である。

松下圭一さん、篠原一さん、世古一穂さん、パウロ・フレイレさんと、参考文献リストに上がっている名前を見れば、そのことは頑是られる。

経済の縮小、地方の人口減少などの課題に答えるのは参加による地域づくり、町おこしだと言う。

市民参加のためには、篠原さんは『市民参加』で六つの条件を示している。147
1. 市民に対してインフォメーシヨンが与えられる
2. 参加した行動が有効であると市民が感じられること
3. 費用の負担を市民が引き受けられること
4. 参加することが生活や仕事に支障をきたさないこと
5. 行動する市民のための教育が学校でも行われること
6. 圧倒的な影響力ではなく対話で活動を進められるリーダーが存在すること

篠原さんの本はこちらを読んでいるが、これも読まねばね。
http://ericweblog.exblog.jp/17739922/


第9章で教育を扱っており、それが一番の課題だと指摘している。



最終章では「未来図を書こう」として、これまでの市民参加の動きを以下のようにまとめている。409

406-407

8つの分野における参加の系譜
まちづくり
政治・行政
環境
情報
商業
芸術
医療・福祉
教育

参加の段階として
反発段階
批評段階
提案段階
実行段階

と言うことで、よくまとめられている参考文献満載の本です。大学のテキスト?
[PR]
by eric-blog | 2017-02-20 17:05 | □週5プロジェクト16 | Comments(0)

谷中村滅亡史 第七 Direct Appeal to the Emperor by Old Tanaka

谷中村滅亡史 第七

At the same time, PM Tanaka Shouzou exit the Kensei Hontou, his political party, wishing that this pollution issue would not be put on the political agenda of the party and also resigned his job as PM. After this, he started his campaign to raise the voices to appeal the pollution issue simply as his personal endeavor and belief, which last to the end of his fight.
It was at that time he heard of the arresting and victimization of the people who rose to appeal the issue to the central government. How cruel the people! There were nobody who'd listen to his appeal, no one to care about what he is talking about and the general public just ridicules, slanders and persecutes his deeds. He was already put down personally himself and this news added to his indignation. He was red with tears of sympathy or was it his boiling blood of anger? It is no doubt that his had made his mind to appeal directly to the Emperor at this moment.
Next year, Meiji 24 in December, the first year of 20th Century was coming to its end, with two more weeks to go, 16th Diet was called for and the Emperor was on his way to attend the opening ceremony of the Diet on his carrier. When the carrier approached Hibiya Field, suddenly somebody dared to approach the holy coach. With purple glitters, white edge of swords shine all at once and the cavalry was ready for action. There was a big voice calling for the Emperor to listen, "I pledge!" Who else would be this man? It was Tanaka Shouzou, the most faithful hero of justice, already caught by the police, before the Emperor even heard nor noticed.
What a pitty! In the history, a faithful community man of Sakura who appeal the predicament to the Shougun was crucified. Today, the Constitution is settled and still this man appeals to the holly coach of the Emperor at Hibiya Field. This was such a historical event in the history of the Emperor reign. Dark! Dark! This should not be so in any civilization. But you'd understand why he had to do so. This old man thought of all measures which could be taken would be no effects in the end and had to choose this direct action to appeal with his life for the pitty of these 300,000 people. Here, I have the copy of his letter to share with you, I am sure anybody who read this would be so moved and could not help to burst into tears.

Humble Appeal to the Emperor

As a royal nationalist, who seeks no fame but ready to serve the nation when in need, your humble servant Tanaka Shouzou am very sorry and feel very much obliged to lower my head and lower myself to appeal to your Majesty, which is indeed an act of unlawful and immoral and approaching your Majesty's Holly Coach truly deserves to death penalty of this country. But never the less, the reason why I should take such a shameful act, is for the sake of the nation and its people from the bottom of my heart. I could not bear to oversee the plights of these people to the extent to turn to such a deed, so please, your Majesty, with your mercy, tolerance and understanding, and pity me, your humble servant and take note of what I should say.
There, about 40 Ri(60kilometer) North of Tokyo, is Asio Copper Mine, (snip), the polluted water and slag, which are generated when they mine and refine copper ore, fill all the valleis and run into the Watarase River and there is nobody along the river banks who escape this damage. The damages had been escalated as the industry flourish and increase in the volume of poisonous pollutants, also clear cut the forests and bare the surface red soil at the source of the river, which led to more often floods and spreading the poisonous flows cover all directions. Affected areas involve Ibaragi, Tochigi, Gumma, Saitama, all four prefectures and the downwards amount up to some hundreds of thousands hectares and fish catches vanished and people lost their income source and jobs. Which leads to hunger and sickness, but because of the loss of income, they cannot get the necessary medicine and young and old are left in the pits and vallies and those who are able to work seek outside for jobs and moved away. Once were fertile and productive feilds twenty year's ago are now covered with rush and reed.
I, humble servant of your Majesty, cannot stop listing all these predicaments of the people, which is at the peak, and cannot stop worrying and pittying and when I was elected as one of the Diet member, at the Second School, I raised the question to the Government and after that raised the same question ever since, over ten years, now. But the Government did not anwer to my questions nor their request sincerely. Even the local officers did nothing and more than that when people rose on their feet to appeal their case, the police oppressed their action, called them names and arrested them. Now, the revenue of these local governments had declined by 100 of thsands yen, that their autonomies had failed to function fully, and that hunger, deseases, death from the poisons prevailed the area.
Your Majesty is devoted with talents and virtues, which is next to nobody, your virtuous gifts fill four oceans and reaches all eight universes and biliions of people all enjoy raised level of life everywhere. Not far away from your Imperial capital, hundreds of thousands of innocent people pitified and wish your mercy even for a drop of water crying out. Is this not your shame? It is the fault of the Government officers who underestimate your cleverness and the local officials who do not pay attention to the lives of your people at all. Are all these four prefectures your family members, are they not? Are all these four prefectures people not your babies? The officers of the Government caused and overlooked these plights of your people and lands, did they not? Please, I ask your Majesty to make your officers work for your baby so that they can be adorned with your Sun and Moon's benefits. The only way is to purify the water of Watarase, second is to rebuild the river banks, number three is to remove the poisonous soils, number four is to recover the natural resources of the estuary, number five is to rebuild the villages and towns along the river, number six is to stop the polluted water and slags totally. With these measures, the country can save hundreds of thousands people's lives and prevent the loss of population in the area and show that the Constitution and the laws are valid and effective in this country to protect the rights of the people and wealth and to prevent the loss of national power which is the base for the nation. If you'd failed to do these and let the poisonous water run as it does, I am afraid the damage will be far reaching to the extent you'd never be able to imagine.
I am 61 years old and am diseased with not much days left to live, still I wish that my efforts bear fruits one out of tens of thousandth chance to let you hear, not judging the benefits and loss of my life alone, of this urgent matters, with tears and sorrows. I bow to hope your Majesty's clever and wide wisdoms to bestow over this issues. If heard, my pitiful calls will meet its responsibility.
Dec. 10th, Meiji 34
Your Humble Worrier for the Urgent Needs of the Nation, Tanaka Shouzou, Sincerely and Humbly Bow and Beg.


******

At first, PM Tanaka expected execution if he'd dared to directly appeal, so he divorced his wife, Katsuko, sending a letter of parting, and met their daughter, who'd married already to tell her of what about for future. For 300,000 lives he had fought for more than ten years and yet the society nor the Government did not hear what he had to say. While the predicaments developed and the poverty prevailed over his hometown. Out of worry and out of sorrow and anger, his heart was almost broken, when he heard of his people's plights, failure to forcifully appeal to the Government.
So the situation today is that he will die if he'd proceed and he will also die if he withdraw. He had made up his mind to take death and dared his life for appealing to the holly Emperor, and this was really his last resorts. The Government officers, who's leisured their jobs and invited this situation developed to this extent, were surprised and lost their minds to how to deal with this, just resolved to call Old Tanaka a crazy man and settled the situation. What a sly measure the Government took and one can only laugh at this development but is so disgusting to see how shameless they are!
[PR]
by eric-blog | 2017-02-16 17:35 | 草の根の種々 | Comments(0)

震える学校 不信地獄の「いじめ社会」を打ち破るために

震える学校 不信地獄の「いじめ社会」を打ち破るために
山脇由貴子、ポブラ社、2012
2707冊目


「あとがきにかえて」で著者は言う。

「人間の心には、生まれた瞬間に、愛情で満たされなくてはならない器がある、と」

このブログでも紹介してきたが、「自分自身をケアすること」、「自分自身を満たすこと」は大人にとっても大切なこと。
http://ericweblog.exblog.jp/23647040/

子どもにとってはさらなり、であろう。しかも、子どもは自分で満たす力が、大人よりは弱いのではないだろうか? ま、あまり必要ない感じもするけれど。8歳9歳までであれば、そのままで満たされているようにも見えるので。基本的な必要が満たされていると言う大前提のことではあるが。

この本は、いまの子どもたちのいじめの残酷さ、危険度を指摘しつつ、しかし、それが大人からは見えないように行われていること、子どもどうしではわかっていること、わかっているからこそ、それが他の子どもに対する恐怖に繋がり、支配を容易にしていること。

自己臭恐怖症
醜形恐怖症
メールやネット恐怖症

など、いじめは子どもの心に恐怖を植え付け、萎縮させていく。

■いじめの残酷さについては同じ著者の以下の本がすごい!
『教室の悪魔』ポプラ社、2006
第二章より
1.メールで噂話をばらまく
2.本人ではなく家族を中傷する
3.いじめの「On」と「Off」を使い分ける
4.共犯関係を演出し金銭要求をする
5.女の子同士で徹底して恥をかかせる
6.「汚い」「醜い」と言うイメージを植えつける
7.発覚しない小さな暴力を繰り返す
8.完全否定の「なんで?」を繰り返す
9.奴隷にしてしまう

そして、クラス全員が加害者になってしまうと言う。
第5章は「いじめに気づくチェックリスト」!

兵庫県が出している『いじめ対応マニュアル』の「いじめの早期発見」はあまりにも不十分である。
http://www.hyogo-c.ed.jp/~gimu-bo/ijimetaiou/manual.pdf
佐賀県のものはちょっと参考になる。親向けだけれど。
http://resemom.jp/article/2014/12/09/21827.html
こちらのサイトでは、兆候を体、言動、物質、人間関係の4種類ごとに細かくチェックできるように項目が紹介されている。
https://papimami.jp/56138



子ども時代という成長期に「心が萎縮する」という時間がどのような影響を及ぼすかを想像できないとすれば、その人は教育者失格である。

いじめ対策のためには「大人社会の信頼」がまず必要だと言う。子どもに信頼を見せること。


■告発 児童相談所が子供を殺す、山脇由貴子、文藝春秋、2016
http://ericweblog.exblog.jp/23590433/

第3部「信頼される学校」のためのルール
1.複数の教員の目で見守る
2.保護者全員に知らせる
3.電話ではなく、定期的な保護者会で話し合う
4.子どもたちには保護者から伝えてもらう
5.被害者への質問はしない
6.アンケートは、活用のルールを子どもに伝えておく
7.情報は集めても、「事実の調査」にはこだわらない
8.さまざまな大人が見守るオープンな学校に
9.頻繁な保護者会で、連続的なコミュニケーションを生み出す
10.子ども同士の話し合い「いじめの起こらない学校づくり」について
11.学校内部で解決できない時

■いじめに気づくためのトレーニングがフィンランドでは実施されていると言う。「臭いものに蓋」のような、「いじめを認めなければいじめではない」かのような日本の扱い方には、希望を見出しにくいと思うのは私だけではないだろう。第5章のリストはとても重要なので、乗せておく。32項目。
□最近、よくものをなくすようになった。
□学校のノートや教科書を見せたがらない。
□親の前で宿題をやろうとしない。
□お金の要求が増えた。あるいは親の財布からお金を持ち出す。
□学校行事に来ないで欲しいと言う。
□すぐに自分の非を認め、謝るようになった。 (それ以上詮索されたくない。)
□学校のプリント、連絡帳などを出さなくなった。
□ぼーっとしていることが増えた。何もしていない時間が多い。
□無理に明るく振舞っているように見える。
□学校のことを尋ねると「別に」「普通」など、具体的に答えない。
□学校のことを詳しく具体的に聞こうとすると怒る。
□話題に友達の名前が出て来ない。
□学校に関する愚痴や不満を言わない。
□保護者会、個人面談で何を話したかを過剰に気にする。
□寝つきが悪い。悪夢を見ているようで夜中に起きる。
□倦怠感、疲労、意欲の低下。
□原因不明の頭痛、腹痛、吐き気、食欲低下、やせなどの身体症状。
□何に対しても投げやり
□以前は夢中で楽しんでいたゲームなどをあまりやらなくなった。
□理由のないイライラ
□ちょっとした音に敏感になった。
□身体を見せたがらない。一緒に入浴したがらない。
□衣服、制服、靴などを親の知らないところで自分で洗う。
□友人からの電話に「ドキッ」とした様子を見せる。
□急に今までと違う子とつきあうようになった。(不自然な友人関係)
□以前では考えられないような非行行動の出現。(万引きなど)
□外にでたがらない。外出した時に周囲を気にしている。
□金遣いが荒くなった。
□成績の低下。
□物忘れがひどくなった。
□自傷行為。(リストカット)
□死をほのめかすようなメモ、日記。
[PR]
by eric-blog | 2017-02-14 11:39 | □週5プロジェクト16 | Comments(0)

わたし自身のための栄養剤!

じょむの自己尊重トレーニングの報告はこちら。
http://ericweblog.exblog.jp/23641648/

Nurturing Self
Self-Nurturing
などのキーワードが、自己尊重のためのHowにつながるのですね。「栄養剤」?

■参考「自尊感情を満たす50の方法」
http://www.gateways-to-inner-peace.com/self-nurturing.html

自分自身を満たすこれらの活動を日々の時間の中に取り入れることは、あなた自身の自尊感情を高め、そして自分を大切に思う気持ちを育てます。

1.抱えきれないほどの生花を買って、目につくところに活けておく。その美しさを愛でる時間を楽しむ。
2.有資格のマッサージ心理療法士にマッサージを受ける。
3.暖かい日差しの中で、本や雑誌を読む。
4.温かい朝食を準備して、ゆっくり楽しむ。
5.心地よい公園を散歩する。ベンチに腰掛けてしばらく移りゆく世界を眺める。
6.美術館や画廊を訪ね、贅沢な時間を過ごす。
7.いい映画やライブのショーを、一人ででも見に行く。
8.浜辺に腰を下ろして、持参したお気に入りのおやつをいただく。
9.ちょっと早起きして、眺めのいい場所から日の出を望む。
10.ジクソーパズルやパズルに取り組む。
11.衣装ダンスを点検する。気分を浮き立たせない服は誰かにあげることにして、キープした服は小綺麗に整理しよう。
12.新しい服や靴を買う。
13.景色の良いところをドライブする。
14.アロマオイルかバブルバスで入浴する。
15.動物園に出かけて、それぞれの動物についての説明掲示板を読む。
16.フェイシャルマッサージ、マニキュアやペディキュアをする。
17.新色のメーキャップや香水を買う。
18.髪の毛を切る。もっと気分がウキウキするような髪型にして見る。
19.お気に入りのテイクアウトで夕食を、そしてちょっと笑える映画を見ながらいただく。
20.relaxation exercisesを試して見る。
21.予算の範囲内で、自分のための特別なものを買う。
22.大好きな料理を作り、テーブルをセットし、ろうそくを灯して食べる。
23.児童公園に行ってブランコに乗る。
24.ブッシュウォーク(とオーストラリアで私たちが呼んでいる)やハイキングに行く。自然を楽しむ。
25.踊れる音楽をかけて、一人で踊る。
26.水泳を楽しんでから、スパに行く。
27.ハンドローション、ボディローションを買って、全身をマッサージする。
28.宝石のお手入れをする。しまって置かずに、日常使いにすること。
29.Meditate.瞑想しよう。
30.これまであなたが成し遂げた特別なことのリストを作る。どんな些細なことでもいい。
31.前向きで、笑える小話などを読む。
32.いつかやりたいと思っていることをリストにする。ばかけでいたり、実現しそうにないことでも構わない。
33.大好きなカフェでコーヒーとケーキをいただく。
34.ウインドウショッピングに出かけて、思いっきり楽しむ。
35.浜辺で日の入りを見る。
36.色ぬり絵本を買って、色鉛筆で塗って見る。
37.植物を買って、庭や植木鉢に植える。
38.お気に入りの写真を素敵なフレームに入れて飾る。
39.トランポリンで跳ぶ。
40.食生活をより健康なものにし、定期的な運動をする。
41.太極拳あるいはヨガのレッスンを受ける。
42.手仕事あるいは趣味のグループに参加する。
43.想像力を掻き立てる本を読んだり、音楽を聴く。
44.心地よい掛け布団に包まって、午睡をする。
45.野外で大地に寝転んで、雲を眺める。色々な形を発見する。
46.感情を癒すエクササイズをする。emotional healing exercises.
47.筋肉をほぐす運動をする。progressive muscle relaxation.
48.動物と遊ぶ。ペットを飼っていないならば、友達から借りよう。
49.自分の街を観光する。身近にある魅力を発見しよう。
50.ただただ座ったままで、10分間、何もしない。(しなければならないことのリストも思い浮かべたりしないで)。とてもいい感じ。

これらのことを罪悪感なしでやりましょう。気分が落ち込んでいる時は、こんなことに時間を使うことすら、許しがたく思ってしまいます。
自分を満たすことを日常的に行うことで、これらのことが自然に行えるようになり、それとともに自尊感情、自分を大切に思う気持ち、大切にする行動が育ちます。あなたは、それだけの価値がある人なのです。

楽しんで自分に栄養を与えましょう!
Happy nurturing!

■あなたに栄養を与える7つのステップ
http://www.huffingtonpost.com/lauren-mackler/is-your-inner-child-under_b_710499.html

あなたの中に、あなたのことをケアして、栄養を与えてくれる親を生み出しましょう。小さなこどもの世話をしているのだと思ってください。健康や安全に気配りし、愛し援助し、そして、間違いや気まぐれも許し、彼女がどれほど大切な存在であるかを伝えることでしょう。そう言うを、愛情深い両親はするものです。あなたはあなたのこどもであり、その子どもの両親なのです。
以下に、子どもを満たすあなたの内なる親力を高める7つのステップを紹介しています。ゴールは、これらの行動を、日常の当たり前のことにすることです。
1. あなた自身に暖かい愛情あふれるメッセージを送る。
2. あなた自身のことをしっかりケアする。食、休息、運動、など。
3. 素敵なことをしてあげる。
4. 他人との間に適切な距離を取る。
5. あなた自身の弁護人を引き受ける。
6. あなた自身を信じる。
7. 最後に、一番大切なこと: あなた自身に対して共感的であり続けること。
[PR]
by eric-blog | 2017-02-14 10:27 | ◇ブログ&プロフィール | Comments(0)

見てる、知ってる、考えてる

見てる、知ってる、考えてる
中島芭旺、サンマーク出版、2016
2706冊目

10歳の哲学者。

引っ越し先の小学校でいじめにあったんだろうか。不登校に。というよりはホームスクールの選択ということになるのだろうか。

自分を生きることへのエールに満ち溢れた言葉たち。なかなか、ここまで言い切ることは、大人はできないなあ。色々配慮するから。例えば、

言葉は世界であり
自分が世界である。


このことは、世界を自分自身が狭めているとも取れるし、自分の生きている世界が全てじゃないかということだが、どこか傲慢に聞こえもする。神を連想するからだ。「はじめにことばありき」
世界が小さくて寂しい。

僕の居場所は僕。

本当に、そのようにしか、わたしは生きていないのだけれど、それをわたしが言うと、狭く、傲慢に聞こえる。それを10歳の子どもが言うことで、ホッとする。世界の小ささを恥じるのだろうか、わたしは。

自分の映像を見て
生意気だと思った。
(略)
加害者を作ってたのは僕だった。


うーーん、わたしも生意気だからなあ。でもいじめられたことない。鈍感なだけだったんだろうけれど。浮きすぎていたのかもしれない。

世の中は
誰かの思い込みでつくられている。

ということは
だれでもつくれるということ。


前半はめちゃくちゃ同意。思い込みの激しい人は羨ましいとすら思う。でも、思い込めない自分がいる。なぜなのかなあ。わかっているのに、思い込みの激しい人は、マイワールドを生きているということを。

僕は僕にしかできないことをやる。

友人の息子さんの「仕事」を思い出した。
ハートネットTV
「次郎は次郎の仕事をしている」
https://www.youtube.com/watch?v=X1RP02qr9xw

わたしたちは、だれしも、他の誰にもできない「わたしの仕事」をしているんだよ。わたしはわたしが好き。です。何か? どこか謙遜しないといけない文化的雰囲気がある。「謙遜とは、いいところがある人ができることだよ」
[PR]
by eric-blog | 2017-02-13 19:53 | □週5プロジェクト16 | Comments(0)

逆うらみの人生 死刑囚・孫斗八の生涯

逆うらみの人生 死刑囚・孫斗八の生涯
丸山友岐子、インパクト出版会、2017 
2705冊目

辛淑玉さんの解説が秀逸だ! 「書かれているのは、若き日本人女性丸山友岐子の自己主張の記録である」!

この本が書かれたのは1968年、そして70年、81年、93年と出版されている。
丸山さんは1981年の「死刑をなくす女の会」の立ち上げに関わっている。その時、この箸にも棒にもかからないほどの明示的殺人犯人であり、反省の色もない死刑囚との交流体験は、どう影響したのだろうか。

孫が在日であったことは切り離すことのできないものではあるが、「在日だから」と説明できるようなところは、多分どこにもない。それほどに彼は強烈な個性である。

獄中で勉強し、そしてその知識でありとあらゆる告訴を、減刑運動を展開するのだ。すごい生への執念。それは死刑当日まで変わらなかったようだ、記録にはないようだが。

再び辛淑玉さんの解説より。彼は「フーテンの寅さん・在日版」なのだと。
逆に、フーテンの寅さんに被差別の色が全くないのが、その職業や土地柄から考えて不思議であるとも。

丸山さんがこれを書いたのは29歳。子どもを抱えて執筆活動をしていること、おっちょこちょいで色々なことに首を突っ込んでいること、などなど。こんな人でなしの死刑囚に関わってどうなるという忸怩たる思いなどがつらつら書かれている。だからって「自己主張の記録」とまで言われるかあ。

なんで4回も再版されるのだろうか。思わず読んでしまったが、うーーん、である。日本のチェスマン。海外にも同じような人がいるんだなあ。これはこれで、人生の励みになるなあ。暇な死刑囚の一念岩をも通すというところか。
[PR]
by eric-blog | 2017-02-13 14:37 | □週5プロジェクト16 | Comments(0)