<   2017年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧

告発 児童相談所が子供を殺す

告発 児童相談所が子供を殺す
山脇由貴子、文藝春秋、2016
2697冊目

児童相談所の職員である児童福祉司は、特段の資格もなく、地方公務員の転勤先の一つとして配属されてくる人だと言う。

著者の職名は「児童心理司」。児童福祉司のサブ的存在であり、最終的な決定については児童福祉司の意見が通ると言うような立場だ。

そのような立場から見えてくる児童相談所の現実。
・事勿れ主義
・親の言い分優先主義、子どもより親が怖い。
・親が怖くて交渉できない
・児童の心理判定の能力不足、心理鑑定のツールを使いこなせない。
・ケースの抱えすぎ、職員数の不足
・他の関係者との連携力の欠如

など、構造的な問題がありつつ、資質としても資格として不十分な人たちが担っているのだと、著者は「告発」する。児童相談所を改革すれば、そこで働く人たちも救われるはずだと。

って、いま、ネットでチェックしたら、支援センターの業務内容すごすぎる。
120ページものガイドライン
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kodomo/kosodate/ouen_navi/guideline.files/centerguide.pdf
ものすごい数の関係者。関係法。

しかも、非常勤の募集が多いって、どうなってんの?

「東京ルール」と言うのがあると、著者は言う。

児童相談所と子ども家庭支援センターの連携に関するルールである。

平成16年児童福祉法の改正により、市町村が相談窓口となり、東京では、それに先立つ平成7年から子ども家庭支援センターの設置を各自治体に働きかけている。113

a0036168_14152711.jpg

[PR]
by eric-blog | 2017-01-31 14:15 | □週5プロジェクト16 | Comments(0)

「NNNドキュメント’17 お笑い芸人VS原発事故 マコ&ケンの原発取材2000日」

【真実を報道するジャーナリスト:おしどり・マコの活躍】ドイツ放送局に遅れること3年、ようやく日本テレビ系で放送されることに・・・

http://useful-info.com/oshidorimako-to-be-broadcast-on-nnn


2017年2月5日(日)24:55~25:50に、おしどり夫婦に密着したドキュメンタリー番組「NNNドキュメント’17 お笑い芸人VS原発事故 マコ&ケンの原発取材2000日」
[PR]
by eric-blog | 2017-01-31 13:11 | ●3.11地震・津波・原発 | Comments(0)

特権の側とともに考える

真のダイバーシティ

http://www.sietar-japan.org/our-activities/annual-conference/2014-annual-conference/601-2

ダイバーシティ(多様性、Diversity)は人権尊重社会をめざすうえでとても大切な概念です。
実際に取り組まれているのは、「女性や障害者を雇用する」「LGBTを理解する」ことであったり、「みんなちがってみんないい」というメッセージの発信であったりします。
しかし、それで本当にいいのでしょうか。
ダイバーシティを「多様性の受容」と説明しているものも見かけますが、はたして誰が受容の主体なのでしょうか。

この学習会は、アメリカでダイバーシティ・ワークショップを行っているダイアン・グッドマン氏の著書『真のダイバーシティをめざして:特権に無自覚なマジョリティのための社会的公正教育』の日本語版刊行にあわせて企画されました。
日本ではあまり語られていない「社会的公正(social justice)」と「特権(privilige)」をキーワードに、どんな属性の人も平等かつ十分に参加できる社会とはどのようなものか、そのためにマジョリティ集団にどう働きかけるのか、どうすれば効果的にファシリテートできるのか。経験豊富な講師とともに学びます。
ぜひ、ご参加ください。

講師:ダイアン・J・グッドマン氏
教育学博士。多文化共生関係のコンサルタント・トレーナー。全国の企業や教育機関で研修を行う。

通訳:出口真紀子氏
上智大学准教授。専門は文化心理学。大学では「差別の心理学」「立場の心理学:マジョリティの特権を考える」などの科目を担当。グッドマン氏の著書の監訳者。

※『真のダイバーシティをめざして:マジョリティのための社会的
公正教育』(ダイアン・J・グッドマン著、出口真紀子監訳)を当日、割引価格にて販売の予定です。

定員:40人

資料代:5000円

申し込み:お名前と連絡先を明記のうえ、下記のアドレスにメールを送信してください。
facilitators.labo+170225@gmail.com

主催:「真のダイバーシティ」ワークショップ実行委員会、大阪教育大学教職教育研究センター(人権・生活科教育部門)
[PR]
by eric-blog | 2017-01-30 11:52 | ☆よりよい質の教育へBQOE | Comments(0)

日本語人の脳 理性・感性・情動、時間と大地の科学

日本語人の脳 理性・感性・情動、時間と大地の科学
角田忠信、言叢社、2016
2696冊目

日本人は虫の声を言語脳で聞いている
などの衝撃的な研究成果で知られる著者は、なんと1926年生まれ。89歳の昨年、この本を上梓し、「はじめに」では戦前戦中体験が詳しいだけでなく、西洋中心研究界に置いて「日本人の特殊性」が「優越性」の主張のように捕らえられたらしく、猛反発を受けたこと、言語学と脳科学という学際的な領域で参考にできる文献や研究などもなかったことなどが語られている。

著者の研究方法は、わたしたちの脳が発話の音を聞いて発話したり反応したりしていることを利用して、自分の耳に聞こえる音をコンマ何秒程度ずらす。そうすると反応の優位な脳がどちらかが判断できるというところから始まる。

アイウエオという母音そのものが音として成り立っていることそのものがすでに違うのだが、そういう日本語の特徴が日本人の脳の特性を生み出している。「精神構造母音説」!である。
というのも外国人であっても、日本語で育つと同様になるからだ。

さらに研究は、脳のスイッチにまで進む。
脳センサーの観測から地震前後の違いや、神社などの領域が異常な発振現象が起こっている時でも「正常」になることなど。伊勢神宮での発見。199
著者は古来からそのような場所が聖域として、様々に祀られてきたのではないかと。
なにこれ、パワースポット?


1995年11月20日に、脳の根源的時間基準がマイナス10乗単位ヘルツの精度で変化したのだという!  276
18日周期が19日周期に変化したとか、宇宙レベル、人類レベルでの変化がこの頃あったらしい。 

なんかすごくないか? この人、何歳まで研究を続けられるのかしら?

1978年の『日本人の脳』から、40年近く。「日本語脳」の研究はまだまだ続く!
[PR]
by eric-blog | 2017-01-27 11:15 | □週5プロジェクト16 | Comments(0)

官僚天下り問題 文科省だけか?出向はどうなのか?

文科省天下り問題

クローズアップ現代2017年1月23日「いまなぜ? 官僚"天下り"問題 ふたたび」
元文科省官僚の寺脇さんが出ていたのに驚いた。彼も大学教授になっているからだが、総合学習導入の立役者、実力者であり、推進派、反対派を含め、その内情をよく知る人物だ。にもかかわらず、彼のインタビューで使われたのは「再就職は、不安ですよ」という部分。こういうインタビューに答えている時点で、彼の矜持のほどが知れようというものだろうに。
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3921/
何れにしても、文科省の組織ぐるみぶりは、呆れるほどあからさまで、「想定問答集」の穴から
東京新聞の社説は「文科省だけか?」と問題提起をする。
a0036168_1051189.jpg

一方、高橋洋一さんは、安倍政権の思惑を指摘する。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50782

関連する公開資料はこちらから
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/jinjikyoku/files/kouhyou_h280920_siryou.pdf
ネタにするならこれがいいと、高橋氏。

さらに、文科省の問題としては「出向」のことを河野太郎さんが質疑で取り上げた。「大学は文科省の植民地なのか」と。

衆議院予算委員会 河野太郎質疑にて
a0036168_10504177.jpg


大学事務局に文科省からの出向者を受け入れ、大学運営のあり方を文科省の意向をくんだものにしている慣行は、すでに長いのでははないか。様々な大学及び文科省そのものに激震が走っていることは想像に難くない。

再就職監視委員会の活動についてはこちらから
http://www5.cao.go.jp/kanshi/
[PR]
by eric-blog | 2017-01-27 10:51 | ☆よりよい質の教育へBQOE | Comments(0)

谷中村滅亡史  English 第四 鉱毒問題第三期、p.41-53 

現代語訳は無しですが、この章では、被害民と古河の契約や念書がいくつか例が挙げられている他、鉱害の本当の理由が、鉱山による恣意的な鉱滓放流にあることを証言した原稿が紹介されています。

あまりにも今の福島第一原発事故との類似性の高さに、日本政府の民度の低さ、企業姿勢の変わりなさを思い知ります。

================
谷中村
第四 鉱毒問題第三期、p.41-53

Let us look back how things went, I would say the followings are so obvious. The officers of Meiji Government never considered people’s benefits nor happiness, and overlook the plights along the Watarase River, as if it is a thin cloud in the sky or mist, and sabotaged their services and moved to protect the private’s benefits of miners, instead.
However, the cause of the plights along the Watarase River has been proven to be the Copper Mine of Asio, and the cries of people living there are rising ever louder and louder until it attracted the public attention, as big as the Government could not ignore. But see what the Government did was to oppress the voices of the victims and make sure that they would never raise the issues again.
Look! Ichibee Furukawa proposed to settle the issue out of court with the victims. Who mediated? It was the Governor, the head of the villages and the offices, from the top to the bottom. On March 20th, Meiji 25, they chose members of Arbitrary Board and after some negotiation, on June 15th, it was conclude to pay 40,000 yen to Aso County, Harita County and Shimotuga County, and on July 28th, they promised to pay 30,000 yen to Harita and Asikaga by 3 year loan.
Meanwhile, in Gumma Prefecture, the Governor Nakamura asked Council Nomura to mediate Watarase, Oosima, Niyata, Ebise Villages, when these peasants forcefully came to Tokyo in June and conclude to compensate 15600 yen from Furukawa to these villages and what’s more to pay for the cost of Samurai and Yaba Banks’ pollution dredging, under the name of donation of 6500 yen and successfully concluded the mediation.

What an atrocity by the local officers!  They never knew anything about the plights of the majority of peasants and took efforts of settling out of courts for the benefits of the Miners and pressed innocent people with their authority to agree to these mediation proposals. We should remember, moreover, that these acts of local officers are not by their own ideas nor from their personal initiatives, but by the secret order from the Central Government. This is why I call these acts as systematic conspiracy by the Government and the industry to diminish the Yanaka Village and there is no way to refute against these sins and guilt of the Government.
Just see the contracted papers! You can see clearly these papers works to protect the benefits of the industry and with little money to shut-up the voices of the victims.

The Contract

Regarding the powdered minerals flew out from the Copper Mines, located Asio, Kamituga County, Shimotuke-kuni, owned by Ichibee Furukawa, which caused damages along the Waterase River, a mediator was selected and concluded the mediation between the 12 members who had been delegated through legitimate procedure and Ichibee Furukawa, after through deliberation, as follows.
Article 1 Ichibee Furukawa will build sophisticated dust collectors at the Asio Copper Mine by June 30th, Meiji 26, in order to prevent the flow-out of powdered minerals.
Article 2 Ichibee Furukawa will entrust to the mediator the settled compensation money out of court as follows:
Item 1 Pay 319.619 yen to the lost benefits regarding this mediateon.
Item 2 Pay 5000yen allotted to Kuno Village
Item 3 Pay 2200yen to prevent flooding, half in Oct. 30th, Meiji 26 and other half in April 30th, Meiji 27.
Item 4 Item 1 & 2 should be paid immediately.
Item 5 IItem 3’s payment should be made to villages concerned, if the planed construction could not be completed due to unavoidable conditions.
Article 3 After Ichibee Furukawa made the above payments, until July 30th, Meiji 29, it should be acknowledged as experimental period for the dust collector’s operation, hence there should be no complaints nor any other administrative nor legal arguments made.
Article 4 If we see the effects of the dust collector being satisfactory by July 30th, Maiji 29, this contract will conclude for good and final and urge both sides to reconcile.

Article 5 If the dust collector will fail, starting from July, Meiji 29, further consultation should be opened and new contracts made.
Article 6 Ichibee Furukawa, may cut down trees on the mountains at the headwaters of Watarase River, should try not to damage the water sources and replant seedlings on the cutting grounds.
Article 7 Those who’s sell the land concerned, should inform the buyers or the receivers of this contract and proceed the process. It is the same for Ichibee Furukawa. If this procedure had not been taken, the buyers nor the receivers will not be able to make any claims against Ichibee Furukawa and the contractees should take responsibility of conflict settlement.
Article 8 The area concerned will be shown in appendix.
Article 9 This contract will be made two copies and shared. After the conclusion of this contract out of court, reconciliation between the parties should be agreed and no future objection be made, thereby signed.
Aug., Meiji 25.

This is the example of the conditions for contracts. Further, please check some more papers.

P.45

Contract

Value of 1909.972 yen
The above is the amount of money paid by you on further negotiation, although there is already a contract dated Meiji 26, March 6th, regarding Asio Copper Mine Pollution incident, at Kawasaki, Keno Village, Tochigi Pref. With this, we will raise no further claim for compensations for damages from the mine operations at all, regardless of usual operations nor some other times, that the mine poison and other soil erosion caused troubled on the lands by the Watarase River banks. And when we sell of give out these lands, we will make sure that these buyers or receivers to be aware of these contracts and that they should make no trouble to you regarding this case.
Meiji 29, July 16.
Kawasaki, Keno Village, Asikaga County, Tochigi Pref.
Representative of Land Owners
Guarantor

Mr. Ichibee Furukawa

To this paper, the miner answered as follows:

Reminder
We acknowledge that the Asio Copper Mine Pollution Incidents are solved forever and completely by this contract made today between you and me. Further, I pledge that I will continue to operate the pollutants collectors already installed and in operation, and at the time of future expansion of the mining business, will increase the number of machineries to further prevent the erosion of polluted minerals.
Meiji 29th, July 17th
Ichibee Furukawa
To the Representative of Kawasaki, Keno Village

Also, at the time of expiration of the contract made previous year, on Feb. Meiji 30, the people of Asikaga County and the miner agreed as follows out of court:
Contract
Regarding the erosion of pollutant minerals and soils from the mines owned by Ichibee Furukawa at Asio, Kamituga County, Shimotuke-no-kuni, there has been damages made to the towns and villages along the Watarase River banks. On the other year, we, the victims of the pollution from the Mikuriya, Tsukuba, Hasida, Yamanobe, Hajika Villages and Ichibee Furukawa, under an arbitrator, settled agreements out of court as follows and today the contract had come to expire, so hereby we, the 28 representatives selected from Mikuriya, Tsukuba, Yamanobe, Hasida and Hajika Villages through legitimate procedure, and Ichibee Furukawa agreed to the contract as follows after thorough deliberateon:
Article 1: Ichibee Furukawa will pay the settlement money as follows:
Item 1 600 yen, for the settlement until the December, Meiji 30th.
Item 2 350 yen, for the annual payment on April 25th, from Meiji 31st on.
Item 3 As long as Ichibee Furukawa pays the settlement money as above, the people living in the covered area should make no pledge to the Diet nor raise suit in the courts, nor make no further claims regarding this matter at all and never in the future.
(omission)
Item 5 When Ichibee Furukawa ends the operation of the Copper Mines or succeeded in preventing the pollution erosion completely and no damges are acknowledged at the Watarase River banks publicly, this contract will expire and lose its effect at all.

I, first read this contract, found there are some misunderstanding of facts, on which the agreements are made. Look, these contracts only mention eroded minerals from the mines as the cause of polluteon. Therefore, the contracts are concluded on the assumption that the mineral collectors are the only means for damage control for the pollutions. However, I have come to know that the pollutants are not only the eroded minerals from an article written by a worker at the Asio Copper Mine, to the No.232 of “Rokugou”, publicshed on April 15th, Meiji 33. It says:
(omission)
I will now write about the causes of pollutions, but before that, I should mention that the pollutions are not natural disaster and if not by the hands of people, these pollutants will never erode and damage the environment of rivers downwards. Nor it is caused by some flooding at the time of heavy rains occasions. There is more severe cause of damage as I am going to state now.
To start out with, the Asio Copper Mines was developed by Yokoma Buhi who fond a quality deposits and succeeded in the businesss to the extent that the sledges from the selections contained 6% of copper still, but was discarded by heaps in the area. The main entrance for the mining tunnel was filled with this sledge from down below the housing of workers on for 30 meters, which became almost rocky through weathering. By and by, these rocky sledges covered the valley and they became short of the discarding area and started carrying them by rail to the next valley or used the roads, all day all night by the 25 people’s work with trucks which can carry 16 sai (translater don’t know this unit). Ariki Entarnce carried out 495 truck a day, with 16 sai per truck and filled one valley so quickly expanded the rail to the next valley and fill it by Meiji 29, a hollow by the size of 330 meters long, 100 meters wide, 20 meter deep, called Kyoukonai. They extended the rail by 760 meters to Koubaraki. These expansions in search of discard area, pushed the cost up. For example, from the mine to Kyoukonai, one truck full of 16 sai will cost 5 sen and 500 truck per day will be 25 yen. But if you’d carry that to Koubaraki, the cost per truck will be 12 sen, which will increase the cost by 35 yen per day which by year will add up tp 12700 yen and added to that the cost of maintenance for this railroad through harsh hillside 1000 yen per year, at least. Therefore, the miners wanted the distance for discarding to minimum, washed off the sledges deliberately at rainy days. The sledges have the tendency to concretize became solid at the river beds and was not easily washed away by heavy rain. For example, the land for Honguchi Housing area is 30 meters high by this sldge, but you should never be afraid of landslides at all and these houses are build on top. If you want to destroy it, you’d have to use explosives. Therefore, once there should be an occasion of heavy rain, day or night, an emergency call will be made to the workers to come and break the sledge by explosives and levers to throw into the Watarase River.
As it being said, the bulk of sledge wich contains 6% mineral constantly carried out from the mines will fill up the valleys and waiting for the rains to come to wash down the river. This is the real cause of pollution which public do not know.
The floods invite pollution, that is no doubt. I will now show examples of length of damages.
At the time of Aug. Meiji 23, Honguchi and Kyoukonai’s sledges were broken and discarded with more than 100 workers’ labour, day and night. Until July 29th, Meiji 29, there had been no heavy rain, so the accumulation of the sledges were heaping up and plan to expand the rail to Koubaragi became realistic. On July 21st, they managed to throw down some of it, but with the rain of Aug. 17th, they used more manpowers and explosives to break from the bottom of the heaps. On the same year Sept. 8th, they succeeded to break 100 meters by 30 meters, 20 meters deep deposits into pieces to throw away. When you think of the years and the damages to the crops, we should know better.
(omission) Even if a harsh order to end the pollution, it was not easy to see to the effect. If I mention some dirty hands of the miners, Oct. 12, Meiji 26, when Yamada Taizo came for suspection, the mine manager ordered the mayor of Asio to brocade all the inns and temples, theaters which could be used for their gathering and send strong men to block his passage on the road. Also, against the group of Arai, Tamura, Noguchi and Takahasi, they welcomed with sweets word, bowed and entertained with gorgeous dished and partied, to blur their suspicious eyes. Whoever comes from anywhere for the inspections of the mines, immediate calls are made from the central office to the offices of all ends to cover-up and hide whatever seem suspicions for the pollution and stop operation, you’d see no running sewages from the mines at all. How can you prove the damages by such decisive Copper mines?
The cause for the pollution has not been investing, yet. And the erosion had been cased humanly, it is Furukawa who is responsible for the devastated 50,000 hectares and 300,000 lives.

You see the evils by the copper mini owner as such and how decisive they are! They’d stated that the real cause of the damage is by the polluted mineral and pay little money to shut the people’s mouth. One should not hate such deeds for the sake of it treacherousnesss. And the Government, who innocently took the responsibility of arbitration, they should be held responsible, too. The guilt of ignorance should not be overlooked. And if they knew and did what they did, the sin of defrauding people by the Government is so big and so clear. Such is the plights of the ignorant majority of victims. They, either trusted the Government, threatened by the officials, or lured with the little money before them, came to agree to receive such little money to shut-up forever against the damages by the pollution and accept to endure the damages year by year with a little compensation.
[PR]
by eric-blog | 2017-01-25 11:26 | 草の根の種々 | Comments(0)

「定常経済」は可能だ!

「定常経済」は可能だ!
ハーマン・デイリー、聞き手枝広淳子、岩波ブックレット、2014
2695冊目

日本社会においても高度経済成長は社会インフラ整備の推進、雇用の拡大、所得の向上、税収の増加と社会政策への配分の拡大、教育と医療の拡充などにつながった。

しかし、今、経済成長が問題解決に繋がらなくなっている。

それは「空いている世界」から「いっぱいの世界」にシフトしたからである。5

この考え方は、私自身の感覚に近い。これからの社会は「ていねいに社会を改善していく」社会であり、だからこそ、熟議型民主主義や参加型意思決定が重要になると考えているからだ。

しかし、その考えが、枝広さんが曰く「いっぱいの世界になっているから経済成長が問題解決に繋がらないと、考えている人に会ったことがない」とされていることに驚いた。そうなんだあ。

環境省、経産省の委員会などでは経済成長が前提となっていると。

技術解による資源利用の効率性が向上しても、コストが下がるため、新たな需要が喚起され、結局のところ、資源消費はむしろ増える。「リバウンド効果」「ジェボンズのパラドックス」7

だから資源利用量、すなわち二酸化炭素排出量の総量を減らし、そのために効率改善でサービスを高めると考えなければならない。8

地球自体が「閉じたシステム」
そこで使うことができるものは太陽からのエネルギー(フロー)と地球にある地下資源などのストック。9

いずれも限界がある。「有限である」9

経済成長が不経済な成長になる規模が存在する。13

・所得の高い国々では幸福は関係性に移る。それは実際に起こっている。

「定常経済」とは「一定の人口と一定の人工物のストックを持つ」経済のこと。20

エコロジカル・フットプリントを「地球1個」ぶんに削減することも必要。21

「持続可能性の三つの条件」22
1. 「再生可能な資源」の持続かのなう利用速度は、その資源の再生速度を超えてはならない。
2. 「再生不可能な資源」の持続可能な利用速度は、再生可能な資源を持続可能なペースで利用することで代用できるスピートを超えてはならない。
3. 「汚染物質」の持続可能な排出速度は、環境がそうした汚染物質を循環し、吸収し、無害化できる速度を上回ってはならない。

質的向上をdevelopment
量的向上をgrowth
と考えれば、developmentは定常経済でも可能である。

定常経済にシフトするために必要な「10の政策」52

1. 基本的な資源について「上限」を決める。その割当量を公正に再配分する。
2. 環境税を改革する
3. 所得格差の幅を制限する
4. 個人の仕事の選択肢を増やす
5. 国際貿易を規制し、自由貿易、自由な資本の移動性、グローバル化を制限する。
6. WTO、世銀、IMFを降格させる。
7. 準備預金の準備率を100%に。
8. 希少なものは今日なように扱う
9. 人口を安定させる。
10. GDPを「費用勘定」と「便益勘定」に分ける。

今の社会は、すでに費用の方が便益を上回っている!

環境についての三原則がある。
「多様性」「相互依存性」「有限性」

それは、すでに1970年代には言われていたことだ。
それが経済にも当てはめられるのにこんなに時間がかかるとは。
少なからず、ショックである。

これも1990年代には出ていたのではないか?

スウェーデンのナチュラル・ステップの4つの視点
1) 自然の中で地殻から堀り出した物質の濃度が増え続けない。
2) 自然の中で人間社会の作り出した物質の濃度が増え続けない。
3) 自然が物理的な方法で劣化しない。
4)人々が自からの基本的ニーズを満たそうとする行動を妨げる状況を作り出してはならない

*ナチュラル・ステップの四原則より
http://www.tnsij.org/about/flame/f_03.html

ジャンルが違うとここまで知っていることが違うものなのか?

とはいえ、経済学でも「定常経済」、有限性の中で考えることが進んできたということです。
[PR]
by eric-blog | 2017-01-24 14:32 | □週5プロジェクト16 | Comments(0)

風邪の効用

風邪の効用
野口晴哉、ちくま文庫、2003、原著1962!
2694冊目

野口整体の創始者。からだを整えるための知恵が、『整体入門』には詳しい。この本はからだの不調とケアのために風邪に着目している。

風邪をひくことは悪くない。
薬で押さえ込むことがからだにより大きな負担をかけることにつながる。

風邪にかかった時や不調の時にこそ、風呂の効用があるとも言う。「温める」ことに効果があるからだ。

そう言えば、ここ何年も風邪ひいていないなあ。母親もそう言っているんだけれど。あんまし、仕事していないからなあ。

ということで、皆さん。病気の時は自分のからだと対話しましょうねぇ。
[PR]
by eric-blog | 2017-01-24 11:50 | □週5プロジェクト16 | Comments(0)

草創期 ERICニュースレター バックナンバー

草創期 ERICニュースレター 1995年から2005年の10年間に発行された19号のPDFを新設ブログにアップしました。

http://ericletter.exblog.jp
[PR]
by eric-blog | 2017-01-24 10:39 | ERICニュース | Comments(0)

合理的配慮、差別的取扱いとは何か 障害者差別解消法・雇用促進法の使い方

合理的配慮、差別的取扱いとは何か 障害者差別解消法・雇用促進法の使い方

DPI日本会議、解放出版社、2016

2693冊目


http://www.dpi-japan.org

昨年4月から執行されている障害者差別解消法・雇用促進法の具体的な適用について解説したもの。本の半分が資料編!122ページ!である。


先日、北九州市の人権啓発センターを訪れた時、一隅に「障害者差別解消促進」のための一室がオープンしていた。


まだまだ、これから、社会も組織も学んでいかなければならない取り組み。


本書の「インクルーシブな社会構築へのあたらなステップ」で東俊裕さんが指摘するように、合理的配慮というのは、障害者との共生社会を構築することで、「ウインウイン」の関係で社会そのものもよくなることにつなげて行くということだ。


分け隔てることのない、共生の社会。


医療、福祉、教育、交通、情報。

行政と民間。


これらの分野と主体において「不当な差別的扱い」と「合理的配慮の不提供」という二種類の差別を禁止している。31


しかしながら、「不当」とか「合理的」という言葉そのものが、分断とランキングと、現状肯定を示しているように感じる。


誰が決めるのか?


たくさんのガイド本、たくさんの条例、たくさんの事例集が出されれば出されるほど、書き手は「誰」なのかを意識せざるを得ない。


「書く」側、「決める」側が、パワーの側であるからだ。そして、パワーの側は、チェックされない限り、恣意的に力を行使することができるからだ。


それは、今回の「文科省天下りあっせん事件」でも同じではないだろうか?力の側はやすやすと力を行使することができ、そのことが「不当」であるとは思いもしないということなのだから。


だからこそ、どんなに法律が整備されても、どんなに制度ができても、チェックすること、運動すること、共有することは、怠ってはならない。


障害者差別解消法しかり、当事者の団結権や交渉権を支援するものではないように思う。


『いっしょに考えて!人権』で指摘したように、差別のある社会の課題は三つある。

1. 社会全体の体質改善

2. 個別の差別解消

3. 被差別者のエンパワメント


被差別者のエンパワメントが必要であるという認識は、1970年代の「アサーション・トレーニング」にまで遡る。しかし、そのための施策が法律で整えられたことはないのだ。


大阪では人権センターや女性センターなどの拠点施設の存続が脅かされているという。差別解消のために、何よりも重要なのは当事者のエンパワメントなのである。


a0036168_17212621.jpg


『いっしょに考えて! 人権』p.29より


  • 山口雪子さん、岡山短期大学配置換え事件

http://ipnet-j.com/2016/03/25/2016_0324ymgutiweb/



■関連記事

http://ericweblog.exblog.jp/22281206/

http://ericweblog.exblog.jp/22327697/


再放送1216日(金)0:00(木曜深夜)

  • ¬ やまゆり園建て替えあるいは移転問題について

http://ヤフコメ.com/comments.html/20160811-00010001-tvkv-l14/10

こんなコメントがつくんだなあ。

「現実的な話をすると建て替えるには相当な額の税金が投入されることになります。その投入に見合っただけの資金生産性価値が見込めない施設であるため、健常者からすればただの無駄金です。」

こういうコメントについてしっかり議論することなく「障害者差別解消法」が求める「合理的配慮」など根付かないのではないだろうか。

  • ¬ 神奈川県の対応http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f535096/
  • ¬ 知事が現場を訪ねた時、会話が成り立たないと感じたことから、当事者の意見聴取を行う気持ちが失せたのではないかという記事をどこかで読んだのだけれど、クリップしていない。東京新聞かな?
    • 問題点は二つ。知事がコミュニケーション可能性を自分の体験からだけで判断したこと。コミュニケーションが難しい当事者への配慮の道を探らなかったこと。
    • a0036168_17212621.jpg

[PR]
by eric-blog | 2017-01-23 17:22 | □週5プロジェクト16 | Comments(0)