<   2016年 05月 ( 42 )   > この月の画像一覧

刃物の見方

刃物の見方
岩崎航介・編集 三条金物青年会、慶友社、昭和44年
2518 冊目

日本刀、いや、包丁ですら、その製造工程に驚く。あんな鉄板をたたいてたたいて、なぜ、包丁が、鋏が、刀が、鉋が鉈ができるのか、不思議で仕方ない。

この本を読んで、それが本当に長い時間かけた仕事であることがわかった。
というか、この人、すごすぎ。日本の玉鋼やそこから作る刀の、消えいく状態にあったものを掘り起こし、研究し、そして保存の道を開いた人なのだ。

これは、包丁や鉈にお世話になっている人、必読の書だ!

三条出身。さすがである。
[PR]
by eric-blog | 2016-05-31 12:33 | ■週5プロジェクト16 | Comments(0)

GPWU第7回160530

GPWU第7回160530

1.課題の共有(13:00〜13:30)
2分で、互いのレポートを読んでレポートバック。
今日はレポートバックのポイントを最初に共有してから行った。
1) テーマ、2) 概要、3)テーマを選んだ理由は何だと思うか、4)読み人からの+α
(ア)会社のコミュニケーション力アップの方法「ばらんすもう」
(イ)「ことば」によらないコミュニケーション
(ウ)非言語・言語コミュニケーションの限界と課題

2.学生アクティビティ(13:35〜14:10)
「みんなが言っている」ワークシートで
それぞれが書いたことを共有
ふりかえり

■国語審議会の「敬意表現」について、徳川宗賢主査の言葉
http://ericweblog.exblog.jp/11325979/
■日本語は階級遵守語であることについて
http://ericweblog.exblog.jp/873284/
■人であること、生きるということについて、詩を紹介。辺見庸『1☆9☆3☆7』p.12に紹介。
a0036168_12403266.jpg

■ポライトネスについて
http://ericweblog.exblog.jp/5097457/


3.オバマ大統領の広島訪問(14:10〜14:25)
「強い意見を持ってるのは誰?」
当事者以外の人たちが「意見」を持つことは必要? なぜ?
大学生として「広く知り」「深く考え」て意見を持つこと。
わたしたち一人ひとりの意見が「未来へのパン屑」
次回までに「意見の分布図」を考えてくる。

分布図の例
https://www.dropbox.com/s/wqsl8gfsrjmv89h/2016-05-30%2014.31.30.jpg?dl=0
https://www.dropbox.com/s/5tcazd9gdaq05mt/2016-05-30%2014.31.36.jpg?dl=0

4.だいたい半分過ぎました。「これからの予定」と「これまで」のふりかえり(5分)
[PR]
by eric-blog | 2016-05-30 18:19 | □研修プログラム | Comments(0)

不登校の子どもが危ない!

不登校の子どもが危ない!

STOP!「多様な教育機会確保法」
http://ftk.blog.jp/archives/59922769.html


http://freeschoolnetwork.jp/wptest/wp-content/uploads/2015/09/tayounakyouikukikaikakuhohouan_miteikou.pdf

http://150909.jimdo.com/条文と検討/条文/

‪住友 剛 /react-text ‪react-text: 87 /react-text まずは人々に寄り添うような「やさしい法案」をつくりつつ、その法案のどこかに毒を盛り込んで、成立後はその法案を「むごいものに育てる」形にもっていく・・・。そういう危険性を私も感じています。そういえば、いじめ防止対策推進法にも、「道徳の教科化」という毒が盛り込まれてました。前々から私が言ってきた「惨事便乗型教育改革」、つまり子どもが亡くなったり苦しんだりする状況に便乗して、別の意図で教育改革をやってしまう・・・という構図が、ここにも出ていますね。だから「子どもたちがかわいそう、行政なんとかして!」という「善意」の人ほど、こういう政治手法にコロッとまいってしまいかねません。ほんとうに危ないです・・・。‬
[PR]
by eric-blog | 2016-05-27 14:32 | ☆よりよい質の教育へBQOE | Comments(0)

日本の女性議員 どうすれば増えるのか

日本の女性議員 どうすれば増えるのか
三浦まり編著、朝日新聞社出版、2016
2517冊目

日本の女性議員は少ない。

国会よりも地方議員において、少ない。

市町村議会の2割が「女性議員ゼロ」

青森県の町村議会の7割が「女性議員ゼロ」
鹿児島、福島、東京、奈良でも5割を越えている。

参考『女性参政資料集2015』


その結果
・女性にかかわる問題を取り上げても政策につながらない。
・女性に対する差別、蔑視、人権侵害、攻撃・暴力が起こりやすい土壌が改善されない。
・男性支配的な政治文化
・少子高齢化、人口減少など、女性が当事者となる政策分野における取り組みの遅れ。


地方議会での少なさは、支持基盤が地域の自治会ベースになっているからだ。301

女性が長になるのがいやなんだろうねぇ。オトコたちが。
上下の格差の感覚が大である日本文化の傾向が、女性の進出を阻んでいる。

■なぜジェンダー平等が大切か? 三浦マリさんインタビュー
http://www.magazine9.jp/article/konohito/15424/
[PR]
by eric-blog | 2016-05-26 12:07 | ■週5プロジェクト16 | Comments(0)

里山・里海暮らし図鑑 いまに活かす昭和の知恵

里山・里海暮らし図鑑 いまに活かす昭和の知恵
養父志乃夫、柏書房、2012
2516冊目

同じ著者で『アジアの里山食生活図鑑』はもっと懐かしい感がある。

カンボジアでホームステイしていた時に、家の回りに有用植物がとてもたくさん植えられていた。
・レモングラス
・パパイヤ
・マンゴー
・スターフルーツ
・キャサバ
・ココナツヤシ
・砂糖椰子
・タケ
・タマンリンド

余裕のある家というのは、そのような植物に囲われた家なのだ。

そして、ヤシなどは、その葉から葉柄、ヤシ殻まで、本当にあますところなく使われていた。

竹の筒の中を黒く焼いたものの中にココナツジュースを入れて売り歩く。少し炭っぽい味がアクセントで美味しい。

砂糖椰子は、実が赤い時には、柔らかく餅米に練り込んで、蒸し菓子にする。
その後は砂糖をとる。

そして、大きなヤシの葉で編んだバスケットに蓄えられた何種類かの米。

すごいなあ、こういう風にして人は生きてきたのだ。

さて、日本。

こちらもすごい。いったい何種類?

『百姓の江戸時代』が言うように、有用植物には商品作物も含まれる。遠距離商品作物というべきか、自分でも作るものを人が作ったのを買うというのではなく、特定の商品、うるしやロウなども含めて、地域柄でとれるものを栽培して、商品化している。

a0036168_11404966.jpg

a0036168_11405990.jpg

a0036168_11411762.jpg

a0036168_11412993.jpg

a0036168_11414124.jpg

a0036168_11415129.jpg

[PR]
by eric-blog | 2016-05-26 11:42 | ■週5プロジェクト16 | Comments(0)

アサガオの栽培

アサガオ

「アサガオ」栽培の利点は次のようにまとめられている。

・水をあげるだけで簡単に育つ
・花が咲く時間がちょうど登校時間
・大きな芽が出て成長し、蔓が伸びるなど成長が分かりやすい
・蔓に支柱をたてるなどのお世話が必要。
・花が咲いた後は、種が出来て来年の一年生にプレゼント!(植物のサイクルを学ぶことが可能)
http://next.spotlight-media.jp/article/145497439841979884

咲いた花で押し花を作ったり、色水もできます。
文部科学省の方によると、
「生活科では、児童たちが植物を育てていく中で、植物の成長と自分の成長を照らし合わせるように授業をしています。アサガオ以外の植物でもいいのですが、アサガオは毎日休まずに世話を続けていると、多くの気付きがあり、自分の成長にも自然と気付ける植物のひとつなんです」
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1239548399126.html

アサガオセットは580円から910円程度。
http://www.bunkei.co.jp/asagao/
観察日記もダウンロードできる。
http://www.bunkei.co.jp/asagao/kansatsu.html

デラックスセットには支柱もついている。
●セット内容 ラクラク支柱×1、マルチ給水鉢×1、マルチ給水ジョーロキャップ×1、名前シール×1、成長観察メジャー×1、あさがおの種(追肥つき)×1、花と野菜の土(3.6L)×1、マルチ給水受皿×1●鉢サイズ:285×275×225mm、支柱サイズ(閉じた状態):272×935×20mm 生物/栽培朝顔/小学校/小学生/幼稚園/保育園/プランター/朝顔栽培セット

これは「教材費」として徴収されたものから、学校で購入するようだ。一括で買うともっと安いかも?

では、実際の授業はどうのように構成されるだろうか?こんな一連の活動が指導されるだろう。

■「アサガオの育て方」授業の要素

1. アサガオの種の観察とお絵描き(前の年の学年から種をもらう?)
2. セットを使って、「土づくり」と「種まき」
3. 毎朝の水やり
4. 観察日記をつける
5. 花遊び
6. 種取り
7. 植物の成長についてのまとめ

わたしが見た授業は「種まき」だった。

■「アサガオの種まき」授業指導手順

一校次を使って行われた授業のおよその流れは以下。

1) セットの内容の確認: 不足がないかどうか。500mlのペットボトルを持ってきているかどうか。
2) セットに含まれている土に肥料をまぜる手順の説明: 栽培土のビニール袋の上を半分くらいハサミで切る。1/3くらいを植木鉢にいれる。肥料のビニール袋を開けて、中身を土のビニール袋にいれて、口を手でつかんで閉じ、よくシェイクする。肥料と土がよく混ざるように。
3) 種をまくための五つの穴の空け方: サイコロの「5」のような穴の配置なのだが、具体的には、四隅と真ん中というような言い方だったか。人差し指の第一関節までの深さで。(もちろん、第一関節という言葉は使えないので・・・難題)
4) 撒く時の種の向き:平らな面を下にして撒く。

ここまでを20分ぐらいで説明。アルゴリズムの板書もない。なぜなんだろう?

教員の「言うこと」を聞く訓練でもしているのだろうか? 

■子どもの多様な学習モードへの対応の視点から

子どもの「学習モード」の多様性、視覚優位性、聴覚優位性という区分、多重知能に対応するという配慮、個別支援の必要性というニーズのいずれの観点から考えても、「種まきのアルゴリズム」をプロップとして準備し、見通しをまず立てさせる、段階的に明示し、できたらチェックを入れるなどの手だてが必要なのではないかと思った。

■妥当なアルゴリズムと「集中」を保つためのタイミング

学習支援でいっしょになる元教員の方も、導入の段階ですべての注意事項をしゃべろうとする。なぜなのだろうか? 開始して2分の時に言われた「消しゴムのかすを掃除する」ことを覚えておかなければ「しかる」というのであれば、それは「しかる」ために注意事項を並べ立てているとしか思えない。

「アサガオ」の学習は作業的なアクティブ・ラーニングである。からだを動かし、観察し、そして絵をかき、文章を書く、多様な学習モードを総動員することができる優れた教材である。

■アクティブ・ラーニングの三つの手だて

であるならば、ここにも三つの手だてが必要であろう。

1) 教科のコンテンツとして「アサガオ」植物の成長について学ぶための手だて
2) スキルとして、「観察する」「絵を描く」「文章を書く」などを習熟するための手だて
3) 互いから学びあう、協力するなど関係性、社会性のための手だて

「観察日記」などは教材会社からもだされているように、指導の手だてはしっかりしている。

その内、教材会社が「アサガオの種まき」ポスターを作成するんじゃないだろうか? そうなったら、教員は何をする存在なのだろう?

教材化が進めば進むほど、教員の役割が問われることになる。

■TEST in 大阪2016で検討したこと「アサガオの育て方」今昔


a0036168_11363074.jpg


そこから「変化のパターン」と「キーワード」を考えてもらった。
a0036168_1136422.jpg

a0036168_11365492.jpg


これらの変化を後押しした「ドライブ」動因は何か。

・画一化、均質化、製品化、商業化、外部化、
・失敗しないプロセス(手順)によって保障された結果の学習

この分析は秀逸だった。なぜならば、「アサガオ」の学習が変化した背景にある動因は、その他の学習にも働いていると考えるからだ。

そして、それは「アクティブ・ラーニング」の導入にはどのように働くだろうか?
[PR]
by eric-blog | 2016-05-26 11:35 | ☆よりよい質の教育へBQOE | Comments(0)

ヘイトスピーチ解消法

ヘイトスピーチ解消法

2016年5月24日

超党派で成立した「ヘイトスピーチ解消法」
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/303649

元々、人種差別撤回法を求めていた人々は批判。
https://gjinkenh.wordpress.com/2016/05/24/16/

理念法でしかない今回の法律。
実効あるものとしていくには、地方自治体、警察がどのような対応をとっていくか、ウォッチしていく必要がある。

少なくとも、「在日は出て行け」「やつらを殺せ」というような脅しの言葉をまき散らすようなデモを、警察官が「表現の自由」をたてに守るようなことは許されるべきではない。

川崎市での次のデモは6月5日。

市民団体は対策を要請している。
http://www.asahi.com/articles/ASJ5T5F9HJ5TULOB00Z.html


■大阪市議会では、2016年1月15日、自民党以外の賛成多数で、「ヘイトスピーチ(差別扇動行為)規制条例案」が可決されました。

■政治家の人種差別発言をまとめたサイトです。反レイシズム情報センター(ARIC)
http://antiracism-info.com/database_home
[PR]
by eric-blog | 2016-05-26 10:50 | Comments(0)

日本の鉄 [新版]図説 日本の文化をさぐる

日本の鉄 [新版]図説 日本の文化をさぐる
窪田蔵郎、斎藤博之絵、小峰書店、2004, original 1981
2515冊目

いまだに「たたら製鉄」法でできる玉鋼を越える日本刀に使える鉄は生み出されていないという。

明治時代に近代製鉄法が導入された時、一度失われた技術。それを古文書などを参照して復活。

日立が協力して復活させた「日刀保」での様子。安部村下のもと、育った木村さんが村下を務めている。できる鋼は3トンほど。
https://www.youtube.com/watch?v=yvJGmLuhwzs

本によると、火床を設置する高殿を建設する場所の選定も重要。
湿気がこず、しかし水が得られ「砂鉄7里、炭三里」と言われるほど、たくさんの炭が必要なので、炭へのアクセスがあること。
結果、川のほとりの小高い場所に作られることに。

その上、火床自体も、床を彫り込み、湿気抜き、断熱などの工夫を施している!ありえん!

どうやって、この作り方に至ったのだろうか?
不思議で仕方がない。


工房くろがねでの小型たたら製鉄の様子はこちらから
http://ww8.tiki.ne.jp/~kurogane/newpage9kennsyuu.html
https://www.youtube.com/watch?v=n8c4vTT2Nao

こういう小型のものは、火吹きなどに動力を使っているが、おもしろい。
[PR]
by eric-blog | 2016-05-26 10:31 | ■週5プロジェクト16 | Comments(0)

百姓の江戸時代

百姓の江戸時代
田中圭一、ちくま新書、2000
2514冊目

江戸時代は暗くなんかない。江戸時代が暗かったというのは明治以降のフィクションだ!

そんな主張にあふれている本。

百姓は飲まず食わず、貧しいものを食べて・・・ではなく、その土地土地で得られる合理的な食生活だったのだと。

そう言えば、明治時代になって、外国人のところで働く人に肉中心の食事をさせたところ、最初は喜んでいたが、そのうち、「力がでないから」と米野菜中心の食事に戻してくれと言われたとかいうのを聞いたなあ。

江戸時代の開墾は、家と家が協力して、その利害を調整しつつ、村が成立。村とむせの間にも権利の平等化がはかられた。104

浄土真宗の思想は村の団結が作った。106

そして、百姓が村の名主を選ぶようになり、113
給与を出すようになった。

身分的な特権は、名主にはみられない。
支配的機関としての位置づけも見られない。支配の末端ではない。

自由は秩序の排除ではなく、
「秩序は生活者によってつくられる」
正しく江戸時代がそのような時代だったのだと。

しかも、村は自給自足などではなく、商品経済が貨幣によって流通していた。146
「もうける」ための商品作物の生産を百姓たちはしていたのだ。

おもしろい!
でも、実感に近いなあ。

史料による裏付けがすごい。
[PR]
by eric-blog | 2016-05-25 14:36 | ■週5プロジェクト16 | Comments(0)

天才と発達障害 映像思考のガウディと相貌失認のルイス・キャロル

天才と発達障害 映像思考のガウディと相貌失認のルイス・キャロル
岡南、講談社、2010
2513冊目

デザイナーとして活躍している著者は、映像思考の持ち主である。

視覚からの入力には、二次元的な画像情報と三次元的な映像情報がある。
聴覚から得られる情報は、音そのものあるいは音楽的な情報と言語的な意味も含めた情報
身体感覚的(体性感覚、皮膚感覚、深部感覚、内蔵感覚も)から得られる情報

画像、映像について、線優位性と色優位性、局所優位性と全体優位性。

視覚優位の子どもを伸ばす可゜句集法
・映像や視覚記憶をいかす。折り紙、プロック、工作、粘土、パズル、土木工事ごっこ
・言語面での遅れがある場合は、文字を毛糸や粘土で色感や触感を含めて情報量の多いものにし、じょじょに二次元化する。
[PR]
by eric-blog | 2016-05-24 14:11 | ■週5プロジェクト16 | Comments(0)