<   2015年 10月 ( 36 )   > この月の画像一覧

谷中村滅亡史 現代語訳 & English

谷中村滅亡史 現代語訳
荒畑寒村、岩波文庫、1999

オリジナルは1907年、寒村20歳

自序

▲今年(明治40年)6月10日、田中正造さんとともに谷中村を訪ねた。その時に田中さんは、わたしにこう言った。「ぜひ、谷中村のことを本に書いて、世の中の人に訴えてほしい」と。それから帰って何日もしないうちに、谷中村が打ち壊されたという悲報が耳に入った。わたしは憤りを抑えることができず、筆をとって書いたのがこの本である。
▲しかし、原稿を書き始めてみると、自分自身の才能のなさ、学問の浅さ、文才のなさのために、このようにいい加減なものになってしまった。恥じ入るばかりだ。
▲とはいえ、この小著が、世に出て、谷中村の真実を伝えても、その時、谷中村はすでに滅亡している。筆をおきつつ、このことを思うと、哀愁が胸にせまって、涙がとまらない。

明治40年7月 著者

目次

http://sendatakayuki.web.fc2.com/eco2/eco2.html

▲I have visited Yanaka-mura this year in June with old Tanaka Shozo. At that time, he asked me to write a book on this issue, to let the world know what’s happening. Not a few days have scarcely passed when I heard that Yanaka-mura being destroyed. Such a sad news that I started writing this book.
▲I have to admit that I was not talented enough to write a better one.
▲Moreover, the fact that Yanaka-mura no longer exists hits me hard that I could not hold my tears. When the world come to know this problem, the village itself had have been vanished.
Meiji 40(1907), July

http://searchworks.stanford.edu/view/7377359

http://www.worldcat.org/title/yanakamura-jiken-aru-yajin-no-kiroku-tanaka-shozo-den/oclc/675912317/editions?referer=di&editionsView=true

緒言

明治14年(1881年)、当時の栃木県知事であった藤川為親さんが、渡良瀬川でとれる魚類を食べることを禁止し、鉱毒問題について問題提起を行った時、藤川さんは不幸にも島根県に追い出されました。それ以来20数年がたつのですが、明治40年(1907年)7月5日、鉱毒被害の激甚地であり、またその問題解決のための遊水池建設の候補地として、長年紛争係争の渦中にあった栃木県下都賀郡谷中村は、ついに政府の手によって破壊されました。そのやり方は凶暴であり、その結果はとても無惨なものでした。

谷中村は、ついに亡ぼされた。20年以上にわたって、政府当局の暴力を弾劾し、村人のために尽力してきた田中正造さんの誠をつくした努力は、渡良瀬川の水の泡となったのです。村人たちは、流され、離ればなれになり、つまづき倒れ、おちぶれて、みじめな姿をさらしながらも、それでも先祖伝来の土地を離れることを拒否しつづけました。その苦衷は、巴波川の渦巻く波間に、忘れ去られてしまうのでしょうか。そう、忘れ去られてしまうでしょう。いや、そうであってはならない。忘れさせてはならない。
わたしは信じます。例え谷中村そのものは滅んでしまうとしても、そして田中正造さんも死んでしまった後のちまでも、村人たちがちりぢりばらばら四散してしまっても、宇宙に歴史がある限り、人類に言語がある限り、滅びることなく、存在する事実があることを。
それは、他でもない。政府の力と、資本家の富によって、このささやかな村を一つ、滅亡に追い込んだ、その組織的な犯罪という悪業である。

Preface

Meiji 14, 1881, Fujikawa Tamechika, the Governor of Tochigi Prefecture at that time, forbidden the eating of fish of Watarase River and raised the issue of pollution from mines, but he was moved out to Shimane Prefecture. Since then, 20 some years have passed and the Village of Yanaka, which suffered from the severe pollution and faced the forceful relocation to build   a huge flood control reservoir as solution to the pollution, had been under huge stress for long and was violently closed down by the Government, violently and miserably.

The Village of Yanaka is finally destroyed. Old Mr. Tanaka was accusing the Government and fought for the villagers from the bottom of his heart, but all his efforts was washed lightly like bubbles of Watarase River. The villagers were divided, floated, downed on the knees, fallen, lived miserable lives, but fought to leave the land of their ancestors. Will their sufferings be forgotten and washed away like the water whirl in the Uzumz River? Maybe so, maybe. But, should not. Should let that happen.
I believe. Even when the Yanaka-mura diminished, even after Mr. Tanaka being dead, even after all the villagers gone, as long as there is history in the universe, as long as human keeps languages, there will be the fact unforgotten.
That is nothing but the fact that the Government, with its power, and the Capitalist, with his wealth, together destroyed this very small village forever.

p.24

谷中村がいまにいたるようなことになったそもそもの発端は、鉱毒問題である。明治10年、明治政府が足尾銅山を古河市兵衛に貸与したのだが、古河は巨万の資本を投下し、採鉱の機械化をすすめた。その結果、銅の算出量が増加し、古河は、鋼業界で面目を一新した。しかし、世間の人々が古河鉱業の表面的な大成功に拍手喝采していたその時に、知る人こそは少なかったかもしれないが、銅の鉱山から出る汚染水の毒は、上流の山林伐採のためによってより頻繁に起こる洪水のために、谷を埋め、渓流に流れ込み、渡良瀬川の魚類を殺し、両岸の堰を越えて田圃に流れ込み、草木を枯らし、田園を荒廃させていたのだ。人は病気に倒れても医薬を求めることができず、妊娠しても流産し、たまに生まれたとしても、与える母乳が鉱毒に置かされている始末である。昔は、豊かな田んぼが千里も続くと謡われたほどの関東平野の沃野にも、鶏も犬もその声は聞こえなくなり、葦や茅ばかりが生い茂り、とうとう、荒野になってしまっているとは、誰が思っただろうか。
このような時に、我が政府は、どのような設備で、何万人もの声なき民を救おうとしたか。田中正造さんが議会で問題提起しても、政府は冷たかった。あいまいな答弁を繰り返し、ひとときの安逸に流れていただけだ。

What’s led to this plight of Yanaka-mura today is the pollution from the Asio Copper Mine. Meiji 10, 1877, Meiji Government loaned Asio Copper Mine to Mr. Furukawa Ichibee, who in turn invested huge amount of capital to renovate the mining machinery. The production of copper increased dramatically by this effort and saved face for Mr. Furukawa. While the industries and people in general were applauding for this remarkable success, few had known that the polluted water flow from the mine was escalating because of the loss of forest in the upper mountains, because of the air pollution from the mine, increased the flood from the river which covered the shallow streams, killed fish of Watarase River, withered plants and trees, carry-over into the patty fields and numbed the crops. People fall victims of all kinds of illness but could not afford medicine and miscarriages increased, while even babies were born, the breast feeding milk were poisoned with pollutants from the mine. Once was fertile patty fields which covered thousands square miles in Kanto Plain, now you miss the barking of dogs and chick-chick of hen and roosters and the land is now covered with reeds and thatches with nothing to be produced. Who would have thought of the tragedy to happen?

What has the Government done? What did they do to save these voiceless tens of thousands of people? What equipment or what other measures have they taken? Even when the PM Tanaka Shouzou raised the question in the Diet, the Government was stone cold. They repeated vague answers and wasted time in idleness.

それ以来、災害はさまざまに積み重なり、被害地は悲惨な状況になりました。そのため、被害民は蓑かさ被って糧食をたずさえて東京へ上ったのです。彼らのことを思えば、経路にあたる人々は情けをもってあたるべきだと思うのに、非道残虐な役人・警察は、途上で被害民を捕まえ、獄舎につなぎ、暴徒反乱者などの罪名で訴えようとしたのです。
このため、田中正造さんは、あえて、天皇に直訴するという手段に出たのですが、なんと役人・警察らは、自らの職務不十分の責めを回避するために、田中翁を狂人扱いしたのです。心ある人は耳を傾けてほしい。病身をおして、命の安全を求める訴えを起こした被害民が凶徒であるのか。10年以上、あわれな声なき民のために叫び続け、その声が届かないことを悲しんで、天皇への直訴におよんだ義人は、狂人なのか。なんと、明治政府は人民を虐待し、人道のために戦う人に対して惨い扱いをすることよ。とんでもないことである。
本当に、年々、悲惨な状況は極まり、困窮は困窮をきわめたそのことを訴えてきているにもかかわらず、担当部局の行政官は、この問題に対する根本的な救済をとろうとはせず、被害のもっとも激甚な谷中村を買収して遊水池とし、政府と結託した資本家が長年にわたっておかしてきた罪悪と、被害民の積年の疲弊、疲労困憊、惨状、憤怒を、遊水池に流れ込む大量の毒流の底深く沈めてしまおうとしたのだ。これを暴政と言わずに、なんと呼べばいいのか。これを悪虐をよばずになんと呼べば良いか。悪魔でさえも、恥ずかしさに顔を隠すに違いないし、どれほど残酷なことをしてのける人でさえ、その惨さに憤ることだろう。まさしく、この世の最大の悪なのではないか。

Ever since, the disaster followed other disaster and exhausted the area and the people. People demonstrated in march wearing their rain gears and carrying their ratio. I would think that their way towards Tokyo should be supported with mercy, but the brutal officers and police arrested them, confined them and even sued them under the charge of insurgents.
Therefore, PM Tanaka Shozo dared to make a direct appeal to the Emperor. The officers and police feared that their security guard would be responsible for that, called PM crazy. Listen if you’d ever have heart. Do you think the victims should be called insurgents? They merely carried their sickened selves to seek for securing their lives. Ten years or more, the PM Tanaka called for attention to the plights, but had never have heard. In despair, he tried to appeal to the Emperor out of righteousness. Do you call him crazy? The Meiji Government maltreated the people and also oppress the hero who fight for human rights. This is outrageous.
Every year the misery built up and the poverty hit hard. People appealed this fact. The officials in charge did not take fundamental measures to change the situation, they rather pulled out another solution to buy out and make Yanaka-mura, the worst area, a reservoir for the flood. Which only serve to conceal the guilt of the capitalist together with the Government, the pity and plight of the victims, under the volume of water which will cover the situation and the many years inaction and sunk them deep under the poisonous flow. What else can you call tyranny? Even the Devil will shade his face with shame. Even a most brutal ruffian will be furious for the cruelty of the situation. Is this not the worst crime of all in the world, isn’t it?

明治35年(1902)、赤間沼が氾濫して、谷中村の堤防を破ってしまった。すかさず県庁はいい機会だとばかりに、復旧工事と称して二年間10万円の巨費を投じて、堤防をさらに破壊した。それ以降、村民がどれほど請願しても断固として修築せず、警察の権力を借って村民を脅したり、法律の力に訴えるというような圧力をかけてきた。彼らは村民を移住させ、硬骨漢に対しては金銭をちらつかせ、酒色によって誘惑をしかけて買収した。20年前、睦奥宗光によって企てられた陰謀は、時の運を得て、原敬の手によって今日の強行となったのだ。数十年におよぶ大きな事案が、一瞬にして雲散霧消してしまうかのようである。
わすれてはならない。とるにたらない小村谷中村は、数十年にわたって鉱毒で数十万人の人々を苦しめて来た足尾銅山所有者である古河家の顧問を務める内務大臣原敬によって滅亡させられたのである。この間、どんなことが行われたのか、想像に難くないはずである。
このように谷中村は滅亡した。このように悪魔たちは勝利の歌を歌っている。しかし、言ったところで正義の力は弱いのだからと、また、言ったところで国家権力は強大なのだからと、言うかも知れないが、いまや彼らの陰険で残忍な組織的罪悪は火をみるよりも明らかな事実として、わたしたちの目の前にあるのではないだろうか。血も涙もない冷血漢であっても、この凶暴な為政者の残した害と、それによって苦悩させられてきた幾万もの愛すべき同胞の姿を見ては、憤り、涙するのではないだろうか。
わたしは、これまで何度か谷中村を訪ね、政府の暴政と村民の惨状を広く訴えたりもしてきた。さらに、ことここに及んで、わたしの言うべきことはない。ただ、非力ながらも正義心をおこして、この『谷中村滅亡史』を書くことにした。本当に非力な表現力ではあるが、この権力者の大罪悪を、未来永劫古びることのない宇宙の歴史に刻み込むべく、筆をとるものである。できれば、わたしの筆力が、この驚くべき、痛憤すべき、号泣すべき、為政者資本家たちの大きな陰謀、大きな罪をあばきだし、彼らに完膚なきまでにつきつけることができますように。

Meiji 35, 1902, Akamanuma, a marshy lake, flooded and broke the bank of Yanaka-mura. The office of the prefecture took this opportunity and enforced a recovery project, paid 100,000 yen over two years, which simply destructed the bank further. No petition for reconstruction of the bank succeeded. More over, the prefecture threatened people with the police and sued them unlawfully. They forced the villagers to move and seduced hard-nut-to-crack type people with money and with night life. What had been planned by Mutsu Munemitu twenty years ago gained power of time and accomplished by the hand of Hara Takashi. It is as if a huge issue of decades has gone with wind and vanished into the air. We should never forget. A very small village of Yanakamura, which suffered the pollution from the Asio Copper Mine, which is owned by Furukawa Family, was destroyed after decades of harassments from the officials, commanded by Prime Minister Hara Takashi, one of the advisers to the family. What had happened in those year? It is not difficult to imagine.
Alas, this is how Yanakamura diminished. The deveils are singing the songof victory. Justice failed, the power of the Government strong, you’d say. Yes, their systematic guilt is laid in front of our eyes, wily and cruel. Even a most brutal of brutalist shed tears over what the government officials had done to these adorable people.
I have visited Yanakamura many times and pledged their plights. What more is there to tell today? I have determined to write the history of Yanakamura, although my power of writing is not big enough, but from my sympathy and just. I wish to engrave onto the eternal history of the universe of the deeds of the Government officials and capitalists, their crimes, and throw that epigram to their face.

p.29

第一 鉱毒問題の起因

谷中村がいま直面している問題は遊水池であるが、実はその遠因は鉱毒問題に端を発しています。というよりは、遊水池の問題と鉱毒問題とは、一つで二つ、二つで一つというような、名前は二つあるけれど、現実は一つというようなものなのです。ですから、谷中村の問題を論じようとするときは、まず鉱毒問題から語らざるを得ない。ここで、もう数年にわたる鉱毒問題について、まず、語りたいと思う。
そもそも、鉱毒問題が起こったのは、その原因は足尾銅山である。東京から北へ40里、野州(下野国)が上州(上野国)と接して山が連なっているあたりに、銅の鉱脈がある。足尾銅山である。伝えられるところによると、慶長15年(1611年)、近隣の民が発見したという。それ以来約300年の間、徳川氏の直轄であったが、明治新政府になって、日光県が管轄することとなった。明治10年3月(1877)、政府はこの銅山を古河市兵衛に貸与した。古河はこの銅山経営にあたって巨万の富を投資し、規模を拡大し、設備投資し、その様子は昔日とはまったく変わってしまった。たしかに古河氏は採鉱精銅の部分では経営に苦労したと言えるが、操業から引き起こされる鉱毒の予防については、なんの工夫もすることがなかった。しかも、それを監督する政府の側も、そのような配慮を求めることを怠ったのである。世間の人々は、足尾銅山を見て、その設備の壮大なこと、規模が大きいこと、産出額の多いことを見て、賞賛の声をあげるのだが、その背後で、銅山から流れ出る毒は、害をまきちらしていたのである。
精銅が持ち出された後には、坑口には廃石、鉱滓(スラグ)が残され堆積していくのだ。この廃石にはまだ6%ほどの鉱物が含まれ、それが流れ出ると土地を荒らし、人畜に害を及ぼすような代物なのである。毎年毎年、間断なく搬出され続けるこの廃石捨て場に困って、鉄道を延長して深山に入り、山腹を横切って渓谷に捨て、あるいは道路の敷石などにもしたのである。渓谷、窪地、いたる処が廃石で埋められ、鉄道を延長するに及んで、会社はこの費用が巨額になることを恐れて、渡良瀬川に投げ捨て始めたのだ。この大量に毒を含んだ銅屑、鉱石、坑口から流れ出る毒水などは、谷を埋め、渓流に注ぎ込み、ただちに渡良瀬川へと流れ下ったのだ。また、鋼業が発達するにつれて、銅山付近の山林を伐採して用い、また銅製錬から吹き出す煙が近隣2里四方の山林を破壊したので、昔は、老樹がしげりうっそうとしていた山林が荒野と化し、岩肌がむき出しで崖崩れが起こるような、一木一草たりともみかけることのない裸地になってしまったのだ。このために、ひとたび豪雨が降れば、河の水はたちまち増加し、水は勢いをましてうずをまいて奔流となる。ながれこむ支流もまた同様に増水し、あふれんばかりである。ある年の洪水は、上流から土砂を押し流し、川底を埋め、結果河床が高くなり、水の勢いは下流にいくに従って遅くなり、かえって上方へと逆流し、両岸の堤を決壊して氾濫する有様である。まったく、田園一円を一面の毒の海とするまで、止まることがない。このようなしてしばしば襲来する洪水には、常に驚くほどの大量の鉱毒が含まれており、そのために渡良瀬、利根川の沿岸一帯は荒れ果てたのである。
以下に鉱毒問題の歴史をもう少し記しておきたい。

Chapter 1 The Cause of Pollution from the Mine
The immediate problem that Yanakamura face is the damming of the reservoir, but the real cause is the pollution from the mine. Rather, the problem of the reservoir is the problem of the pollution from the mine and these problems are one. So, if you want to discuss the problem, you have to start with the pollution, which lasted some year now.
The pollution is from Asio Copper Mine. It is 40 ri (120km) from Tokyo to the North and located in the mountains between Shimotuke and Kouzuke. First the copper lode was found in 1611 by local residents. Since then, over 300 years, the mine was owned by the Tokugawa Government. The ownership was then transferred to Nikkou Prefecture under the Meiji Regime. The Government loaned it to Furukawa Ichibee in 1877. Mr. Furukawa invested huge capital of to this mine and expanded its operation and changed the whole aspects of the mine. It is true that Mr. Furukawa did take the risk of investment of the refinery for copper, but he did not pay any attention to the foreseen damage from the pollutions. It was the same for the Government which was responsible for monitoring and supervise the operation. It did not demand for pollution prevention measures. General public was amazed by the size, its modernity, and its volume of production and praised the mining. But in the back of this success, the poison from the mine was spread all over.
After the refined cooper was extracted, there were goaf and slag left at the mouth of the mines, accumulating. In this goaf, there was about 6% of copper contained which could damage the land and harm the people and livestock. Year after year, the more the production of copper, the more the accumulation of goaf and slag, which had nowhere to go. The company had to go further out into the mountains and extend the railway to carry them, or they had to fill the valleys and even pave the roads with them. Being worried with the cost of the railroad construction, the company started to through the wastes into the Watarase River. This bulk of wastes which contained copper and poison flowed into the valley and streams which run into the Watatrase River. Also, the forests in the area was harvested for the demand for refinery, and also the fumes from the refinery damaged the forests for some square miles upward of Asio. Once it was greens all around, then became a land of no plants with naked rocks. Destruction of the forests in the mountains led to flooding of streams. When a heavy rain come, the water gained volume and rushed down the valley. All these streams running into the river were all flooded. Floods of one year carried soil and sand from up stream and deposited onto the river bed and raised the bottom and the prevented the flow of water at the downstream, and flooded the up stream area, destroyed the banks, flooding the whole area. The flood never stopped until it flooded all areas of patty fields in the region. The water carried so much pollutants therefore destroyed the floodplain of Watarase and Tone Rivers.
I am going to write about the history of pollution further next.
[PR]
by eric-blog | 2015-10-30 17:26 | ◇ブログ&プロフィール | Comments(0)

いじめない力、いじめられない力 60の”脱いじめ”トレーニング付

『いじめない力、いじめられない力 60の”脱いじめ”トレーニング付』
品川裕香、岩崎書店、2014
2383冊目
リジリエンシー、弾力を身につける。個人としても、そしていじめてしまう集団としても。

https://www.dropbox.com/s/910uv7s3got7kch/いじめない力.pdf?dl=0

著者は犯罪心理学の研究者らから引用して、以下のような特徴を弾力のある人の特性としてあげています。

「社会的能力が高い」
「自発性が高い」
「欲求不満耐性が高い」
「困難を跳ね返す力があること」
「物事をあきらめないこと」
「人から好感をもたれること」
「楽観的であること」
「知能が優れていること」
「大人を引きつける魅力があること」
「よい意味での注意や支援を、周囲から引き出す力があること」
「問題解決能力が高いこと」
「目的意識やセルフ・コントロールする力が高いこと」
「先を見通す力があること」
「自尊感情が高いこと」
「自己効力感が高いこと」
「自分のことを理解し、短所を乗り越える力があること」
「社会的に望ましい行為をして社会に貢献する傾向が高いこと」

つまり、弾力があるということは、保護要因をたくさん持っているということ。
それがいじめない力、いじめられない力。36

第二章 いじめに関わらない力
1.自分の気持ちをコトバにできる力
2.自分自身のことをわかる力
3.自分をコントロールする力
4.達成感を得て、自分の可能性を信じる力
5.自分で決定する力
6.自分の将来に期待する力
7.問題に気づいて解決しようとする力
8.人の話を聴く力
9.事実と意見を分けて伝える力
10.相手の感情や態度を読み解く力
11.社会に貢献する力
12.将来を楽観する力

ダン・オルウェーズ博士があげるリスク要因
1.貧困
2.家庭内暴力や子ども時代のトラウマ
3.民族差別やそのほかの差別
4.あいまいな、もしくは過剰なしつけ
5.アルコールや薬物などの依存
6.暴力メディアの影響
7.学力不振
8.神経学上の機能不全

a0036168_1373632.jpg


LD・ADHD・アスペルガー症候群 気になる子がぐんぐん伸びる授業  すべての子どもの個性が光る特別支援教育
品川裕香、高山恵子監修、小学館、2006


えじそんくらぶの高山サンが監修。
http://www.e-club.jp
この本で紹介している個別化対応は、何かが少し違うだけで学校で生きづらさを感じている子どもたち、被虐待児、転校生、帰国子女、外国人など、にとっても大切なことだと。

違っていてもあなたは大切。

そういうメッセージは、子どもがどういう場合でも大切ですね。

漫画で書かれているので、親切。

こんな対応はNG、こうするといいよ、というのがわかりやすい。
[PR]
by eric-blog | 2015-10-30 15:53 | ■週5プロジェクト15 | Comments(0)

アジア・太平洋戦争と全国水平社

アジア・太平洋戦争と全国水平社
朝治武、解放出版社、2008
2382冊目

1922年3月3日に創立、1942年1月20日消滅した全国水平社。

それは1937年7月の日中全面戦争勃発からの水平運動の帰結であり、アジア・太平洋戦争の開始直後のことだったと、著者は解説する。276

・戦争協力と右翼化という戦争責任
・権力の圧力への抵抗
・中央融和事業協会との合体と融和団体化、大和国民運動

というような課題が、消滅にからんでくるという。

1940年、全国水平社最後の大会、第16回以降から消滅までをていねいに著者はひもとく。

1940年8月28日、全国水平社第16回大会が東京の協調会館で開かれた。281

第一号議案は「皇軍勇士に対する感謝決議案」

どんなに国内では対立し、請願し、異議申し立てをしている運動でも、ひとたび、国の行う戦争に、自分たちの仲間が徴兵され、戦死していけば、感謝するメンタリティ。

このことだけで、ワークができるなあ。台本つくって演劇にしたらどうだろう?

この本は、水平社にかかわった多くの人のクロニクルである。これほどたくさんの人名で語られている歴史書。

今日が返却の期限なのだ! 残念! 北区図書館の本じゃないから、再び借りても、期限の延長ができない。しっかりと読める時に借りたいなあ。
[PR]
by eric-blog | 2015-10-28 09:15 | ■週5プロジェクト15 | Comments(0)

ESD fc 対立を力にCR2015記録 

対立を力にCR2015記録 
2015年10月24-25日 

以下が予定していた内容。
しかし、今回「Active Hope」の内容を取り入れることで、ESDとして『対立から学ぼう』というスキル系のカリキュラムをどう扱えばよいかを考えることができるのではないかと考え、かなり変更を加えた。

セッション1 共通基盤づくり
11:00-13:00
1. 二日間の内容について
2. 「対立」って何だろう? [出発点「知っていること・知りたいこと」]
3.  傾聴
4. 二日間の心がけ[一人で→ペアで→全体で]
5. ふりかえり

セッション2 流れのあるプログラム体験
14:00-16:00
1.対立は悪くない
2.対立を激化させるもの
3.対立の扱い方、特徴と限界
4.「調停」のモデルから考える
5.
セッション3 『対立から学ぼう』教え方・学び方の特徴
16:00-18:00
1.「さまざまな感情」でふりかえり
2.共感的傾聴
3.テキスト・リーディング『対立から学ぼう』の構造
4.ふりかえりとまとめ 3つのキーコンピテンシー

セッション4 アクティビティ実践
9:00-12:00

セッション5 プログラムの評価
13.00-15.00

セッション6 まとめと個人的行動計画
15.00-16.00

◆実際に行ったプログラム

セッション1 共通基盤づくり
11:00-13:00
1.二日間の内容について
2.Active Hopeのサイクルの説明
3.「感謝」[ペア作業 3’×2]
4.「世界に対する痛み」[ペア作業 3’×2]
1.傾聴
2.二日間の心がけ[一人で→ペアで→全体で]
3.ふりかえり

セッション2 流れのあるプログラム体験
14:00-16:00
1.カリキュラムの説明『対立から学ぼう』『対立は悪くない』
2.「対立」のイメージ図
3.ネガティブなイメージを変える水晶の玉
4.対立は激化する
5.対立の扱い方
6.対立の場面のセルフカウンセリング
7.対立の「怒りの温度計」
8.共感的傾聴
9.わたしメッセージの練習
10.価値観をESDで点検する。より普遍的な価値観がより普遍的な共感につながる。

セッション3 ふりかえりとまとめ
16:00-18:00
1. 対立の扱い方から学んだこと[自由記述]
2. 良かった点・課題をアダプト方式で
3. 学んだことをA3にまとめる

セッション4 カリキュラム開発と五つの手だて
9:00-12:00
セッション5 バリアの克服
13.00-15.00

セッション6 まとめと個人的行動計画
15.00-16.00

特におもしろかったのはセッション3です。
ていねいに一つずつの手順を確認したので、全体像をつかむのにも、また、一つずつのアクティビティの意味や活用のバラエティを確認できました。

■セッション1のふりかえり

いつもの共通基盤とはかなり違うアプローチをとりました。
今年度作成したハンドブックでは「スキル」指導についてはあまり触れていません。今回活用した方法論は、追加したいと思っています。

アクティブ・ホープの「どんなときにも希望を失わない生き方」は、次回の研修「未来を学ぼう」でも同じ考え方が出てきますが、「なってしまう未来」ではなく、「なりたい未来」のビジョンをもって行動するということと同じです。

1994年に出版した『テーマワーク』にもあります。

1991年に出版した『ワールドスタディーズ』でも「世界はこれからどうあるべきか「イメージの地図」」(p.153)において、「こんなふうになったらいいな」というイメージを持つワークがあります。
テーマワーク、p.91
未来を学ぼう、p.173

アクティビティのやり方は違っても、「なりたい未来」のために行動するというのは、国際理解教育のいちばん最初からあるのです。なぜならば、国際理解教育というのは人類共通の課題に気づき、そしてその問題解決のために行動する人材育成であり、問題解決とは、いまとは違うやり方、あり方、向かう方向を含むからです。「これまで通り」は国際理解教育の教えるところではありません。

また、環境教育においても、「いま」を変えるために、どのような未来をイメージするかのワークは取り入れられています。

わたし自身の体験にはありませんが、きっとその考え方は黒人解放、女性解放、部落解放などにもあると思います。そうでなければ、文化的社会的伝統的な価値観に根ざした差別のある社会で生き延びること、解放をめざして運動をすすめること、継続することなどできないからです。

そのように考えてくると、アクティブ・ホープのメッセージは主流派にも「なりたい未来」のイメージの共有が広がって来た証とも受け取れるのです。日本での担い手の中心は男性です。

もう一つ、アクティブ・ホープを取り入れようとした理由は、「感謝」から始めるというところです。「なりたい未来」のために努力するというのは国際理解教育、環境教育、人権教育、いずれにも共通するものですが、どちらかというと現状批判やオルタナティブな選択肢を推奨しがちになってしまいます。感謝から入るのは、あまり経験がありません。

しかし、例え現状にどれほど不満があり、課題があり、危機的な状況であるとしても、そのような認識をいま人類が持っているということ、そのような認識を生み出した社会であることを思うと、すごいことだと言わざるを得ないでしょう。
『生命40億年全史』を書いたフォーティは本の最後で、次のように述べています。
「ゲーテは「われは驚くために存在する」と語っている。,,,たしかなのはただ、この先も変化は続くということのみである。変化の原因として人間が関与することはまちがいない。,,,人間には、影響を予測することができるということだ。」
http://ericweblog.exblog.jp/803974/

40億年という長さの事柄を一冊の本を通して知ることができることも、いまの時代のすごいところですが、「人間が影響を予測できる」ということもすごいことです。

エネルギー・ミックスの未来などは、まさしくその「影響の予測」の実例でしょう。

地球温暖化に関しては、すでに「不可逆的な」ポイントにまで来てしまっていると指摘する人もいます。20年前にやるべきことをやっていないからです。いまからやることは、いずれ、その傾向を軽減するだけにすぎないと。

そう、未来予測には暗いものが多いのです。

アクティブ・ホープがよいところはそこです。この本の出版母体であるWork That Reconnects Networkが繰り返し提示している「大転換の3つのストーリー」は、そのような批判行動は第一次元の行動だと言います。
http://workthatreconnects.org
http://ericweblog.exblog.jp/21778537/


3つの次元のすべてが大転換に向かうストーリーであるのです。
大転換 第一次元 地球とそのいのちに対する損害に待ったをかける
大転換の第二次元 わたしたちの生活の基盤を分析し、改革する
大転換の第三次元 世界観と価値観の根本的なシフトを起こす

よく聞くことは、互いの批判し合いですが、いずれも同じビジョンの異なるあらわれでしかないのです。

同様に、ヴァンダナ・シヴァがいうパラダイム・シフトも思い起こされます。

わたしが「20世紀の三独立系碩学」として必読書にあげているのは、ヴァンダナ・シヴァさん、ヘーゼル・ヘンダーソンさん、スーザン・ジョージさんです。ジョアンナ・メイシーさんをそこに加えたいと、この「Coming Back To Life」を読んで思いました。

未来のビジョンを持ったり、科学技術産業社会に対するオルタナティブな取り組みを賞賛し、現状に対して批判的な表現を嫌ったり、無為であったりする。

あるいは批判することを優先し、価値観の変革には目もくれない。1970年代の学生運動の中に女性に対する抑圧があったり、批判している天皇制と同じ体質を運動団体が持っていたり。

どうすれば、これらの3つの次元の変革のストーリーを統合することができるのか。すべての行動に参画することは、限られた時間しかないわたしたちにはできないことですが、どのストーリーの大切さも理解することができるようになること。

それが「感謝」だと思います。 『アクティブ・ホープ』o.11より

そして、「WTR Work That Reconnectsつながり治すためにあなたができること」は「世界に対する痛み」を見つめます。

仏教学者であるジョアンナは、「他者の痛みを共有することができる」ことは強さであり、そしてそれは大慈大悲の慈悲心のあらわれだと言います。

これは「感謝」に並んで、とても力づけられるものです。わたしが世界のことに悩み、他者の状況を助けるために行動を起こしていることは、慈悲心にも似たものなのだと知ると、とても心が満たされます。

苦しいことなのに、心づけられる。

続けようと思う。

つながりを取り戻すことの大切さを思います。

■セッション2の流れをセッション3でまとめました。

セッション3では、セッション2の流れをふりかえり、一つひとつのアクティビティについて「良かった点・課題」を分担して分析。全体共有の中で「応用」を確認しました。




今回は、参加者が少なかったので、フェイントをかけやすかったです。

例えば、対立についてのイメージは、やはりネガティブなものが強かったので、どうすればポジティブに観れるかを自分に贈る「水晶玉」と考えました。

・羽化すると飛べる
・ちゃんと話す、消化する
・自分が見える喜び
・絶望こそが希望である
・感情的になってしまう自分に自信を持つ

対立の場面のセルフカウンセリングの後に「怒りの温度計」(p.46)のスクリプトを読んでみる。単に「怒りの温度計」の概念を知るだけでなく、セルフカウンセリングでふりかえった「相手の気持ち」について、「人のイライラ・トリガー」多様であることを落とし込む。

相手の気持ちをよりさまざまな角度からふりかえることに役に立つ。と思いました。アクティビティは、ちょっとした位置づけの違いで、意味の焦点が違ってくるもの。今回は、本当に、「人のイライラ・ポイント」は違うんだよなあと、しみじみしました。

セッション2の最後には、さまざまな感情とその背景にある価値観を確認し、最後に、ハンドブックp.6の「ESDでつけたい概念」によって、自分の価値観を点検。わたしたちの価値観を、ESDのつけたい価値観とつきあわせて、一人ひとりの選択として、修整していく。それをくり返すことで、一人ひとりの行動がよりESD的なものへと向かって行く。行動変容を実現する教育は、たった一度の授業で変わるものではないのです。

「目からウロコ」と思っても、行動は保守的なもの。人間は習慣の生き物だからです。生活習慣病のように、長い目で取り組まなければ、そして、周りの仲間とともに、しっかりとした目標をもって続けなければ、達成できないものなのです。

わたしたちは変わらなければならない。1972年のストックホルム会議以来、ずっと国際社会がつきつけられてきた課題です。それは、「これまで通り」を続けようとする再生産の力との、恒なる拮抗状態の中で、取り組まれてきました。

地球と人類のよりよい生き残りのために、わたしたちは変わらなければならない。その努力は、いまも、そしてこれからも続くのです。よりよい質の教育を求める人々とともに、市民社会組織の仲間とともに、そして同じビジョンを共有する国際社会とともに。


■セッション4 カリキュラム開発

資料として使ったのは「わたし・あなた・みんなのスキルを伸ばすアクティビティ・リスト」と「スキルビルダー週間月間計画表・年間計画表」。

これはいまのハンドブックに入れていない。でも、これなしではカリキュラムを考えることはできない。

スキルを伸ばすためには、1.まず自分の現在のスキルを意識化する、2.肯定的にとらえる、3.目標をもって習熟する の三段階があります。スキルは習熟して、活用できるようにすること。そのために、手だては蓄積的に、継続的に、そして、首尾一貫した態度で実施する必要があります。

「学校のヒドン・カリキュラム」の存在が指摘されたのは1970年代のことだったろう。学校が唱えている理念と、現実的に教えていることや方法、そして環境全体が発しているメッセージが、一致していない。学校には「隠されたメッセージ」があるという指摘です。

マクルーハンは「メディアはメッセージである」と言います。どのように伝えるかという媒体(メディア)そのものにメッセージがあるということです。
例えば、講義形式の授業では、教師の側が教え、学習者は学ぶという役割に固定されています。「学び合う」というメッセージにはなりません。
教科教育においては、教師は先達でありますが、環境問題の解決においては同じ地球市民です。「共に学ぶ」というメッセージが、子どもたちの動機付けにつながります。また、現実的に社会に出た時に必要となるスキルの発揮にもなるでしょう。

伝えたいことと、伝え方を一致させること、一貫性が、教育効果につながります。

スキル習熟のための手だてには1. 自分自身でジャーナルをつける、2. アクティビティを単発で取り入れる、3. 授業時間などを使って流れのあるプログラムで行う、4. 環境・風土を整える、5. 個別への働きかけの五つが考えられます。

ジャーナルをつけることは、『対立から学ぼう』のテキストで取り入られていて、できれば、生徒がつけた実際の事例をとりあげて授業をすすめるようにとすら書いています。自分自身の対立のケースに、学んだことをあてはめて考えること、応用することがねらいです。

学習者の様子を見ながら、単発で短いアクティビティ、傾聴や協力を学ぶゲームなど、を取り入れることも、可能です。きちんと授業時間をとって意図的にスキル指導を行うことだけがスキルを伸ばすための手だてではありません。逆にいつも意識化できるように、ちょっとしたアクティビティを頻繁に取り入れることも効果的なのです。(ちょっとしたアクティビティのアイデアは『いっしょに学ぼう』『いっしょにできるよ』などの幼児期からできる自尊感情やコミュニケーション能力を伸ばすためのアクティビティ集が参考になります。)

4番目の手だてが、さきほど言った「環境・風土全体で一貫したメッセージを伝える」ことです。学校風土全体、そして学級全体でも、自尊感情を尊重しあい、ポジティブなコミュニケーション、対立を前向きに扱う姿勢が存在することがスキルの習熟をすすめます。教職員の一致した態度、コミュニケーションのあり方も含めてです。

5つめは、個別対応です。スクールカウンセリングなどもあるでしょうが、一人ひとりのニーズに合わせた働きかけは、教育の教育たるゆえんでしょう。教育は集団行動のトレーニングではなく、一人ひとりに力をつけることが目的だからです。集団は、学びと成長のために不可欠です。人間は社会的な生き物だからです。しかし、教育は集団を通して一人ひとりを育てるためのものであることを忘れてはならないでしょう。学校を離れたら、子どもたちは一人ひとり別の人生を歩のですから。

これらの手だての必要性はあまりにも自明のことであるので、これまで分析と確認を怠ってきましたが、「みんなの頭で」再確認することが、手だての習熟につながると思います。

スキルは頭でわかっているだけでは身に付かない。それは指導者育成においても同じことだということを、幾度でも確認しないと、ですね。

■セッション5 バリアの克服

どんな個人、集団、社会をめざしたいかという目標を共有し、「力の場の分析」によってプラスに働く力、マイナスに働く力を出しました。あまり元気の出る内容ばかりとは言えませんでしたが、それぞれに発見がありました。

このセッションで「ゴー・フィッシュ」を行いました。「ていねいすぎると面白くない」を実感するためです。

カリキュラムやいずれの手だても、整いすぎていると面白くない。学習者とともにつくりだす余地を含んだ「半構造的」なものとして準備すること。

インプロは教育の現場にとって重要な要素です。教育は工場生産ではないのです。


■セッション6 個人的行動計画

 ハンドブックに紹介している枠組みで個人的行動計画を考えた後、アクティブ・ホープの「新しい目でみる」ためのアクティビティ、「菩薩の心」を行いました。
このアクティビティも、とても元気をもらえるものです。
http://ericweblog.exblog.jp/21753752/
わたしたち一人ひとりは、この世を憂える菩薩の生まれ変わりであり、それぞれが与えられた使命を果たすために、人種、性別、両親などを選んで生まれて来たのです。

自分に与えられた条件が、それがどんなものであっても、いとおしく思えるといいですね。たった一回のワークで、これまでの見方が180度変わるとは期待すべきではありませんが、何かのきっかけにはなるのではないでしょうか。

ジョアンナさんはこれらのワークを、いろいろな課題、さまざまな苦悩に直面した時に、どう解決しようかと深く熟考し、生み出して来ています。その背景が『アクティブ・ホープ』にも書かれています。

日本社会には日本社会の悩みがあります。ERICのファシリテーター・ラーニング・ネットワークは、それらの課題に応えるべく、例えば『対立から学ぼう』については『対立は悪くない』というワークブックを追加的に開発してきました。また、「日本型コンフリクト」や「日本社会の○△□」という概念も発見し、その課題に応えるアクティビティも開発してきました。

米国のジョアンナが仏教の教えから学び、日本のわたしたちが米国で開発されたカリキュラムから学ぶ。

持続可能性というのは、わたしたちの地球規模での危機感の共有と問題解決のための知恵の学び合いによってのみ、実現できるのだと思います。


■今後実現したいアイデア
➢対立を扱っている絵本シリーズ
➢対立の場面を四コマ漫画にする
➢何が対立、すなわちあなた自身の自己表現や主張を抑圧するのかという視点
[PR]
by eric-blog | 2015-10-28 00:32 | □研修プログラム | Comments(0)

Study Guide for Coming Back to Life

a0036168_1443674.jpg


Study Guide for Coming Back to Life
By Molly Brown and Joanna Macy

リフレクション(熟顧)、ジャーナル(行誌)、グループでの探査/explorationのための問いを紹介します。これらの問いが「Work That Reconnects」についての理解を深めることを期待しています。そして、WTRの背景にある世界観やパラダイムについても。まずは、問いすべてに目を通してみて、あなたに話しかけてくる問いに目を止めてみてください。すべての問いにすべての人が反応することは期待していません。(試験でもありません!)

第13章「大転換(the Great Turning)のためのメディテーション(瞑想)」については、問いの代わりに、グループでメディテーションをリードするためのガイドラインを示しています。

第一章: いのちを選ぶ  Choose Life
1.あなたは「産業成長社会」をどう理解していますか。実際に、世界のどのような動きになっているでしょうか。
2.苦しみ/sufferingをもたらす3つの毒(仏教の教えにありますが)は、どのように産業成長社会に制度化されているでしょうか。(貪・瞋・癡(とん・じん・ち)無知、愛・貪欲、怒り・憎しみ)
3.あなた自身の人生で産業成長社会の影響をどのように感じてきましたか。あなたの共同体や地域に対してはどうでしょうか。
4.いのちが持続する社会/Life Sustaining Societyについてのあなたのビジョンはどのようなものですか。
5.「3つの物語」はあなたの人生ではどんな風にあらわれていますか。地域ではどうですか。あなたのまわりの世界ではどうですか。
6.大転換the Great Turningのために「待ったをかける行動holdiing actions」リストのどれをやったことがありますか。あるいはなんらかの支援をしたものはどれですか。このリストに付け加えたいものはなんですか。
7.待ったをかける行動の目標リストpp.7-8を読んでいて、あなたにわき起こる感情はなんですか。付け加えたいものはなんですか。
8.大転換の第二第三次元のもので、あなたがやったことのあるもの、あるいは支援したものはどれですか。これらのリストに付け加えたいものはなんですか。


第二章 最大の危機:  感情と心が死んで逝く Greatest Danger
1.世界に痛みを感じたことがありますか?また、見たことがありますか。
2.「これまで通りのビジネス」がわたしたちの感情と心を死に至らせている。How?どのようにしてでしょうか。
3.過去において、あるいはいまもなお、あなた自身があなたの感情と心を死に至らしめていることがありますか。How? どうやって?
4.この死に至りつつあることが、あなたの周りの人々に与えた影響はなんでしょうか。その影響に対抗するためにあなたが試みたことはなんですか。

【ワークシート「抑圧の要因」】
https://www.dropbox.com/s/t7urlooddhjcwww/%E6%8A%91%E5%9C%A7%E3%81%AE%E8%A6%81%E5%9B%A0.pdf?dl=0

第三章 そこにある奇跡: わたしたちの本然と力 Basic Miracle

1.過去において、p.38でベイトソンが描き出している世界観を共有していましたか。その世界観を変えるのに役立ったものはなんですか。この世界観を他の人に見いだしたことがありますか?
2.システム思考のレンズを通すことで、世界やいのちを違うように見直すことができますか。この視点はあなたをわくわくさせますか? How?
3.さらに深める問いを、あなた自身が問いたいと思っているものは何ですか。ガイア理論、ディープエコロジー、人間中心主義、あるいはエコロジカルな自己というような概念は、その問いを刺激しますか。
4.本で紹介されたスピリチュアルな伝統の中で、どれがあなたをかきたて、深めますか。How?
5.あなたが何ものであるのかを理解することを助けてくれた人生における選択はありましたか。
6.あなた自身の「積極的崩壊/positive disintegration」は何でしたか。その経験から生まれたことは何ですか。
7.54-55ページに描かれているような、集合的選択を体験したことがありますか? どんな感じでしたか?
8.あなたの人生で「やりこめられた/power over」の経験はありますか。力の側で?あるいは力で支配される側で? それはどのように破壊的でしたか。なんらかの役に立ちましたか。
9.「力を分かち合う/power with」を経験したことはありますか。何がそれを引き起こしましたか。あなたにとってはどんな感じ?
10.組織や社会システムに対するフィードバックを受けとめましたか。それは挑戦でしたか、エンパワメントでしたか。How?
11.あなたの人生と仕事でシナジーを感じたことは? 世界では?

第4章 つながりを取り戻すためにあなたができることって何? Work That Reconnects つながり治しのためにあなたができること
1.「できることの目標」を読み進めながら、これまで参加したワークショッブで体験したそれぞれの目標についてリフレクトしてみましょう。
2.この「できること」の背景にある6つの想定をあなた自身の言葉で表現するとすれば?
3.同様に、「スパイラル」をあなた自身の言葉で表現するとすれば?
4.シャンバラの予言を現在の世界にあてはめるとすれば?
5.WTRのワークショップを企業に持ち込もうとした場合、あなたが直面した困難はなんでしたか。

第5章 つながりを取り戻すためにあなたができることをガイドする
1.ワークショップの参加者としてのあなた自身の体験をふりかえって、そのグループで見いだした価値観は何ですか。
(ア)Reflecting on your own experience as a participant in workshops, what value how you found in working in groups?
2.ファシリテーターとしての任務、スキル、資質について読みながら、あなたが有能だと感じるものは何か、書き出してください。もっと自信のないところについてはどうすればさらに大きな自信が得られるでしょうか。
3.ワークショップに参加するのに直面した問題は何ですか。役立ったことは何です。
4.グループの中の「強い感情」を扱おうとする時に課題だったのは何ですか。P.79-81の提言は役立ちますか。強い感情と向き合うために、あなたの能力を拡大するためにできることは何でしょうか。
5.儀式的に行われることについてのあなたの体験や儀式を取り仕切った体験を考えてみます。参加者あるいはリーダーとして役立ったことは何です。居心地がわるかったのはどの方法ですか。
6.ワークショップのために物理的に理想的な状況を描いてください。どのような物理的な特徴を避けたいですか。実現したい環境はどんなものですか。
7.ワークショップやグループをリードする時に、資金についてどう考えるを探ってみます。
8.ワークショップでのあなたの体験をふりかえって、あなたがオープニングとエンディングの時に、自分自身のワークショッブで取り入れたいことはなんですか。
9.これらのオープンセンテンスの問いに応えてください。
(ア)わたしのWTRをファシリテートするアイデアは、完全に行かれています、なぜならば。。。。。
(イ)WTRのファシリテーターとして、わたしが活動するというのは、世界でもっとも自然なことです。なぜならば・・・・
10.WTRを異なる対象や状況に当てはめようと思ったのはどんなことですか。

第6章 感謝から生まれてくるもの  Coming from Gratitude
1.WTRのスパイラルはなぜ感謝から始まるのでしょうか。感謝の感情や感覚を持つことは、どのような利益があるでしょうか。
2.感謝について、あなた自身のオープンクエスチョンを完成させましょう。本にあげられた問いの中であなたが使いたいのはどれですか。Why?

第7章 わたしたちの世界に対する痛みを敬する Honoring Our Pain for the World
1.世界の痛みや破壊に対するわたしたちの内面の反応として「おもてに出てくるもの/allowed to surface」(p.106)をあなたはどのように理解していますか。
2.わたしたちの痛みを敬うという考え方は「否定的な考え方」だという人がいたら、どう答えますか。
3.ワークショッブで体験したのはどれですか。これらの実践はあなたにどのような影響を与えましたか。感情的、認知的、精神的な面それぞれで?
4.これらのエクササイズを導くときに自信をもって行うために必要なことは何ですか。
5.Truth MandalaやDespair Ritualの最中にふざけているように見える人にどう対応しますか。

第8章 新しい目で観る Seeing with New Eyes
1.わたしたちが世界に対して感じる痛みを敬する時、新しい目で観ることへシフトすることをあなたはどう経験しましたか? どう理解することができましたか? あなたが理解したことをもっともよく映し出してくれるメタファーは何ですか?
2.産業成長社会が与えた夢が、実際には生物的、生態系的、文化的な諸システムを破壊する結果になったことについて、あなたが思い浮かべる事例はなんですか。(例えば、際限ない経済成長、利潤の最大化、コストの外部化など)
3.わたしたちがいのちを持続させる社会や経済を創造するためにできることにとりかかるために、どのようなものの見方のシフトが役立つでしょうか。現実の中では実際にどのようなことがあるか例をあげてみましょう。
4.この、世界を観るための新しい方法を伝える努力をしてみて、経験したことは何ですか。
5.あなたは、ワークショッブで、新しい見方のどれを体験しましたか。これらの実践があなたに与えた影響はなんですか。感情的、認知的、精神的に。
第9章 深い時 過去と未来の世代の人々とつながり治す Deep Time—Reconnecting with Past and Future Generations

1.産業成長社会では、わたしたちは「現在に孤立している」とはどういうことを意味しているのでしょう。その影響は何ですか。
2.WTRは、あなたが「時をふたたび生き治す」ことに役立ちましたか。How?
3.深い時の実践のどれがいちばん役立ちましたか。Why?

第10章 前に進む Going Forth
1.192-3ページに列挙されている「発見」のどれがあなたの生活をトランスフォームするものですか。How?
2.わたしたちが世界について感じている気がかりconcernを他の人と共有するのが難しいのはなぜでしょうか。よくある困難さ(p.195)の中で、あなたが直面しているのはどれですか。その次に紹介されているガイドラインのリストに付け加えたいことはありますか。
3.前に進む実践のどれをワークショッブで体験しましたか。これらの実践があなたに与えた影響は何ですか。感情的、認知的、精神的に。
4.スタディ・アクション・グループに参加したことはありますか。もしあるなら、うまく行ったことはなんですか、難しかったことはなんですか。
5.p214の五つの誓いにはどのように応えましたか。それらの誓いを自分のものにしたとして、どのようにあなたの役に立ちましたか。

第11章 子どもやティーンエイジャーとつながり治すためにあなたができること WTR with Children and Teens
1.子どもの無邪気さと前向きな外見を守りたいという思いと、世界でわたしたちみんなが直面している大きな挑戦があることのジレンマと、どのように向き合ってきましたか。
2.子どもの頃、あなたは大人が大切な挑戦的な状況について沈黙することについてどう感じていましたか。家族、地域、あるいはもっと大きな世界の状況について。これらの問題について、なんらかの役に立つ方法で大人はコミュニケーションしてくれましたか。How?
3.子どもたちと、世界が今日いのちがおびやかされる脅威にあるということを伝えましたか。How? 役立つのはどんなことですか。事態を悪化させるのは何でしたか。
4.WTRを子どもたちと行うことのメリットは何ですか。どんな体験がありますか。
5.子どもたちと実践したのはどれですか。どんな結果になりましたか。

第12章 有色の地域での学び Learning with Communities of Color
1.主流派の文化における人種、民族的偏見は、あなた自身の人生にどのような制約を加えましたか。あるいはどのような影響がありましたか。
2.どのような力、スキル、体験がWTRを有色の共同体で行う時に必要でしたか。
3.抑圧を受けて来た共同体からGreat Turningのために贈ることができるものは何ですか。
4.共同体の境界を越えて見いだしたい体験とは何ですか。
5.あなたは他の人の体験を聞くという居心地の悪さを共有する気がありますか。
6.もし、あなたがアメリカ人であるなら、あなたにも影響を与えている国の歴史をどう思いますか。侵略、奴隷制、女性蔑視などの歴史です。
7.WTRは、わたしたち自身の中にある人種差別と内面化された抑圧についての明晰さ、卑下、正直さを発見するのをどのように助けてくれるでしょうか。
8.先住民、非アメリカ人の伝統で、あなたがGTにもたらしたいものはどれですか。
9.p.253-4に紹介されているPT奴隷症候群が今日まで影響している大衆的監獄状況というものは現実にどのようなものがありますか。

第13章 GTにおけるメディテーション・瞑想 Meditations on the Great Turning
メディテーションをリードする時にやるべきこと、やってはならないこと
リラックスして集中することを伝えるところから始めましょう。呼吸を整えるのに2-3分過ごすのもいいでしょう。
自然な、あたりまえの声で、夢見ごこちや特別なトーンなどなしで、すすめます。人が聞きやすいようにはっきりと十分な声量で話します。
「わたしはあなたに見てほしいのですが・・・」というような表現に見られるような、あなた自身が現れる表現は避けましょう。
一文ごとにくぎりを入れて、それぞれの人がその意味について想像を膨らませることができるようにする。しかし、心がどこかにいってしまったり、眠り込んでしまったりするほど長くはないように。プロンプトからかき立てられたあなた自身の想像で時間をはかってもよいでしょう。
最大でも10分でセッションを終了します。とくに、人が座っていたり、寝転んでいる場合は。例外的には、からだの動きを伴う方法で行う場合です。例えば「Harvesting the gift of the Ancestor’s」あるいはMillingのような。動きは人々を寝させないし、集中を保ちます。
最後に、人々が「帰ってくる」ための時間を取るようにし、目をゆっくりと開けてもらいます。ペアあるいは三人組で共有する前に、ジャーナルを書いたり、絵にしたりする作業を入れるとよいでしょう。
Coming Back to Life  本編より
大転換 第一次元 地球とそのいのちに対する損害に待ったをかける
p.6 より「待ったをかける行動」 Holding Actions
不法な、憲法違反の政府あるいは企業の行動に警鐘を鳴らす
署名集めをしたり、論説員や行政に投書する、記事、ブログ、本を書く、立法府に対してロビィ活動をする。
トークショーをする、映画を上映する、ブースを出す、学習グループを組織する。
抗議行動、マーチなどのデモンストレーションをする。
企業や政府に対して法的な訴えを起こす。
投資引き上げキャンペーンを行う。
危険な、不公正な行為に抵抗するためにボイコット、企業や施設に対するピケはりをする。
長期にわたる抵抗キャンプを維持する。英国の気候キャンプのような。
生態系を破壊するものの建設、軍事的施設設備の導入を阻止する。
市民的不服従を行う。象徴的にサボタージュを起こす。政府や企業の所有地を横切る、税金不払い、どけと命令されてもどかないことなど。
不公正な逮捕の危険にある人にサンクチュアリ逃げ場を提供する。
絶食およびハンガーストライキ
産業成長社会によって犠牲にされている人々に対してジェルター、食物、診療所、法的支援などを行う。

何をターゲットにするか。
化石燃料の採掘、移動、精製
原子力発電、原発生産および実験
水圧破砕
ウランおよびその他の重金属鉱山
山頂をけずりとる鉱山開発
森林破壊
遺伝子組み換え
底引き漁、流し網、工場船
水の民営化(開発とボトル詰め)
化学物質依存の農業と工場農業
動物虐待
秘密の国際貿易取り決め(TTP,TTIPなど)
市民的自由と憲法上の権利を殺す行為、リプロダクティブ権利、企業による調査を含む。
軍事的侵略と占領
拷問と釈放
ドローン兵器
軍需産業と貿易
ファースト・ネーションの尊厳を濫用すること
大量投獄、独房、強制給食、監獄産業システム
長期の勾留、残留資格のなか人々の追放、子どもも含め
人身売買と奴隷
ホームレス、飢え、失業
利潤追求型健康保険制度、巨大薬品産業、そして彼らの自然薬活用者や産婆に対する攻撃も含む。
行政が支援する社会福祉、薬のサポートに対する妨害。
企業による政治献金および金集めキャンペーン
いかなる形におけるハゲタカ投資家、クレジットカード負債、学生ローン負債、サブブライム債券、ヘッジファンドやデリバティブ。

大転換の第二次元 わたしたちの生活の基盤を分析し、改革する
グローバルな経済についての勉強会
共有物の民営化を取り戻す法律をつくる
コミュニティの権利、自然の権利、未来の世代の権利をつくりだす。
再生可能なエネルギー
少数者の権利回復

大転換の第三次元 世界観と価値観の根本的なシフトを起こす
人種差別についての草の根からの認識の分析
ファースト・ネーションの人々の戦いと達成
母なる地球の権利をお祝いする
先住民の知恵と聖域を守る
シャーマン的伝統から学ぶ
野生に入り込む体験、ビジョンクエストなど
キリスト教、イスラム教、ユダヤ教の中に精神性を創造する
行動する仏教、それに似たヒンズー教の動き
エコフェミニズム
環境的正義を求める動き
わたしたちのつながり、ブレイクするーの新しいアイデアなどを表現する音楽、ビジュアルアート、詩や物語、踊り、シアターやフィルムなど

a0036168_14193360.jpg

[PR]
by eric-blog | 2015-10-27 14:43 | ☆よりよい質の教育へBQOE | Comments(0)

ERIC NEWS 460号 ともによりよい質の教育をめざして  2015年10月25日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ERIC NEWS 460号 ともによりよい質の教育をめざして  2015年10月25日
ERICの研修ハンドブックを活用しませんか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(文責: かくた なおこ 角田尚子
http://ericweblog.exblog.jp/
twitter : kakuta09  FBもやってます。)

遊ぶって、大事だなあと実感した先週末でした!

なんと、東京で見逃した歌舞伎『阿弖流為』を大阪で、夜行バスで往復して観てきました!

縄文とかアイヌとかは、どこか土着の心をわしづかみにするのですが、そこに「ミカド」の共同幻想的呪術と土着神アラハバキ神の戦いがからみ、やんちゃな坂上田村麻呂と阿弖流為の心のかよいあいがあり。もう、歌舞伎のワンピースも見に行こうかなあ、なんて思うほど。

歌舞いているなあああ! 歌舞伎者とは、あほらしいこと。

コンサートなどに病み付きになる方の気持ちが少し、わかりました!

そして、今週末は研修中! 昨日の土曜日の様子もお伝えしたいのですが、それはまた報告の方でやります! ブログで観てくださいね。

先週末の自分の体験を踏まえて、「元気の出る」研修をめざします!


◆◇◆What’s New?◆◇◆

◆勉学の秋? 楽しい学びの場がたくさんありますよ! もちろん、11月27-28日に予定されているERICの研修にも来てくださいね!

■あどぼの学校  2015年9月〜2016年2月(全10回/合宿2回を含む)
http://adobono.strikingly.com

■多文化共生をテーマとしたファシリテーション入門講座 
日時:11月14日(土)、21日(土)、28日(土)(全3回、13:00~17:00)
http://www.nic-nagoya.or.jp/japanese/nicnews/archives/18106
参加費3000円という安さで学べるなんて、公的な資金がつぎ込まれている証拠。人権研修の予算など、どんどん削減されている中、大事にしていきたいですね。

子どもの貧困解決すら、民間資金に頼ろうとするいまの政権。何を公的な資金で支え、何を優先させるべきか、ウォッチする必要がありますね。

◆以下、ぜひ、ご覧になってください。いま、教育が問われている。共に考える場づくりにとりかかりましょう。変化の時、あなたはどう動きますか? ていねいに考える。ていねいに互いの声に耳を傾ける。

■2015/10/17 学校に自由と人権を!10・17集会 子どもたちを戦場に送るな!(動画)
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/270820
「踏み絵」社会にするか多文化共生社会にするか。

■いま、教育がホットだ!
http://ericweblog.exblog.jp/21748035/
◆生きる力を育む学校・幼稚園がありますよーー。
http://ikihug.com
◆理想の学校を創ろうよ  
http://kokucheese.com/event/index/177298/
◆長編映画『子どもは風をえがく』
http://www.kazeoegaku.com/message/
三部作と言えばいいでしょうか。中瀬幼稚園の取り組みのドキュメンタリーです。以前、食育の時にも、この前編の映画に出会っていたことを思い出しました。いま、上映中のユジク阿佐ヶ谷、とても居心地のよい場所でした。小劇場なのに、椅子がとっても贅沢なんです! つい、寝てしまった・・・ほど?

■18歳選挙権が始まる。政治教育はどうなる?どうする?総務省&文科省制作の「私たちが拓く日本の未来」を読んでみよう! 主権者不在の担い手育成ってどうよ?
http://ericweblog.exblog.jp/21757416/


さて、本編です。


        ◆◇◆目次◆◇◆

◆◇◆1. 2015年度、ERIC主催研修 ESDファシリテーターズ・カレッジの予定
◆◇◆2.  ERICのテキスト在庫処分中! ぜひご協力ださい。
◆◇◆3. by ERIC これまでの活動

◆◇◆1. at ERIC主催研修ESDファシリテーターズ・カレッジ2015年度のお知らせ◆◇◆

10月からはスキル、行動力アップにつながる参加型学習の方法を学びます。

ESDはコンピテンシー、知識偏重ではなく、学んだことが「生きて働く力」となって、行動につながる教育を目指します。もちろん、その行動がESD的価値観に根ざしていることが大切です。

「対立の扱い方」や「未来を築く」行動は、そのスキルそのものがESD的価値観を体現しています。

「世界には多様な価値や表現、考え方がある」だから対立は当然のこととして存在するし、生起する。まずは、「対立することは悪くない」という価値観に立って、それをどう扱うかを考えるというスタンスで作られています。

「未来を学ぼう」は、未来志向の行動のあり方を提起するものです。

「なってしまう未来」を「仕方ない」とあきらめるのか、それとも「なりたい未来」を想起し、そこに向かう行動を選択して行くのか。一人ひとりの主体的選択を育てることが民主主義教育の基本です。そしてESDとは、その行動選択の規準に「環境」や「人権」という価値観が反映していることを求めるのです。

一人ひとりの日々の選択の結果が、未来なのです。

どんな未来を望むのか。学習性無力感を強化する教育に、あなたの教育はなっていませんか?
■ESDファシリテーター養成講座 スキル「未来を学ぼう」
平成27年2015年11月28日(土)29日(日)

■研修プログラムの概要

研修プログラム

セッション1 共通基盤づくり
11:00-13:00
1. 二日間の内容について
2. 「未来を学ぼう」って何だろう? [出発点「知っていること・知りたいこと」]
3.  傾聴
4. 二日間の心がけ[一人で→ペアで→全体で]
5. ふりかえり

セッション2 流れのあるプログラム体験
14:00-16:00
1.世界のイメージ図を書こう、好きな点・嫌いな点
2.差別のある状況
3.理想の未来は
4.行動計画づくり

セッション3 『未来を学ぼう』教え方・学び方の特徴
16:00-18:00
1.3つの省察・ふりかえりシート
2.点検、ESDとしての再方向づけの視点を持つ
3.『未来を学ぼう』の特徴テキスト・リーディング
4.ふりかえりとまとめ

セッション4 アクティビティ実践
9:00-12:00

セッション5 プログラムの評価
13.00-15.00

セッション6 まとめと個人的行動計画
15.00-16.00


■2015年(平成27年)6月27日28日テーマ「国際理解」 終了
http://ericweblog.exblog.jp/21486407/

■2015年(平成27年)7月25日26日テーマ「PLT木と学ぼう・環境」 終了 http://ericweblog.exblog.jp/21488427/

■2015年(平成27年)9月26日27日テーマ「人権」 
http://ericweblog.exblog.jp/21688691
■2015年(平成27年)10月24日25日スキル「対立から学ぼう」 
■2015年(平成27年)11月28日29日スキル「未来を学ぼう」
■2016年(平成28年)3月下旬予定TEST教育力向上講座

御案内はこちらからダウンロードできます。
http://www.eric-net.org/news/ESDfc2015pamph.pdf

半身ESDの実践家、半身ESDウォッチャーとしてのスキルアップを目指しましょう。


◆◇◆2.  ERICのテキスト在庫処分中! ぜひご協力ださい。◆◇◆

熊本の倉庫から在庫を、処分することにいたしました。これまで、ご高齢になられた加藤さんのご実家に甘えていましたが、いろいろ終活をすすめていくお気持ちになられたのだと思いますし、当然だなあ。

で、箱単位で処分を引き受けてくださる方を募集しています。それぞれのテキストごとに、一箱に入っている冊数が異なります。ご確認ください。

=====在庫廃棄処分引き取り希望調査表=====
一箱入冊数
ワールドスタディーズ20
PLT木と学ぼう20
フードファースト20
テーマワーク20
わたし、あなた、そして20
地球のみかた20
対立から学ぼう17
未来を学ぼう15
環境教育指導者マニュアル10
人権教育ファシリテーター20
   〃  発展編20
   〃  実践編20
レッツ・コミュニケート40

処分予定日は、2015年度末までです。

以下のような内容を書き込んでいただき、メールでお申し込みください。
==========================
申込者:
氏名                
住所                                  
    
送り先住所: 同上 その他の場合は記入してください。

連絡先: 電話番号            、e-mail            

ERICステイタス: いずれかにチェック
□スタッフ □理事 □遠距離運営委員 □アルムニ(卒業生) □その他

一箱あたりの処分費用は3000円です。

入金予定日:             

*わたしは、ERICの活動の趣旨に賛同し、在庫処分のために協力いたします。


入金確認後、熊本から発送いたします。倉庫作業の都合上、通常のテキスト発送より時間がかかります。ご了承ください。
[PR]
by eric-blog | 2015-10-25 19:23 | ERICニュース | Comments(0)

地球市民の人権教育 15歳からのレッスンプラン

地球市民の人権教育 15歳からのレッスンプラン
肥下彰男・阿久沢真理子編著、解放出版社、2015
2381冊目

世界人権宣言
障害者権利条約
子どもの権利条約
女性差別撤廃条約
国際人権規約/子どもの権利条約
人権差別撤廃条約
ILO条約
死刑廃止条約
難民条約

など人権に関連する諸条約について、それぞれの現場で活動している研究者(?)、教員による解説と参加型学習のプログラムとで構成されている。

現場団体、当事者団体などの協力は、著者リストから見る限りでは子どもの貧困と難民だけかな?

辛口のコメントを七つばかり。
1. 「はじめに」から「国際人権を学ぶ」などの全体的な導入の部分が「15歳から読める」気がしない。特に、15歳の人たちの人権そのものについての言葉が少ない。どこかあの総務省&文科省の政治教育の指導資料に似ている。「あなたが主体だよ」というメッセージがびんびん伝わってくる感じがない。
2. 「わたしの人権」を主張する練習やスキル・トレーニングが弱い。
3. 自分に返るワークが少ない。具体的には
・障害者差別について「あってはいけいな」と思うか「しかたがない」と思うかをカードで分類するワークがあるが、なぜ「しかたがない」と考えるのかの突き詰めがない。これがないとグループ討議はどこに行ってしまうのだろうか。「あってはならない」という正論と、でも現実はねという意見をどう深化させることができるのだろうか。
・ILO条約にからんで、職場で主張できることとその背景となる人権諸条約の条項が対応できるワークがあるが、「わたしの権利」が主張しにくいのはなぜという分析がない。労働者の権利についてのとてもおもしろいテキストを出されている著者だけにとても残念。
4. プログラムの起承転結の「転」であり「展」にもつながる展開が少ない。特に「データ」で現状を知るというのが少ない。基本的には「自分たちの身近な問題を振り返る」「国際的な条約や理念を知る」「現状や課題を知る」「行動する」という四展開でどの学びも構成できると思うのだが。

5. 子どもの権利条約 第30条に関連して「民族教育」の権利が抑えられていない。条項自体は紹介しているが、それがどのような日本社会における課題と結びついているかが紹介されていない。

6. 全体的に、日本社会の課題がなんであるのか、わかりにくい。クリティカルな見方が育つかどうか、よくわからない。

7. ビジョン共有のワークがない。序章の人権についての解説だけでは共有できたとは言えない。これらの人権諸条約が示す未来はどのような社会なのか。そして、そのビジョンにわたしは同意するのか。同意するのであれば、わたしはどんなアクションをとるべきか。あるいは日本社会は同意するのか。同意しないのであれば、日本社会はどのようなビジョンを描いているのか。コラム「刑罰観の変化」からでも発展的に考えられると思うのだけれど。

これを活用する人々が、著者ら以上に深めることができるのだろうか?

わたしが「欲しい」と思うテキストってどんなものか、あるいはこの本のタイトルで何を期待していたかは、少なくともわかってきた。
[PR]
by eric-blog | 2015-10-23 16:14 | ■週5プロジェクト15 | Comments(0)

つながりを取り戻すためにあなたができること Coming Back to Life

アクティブ・ホープ
ジョアンナ・メーシー+クリス・ジョンストン、春秋社、2015
2380冊目

2015年10月18日
出版記念パーティの時に行われたミニワークショップの様子はこちらから。
http://ericweblog.exblog.jp/21753752/

2014年11月24日
Active Hope at HUB Tokyo in 目黒の報告はこちらから
http://ericweblog.exblog.jp/20427497
その時の配布資料はこちらから
https://drive.google.com/open?id=0B3BtpOgiqhyraUJTN3RaM2ZCbm8

Work That Reconnect「つながりを取り戻すためにあなたができることネットワーク」はこちらから。
http://workthatreconnects.org

ジョアンナ・メイシーとモリー・ブラウンの最新作についてはこちらから。
http://www.newsociety.com/var/storage/blurbs/9780865717756_excerpt.pdf
1998年に出版された「Coming Back to Life」のリニューアル版。とても表紙がきれい。スタディ・ガイドは無料でダウンロードできる。
http://workthatreconnects.org/wp-content/uploads/2015/07/Study-Guide-Coming-Back-to-Life.pdf

Active Hopeのkindle版はこちらから
http://www.amazon.co.jp/Active-Hope-Without-Going-Crazy/dp/1577319729/ref=pd_sim_14_1?ie=UTF8&refRID=07FB0JGKKSA7N78AMAGZ


Study Guide for Coming Back to Life
By Molly Brown and Joanna Macy

リフレクション(熟顧)、ジャーナル(行誌)、グループでの探査/explorationのための問いを紹介します。これらの問いが「Work That Reconnects」についての理解を深めることを期待しています。そして、WTRの背景にある世界観やパラダイムについても。まずは、問いすべてに目を通してみて、あなたに話しかけてくる問いに目を止めてみてください。すべての問いにすべての人が反応することは期待していません。(試験でもありません!)

第13章「大転換(the Great Turning)のためのメディテーション(瞑想)」については、問いの代わりに、グループでメディテーションをリードするためのガイドラインを示しています。


第一章: いのちを選ぶ
1.あなたは「産業成長社会」をどう理解していますか。実際に、世界のどのような動きになっているでしょうか。
2.苦しみ/sufferingをもたらす3つの毒(仏教の教えにありますが)は、どのように産業成長社会に制度化されているでしょうか。(貪・瞋・癡(とん・じん・ち)無知、愛・貪欲、怒り・憎しみ)
3.あなた自身の人生で産業成長社会の影響をどのように感じてきましたか。あなたの共同体や地域に対してはどうでしょうか。
4.いのちが持続する社会/Life Sustaining Societyについてのあなたのビジョンはどのようなものですか。
5.「3つの物語」はあなたの人生ではどんな風にあらわれていますか。地域ではどうですか。あなたのまわりの世界ではどうですか。
6.大転換the Great Turningのために「待ったをかける行動holdiing actions」リストのどれをやったことがありますか。あるいはなんらかの支援をしたものはどれですか。このリストに付け加えたいものはなんですか。
7.待ったをかける行動の目標リストpp.7-8を読んでいて、あなたにわき起こる感情はなんですか。付け加えたいものはなんですか。
8.大転換の第二第三次元のもので、あなたがやったことのあるもの、あるいは支援したものはどれですか。これらのリストに付け加えたいものはなんですか。

第二章 最大の危機:  感情と心が死んで逝く
1.世界に痛みを感じたことがありますか?また、見たことがありますか。
2.「これまで通りのビジネス」がわたしたちの感情と心を死に至らせている。How?どのようにしてでしょうか。
3.過去において、あるいはいまもなお、あなた自身があなたの感情と心を死に至らしめていることがありますか。How? どうやって?
4.この死に至りつつあることが、あなたの周りの人々に与えた影響はなんでしょうか。その影響に対抗するためにあなたが試みたことはなんですか。

第三章 そこにある奇跡: わたしたちの本然と力

1.過去において、p.38でベイトソンが描き出している世界観を共有していましたか。その世界観を変えるのに役立ったものはなんですか。この世界観を他の人に見いだしたことがありますか?
2.システム思考のレンズを通すことで、世界やいのちを違うように見直すことができますか。この視点はあなたをわくわくさせますか? How?
3.さらに深める問いを、あなた自身が問いたいと思っているものは何ですか。ガイア理論、ディープエコロジー、人間中心主義、あるいはエコロジカルな自己というような概念は、その問いを刺激しますか。
4.本で紹介されたスピリチュアルな伝統の中で、どれがあなたをかきたて、深めますか。How?
5.あなたが何ものであるのかを理解することを助けてくれた人生における選択はありましたか。
6.あなた自身の「積極的崩壊/positive disintegration」は何でしたか。その経験から生まれたことは何ですか。
7.54-55ページに描かれているような、集合的選択を体験したことがありますか? どんな感じでしたか?
8.あなたの人生で「やりこめられた/power over」の経験はありますか。力の側で?あるいは力で支配される側で? それはどのように破壊的でしたか。なんらかの役に立ちましたか。
9.「力を分かち合う/power with」を経験したことはありますか。何がそれを引き起こしましたか。あなたにとってはどんな感じ?
10.組織や社会システムに対するフィードバックを受けとめましたか。それは挑戦でしたか、エンパワメントでしたか。How?
11.あなたの人生と仕事でシナジーを感じたことは? 世界では?

第4章 つながりを取り戻すためにあなたができることって何?
1.「できることの目標」を読み進めながら、これまで参加したワークショッブで体験したそれぞれの目標についてリフレクトしてみましょう。
2.この「できること」の背景にある6つの想定をあなた自身の言葉で表現するとすれば?
3.同様に、「スパイラル」をあなた自身の言葉で表現するとすれば?
4.シャンバラの予言を現在の世界にあてはめるとすれば?
5.WTRのワークショップを企業に持ち込もうとした場合、あなたが直面した困難はなんでしたか。

第5章 つながりを取り戻すためにあなたができることをガイドする
1.ワークショップの参加者としてのあなた自身の体験をふりかえって、そのグループで見いだした価値観は何ですか。
(ア)Reflecting on your own experience as a participant in workshops, what value how you found in working in groups?
2.ファシリテーターとしての任務、スキル、資質について読みながら、あなたが有能だと感じるものは何か、書き出してください。もっと自信のないところについてはどうすればさらに大きな自信が得られるでしょうか。
3.ワークショップに参加するのに直面した問題は何ですか。役立ったことは何です。
4.グループの中の「強い感情」を扱おうとする時に課題だったのは何ですか。P.79-81の提言は役立ちますか。強い感情と向き合うために、あなたの能力を拡大するためにできることは何でしょうか。
5.儀式的に行われることについてのあなたの体験や儀式を取り仕切った体験を考えてみます。参加者あるいはリーダーとして役立ったことは何です。居心地がわるかったのはどの方法ですか。
6.ワークショップのために物理的に理想的な状況を描いてください。どのような物理的な特徴を避けたいですか。実現したい環境はどんなものですか。
7.ワークショップやグループをリードする時に、資金についてどう考えるを探ってみます。
8.ワークショップでのあなたの体験をふりかえって、あなたがオープニングとエンディングの時に、自分自身のワークショッブで取り入れたいことはなんですか。
9.これらのオープンセンテンスの問いに応えてください。
(ア)わたしのWTRをファシリテートするアイデアは、完全に行かれています、なぜならば。。。。。
(イ)WTRのファシリテーターとして、わたしが活動するというのは、世界でもっとも自然なことです。なぜならば・・・・
10.WTRを異なる対象や状況に当てはめようと思ったのはどんなことですか。

第6章 感謝から生まれてくるもの
1.WTRのスパイラルはなぜ感謝から始まるのでしょうか。感謝の感情や感覚を持つことは、どのような利益があるでしょうか。
2.感謝について、あなた自身のオープンクエスチョンを完成させましょう。本にあげられた問いの中であなたが使いたいのはどれですか。Why?

第7章 わたしたちの世界に対する痛みを敬する
1.世界の痛みや破壊に対するわたしたちの内面の反応として「おもてに出てくるもの/allowed to surface」(p.106)をあなたはどのように理解していますか。
2.わたしたちの痛みを敬うという考え方は「否定的な考え方」だという人がいたら、どう答えますか。
3.ワークショッブで体験したのはどれですか。これらの実践はあなたにどのような影響を与えましたか。感情的、認知的、精神的な面それぞれで?
4.これらのエクササイズを導くときに自信をもって行うために必要なことは何ですか。
5.Truth MandalaやDespair Ritualの最中にふざけているように見える人にどう対応しますか。

第8章 新しい目で観る
1.わたしたちが世界に対して感じる痛みを敬する時、新しい目で観ることへシフトすることをあなたはどう経験しましたか? どう理解することができましたか? あなたが理解したことをもっともよく映し出してくれるメタファーは何ですか?
2.産業成長社会が与えた夢が、実際には生物的、生態系的、文化的な諸システムを破壊する結果になったことについて、あなたが思い浮かべる事例はなんですか。(例えば、際限ない経済成長、利潤の最大化、コストの外部化など)
3.わたしたちがいのちを持続させる社会や経済を創造するためにできることにとりかかるために、どのようなものの見方のシフトが役立つでしょうか。現実の中では実際にどのようなことがあるか例をあげてみましょう。
4.この、世界を観るための新しい方法を伝える努力をしてみて、経験したことは何ですか。
5.あなたは、ワークショッブで、新しい見方のどれを体験しましたか。これらの実践があなたに与えた影響はなんですか。感情的、認知的、精神的に。

第9章 深い時 過去と未来の世代の人々とつながり治す

1.産業成長社会では、わたしたちは「現在に孤立している」とはどういうことを意味しているのでしょう。その影響は何ですか。
2.WTRは、あなたが「時をふたたび生き治す」ことに役立ちましたか。How?
3.深い時の実践のどれがいちばん役立ちましたか。Why?

第10章 前に進む
1.192-3ページに列挙されている「発見」のどれがあなたの生活をトランスフォームするものですか。How?
2.わたしたちが世界について感じている気がかりconcernを他の人と共有するのが難しいのはなぜでしょうか。よくある困難さ(p.195)の中で、あなたが直面しているのはどれですか。その次に紹介されているガイドラインのリストに付け加えたいことはありますか。
3.前に進む実践のどれをワークショッブで体験しましたか。これらの実践があなたに与えた影響は何ですか。感情的、認知的、精神的に。
4.スタディ・アクション・グループに参加したことはありますか。もしあるなら、うまく行ったことはなんですか、難しかったことはなんですか。
5.p214の五つの誓いにはどのように応えましたか。それらの誓いを自分のものにしたとして、どのようにあなたの役に立ちましたか。

第11章 子どもやティーンエイジャーとつながり治すためにあなたができること
1.子どもの無邪気さと前向きな外見を守りたいという思いと、世界でわたしたちみんなが直面している大きな挑戦があることのジレンマと、どのように向き合ってきましたか。
2.子どもの頃、あなたは大人が大切な挑戦的な状況について沈黙することについてどう感じていましたか。家族、地域、あるいはもっと大きな世界の状況について。これらの問題について、なんらかの役に立つ方法で大人はコミュニケーションしてくれましたか。How?
3.子どもたちと、世界が今日いのちがおびやかされる脅威にあるということを伝えましたか。How? 役立つのはどんなことですか。事態を悪化させるのは何でしたか。
4.WTRを子どもたちと行うことのメリットは何ですか。どんな体験がありますか。
5.子どもたちと実践したのはどれですか。どんな結果になりましたか。

第12章 有色の地域での学び
1.主流派の文化における人種、民族的偏見は、あなた自身の人生にどのような制約を加えましたか。あるいはどのような影響がありましたか。
2.どのような力、スキル、体験がWTRを有色の共同体で行う時に必要でしたか。
3.抑圧を受けて来た共同体からGreat Turningのために贈ることができるものは何ですか。
4.共同体の境界を越えて見いだしたい体験とは何ですか。
5.あなたは他の人の体験を聞くという居心地の悪さを共有する気がありますか。
6.もし、あなたがアメリカ人であるなら、あなたにも影響を与えている国の歴史をどう思いますか。侵略、奴隷制、女性蔑視などの歴史です。
7.WTRは、わたしたち自身の中にある人種差別と内面化された抑圧についての明晰さ、卑下、正直さを発見するのをどのように助けてくれるでしょうか。
8.先住民、非アメリカ人の伝統で、あなたがGTにもたらしたいものはどれですか。
9.p.253-4に紹介されているPT奴隷症候群が今日まで影響している大衆的監獄状況というものは現実にどのようなものがありますか。

第13章 GTにおけるメディテーション・瞑想
 メディテーションをリードする時にやるべきこと、やってはならないこと

リラックスして集中することを伝えるところから始めましょう。呼吸を整えるのに2-3分過ごすのもいいでしょう。
自然な、あたりまえの声で、夢見ごこちや特別なトーンなどなしで、すすめます。人が聞きやすいようにはっきりと十分な声量で話します。
「わたしはあなたに見てほしいのですが・・・」というような表現に見られるような、あなた自身が現れる表現は避けましょう。
一文ごとにくぎりを入れて、それぞれの人がその意味について想像を膨らませることができるようにする。しかし、心がどこかにいってしまったり、眠り込んでしまったりするほど長くはないように。プロンプトからかき立てられたあなた自身の想像で時間をはかってもよいでしょう。
最大でも10分でセッションを終了します。とくに、人が座っていたり、寝転んでいる場合は。例外的には、からだの動きを伴う方法で行う場合です。例えば「Harvesting the gift of the Ancestor’s」あるいはMillingのような。動きは人々を寝させないし、集中を保ちます。
最後に、人々が「帰ってくる」ための時間を取るようにし、目をゆっくりと開けてもらいます。ペアあるいは三人組で共有する前に、ジャーナルを書いたり、絵にしたりする作業を入れるとよいでしょう。

早くComing Back to Lifeの本、こないかなあ! Kindle版も買うか?
[PR]
by eric-blog | 2015-10-22 18:23 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)

台湾・韓国・沖縄で日本語は何をしたのか 言語支配のもたらすもの

台湾・韓国・沖縄で日本語は何をしたのか 言語支配のもたらすもの
古川ちかし他編著、三元社、2007
2379冊目

第一部 台湾 切断と継承
第二部 韓国 抗争と戦略
第三部 沖縄 継続する戦争
第四部 日本語の現在 誰の言葉か

第7章 戦時を生きる
川口隆行
この章の始まりは衝撃だ。
沖縄を2004年に訪れた時の体験だ。ある学習塾の立て看板に「母親が正しい日本語を使っていると、子どもの国語力は伸びる」。140

著者が考えるようなことを考えてしまう。うんうん。

もう一つ衝撃的なのは、春原憲一郎さんの「第12章 グローバル言語の教育という営為」の中で世界の言語の階層が示されている。その中で、トップは英語。その下に、フランス語スペイン語ロシア語中国語アラビア語に加えて日本語が入っていたのだ。225

そうかあ、海外で日本語学校があるかどうかが判断のポイントか。グローバルな市場価値をもっている言語。

外国語教育の3つのパラダイム
1. 植民地主義による同化教育
2. 国民を育成するための国語教育  強い国民
3. 移動労働をする個人を育てる教育 強い個人

そして、著者は第四のパラダイム「言語・文化教育」をあげる。
[PR]
by eric-blog | 2015-10-21 11:23 | ■週5プロジェクト15 | Comments(0)

ことば権力差別 言語権からみた情報弱者の解放

ことば権力差別 言語権からみた情報弱者の解放
ましこ・ひでのり編著、三元社、2006
2378冊目

漢字が悪だとは思わないけれど、「ひらがな派」なのかな、ましこさん。
でも、本は普通に漢字仮名交じり文。特に漢語削減努力、カタカナ語制限もないと思う。

第三章 言語権の社会学的意義
日本政府は言語権について、うしろむきである。071
「人種差別撤廃委員会の日本政府報告に関する最終見解に対する日本政府の意見の提出」、また、民族学校出身者の大学受験資格などが指摘されている。

そこにある「日本の公の学校においてマイノリティの言語による教育が確保されるべきと勧告する」についてが引用されている。とてもとんちんかんな応答。

マイノリティを「希望する場合には公立の小中学校に受けテレ、日本人と同一の教育を受ける機会を提供しており、その際、子どもたちが円滑に日本の教育を受けられるようにするとの観点から、日本語指導、・・・母語による支援・・・など、最大限の配慮をしている。」と。

異文化に介入しないという言い方で、外国籍児童の学習権の保障をしないことを合理化すらしていると、ましこさんは指摘している。072

いまの政府の態度に見られる「同化か、さもなくば退去」式移民受け入れ態度。

第8章 差別論をかたることば 『女性学年報』のこころみを例に
糸魚川美樹

確かに、これらの年報は日本語で、英語で、それ自体がバリヤになっている。英語話者は、世界でもっとも「あゆみより」を求められない。207

言語役割分担

英語のもたらす連帯と分断

英語を話せない自分が悪いと思わせ、自らを差別するようにしむけている。211

そのような状況に非英語母語話者が手を貸して来たと、著者は言う。213

うーーん、これは議論のための議論だなあ。問題提起はわかるが、だからどうよ? とこれからの著者の活動を見てみないとなんとも言えないなあ。

第7章 ポライトネス研究における自明性の破壊にむけて
山下仁

自明性は社会の真実を隠す

ブラウンとレビンソンに対するワッツやエレンの批判などもまとめられている。

山下氏自身は日独対比での概念についてポジティブなものとネガティブなものを洗い出している。どんな結果が出てくるか、楽しみだ。
[PR]
by eric-blog | 2015-10-21 11:07 | ■週5プロジェクト15 | Comments(0)