<   2015年 06月 ( 45 )   > この月の画像一覧

ESDfc2015国際理解記録

ESDfc2015国際理解記録

https://drive.google.com/file/d/0B3BtpOgiqhyrcklPVUpsaWZWOWc/view?usp=sharing

a0036168_1349615.jpg


セッション1 共通基盤づくり
11:00-12:30
1.自己紹介と今日の期待

2.話し合いの心がけ

a0036168_13482135.jpg
a0036168_1348998.jpg


3.共通基盤づくりでできたこと、残された課題



セッション2 流れのあるプログラム
13:30-15:30
1.「国際理解とは何か」連想図と他己紹介
2.教室の中の世界探検

3.アース・ドクター
4.未来を築くインタビュー
(ア)行動化につながるインタビューのための項目を考える
(イ)行動に移せるようになる質問=自立を促す

セッション3 ふりかえりと参加型学習のすすめ方についてのまとめ
15:40-18:00

1.アクティビティ実践評価表に書き込む
個人作業・ペア作業・グループ作業・全体作業の活動形態の特徴と活用


2.経験学習のための「体験」の種=ハンズオン・リアリア・6つの「実」から考える

この二つをやってみて、経験学習の大切さを改めて感じた。
さらに、これらの実体験や実話などのリアリアに重層的に触れること、実感が伴うようになることが、重要な学びであることがわかった。

アイデアとしては、レーダーチャート分析なども可能なのではないか。

あなたの子どもに足りない「実」は?


3.ファシリテーターの手だて

いつもは一方的なまとめでやり過ごす「集中・分析・発見のための7つの手だて」も、集団で深めると、改めての発見があるものだなあ。

セッション4 アクティビティを開発する
9:00-11:30

1.12のものの見方・考え方でアクティビティを開発する
テーマを決める

2.全体共有

それぞれが四種類ぐらいずつ作っていたのがおもしろかった。

セッション5 プログラム立案
12:30-14:50
セッション4のアクティビティ開発の方が有効だったように思う。
まずは一人ひとりが作り、その上で二人一組で、完成を目指した。



ふだん行っているプログラムでも、まだまだESDとしての再方向づけから再検討することができることが共有できた。

セッション6 個人的行動計画とふりかえり
15:00-16:00
1.修了証
2.二日間のふりかえり
[PR]
by eric-blog | 2015-06-30 13:49 | ■週5プロジェクト15 | Comments(0)

歌の力 日本軍女性収容所を生きる

歌の力 日本軍女性収容所を生きる
ヘレン・コレイン、木犀社、2001
2330冊目

1942年、オランダ領東インドが日本軍に占領され、収容所に入れられ、3年半を過ごした女性、三姉妹の物語。

ヴォーカル・オーケストラという合唱団を編成。コンクールなども開く。

物がなく、強制労働もきびしい収容所での、長い、長い三年半。

語らなくても、書き留めなくても、忘れることができなかった記憶が、44年の時をすぎて、よみがえる。収容所での歌の経験を伝える活動の中で。

著者のヘレンさんは、日本人に対する思いの葛藤を語る。日本人も戦争で空襲でいのちを落としている。しかし、自分たちが受けた仕打ちも忘れられない。

戦争にまつわる物語は、濃いのである。
[PR]
by eric-blog | 2015-06-30 08:51 | ■週5プロジェクト15 | Comments(0)

GPWU 第9回10回 インタビューしよう!

第9回
20150622
1.インタビュー調査の結果を共有
四人一組で。
2.わかったこと・課題をまとめる[まとめをA3用紙に]
3.テーマを決める 三人一組のチームを作る。第一回調査打ち合わせタイム
4.学生アクティビティ「宇宙人がやってきた」
5.学習計画をたてる
6.ふりかえり


第10回
20150629
1.学生アクティビティ「ジレンマ」
a0036168_17582755.jpg

2.地域調査チームの打ち合わせタイム
(ア)テーマを決める
(イ)いいテーマの条件
①地域の課題やニーズに答える
②地球の持続可能性に貢献している
③レポートが書きやすい

a0036168_17585984.jpg

具体的な方がいい!
a0036168_1802882.jpg


気軽に、いつでも、PRA!精神を学生たちの身につけたいなあ!

3.かくたさんの授業「学校立地調査」
a0036168_17594852.jpg

わかったこと
(ア)GPWUは意外に「透水性」の面積が広い。たぶん半分以上。
(イ)椅子はあるがテーブルがない。
(ウ)緑地の教育的利用はなさそうだ。
(エ)緑地に生き物目線がない。
(オ)円形広場は夏暑い。改善が必要。
[PR]
by eric-blog | 2015-06-29 18:00 | □研修プログラム | Comments(0)

人権研修 「人権教育推進協議会」対象

参加者:60名程度。

記録
14:10 開始
15:50 終了

1.参加型に向かない「三高の人々」、なぜ参加型に向かないかについてミニレクチャー、扱いが「上」であるものが「平場」になる。参加者の中から「参加型嫌い」というのに対して、うなづく反応多数。
2.
3.「名前だけの自己紹介」→紹介しあった名前を確認する。[全体作業→ペア作業]
4.経験学習の四段階[板書、1.体験する、2.ふりかえる]
5.二人一組で座席を座り直す。
6.自分たちの傾向に名付けをする。[ペア作業1’→全体共有・板書]
7.自分たちの傾向で「人権」にとって「危険」なことは何か?[ペア作業2’]
8.ノートテイキング[個人作業]
9.傾聴
10.「いのちがあなたを生きている」ことを知っている時代。互いから学びあうこと。
11.人権教育の四つの側面と子どもの人権
12.なぜ、人権教育を参加型で行うのか? 
13.「15分以上一方的に話し続けることは人権侵害である」なぜ?[ペア作業1’]
14.ノートテイキング
15.正確に聞く傾聴
16.まりの物語
17.わたしメッセージを考える[ペア作業]
18.アサーションの権利によって「スペース」を生み出すこと
19.質疑
[PR]
by eric-blog | 2015-06-27 10:53 | □研修プログラム | Comments(0)

みるく世がやゆら  いまは平和ですか?

平和の詩
https://www.youtube.com/watch?v=xSpU5Nq0OpQ

a0036168_100010.jpg

a0036168_9563446.jpg
a0036168_9562018.jpg
a0036168_956179.jpg
a0036168_9554932.jpg
a0036168_9553658.jpg
a0036168_9552322.jpg
a0036168_9551296.jpg

a0036168_1002095.jpg

[PR]
by eric-blog | 2015-06-26 09:56 | ◇ブログ&プロフィール | Comments(0)

積極的平和とは?

追加 2015年6月26日

ヨハン・ガルトゥングさん自身が、みずからが提唱した「積極的平和」の概念について、語っています。
http://www.huffingtonpost.jp/kenji-sekine/japan-positive-peace_b_7651094.html?ncid=fcbklnkjphpmg00000001


元投稿=2013年10月21日=長いなあ。
 
わたしは、人権三部作の中の一冊、『いっしょに考えて! 人権』(ERIC、2002)で、人権と平和の関係について以下のように整理しています。

a0036168_1362633.jpg


積極的平和というのは、人間の安全保障であり、人権尊重を究極の姿とする、「武力」や「暴力」の不在という消極的平和概念を補い、平和の概念をさらにすすめる概念だと整理しています。

いま、積極的平和主義という言葉で、積極的な武力による平和と使われるようになつている。

a0036168_1310620.jpg
a0036168_13101836.jpg


このねじれた概念を、このまま流布させてはならない。
[PR]
by eric-blog | 2015-06-26 09:12 | ◇ブログ&プロフィール | Comments(0)

2015年 国会会期延長中のメモリアル・デー

2015年 国会会期延長中のメモリアル・デー
95日間の延長は、第二次世界大戦をふりかえる日々となる。


空襲については以下参照。合計死者数25万人? 100万人?
https://ja.wikipedia.org/wiki/日本本土空襲#1945.E5.B9.B47.E6.9C.88

6月26日 国連憲章 1945年6月26日 - サンフランシスコ会議において、51ヶ国により署名

6月29日 佐世保大空襲、死者1300人、罹災者65000人、岡山大空襲、死者1700人、罹災者12万人、空襲警報なし。

2014年(平成26年)7月1日 国家安全保障会議、閣議決定
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/pdf/anpohosei.pdf

以下、1944年6月5日の本土初空襲以来続く大空襲から、7月をピックアップ。

7月2日 呉・下関空襲、死者4000人、罹災者4万人

7月3日 姫路大空襲、姫路城焼失

7月4日 高松、徳島、高知大空襲、死者3000人、罹災者20万人

7月7日 清水大空襲

7月9日 和歌山、堺、岐阜大空襲、死者4000人、罹災者2万人以上

7月10日 仙台大空襲

7月12日 宇都宮、敦賀大空襲

7月14日 釜石艦砲射撃

7月15日 室蘭艦砲射撃

7月16日 大分、平塚大空襲

7月17日 沼津、桑名大空襲、日立艦砲射撃


7月20日 海の日 明治天皇にちなんだ祝日
http://www.meijijingu.or.jp/qa/gosai/04.html
しっかり、明治時代の「戦争への道」をふりかえる日にいたしましょう。
特に、教育勅語、山県有朋、ご真影/奉安殿・文部省唱歌・暗唱の三点セット。
http://ericweblog.exblog.jp/20093194/

7月24日 中島飛行機半田製作所 空襲。

7 月26日 ポツダム宣言
つまびらかに、読めよ! 安倍首相および閣僚たち。テストするよ!

7月27日 朝鮮戦争休戦 1953年7月27日に中朝連合軍と国連軍は朝鮮戦争休戦協定に署名し休戦に至った

7月28日 青森大空襲

7月29日 浜松艦砲射撃

8月1日 水戸、八王子、長岡空襲
なお、8月1日から翌2日未明にかけて行われた水戸・八王子・長岡・富山に対する一斉空襲は、司令官カーチス・ルメイが自身の昇進と陸軍航空隊発足記念日を祝う目的で一斉に行われた戦略上特に意味のない作戦で、1日の弾薬使用量がノルマンディー上陸作戦を上回るように計算されていた。

8月2日 富山大空襲

8月3日 戦傷病者特別援護法、1963年
8月6日 ヒロシマ・ナガサキ
一般市民の戦死者が、なんの保障もされていないこと。
被爆者がABCCのモルモットにされたこと。フクシマがモルモットにされつつあることを思い出そう。

8月7日 ガダルカナルの戦い、1942年から1943年2月7日まで

8月9日 長崎原爆。わたしの誕生日、ではなく、宇垣一成の誕生日。たかだか4000人の軍縮が、社会におよぼした影響を見つめよう! 軍隊ができる暴力的な造反は、他の省庁再編などとは比べ物にならない。
http://royallibrary.sakura.ne.jp/ww2/yougo/ugaki.html

8月15日 いわずと知れた敗戦記念日

9月1日 第二次世界大戦開始。反ヘイト・スピーチ・デー

9月2日 降伏文書調印 (1945年)

9月8日 サンフランシスコ講和条約 調印(1951年)

9月11日 米国、同時多発自爆テロ攻撃

9月15日 文部省が戦後教育の基本方針「新日本建設ノ教育方針」(1945年)
1932年 - 日満議定書調印。日本国が満州国を承認。
•1935年 - ナチス・ドイツが、ユダヤ人の定義を規定しその市民権を否定するニュルンベルク法を制定。
1935年 - ハーケンクロイツ旗が正式にドイツの国旗とされる。

9月18日 柳条湖事件[、 満州事変

9月23日 秋分の日、祖先をうやまう

9月27日 日独伊三国軍事同盟条約調印
[PR]
by eric-blog | 2015-06-25 08:26 | ◇ブログ&プロフィール | Comments(0)

「子どもの虐待」実施記録

第二回記録

1.ミニレクチャー「説明から見えたこと」
2.「わたしが学んだこと、三つ」[ペア探し→ペアで2’]
3.ふりかえり「相手の学びについてほめた人?」→もう一度
4.セロトニン5のアプローチ
5.ノートテイキング
6.傾聴
7.「わたしが大人になった時1,2,3」[個人作業→ペアでシェア]
8.「子どもならOK?おとなならOK?」[ペア作業]
9.ミニレクチャー「子どもの虐待の構造」侵害されやすい権利の人のための国際条約
10.ノートテイキング
11.正確に聞く傾聴
12.「まりの物語」
13.まりのわたしメッセージを考える[ペア作業]
14.地域の大人にできること


「子どもの虐待」実施記録
20150603

プログラムの流れ
14:20-15:50
1.肩たたき
2.「子どもの虐待」についての講演会から学んだこと、三つ[ミニレクチャー]
(ア)「保護者と加害者」二つの顔を持つ子どもへの虐待
(イ)「虐待している人」にむけられる「上から目線」、「ラクの物語」で、下痢した子どもを病院に連れて行ったラクが言われたこと。
(ウ)学習性無力感 セリグマンの研究結果は、一度でも「逃げ道」を経験した被験者は、逃げ道があるときには逃げることができる。
3.「わたしがおとなになった時1.2.3」[個人作業2’→ペア作業]
4.子どもはいつからおとな? 子ども濃度は、それぞれ違う!
5.「子どもならOK?おとなならOK?」[ペア作業2’]
6.子どもは侵害されやすい。だから「子どもの権利条約」[ミニレクチャー]
7.ノートテイキング「子どもの権利条約はなぜ必要?」[個人作業1’]
8.傾聴
9.「子どもの権利条約を読もう」[個人作業2’]
10.権利条約を読んで、わかったことを「三つあります」と言って共有する。
11.「子どもの権利の侵害は起こりやすい」だから権利条約がつくられた。なぜ、侵害=虐待が起こりやすいのか? 「社会的弱者の「貧困の罠」」と「家族という場所」[ミニレクチャー]
12.「子どもにつけたい力はなんだろう?」アサーションの「わたしメッセージ」[ミニレクチャー]
13.IALACをしぼませるもの「まりの物語」[朗読・IALAC個人作業]
14.「IALACをしぼませるもの」[個人作業]
15.まりの「わたしメッセージ」を考える[ペア作業2’]
16.「わたしメッセージ」によって、生まれるまりのスペースがまりを育てる。
17.セロトニン5・ドーパミン7が、子どもの脳を育てる。ポジティブな手だてで地域の子どもを育てよう。[ミニレクチャー]
[PR]
by eric-blog | 2015-06-25 08:13 | □研修プログラム | Comments(0)

「ひきこもり」考

「ひきこもり」考
河合俊雄、内田由紀子、創元社、2013
2329冊目

対人恐怖や葛藤なしに、「ぽん」とひきこもりになってしまういま。

共同体の衰え、集合体としての「他者」の眼に対する恐怖がなくなっている。
子どもたちが、不特定多数と性交渉を持つ。
接点を求めるような事件がない。

歴史的な課題への視点や社会の中で大人になるイニシエーションの知恵や知識が失われていっているのではないか。129

第五章「日本における若者の病理の変化」より

ひきこもりを病的にとらえたり、あるいはひきこもりに「意味」を見いだしたりしすぎない方がよい。

日本人に最も典型的な神経症である対人恐怖が減っている!

ジーレジンガー『ひきこもりの国』でも読んでみるか。


求められるべき手だては、文化なのか、それとも個人へなのか? その部分において、「教育」があまりにも語られなさすぎることにいらだつ。
[PR]
by eric-blog | 2015-06-23 12:29 | ■週5プロジェクト15 | Comments(0)

社会彫刻

社会彫刻
伊勢谷友介、朝日新聞出版、2013
2328冊目

2008年に、俳優・監督の伊勢谷さんがREBIRTH、「再」を立ち上げて、2011年の震災を経て、デザインで持続可能な未来を作ろうとしてきた軌跡をつづったもの。

オフィシャル・オンラインショップができたのが2012年。いまも、商品開発が続く。

ラインアップを見ていると、持続可能性がテーマだったなんて、ずばり、とはわからない。新しい、おしゃれな、モノの開発、に見える。

背景を知ると、なるほど未利用資源やストックに眼を向けたものだったり、長持ちするものだったりするわけで。

https://www.rebirth-project.jp

そこで、「再」誕生、というプロジェクトの、もっとも深い、遠い、メッセージ。

わたしたちの社会は生まれかわらなければならない。Re-birth

ESDのre-directionとつながるね。革命ではなく、転覆ではなく、これまで通りではなく、変わっていくからだ。
[PR]
by eric-blog | 2015-06-23 12:11 | ■週5プロジェクト15 | Comments(0)