<   2014年 12月 ( 43 )   > この月の画像一覧

骨の戦世 フォト・ドキュメント 65年目の沖縄戦

骨の戦世 フォト・ドキュメント 65年目の沖縄戦
比嘉豊光、西谷修編、岩波ブックレットNo.796、2010
2391冊目

2009年夏から2010年春にかけて浦添市前田、那覇市真嘉比、西原町などの激戦地から計100体あまりの日本兵の遺骨が一挙に出た。

脳も、ミイラ化したものが、出てきた。

「死者への記憶と死者からの記憶は、生と死の対極に位置しているが、捨て石にされたあの悲惨な沖縄戦を・・・問うている」とカメラで現場をとらえた比嘉さんは「骨に呼ばれて」で語る。
a0036168_16575080.jpg
a0036168_16574193.jpg


ぼろぼろ出て来たら、怖いだろうなあ。
そして、日本兵に対する沖縄の人達の気持ちは複雑だ。
[PR]
by eric-blog | 2014-12-26 16:59 | ■週5プロジェクト14 | Comments(0)

武器貿易条約

武器貿易条約

2014年12月25日 東京新聞
a0036168_112935100.jpg


2014年12月26日 東京新聞 社説
a0036168_11294517.jpg

[PR]
by eric-blog | 2014-12-26 11:31 | ◇ブログ&プロフィール | Comments(0)

「メルトダウン、知られざる大量放出」番組概要

(NHKスペシャル:福島第 1 原発事故)
メルトダウン、知られざる大量放出
(2014年12月21日 午後9時15分から1時間放送)
<この番組のポイント>
1.最初の 5 日間の放射能環境放出量は全体の25%、残り75%はその後の 2 週間=つまり、
3/15の「2号機問題・放射能大量放出・北西方向=主として放射性セシウム」の後こそが 大問題であるという(いわゆる「それからの1,2,3号機」問題)。
(3/15の早朝から数時間、福島第1原発から 600 名ほど=大半の人員が福島第2原発へ避難 したので原子炉パラメータ等の数値が不明、事実上事故原発放棄の状態だった:残り約 70 名)
2.2号機ではなく3号機の方が大問題だった=消防車注水の 29/30 は炉心以外の系統に漏れ 出して、炉心に向かわなかった。その結果、少量の水蒸気とジルコニウムの熱反応によって核 燃料が益々傷ついて表面が壊れ、放射能の放出が更に多くなってしまった(この場合は各種放 射性物質の放出)。(消火系配管による炉心冷却注水の漏出ルートは少なくとも 18 箇所もある)
(疑問:圧力容器は炉心溶融で穴が開いたはず=炉心圧力は急速に低下したのでは? ならば、 炉心圧力面からは、消防車注水はうまく行くはずだったということでいいか=つまり炉心メル トダウン後は2号機3.15問題はなくなる、ということでいいか)
3.3号機ウェットベントの地下配管に、何度かウェットベントをするうちに大量の放射性ヨウ 素が付着してたまっていて、これが3/15深夜の第5回目のウェットベントの時に大量に排 出されてしまった(通常のベント時の10倍以上)(この場合は放射性ヨウ素の放出)
4.原子炉冷却のための電源の確保(電源車と配電盤と配電網設備の外付け工事)か、それとも、 使用済み核燃料プールの冷却水の補給か、いずれを優先するかで逡巡。特に4号機プールの冷 却停止・温度上昇や、3号機爆発で非常に危険な状態になったこと、かつプールの状況がわか らないことが事態を緊迫化させた(原発施設の外観テレビカメラ・モニターがないという安全 対策ミス=2号機、4号機の3/15早朝の爆発映像もないことの原因)。
アメリカ(原子力規制委員会(NRC))の日本政府への指示 ⇒ プールへの水補給優先・プー ル対策優先(近藤駿介元原子力委員会委員長への「最悪シナリオ」策定指示も菅直人(当時首 相)の指示と言うよりもアメリカの指示? 放射能・事故状況は国民よりアメリカに逐一報告)
結局、使用済み核燃料プールへの注水がうまく行ったのは「キリン」稼働(3/22)以降、 プールの水が十分であるのが確認されたのは4月以降、また、電源確保の遅れから1~3号機 の炉心冷却が遅れ、その間、少量の消防車注水による「水蒸気・ジルコニウム反応」によって 炉心燃料の破損度合いがひどくなり、大量の放射能環境放出が続いてしまった。
(最大の失敗は、消火系注水が停電時には大量の水漏れを引き起こすことを知らなかったこと ⇒ しかし、消火系注水はそもそも原子炉過酷事故を前提にしたものではない、むしろECCSの 機能不全・不十分、SBO時の対応準備不十分と考えるべきでは? 今も解消していない)
[PR]
by eric-blog | 2014-12-26 10:38 | ●3.11地震・津波・原発 | Comments(0)

GLOBAL NET 289号 特集 低炭素社会を実現するために

GLOBAL NET 289号
特集 低炭素社会を実現するために

IPCC 第5次評価報告書が、2014年10月27-31日に開かれた第40回IPCC総会で公表された。

http://www.jccca.org/ipcc/

出版物の入手はこちらから
http://www.ipcc.ch/publications_and_data/publications_and_data_reports.shtml
また、UNFCCC気候変動に関する国際連合枠組条約の第20回締約国会議(COP20)が12月1日からペルーで開催された。
United Nations Framework Convention on Climate Change

それらを踏まえた特集が表記である。

IPCCは、気温上昇を2℃未満に抑えるには、2050年までに2010年比で約40-70%の削減が必要であるとしている。

国際的には2015年が重要な年になる。

しかし、日本国内では、2009年麻生政権時に1990年比8%削減、2009年鳩山政権時に同25%削減、2012年安倍政権では同3.1%増加と、目標値を次々と変更してきた。国内の目標も計画も不在の状態。

国際的にはCO2の累積排出量を2.9兆トンに止めるために、すでに出ている1.89兆トンの残り1兆トンをカーボンバジェット(炭素予算)として定量化しようと提案している。(第5次評価報告書)

日本も、長期目標としては第4次環境基本計画が、2050年に温室効果ガス排出量(GHG)を1990年比で80%削減するとしている。

それを踏まえて、環境NGOの連合CAN-Japanは、9月に2030年までに1990年比で40-50%を削減することを提言している。

http://www.kikonet.org/info/press-release/2014-09-12/climate-target-for-2030-can-japan


また、この長期目標に従った検討は以下の論文や報告に出ている。

国立環境研究所の増井利彦さんは、「技術的に実行可能である」とアジア全体での取り組みに対して日本が行っている貢献も含めて、紹介している。
http://www.nies.go.jp/event/sympo/2014/files/program_genko/2014_slide_a04.pdf

中学校でのワークショップもすばらしい。

a0036168_15562783.jpg


アジアの開発を「リープフロッグ型」として、先進国型開発を経ずに、一挙に低炭素型社会へと移行する道も探られている。
a0036168_15572437.jpg

これらの考え方は、日本社会にも十分有効な考え方だ。

http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/sangyougijutsu/chikyu_kankyo/yakusoku_souan_wg/pdf/001_04_01.pdf

また、削減が可能であるシナリオについてはこちらに報告が出ている。

http://www-iam.nies.go.jp/aim/DDPP/index.html


国立環境研究所と地球環境戦略研究機関が開発した「低炭素社会シナリオ」を検討できるツールが「日本低炭素ナビ」です。
http://www.cger.nies.go.jp/cgernews/201412/289004.html

日本低炭素ナビは、Excel版とWeb版の2つが公表されていて、どちらも以下のWebサイトからアクセスすることができるようになっています。是非、アクセスいただき、実際に皆さんそれぞれが望ましいと思う低炭素社会シナリオを検討してみていただければと思っています。
日本低炭素ナビ:http://www.2050-low-carbon-navi.jp/
総合情報サイト:http://www.2050-low-carbon-navi.jp/web/jp/

4つないし5つの「努力項目」を段階的に選択、どの程度の効果がありえるかがすぐに可視化されるようになっています。

いずれにせよ、第一次安倍内閣の時に、安倍総理が発表した「Cool Earth50」ビジョン。その時の2050年で50%削減という目標は低すぎるものではあるのですが、しかし、少なくとも、その時約束した対策には取り組んでほしいものです。

http://www.enecho.meti.go.jp/category/others/for_energy_technology/001.html

a0036168_15585279.jpg

http://www.icef-forum.org

一方で、「日本の技術」による貢献が言われすぎたことで、国民の省エネ、省資源の意識化は、3.11以降の一時期ほどにはすすんでいないように思える。具体的に、わたしの身近でできることは何かということと、そして省エネ・省資源型の経済成長の具体的な姿が見えないように思う。

例えば、「リニア新幹線」は、決してエネルギー問題を考えた結果の導入ではない。
「数値としては,新幹線は 28 Wh/席 km, リニアは同じ時速 300 km でも新幹線の約 2 倍の 54 Wh/席 km,さらに時速 500 km では約 3.5 倍 の 99 Wh/席 km である。なお,JR リニアについ て「500 km/h での目標は 80 Wh/席 km」という 記述がある10。」阿部修治さん『科学』
https://staff.aist.go.jp/s.abe/Kagaku_201311_Abe_reprint.pdf

飛行機よりはまし(1/3程度のエネルギー消費)だ、というが、東京名古屋間を飛行機で移動する人がどれほどいるのか? あほな比較である。

約7兆7000億から9兆2000億円の建設費プラス車両コスト。

2012年から、地球温暖化対策税を徴収しながら、政府はわたしたちを裏切っていることにならないか。

四つの対策。
(1) 省エネルギーの抜本強化・導入支援
(2)再生エネルギーの大幅導入
(3)分散型エネルギーの促進
(4)革新的技術の開発・普及促進

地球温暖化対策税の税収は、初年度(平成24年度)391億円、平年度(平成28年度以降)2,623億円と見込まれています。

その使い道はこちら。
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/biz_local/subsidy/program_h26-lg.pdf

すでに、3兆円も投入されているのだという指摘も、2010年当時、あった。
その効果をはかるべきだと。

http://criepi.denken.or.jp/jp/serc/discussion/download/10012dp.pdf

「仮に、2010年の排出権価 格の相場(約1500円/トンCO2)2の2倍である3000円/トンCO2と削減単価を高めに見積もって も、日本の総CO2排出量(2008年12.1億トン)3の8割に匹敵する莫大な削減が可能なはずだ。」

a0036168_1603186.jpg


平成26年度地球温暖化対策関係予算案について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/files/jp/24064.pdf

地球温暖化対策推進大綱関連予算の評価について
https://www.env.go.jp/council/16pol-ear/y162-15/mat02_5.pdf

○放射性物質対処型森林・林業復興対策実証事業(復興庁) 35億円
ってなんだ?
どうやら、福島県に行っているようだが。
https://www.pref.fukushima.lg.jp/download/1/kikaku_chosei_honbusiryo_n10-1.pdf

岩手県では「ほだ木」などの処理事業にも使われているのか?
http://www.pref.iwate.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/025/743/h26.6.3shinsai.pdf

不思議だ。地球温暖化対策費。
[PR]
by eric-blog | 2014-12-25 15:55 | ■週5プロジェクト14 | Comments(0)

Merry Christmas and a Happy New Year!

Merry Christmas and a Happy New Year!

a0036168_12452397.jpg


ノアの箱船は、ふたつありません。

クリスマスのメッセージ引用集
http://www.brainyquote.com/quotes/topics/topic_christmas.html

クリスマスとは時節のことではなく、心の持ち様のことです。
平和と善意のために祈り、やさしさを行動で示すことこそが、
クリスマスの意味なのです。
Calvin Coolidge、第30代USA大統領

クリスマスというのは愛を行動で示すこと。愛すたび、与えるたびに、それはクリスマスなのです。
Dale Evans、シンガーソングライター

わたしはクリスマスをほめたたえる。だから、その心を一年の間、保ちたいと思う。
Charles Dickens, 作家

平和は力ずくで保てるものではない。平和を達成できるのは理解を通してだけである。
Albert Einstein, 発明家

幸せは、あなたが考えていること、あなたが言うこと、あなたが行うことが一致していること。
Mahatma Gandhi, スピリチュアル・リーダー

あなた自身を信じなさい。いつも、あなた自身であることが幸せであるような、あなた自身でありなさい。ささやかな、内面のひらめきの火花に吹子をおくって、外に現れる炎に育てなさい。
Golda Meir、イスラエル第5代首相

クリスマスに考え、言い、行う平和の行為が、一年を通じて、I/あなたとともにありますように。そのことが、I/あなたの成長につながりますように。

ローマ法王庁は「病んだ体」 法王が官僚主義を厳しく批判http://jp.wsj.com/articles/SB11988376816316583367704580354092469149552
Spiritual Alzheimerスピリチュアルなアルツハイマー病であると、批判。

2014年12月25日 東京新聞
a0036168_12592392.jpg

[PR]
by eric-blog | 2014-12-25 12:28 | ◇ブログ&プロフィール | Comments(0)

女性は世界の奴隷である。

女たちの21世紀80
特集「女子刑務所」これからの処遇・医療・福祉を考える

もと国会議員で千葉県知事の堂本暁子さんたちが「女子刑務所のあり方研究委員会」の活動。受刑者に占める高齢者や精神障害をもつ人なのどの割合の多さと、処遇について考える。
また、刑務官の労働環境の問題もある。


女性を犯罪化する社会
criminalisation of women
http://www.sistersinside.com.au/conference2014.htm

貧困・暴力・差別があふれている社会で、女性が犯した罪は誰のせいなのか。
オーストラリアで活動するSisters Insideは刑務所撤廃、さまざまな人がともに存在することのできるコミュニティのあり方を探ることを提唱している。もちろん、現実的な処遇改善や一人ひとりのサポートもしているわけだが。

社会内治療的処遇。

いま、犯罪弱者化社会というキーワードで考えようと勉強会を立ち上げているが、「女性の犯罪化」。すごいなあ。

ジョン・レノンの「女性はニガー」
映画『ジョン・レノン ニューヨーク』より

http://d.hatena.ne.jp/komasafarina/20041208

Woman is the Nigger of the World
John Lennon & Yoko Ono
Woman is the nigger of the world
Yes she is...think about it
Woman is the nigger of the world
Think about it...do something about it
We make her paint her face and dance
If she won't be a slave, we say that she don't love us
If she's real, we say she's trying to be a man
While putting her down, we pretend that she's above us
Woman is the nigger of the world...yes she is
If you don't believe me, take a look at the one you're with
Woman is the slave of the slaves
Ah, yeah...better scream about it
We make her bear and raise our children
And then we leave her flat for being a fat old mother hen
We tell her home is the only place she should be
Then we complain that she's too unworldly to be our friend
Woman is the nigger of the world...yes she is
If you don't believe me, take a look at the one you're with
Woman is the slave to the slaves
Yeah...alright...hit it!
We insult her every day on TV
And wonder why she has no guts or confidence
When she's young we kill her will to be free
While telling her not to be so smart we put her down for being so dumb
Woman is the nigger of the world
Yes she is...if you don't believe me, take a look at the one you're with
Woman is the slave to the slaves
Yes she is...if you believe me, you better scream about it
We make her paint her face and dance
We make her paint her face and dance
We make her paint her face and dance
We make her paint her face and dance
We make her paint her face and dance
We make her paint her face and dance

http://thesocietypages.org/socimages/2008/11/08/most-of-the-people-in-america-are-n/

He also quotes the Chairman of the Black Caucus, who says:
If you define nigger as someone whose lifestyle is defined by others, whose opportunities are defined by others, whose role in society is defined by others, then good news! – you don’t have to be black to be a nigger in this society. Most of the people in America are niggers.

https://www.youtube.com/watch?v=S5lMxWWK218

「あなたがニガーを、他者によってライフスタイルを定義されるもの、機会が他者によって定義される者、社会における役割が他者によって定義されるものと定義するなら、この社会においてニガーであるのに黒人である必要はないということ。アメリカのほんどの人はニガーである。」

歌詞の訳は以下にあります。

http://blog.goo.ne.jp/civil_faible/e/549bf6d6f790fc5c500127d75883b0b7

ジョンが生きていた時のヨーコ・オノって、どこか自信なさげで、落ち着かないよね。
[PR]
by eric-blog | 2014-12-24 15:28 | ◇ブログ&プロフィール | Comments(0)

死刑廃止を迫る袴田えん罪事件

死刑廃止を迫る袴田えん罪事件

FORUM90 死刑廃止国際条約の批准を求める 地球が決めた死刑廃止 vol.139

ロベール・バダンテール
『死刑執行』『そして、死刑は廃止された』

死刑囚絵画展2005〜2014年
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/pdf/event_20140914_kaigaten.pdf

くにたち での絵画展
http://www.labornetjp.org/EventItem/1418957607745staff01

第4回 死刑映画週間
http://www.amnesty.or.jp/human-rights/movie/post_10.html


a0036168_1342794.jpg


犯すかもしれない罪の前におののくのか、それとも傲慢にもおのれを信ずるのか。
この違いはどこから来るのか?
[PR]
by eric-blog | 2014-12-24 13:43 | ◇ブログ&プロフィール | Comments(0)

教育格差の是正に真剣に取り組むべき理由

教育格差の是正に真剣に取り組むべき理由

高等教育の私的負担が日本は、高いと思ったら

◆OECDによると、所得格差は経済成長を損なう

http://www.oecd.org/tokyo/newsroom/inequality-hurts-economic-growth-japanese-version.htm

◆所得格差は教育格差につらなっています。

「大卒男子と高卒男子を比較すれば、生涯賃金で約7000万円、女子ですと約1億円の差」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20140819/270044/?P=3

■教育投資・財源の検討のために 高等教育の場合
小林雅之
東京大学 大学総合教育研究センター
資料1

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/bunka/dai3/dai2/siryou1.pdf
各国における奨学金と高等教育 の費用負担の在り方 小林雅之
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou /057/gijiroku/__icsFiles/afieldfile/2013/05/24/1335394_02.pdf
「ローンの拡大だけでは学生支援として不十分。・
・・低所得者層ほどローン負担感は強い」

■高等教育費の負担軽減をめぐる諸問題 -我が国の課題とオーストラリアにおける所得連動型学生ローンの事例-
寺 倉 憲 一
http://www.ndl.go.jp/jp/diet/publication/refer/pdf/072808.pdf
「経済格差が深刻な教育格差」


■第8章 高等教育の社会経済的効果と費用負担
小林雅之(東京大学・大学総合教育研究センター) 劉 文君(東京大学・大学総合教育研究センター)
https://www.nier.go.jp/koutou/seika/rpt_02/pdf/rpt_09.pdf

限界に達した家計負担 高等教育の費用負担をめぐる議論
研究員  田中 敬文(東京学芸大学 教育学部 准教授)
https://www.shidaikyo.or.jp/riihe/research/arcadia/0480.html
「近視眼的な思考を超えて
 国際人権規約のA規約(社会権規約)第13条(大学の学費無償化条項)を留保している国は、条約加盟国160か国中、日本とマダガスカルだけとなった。財政事情が厳しいわが国で高等教育への支出を大幅に増額することには難しい面もあろう。しかし、将来、高卒者より多額を納税するであろう高等教育進学者を現在支援することが、長期的に歳入増加をもたらすことになる。国民や企業が、現在(今)税等により高等教育費を負担すれば、将来自らが恩恵(便益)を享受することができる。税等の負担増加を何が何でも忌避するという近視眼的な思考から、わが国の将来を見据えた発想の転換が必要である。国立私立にかかわらず、偏差値の高い大学には所得の高い家計の子どもが多いことが明らかになりつつある。高等教育の機会均等を図るためにも、家計負担の軽減を急がなければならない。」

■OECDカントリーノート
図表でみる教育:OECDインディケータ 2012 日本
http://www.oecd.org/edu/EAG2012%20-%20Country%20note%20-%20Japan%20(JPN).pdf

■教育費貧乏という破綻
http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20140819/270044/
“教育費破産”の恐ろしい点は、子供が小さい間はその予兆に気付きにくいこと、というわけですか。こんな家庭が他にも増えているんですか。

◆STOP! 教育の貧困

a0036168_1115612.jpg

[PR]
by eric-blog | 2014-12-24 12:43 | ☆よりよい質の教育へBQOE | Comments(0)

出来過ぎ、お座すぎ、座スギ、すぎ座、

スギコダマの衝撃と、桐の座布団の暖かさと形に励まされて、スギ材で座布団を作ってみました。

材は、三角椅子を取った時の端材が一枚あったので、それを使いました。

使ったツールはノコギリとサンダー。サンダーは発電機を使って、電動のものを使いました。

ちょっとお尻になじむようなへこみをつけて、約15分で完成。ま、時間はかければかけるだけ、かけられますが、一度使ってみて、改善点を考えることにいたします。

ネーミングを考えないとね。

a0036168_983922.jpg


【後日談】
小川町のログハウスで使っています。とても使い心地がよいです。厚さ5cmですが、7cmでもやってみようかなあ。
[PR]
by eric-blog | 2014-12-23 09:07 | ◇ブログ&プロフィール | Comments(0)

森林ESD の in/through, about, for

森林ESD の in/through, about, for
森林ESDとは
森林で、    in
森林を通して、 through
持続可能性について、 about
未来のために学ぶ for
あらゆる機会に
あらゆる人のための
生涯学習である。

a0036168_18152651.jpg

[PR]
by eric-blog | 2014-12-22 18:15 | ☆PLTプロジェクト | Comments(0)