<   2011年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

私が愛した東京電力 福島第一原発の保守管理者として

蓮池透、かもがわ出版、2011

東京理科大学出身で東京電力に1977年に入社。2009年に早期退職するまで原子力畑に勤務した体験から今回の事故について語る。

最初の福島第一原発勤務の5年半で100ミリシートベルトの被爆をしているという。それは担当者の間でも高い方だった、と。
子どもに対する年間20mSvがいかに途方もない線引きか、到底受け入れられない、と。

「想定外」というのは、工学的にいろいろなケースを想定して議論していて、それを越えるもののこと。今回のことは「無想定」と呼ぶ方がいい。

拉致問題の事務局を引き受けていたことで居づらくなって、早期退職を選び、「東京電力とは一切縁を切る」との一筆を入れさせられての退職だけに、言えること。
社員時代は原発は安全だと宣伝していたことを申し訳ないとしながらも、いまは原発の安全なフェードアウトをみんなの英知を集めて考えるべし、と

昨日の「隠れた脳」ではないが、日本原燃という小世帯では、拉致問題について活動して、メディアに出た時もリアクションがあったが、本社という大所帯に帰ると誰も何も言わなくなったと、いうのがおもしろい。
[PR]
by eric-blog | 2011-11-29 17:12 | ■週5プロジェクト11 | Comments(0)

隠れた脳 好み、道徳、市場、集団を操る無意識の科学

隠れた脳 好み、道徳、市場、集団を操る無意識の科学
シャンカール・ヴェダンタム、インターシフト、2011


著者は『ワシントン・ポスト』紙のサイエンス・ライター。原著は2010年の出版だから、すばやい訳出である。

わたしたちの脳には、ある認知の偏りの傾向があって、その偏りに気づかないまま、生きている。どんな偏りがあるのか、をまとめて論じている本である。

○認知のバイアス
○コミュニケーションのバイアス
○倫理のバイアス
○文化のバイアス
○ジェンダーのバイアス
○集団のバイアス
○つながりのバイアス
○数のバイアス

これらのバイアスは「隠れた脳」つまり、意識できない脳がくだしている判断なのだ。なぜ、人間に「意識できる脳」ではない部分があり、そしてその意識できない部分の脳の働きがこれほど大きいのか、説明する方法はいくつもある。「新しい経験」と「繰り返される経験」がわたしたちの生活にはある。意識的な脳はゆっくり慎重に作業を行う。隠れた脳はスピード重視。   27


「善良な人々は欠点のない人々ではない。勇気ある人とは恐れを感じない人ではない。寛大な人とは決して利己的にならない人ではない。非凡な人は、無意識のバイアスに支配されないから非凡であるわけではない。それに対して何かをしようとするから非凡なのだ。」12

善悪の判断は隠れた脳のアルゴリズム。73

とはいえ、人間は無意識の部分についても責任を負う存在である。

隠れた脳は他の物体より人の顔を喜んで認識する。81

同じ人種よりも、違う人種の人の顔が見分けにくい。そのために、誤認がおこる。87

そして、第5章「男と女は入れかわなければわからない」
トランスジェンダーで性転換をした人々の経験から、だ。

男性が女性になると、男性の時には経験しなかったさまざまな不利益を受ける。収入は平均してさがる。12%減少。
女性が男性になると、あらゆる特権を新たに手に入れ、収入は平均して上がる。仕事をするのが楽になる。7.5%上昇。

ジョーン・ラフガーデンは、1972年にスタンフォード大学に来た。1998年に男性から女性になった。137
「スタンフォード大学で職を得たのはベルトコンベアに乗ったようなもの。若い男にはレールが用意されていた。」
比較的年をとってから女性になったが、女性になったとたん、意見が尊重されなくなったと感じた。論文も通りにくい。新しい、これまでの枠組みを問い直す論を出せば、攻撃される。などなどが実例を上げて紹介されている。ふむふむ。

集団のバイアスは、世界貿易センタービルの事件のような時に、「人は追いつめられると大勢の幸福よりも私欲に走る」とわたしたちが思うのに対して、危機の時、人は集団を見ていることを、サウスタワー89階の人々の行動と88階の人々の行動を比較して論じている。爆発の直後に動いた人を除いて、そこに残った人々は、「動かないで、そこにじっとしている何十人もの人々」に隠れた脳が縛り付けられたのだ。180

「津波、てんでんこ」の教訓だね。

また、集団が大きくなるほど人助けをしなくなる。171

テロリストになるのは、小集団でのつながりが強い時、95
一匹の子犬の救出劇に対して集団の苦しみには無関心。245

希望が見えない時代、大きな夢を持っている人々にとっては、小さな集団や派閥やカルトが、とても魅力的なものとなる。

大阪維新の会。大きくなったと言っても100人ですよ。
彼らがトンネルの時代に魅力的に見えたことは疑わないけれど、何ができるのか。これから巻き込まれる堺市はどう動くのか。

一人ひとりが、ていねいに、ゆっくりと意識脳を働かせながら、でも、すばやく危機に、たった一人でも反応しながら、生き延びる時代になのだなあ。
[PR]
by eric-blog | 2011-11-29 08:55 | ■週5プロジェクト11 | Comments(0)

スキル「あなた」 対立を通して価値観を明確にする

記録       2011年11月26-27日

「分析の枠組み」が崩れてしまっていますが、とりあえず。

セッション1 共通基盤づくり
11.00-13.00
1.豆紋でカードづくり
2.初めての「三人ゼミ」。共通基盤で共有したいこと?
3.目標の確認と三人で進める上での話し合いの心がけ
(ア)目標
①対立をじっくりと考える
②国際理解教育、開発教育、ESDなどさまざまな教育があるが、自分の立ち位置はどこにあるのか。どこに置きたいのかを確認したい。
③ジョハリの窓の「未知・未知」の部分に光を当てる。
④「守破離」の考え方で、型から入る「守」型教員や教育について考える
⑤from/toの枠組みを使って、「他/他」の部分についての理解を深める。知る。価値観を育む。
⑥NPOで活動していることの意味の再確認
⑦「教師力」というのは集団マネジメント力なのではないか。「教育力」とはどこがどう違うか?
⑧教員集団内の多様性を知り、理解する。
⑨学校教育を勝ち残った人による学校教育の再生産は、変わることができるのか?
⑩新しい方法論は根づくのか?
(イ)話し合いの心がけ
①汚いことばは使わない
②過激にならない。過激さを深さに。
③決めつけの言葉ではなく、分析の言葉を探す。
④批判的な気持ちの根源を言語化する。
⑤自分の中の葛藤に目を向ける。
⑥百人百話。ここでしか生きられない人vs他でも生きられる人。


ジョハリの窓
     わたし
他者知っている 知らない
知っている
見えている
わかっている既知のわたし
開放されているわたし(フィードバック)気づいていないわたし
外からは見えているわたし
知らない
見えていない
わかっていない(自己開示)(発見)
隠しているわたし
秘め事未知・未知
深層心理
潜在意識
ジョセフ・ルフト、ハリー・インガム

アクターを考えれば次のような枠組みも考えられる。

From Toわたし他者
わたし自己確認自己表現
他者フィードバック世間


4.「弱い絆」の資料共有 安心社会から信頼社会へ
「社会統合には弱い靭帯の方が機能的優位性をもつ。」
時間情緒親密さ助け合い
強い



弱い
第4章 弱い靭帯の強さ マーク・S・グラノヴェーダー
The Strength of Weak Ties, Mark S. Granovetter, 1973
リーディングス ネットワーク論 家族・コミュニティ・社会関係資本
野沢慎司、勁草書房、2006

強い靭帯とは、風土、歴史、地縁・血縁などの関係性の濃い社会。

安心社会から信頼社会へ
              高信頼


      信頼社会
関係性
    安心社会
              低信頼              人間性
高信頼型の方が、学歴も高く、人間観察力もある
「低信頼」の人たちは「関係性」感度が高い。関係性とは、その人のことを知った上で、どのような関係が自分との間に築かれているかを認知しているということである。
前者が、一般的な人間そのものに対する観察力と信頼、つまり「信頼」そして後者が、知っている関係における観察力と信頼、つまり「安心」と著者は名付ける。
安心社会から信頼社会へ 日本型システムの行方山岸俊男、中公新書、1999

関係性が強い>>公共性、合理性を関係性が凌ぐ。

そのために、「社会統合には弱い靭帯の方が機能的優位性をもつ。」ということになる。弱い絆の社会は、公共性の高い行動や規範を育てる機会でもある。

ポルポトの政策のように、「関係性」を断ち切ってから社会を再構築しようとする。少年は保護を受けるが、「弱い絆」しか築けていない。そこに「強い」ものを持ち込むことで、「強さ」に引きつけやすい。

福島県からの避難はなぜ難しい? 「学童疎開」は是か否か?

価値観の対立であるが、同時に人間の生き方の矛盾でもある。

人間の持つ要望の根源的矛盾。

自己実現したい。他者を大切にしたい。
自立したい。関係性を持ちたい。

セッション2 対立から学ぼう 流れのあるプログラム
14.00-16.00
1.IALAC まりの物語
2.セルフ・エスティームを萎ませるもの・育てるもの[対比表]
3.育てるもの5原則[原則づくり]
4.「萎ませるもの」に対して「わたしメッセージ」の練習[ワークシート]
5.わたしのセルフ・エスティームが萎んだ時  この一週間をふりかえって
6.「対立の場面のセルフ・カウンセリング」
7.共感的傾聴
8.「わたしメッセージ」を練習する
9.ふりかえり

【共有された事例】
「あなたにはわからないわよ」
こんなブログがありました。
http://seitosshi.blog136.fc2.com/blog-entry-68.html
「「経験していないあなたにはわからない」と言った瞬間、その人は言われた人とのコミュニケーションを完全拒否しているということを理解してほしいのです。」

「ファシリテーターは、価値ニュートラルな立場で進行しなければならない。」
だったら、なぜそんなテーマのワークシッョプ開くの?
だったら、あなたはそのテーマについて、どんな行動とっているの?
だったら、なぜ、あなたはわたしの意見を聞かないで、一方的に考えを押し付けるの? なぜ、いま、あなたは価値ニュートラルに人の話しをファシリテートできないの? しないの?

キッパリ。少なくとも、人権教育のファシリテーターは、「価値ニュートラル」な立場ではファシリテートできません。
国際的なゴールはもう合意されています。ゴールに反論したり拒絶したりする人もいるでしょう。しかし、圧倒的な多数の人が、合意しているのです。
NGOの4つの役割が国際社会にはあります。
(1)問題提起
(2)啓発・意識化・世論の形成
(3)実践活動
(4)モニター

これらの4つの行動によって、わたしたちは国際的な合意を高め、合意に基づいた行動・実践を促進し、そして、変化や獲得できたことを評価し、点検します。

価値ニュートラルにそこに立っているあなた。あなたがこの国際社会の合意の枠組みの外にいるなんてことは、ありえないんですよ!

かといって、「誘導」するわけでもありません。

「誘導」できるほど、自分が聖人君子である人などいないからです。

「みんなの頭で考える」「共に変わる」

そのために参加型学習の教え方・学び方やワークシッョプがあるのです。

ファシリテーターという立場の強さに怯えているあなた、「誘導してしまうのではないか」と恐れているあなた。もう一度、いまの教育で何が行なわれているか、いまの社会で情報がどのように出されているか、現実を直視し、分析してみませんか?

批判的だが、暖かく。そして、あえて違う角度から意見を出し合う。

そんな場づくりのモデルを示そうとするなら、「あなた」はどうあるのがいいでしょうか?


セッション3 ふりかえり「対立から学ぼう」のカリキュラムの価値観
16.00-18.00
1.CR Conflict Resolution のカリキュラム、開発の背景。アサーションの歴史。[ミニレクチャー]
2.「調停のモデル」を読む。
3.『対立から学ぼう』のカリキュラムが「秘めている価値観」は何?
4.ふりかえり

【『対立から学ぼう』のカリキュラムが示している価値観】
・ 依存的で権威主義的な気持ちが「自己責任」「自己決定」へと変化させられる。
・ ルールにのっとること。調停者は中立の立場で「調停」すること
・ 言語化すること=言語化して意識化することで行動変容につながる。
・ 「わかっているだろう」とか「ことばにしなくても」とは思わない。
・ 対等な関係で、しばることはいけない。
・ 達成主義、コンテストに向かって努力することはいいことだ。100ドルの賞金を得たいと願うことはいいことだ。
・ 事実、感情、本心のワンフレーズをていねいに繰り返すことで整理をすすめていく。逸脱しない。
・ 本心を一致したら、その目標に向かう行動は問題解決できる。
・ 協力する。
・ 本人たちの力を信じる。
・ 互いに言い分はevenに話し合う。
・ 攻撃はしない。
・ 尊重する。妨害しない。
・ 調停は「交通整理」
・ 行動計画をたてる。そこにむかって努力する。
・ 「調停者」という第三者を信頼する。
➢中立
➢利害関係がない
➢処罰する人ではない
➢批判しない
➢指導しない

➢方法論を持っている人
・ 要望→必要→本心。
・ ウィンウィン型解決を求める。双方が本当に満たされることを探り合う。
・ 内発的動機づけが大事。
・ 事実・感情・価値観という手続き。

2011年11月27日
セッション4 プログラムづくり
9.00-11.20
1.「アジアにおける子どもへの暴力の現状」を読む
2.「体罰容認」の風潮はどこから? わたしたちはどこへ行くの? 分析の枠組みを使って、検討する。
(ア)暴力/非暴力 体罰/体罰でない 二次元軸
(イ)言語的/非言語的 体罰/非暴力 二次元軸
(ウ)言語的/非言語的 暴力/非暴力 二次元軸
(エ)暴力/非暴力 威圧/威圧でない 二次元軸
(オ)暴力の分類と言語的非言語的のマトリクス
二次元軸が多いのは、「対比表」なら、なんでも書けてしまいますが、二次元軸を取り入れると、軸の弁別性、独立性が問われるので、どの軸がありえるかありえないかが、わかりやすくなるからです。
これらの分析の結果見えてきたことは、
・ わたしたちは「体罰」に対する極のことばを持たない。
・ 暴力に対し「非暴力」は、わたしたちがめざすべきものを明確に示すことができていない。
・ 非暴力とは「暴力の不在」のことではないはず。「◯◯しない」という表現を「◯◯する」という言葉で表現しようと、『未来を学ぼう』などでも指摘しているが、正しくそのことが、ここで起こっている。
・ 「暴力の不在」とは「消極的平和」に過ぎない。
・ 『いっしょに考えて! 人権』p.44の「構造的暴力」を共有すれば良かったなあ。だからこそ、人権尊重が「体罰」の対極に来るはずなのに。「体罰派」は体罰が人権侵害だとは考えていないだろうなあ。

3.「体罰容認派」の人がいる学校のための研修プログラムを作ろう!
4.ふりかえり


【研修プログラム例1】
「非暴力で規律を創るポジティブな学校風土を求めて」

起なぜ暴力はいけないの? なぜ体罰はいけないの? 連想図
承体罰だけが暴力ですか? 暴力の分類と言語非言語のマトリクス分析
転しつけはなんのため? 連想図
結「暴力のない」学校から「人権尊重文化の学校へ
    「いいしつけ/危険なしつけ」対比表

展開のポイント
しつけの目標をより高い、教育的な根拠に確認する。               その目標のためにはどのようなしつけがいいしつけかを点検する。

【研修プログラム例2】
「言うことをきかない」「思い通りに動かない」とは、どうするか?

起「思い通りにいかない時」の気持ちをふりかえる。 
    その時の相手の気持ちも考える。
承「思い通りにいく」ことのメリット・デメリット、強み、弱みを考える。
転どうすればいいかを川柳で表現する。
結育てるための「わたしメッセージ」を練習しよう。「子どもに伝えたい I message」

子どもにも環境を変える、大人の行動変容につながる「わたしメッセージ」を言う力はあるはずです。環境を変える力は、わたしたちみんなにあるのです。だから、みんなで練習しましょう。

セッション5 行動計画づくり
12.40-14.00
1. 学習性無力感の時代に、教育の課題は何かを確認する。
2. アサーション度チェック
自分のいいところ10個
人のことをほめたこと
人からほめられたこと
3. スキル・ビルダー 5つの手だてと行動計画

【学習性無力感の時代に学ばれている価値観は何か?】
・ 成果主義
・ 勝つことが正義
・ 負けた奴はつきあわない。視野の外 (小中の生き延び方)
・ いじめも僕のせいじゃない。巻き込まないでくれ。
・ 社会問題に取り組むのは達成主義・評価主義の価値観のまま
➢かっこいいから
➢本流、主流では挫折したここなら取り組みやすい
➢本流、主流には不満や不足がある。ここなら負けない。
・ 20代後半でNPOを立ち上げようとする人たちとの感覚のずれ、彼らが抱えている「男」という病。
・ 試験で切られる。たった一回の受験でチャンスを失う。
・ この時代に「公共性」は育っているのかな?

行動計画とは「カリキュラム」のようなもの、伸ばしたい力の柱を決めて、5つの手だてをちりばめる。なぜ、その手だてなのかを「実践的に省察」することで、もっと他のやり方もありえることに気づく。Inhibition & Means Whereby

国際的なゴールは「目標のある人は遠くまで行ける」ためにある。
 

セッション6 ふりかえりとまとめ
14.10-16.00
1.  「三つの省察」でふりかえる わたしの価値観の明確化
2. 気づいたこと・感じたこと・学んだこと
3. 「わたし」「あなた」「みんな」の9つの「スキル」に対し、5つの手だてでチェックする。
4. 脱学習の課題もあるね。
5. 傾聴とフィードバック
6. 修了書にサイン。「あなた」のことで、気づいたこと。

【アイデア】
・ 音楽の歌詞から価値観を探る。
・ 幸福度をはかる柱を探る。比較する。
・ 面従腹背の日本列島、劣等感と開き直り


体罰でないもの、それはニュースにならない「教育」の努力かもしれない。
よりよい教育方法もあるはずだ。

「対立の扱い方」を共有していないファシリテーターの集団があるなんて信じられない。けどね。

                                                 
[PR]
by eric-blog | 2011-11-28 17:57 | □研修プログラム | Comments(0)

アジアにおける子どもへの暴力

国際子どもの権利センターのシンポジウムで発表された「アジアの子どもの現状」
パワポをベースに訳しました。当日はとてもすばやく共有されたので、ついていけませんでした。

--------------------
アジアにおける子どもへの暴力

2006年 国連の調査が行われ、各国に対する勧告が出された。
1.strong and responsive frameworks
2.Prohibition of violence against children
3.Prioritize prevention
4.Promote non-violent values and awareness
5.Enhance capacity of all who work with children
6.Universal access to appropriate service and program
7.Ensure children’s participation
8.Accessible reporting and redress mechanism
9.Creation of trustworthy Justice system
10.Address gender perspective of VAC
11.Systematic national data collection & research
12.Stronger International commitment

Promotion of positive non-violent discipline
Training of parents and care-givers on so
Enhancement of existing parenting Programss
Pilot implementation of the Triple Parenting

その勧告以来の5年間を評価する。
Violence in the Home and Family
・家庭での子どもに対する暴力はまだまだ存在する。
・つねに3人中2人の子どもが体罰を受けている。
・86%の子どもが体罰や身体的虐待を経験している。
・性的暴力はよくあることだが、報告されない。
・9200万人の女の子が性器切除されている。

しかし、体罰禁止を決定した国が31カ国ある。日本は含まれていない。
2006年以来、性器切除を禁止した国は5カ国。

Violence in school
・78カ国で体罰が合法的に認められている。
・97%が体罰を経験する国もある。
・セクハラ、レイプ、sex for grades成績と引き換えに性交を強要する。
・いじめは日常的。身体的、精神的、サイバー上など。

しかし、いまや体罰を禁止している国は117カ国。
2008-2010の間に法律の変化によって保護を受けられた子どもは3億9千万人。

Violence in care and justice institutions
・施設にいる子どもの危険は続いている。
・子どもに対する暴力的な判決が40カ国で実施されている。
・未成年に対する刑の執行がこの5年間で50%増加した。

しかし、いくつかの国は年齢を引き上げた。子どもに対する刑の執行をする国が減った。

Violence in the workplace
・1億1500万人の子どもが危険な仕事についている。
・毎年22,000人の子どもが仕事場で殺されている。
・何百万人もの子どもが人身売買されている。

しかし、危険な仕事についている子どもの数は2004年から10%減った。家内労働者についての条約が採択された。
Optional Protocol on Sale of children, Child Prostitution and Child Pornography
13カ国が批准、後11カ国の批准が必要。

Violence in the community
・政治的に不安定で、選挙の暴力、麻薬やギャングがらみの暴力。
・国によっては子どもは大人の2-3倍の頻度で犯罪被害者になる。
・9カ国についての調査では、53%の子どもしか、一つ以上の安全に遊べる場所を持っていない。

子ども自身による「安全な場所」キャンペーン

結論
まだ子どもへの暴力の現実はある。
進捗は不十分てある。

National strategies
Legal prohibition
Data collection

www.cin.org

子ども自身が応え、国連に提出することができる調査。
[PR]
by eric-blog | 2011-11-25 08:55 | ☆よりよい質の教育へBQOE | Comments(0)

民主党 波瀾の航海

民主党 波瀾の航海
鎌田 慧、アストラ、2009

最近、原発問題について、渾身の活動を展開中の著者。これまで取材してきた原発労働者の問題、派遣労働者の問題などが複合的に、そしてもっともむごい形で露呈している現場に対するいたたまれなさ、そんな表現では弱すぎるのだけれど、そんな気持ちがよくわかる。

2009年、民主党政権が誕生した時にまとめられたこの本。各章毎にチェックリストがついている優れもの。Let’s check them out!

・民主党政権のチェックリスト
・労働問題のチェックリスト
・マスコミ再生のチェックリスト
・官民癒着体質を一掃するチェックリスト
・表現の自由を取り戻すためのチェックリスト
・日米の対等関係を築くためのチェックリスト
・司法改革のためのチェックリスト
・国民の安全を守るためのチェックリスト
・安全なエネルギー政策を実行できるチェックリスト
・靖国問題を解決するチェックリスト
・憲法9条を堅持するためのチェックリスト

記者クラブの解放、防衛予算の削減、普天間基地の撤去、死刑の廃止、

少なくとも「原発依存政策をやめる」ことは実現していきつつある。「核燃料サイクル政策を中止」「原発の海外輸出をおさえる」など、まだ課題はある。しかも、原発への派遣は「製造現場への派遣を禁止する」に当たるのではないか? 早急に、いま原発で働いている労働者全員を東電の直接雇用にすべきである。

「閣僚の靖国参拝はやめる」は実現している。超党派で参拝する民主党議員がいるのはどうよ? ってな感じだが、東京都の七生養護学校問題の発端は民主党議員からだったからなあ。

「社民党、国民新党との連立を維持」など、すでにくずれているものもある。

2009年8月30日の民主党の圧勝によって、日本を変えなければ意味がない。

1億3000万人の「日常」そのものが抵抗勢力になっている。誰のために、何のために変えるのか。時代を越える、歴史を拓く、未来を創る。共通の意識が求められるね。
[PR]
by eric-blog | 2011-11-25 08:03 | ■週5プロジェクト11 | Comments(0)

国民のための百姓学

国民のための百姓学
宇根豊、家の光協会、2005

自然農法、虫見板等の提唱者。日本にも学ぶべきもの、守るべきくらしがあるということ。

ごはん茶碗一杯の米は稲三株分だが、オタマジャクシ35匹、トンボ1匹、ミジンコ5000匹、豊年エビ11匹などを随伴して育てている。  189

これが豊かさだ。

遺伝子組み換え技術について、いま勉強会を開催しているリスク・コミュニケーションについて、とても参考になる下りがある。

人間の欲望に歯止めがかからなくなるのではないかという不安。
それに対して、推進側の科学者は、この不安を「安全性への不安」にすり替えようとして、自分たちの土俵の上で、科学的に安全性を証明しようとする。37-38

時代を越えて引き継がれてきた伝統的な技術とまなざし。遺伝子組み換え作物に頼らなくてもやってこれたこと。そのことを再評価すべき。だと。

科学に対抗するものとして、伝統的な仕事やくらしを再評価することだ。40

カネにならないものを一つの価値基準として提起していく。26

人間の欲望を満たすためなら、すべてが許されてしまう、ということだ。そうなるともう科学に歯止めをかけるものがなくなってしまう。
このような問題に科学は結論を用意できていない。
むしろ科学の外での議論こそが重要だろう。したがって科学者は、科学の外での議論の土俵に上がる覚悟と能力を持っていなければなるまい。34

本当にたくさんの知恵と目から鱗のものの見方がつまっている本です。

最終章では「百姓学宣言」

1.農の伝統・感情・摂理・思想をあきらかにする。
2.科学を軽んじないが、経験や感性をより重視する。
3.近代化を否定しないが近代化してはならないものを守るための論理を提示する。
4.人間中心主義を脱却する。カネにならないものを本気で大切にする。
5.論文である必要はない。学会は作らない。
6.膨大な中からすくいとっていく。
7.近代化が終息すれば、眠りにつく。
8.担い手は学者である必要はなく、すべての人に開かれている。
9.
[PR]
by eric-blog | 2011-11-24 09:15 | ■週5プロジェクト11 | Comments(0)

エネルギーと私たちの社会 デンマークに学ぶ成熟社会

エネルギーと私たちの社会 デンマークに学ぶ成熟社会
ヨアン・S・ノルゴー、ベンテ・L・クリステンセン、新評論、2002
デンマークでの出版 1982

エネルギー消費の増大に伴って汚染や問題は増える。供給関係に関わる事故の確率は増える。12

低エネルギー社会というのは、人々が選ぶことのできる選択肢なのである。
そして、それは、人生の価値をどこに置くかを選択することでもある。

人生の価値  30-31
達成価値と存在価値
自然の制御自然と親和
更新保全
生産性創造性
階層平等
競争協力
物質主義簡素主義
知識感性
専門的知識全体的な考察
外への開発内なる発展

そして、第三章以降は「仕事」「衣食」「住まい」「熱源」「家具と家電製品」「すてきな電気」「サービス」「クルマ」と生き方や個別の技術についての選択肢が提示されている。

第13章は、日本での出版に合わせて「20年後のデンマーク」。この20年間にデンマークが、どのような選択をしてきたかをふりかえるものです。

低経済成長の側をデンマークの人々は選んでいる。それは収入の公平性が高く、充実した福祉プログラムが保証されているから。
そして、低成長を打破してGDPをあげるということは、人々がより多く消費し、より多く働き、より多く生産する動機を与えるために、不公平さを拡大する必要がある。182
デンマークではこのような政策は困難であるが、国際的にはそのような圧力がある。183

結果として見るとデンマークは高エネルギー社会でも低エネルギー社会でもなく、半ばを推移してきている。しかし、電力消費と交通量と交通エネルギーは高エネルギー社会として予測したシナリオ以上に伸びている。これからも、このようなモニターを通して、選択肢を提示し続けることが大切。

技術はある。特に省エネルギーのための技術を推進することが大切だ。
彼らの提言はこれだ。

1.エネルギー消費を削減すること。
2.さらにエネルギー消費を削減すること。
3.なおかつ、さらにエネルギー消費を削減すること。
4.その上で、再生可能エネルギーを導入すること。

二酸化炭素がどうのこうの、地球温暖化がどうのこうのではなく、どのような社会に生きたいのか、それはどんなライフスタイルなのかを選択しようと呼びかけた本。

エネルギー政策の結果がどうなったかも大事なことだろうが、いま、デンマークが「世界でいちばん幸せな国」と言われることも、大きな達成なのではないだろうか?
[PR]
by eric-blog | 2011-11-23 08:38 | ■週5プロジェクト11 | Comments(0)

生きることのレッスン 内発するからだ、目覚めるいのち

生きることのレッスン 内発するからだ、目覚めるいのち
竹内敏晴、トランスビュー、2007

2009年に亡くなられる前年まで、池袋の小学校跡のコミュニティセンターで「からだのレッスン」を実践されていた。なんだか、取り巻きが分厚くて、ご本人に触れられない感じがあって、敬遠したのだが。

この本の41ページから60ページあたりは、全部のことばを書き出したいくらいだ。

岡倉士朗さんの『土』の演出。
スタニスラフスキーの「ハンカチーフ!」というオセロのシーン。


意味が剥げ落ちて存在が現れる サルトル、58ページ

意味だけの伝達
軍隊の命令、学校の教員による指示・伝達、会社組織の稟議や通達、回覧。59

現代社会は、なまの「私ではなく、情報、意味を伝えることだけにやっきになっている人たちが、寄ってたかって作り上げているのですから。  60

面従腹背の教育の源 162-167

内心の自由しかない、いまがあぶり出されますね。
それは少なくとも民主主義ではないのです。
[PR]
by eric-blog | 2011-11-22 09:11 | ■週5プロジェクト11 | Comments(0)

全国小水力発電サミット in 黒部

全国小水力発電サミット in 黒部

「日本のエネルギー政策に関する一考察」  佐々木経世

だから小水力発電なのだ。という話を今日はしたい。電力の危機は日本の危機。
富山の取り組みが世界のショーケースになるのではないか。

e-solutions は社会的課題へのアプローチ、ビジネスソリーション、未来の構想を行っている。

チームマイナス6% 環境省に持ち込んで、2005年から取り組んできた。35000社以上。

超高齢社会についての取り組み 2055年には高齢者人口が57%にもなる。生産年齢人口の一人が一人をサポートするようになる。世界がこういう状況になる。国立長寿研究センターと連携して、課題の洗い出し、予測を行っている。高齢者の10歳以上の若返りが起こっている。生涯現役、いきいき生きる高齢者のいる社会へ。  600万人が「買い物弱者」これを解決できないか。潜在的な市場規模があるはず。専用の情報端末で弁当や総菜を注文することができる。自宅まで配送。民間企業がビジネスとして取り組むことで発展させやすく。

大震災で「移動店舗」をと提案。セブンイレブンが展開。

路線バスが8600キロが5年間でなくなった。地方が縮小していく。東大との連携で「オンデマンド交通」

観光立国日本。成長産業。韓国からの観光客が1億人になると。地域活性化につながる。フィージビリティ研究をしている。沖縄で「環境・エネルギー」と「観光」を掛け合わせたモデルケースができないか。

みんなで「ポジティブ・オフ」東北へ行ってお金を落とそう。この夏65社が参加。

ヘルスケア 脳卒中・脳梗塞対策。解決には二つの方向がある。 新しい治療方法、早期発見早期治療。

脳卒中センターが365日24時間開いているならば、 3時間以内に搬入できれば生存率、回復率は高まる。

富山うつプロジェクト 誰でもなる病気。早く見つければ、治せる。2007-2009年のプロジェクト。

食料自給率。輸入に依存することのリスク。フードアクション

森林の保全。放置することの悪影響。解決のあり方は、林業をビジネスとして成り立たせるために。

農村のスマートビレッジ。

スマートシティ。

フューチャーデザインセンター。「課題先進国」日本。

復興構想会議でプレゼンした内容。

わたしたちは地震津波の多い国に生きている。
複合的被害と創造的復興。
未来の子供たちのために
すぐに解決できると思わない。先輩がつくってきた日本。彼らほど強くないわたしたちの世代、そして下の世代。でも、取り組もう。

人口密度とマグニチュード7異常を比べると米国の45倍のリスク。
都市の人口集中は問題。分散化。
一つひとつのまちに必要な機能がある。交通手段の多様性。物流拠点。
「分散」「自律」「協調」が必要。

電力危機は日本の経済危機。

需要と供給を電力についてみてみた。電力不足が夏も冬も続く。
節電の悪影響 工場の休、暗くて暑い事務所、公共機関のエスカレーター、弱者へのアクセスが悪くなる。

脱原発のシナリオ
発電コストの比較。原子力は5-6円と言っているが、補助金や保証などを入れるといくらになるかわからない。

社長が海外移転を考えている。というのが4割。

家庭 エアコン53% 夏場。省エネ機器に付け替えると、

BEMS building energy management system

「節電」ではなく、「省エネ」を進めること。
電気代が安くなってペイする。国民運動が必要。

電力供給対策で必要なこと。
ポテンシャルは水力が一番ある。再生可能エネルギーの課題がそれぞれにある。
太陽光発電のポテンシャルは
公共用建物・発電所や工場がいい。
耕作放棄地  土地利用規制、どこにつなぐ、安定化費用
下水処理場はモーターの固まり。そこに太陽光を入れる。系統につなぐ必要がなく、2000カ所ぐらいがすでにそういう取り組みを行っている。

バイオマス
間伐材を使う。中国は2000万人からわらを買って燃やしている。
林業の循環を考える。

小水力発電
原発10基分ほどある。

水利権
土地利用制限
採算性
メインテナンス

地産地消の要素を取り入れる。

水車が10万台あった。4万キロ、ため池21万カ所。砂防ダム 5万5千基

富山県は降水量が多く、落差の大きい川が多い。
4560カ所の開発可能地域。6割が未開発。
建設需要だけで5兆円。日本経済の活性化につながる。
4000億円、原油に支払っている。それを地域に還元することができる資金になる。
副収入、新規雇用、交流の場になる。

小水力発電の種類

落差と流量の二次元軸に特徴づけられる。

流量







落差

流量と落差 の適合機種が違う。
落差流量課題
ダム維持放流   大大異物
砂防ダム 大大異物
上水道   中中水質
河川 小大異物 騒音
農業用水 中小異物 騒音 水質
工場処理水 小中
下水道 小中


ファイナンス支援 国の支援、民間の投資、個人の投資

市民ファンド
小水力、電気自動車、観光産業と密接に連携した。組み合わせによる効果が評価された。

電気事業法 
標準化・汎用化をすすめることで、事業性・普及率も高められる。

小水力を普及させるためには本業にメリットが得られることが大切。農業用水のメインテナンスと共同。

高齢者が地域で活躍できる
働かないと病気になる可能性が高い。
新興事業費を投資したとしても、得られるリターン大きい。環境エネルギー技術。
世界の人が日本に見に来る。

世界のショーケース


環境、超高齢社会、地域活性化、ビジネスマネジメント、観光、農林水産業、ヘルスケアタウン、スマートシティ

第二部 パネルディスカッション

コーディネーター 赤池学

自動化社会
最適化社会
自律化社会
自然化社会


小水力を起爆点として、チャーミングな地域、持続可能な地域デザインをインダストリアル・デザイナーとして、求めたい。

黒部市長 堀内康男

黒部川扇状地 左岸が黒部市、右岸が  13.5キロ、60度の扇形。黒部川の水の力。1万年前までは、扇状地の頂点まで海。海岸線で計測すると600メートルが砂礫層。
表流水の豊かさ。700カ所の清水しょうず、湧水。

人口41,852人 427.86平方km 100平方のところにだけ人が住む。
生地の清水 世界のYKKのものづくり拠点。

富山県は家が大きいので、電力消費量が大きい。
「でんき宇奈月プロジェクト」
駅の数が多い。電鉄事業が可能。

cooperate shared value 企業の CSV
マイケル・ポーター 公益と企業益を重ねるために、投資をすべし。
JTBが視察観光を自らのツアーの柱のひとつにしようとしている。

連携するビジネスモデル。

倉阪秀史「エルルギーの地域自立を考える」 千葉大学

飯田哲也さんISEPと共同で実状推計。「永続可能地帯」
固定買い取り制度について。
人口が減る中、環境制約が高まる中で、いかにコミュニティを持続していくか。

○人工資本
○ストックのメインテナンスを行いながら経済発展を図る

成長部門 世界市場での競争力を維持し、外貨を稼ぐ産業部門
持続部門 地域の風土に応じて、ずっと住み続けられるサービスを提供する産業部門ストックを維持する。ローカルであり、労働集約的。利幅は少ない。

持続部門の4つの課題 ストックのメンテナンス。
人工資本の維持
自然資本の維持    
人的資本の維持
社会関係資本の維持

地域文化を形成し、日本の風土を守り育てる経済部門。老人ホームを駅前に。つながり重視のまちづくり。まちをたたんでいきながら、。
日本がいちはやく人口減少にさしかかる。まず取り組まなければならない。

次世代の第一次産業 再生可能エネルギー 育てて行く。

日本は再生可能エネルギー大国

2040年頃には原子力は主要なエネルギー源ではなくなる。

10月17日に永続地帯の新しい情報を発表。

650億円、電源立地の交付金が余るはず。

都心に地方を

江崎 禎英「次世代エネルギーインフラの構築」

過剰な期待が過剰ながっかりにならないかと心配なので、あまり明るい話ばかりではなく、現実的に報告したい。岐阜県の取り組み。

いま、日本は、両手両足を縛られている。
地球温暖化対策が必要。原発がだめ。

抜本的な変革が必要。
統計がない。太陽光は高くつく。

エネルギー問題を正しく理解するための基本認識が必要。
kw or kw/時の違いを理解する。
風車一億円13基が岐阜にある。 大学の先生を訴える。台風が来る国で風力が難しい。偏西風が吹いていて台風が来ない場所。北海道と東北。瞬間的にしすぎる。電気は電圧の高いところから低いところに流れる。変電圧所に近いところにメガソーラーをつける。
暴れる自然エネルギーをどう使うか。
誰が使っているか。
ピーク時は産業。大工場300がある。77万世帯。

世帯あたり。必要なエネルギーは給湯、暖房、熱。それをどううまく使うか。
冷房に使われているエネルギー割合は小さい。
一般家庭では、燃料電池などで、うまく
買い取り制度がなくてもうまく行く。防災のため。系統電力に頼らない。

化石燃料を使っての発電は、50%は熱ロス。

電力発電所 45%の効率。

花フェスタ、グリー、GREEなど、5つの岐阜県の取り組みを紹介する。
ポイントは省エネ。プラスエネルギー住宅。

中山間モデル 

防災の観点からペレットストーブは入れていない。

携帯基地局がここにあれば、震災でもこまらなかったはず。

固定買い取り制度は邪魔。

売るということは電力網に依存するということ。

小水力、そんなことはわかった上でやらなければならない。観光、農業振興、などと組み合わせてやる必要がある。

メンテ大変。
我々の生活の方からよって行かなければならない。
石徹白では、年寄りが毎朝散歩の時に、ごみとりしている。
人間は一生現役。一週間二週間は生きて行ける集落。
よく考える。利用環境を考える。

懐かしい未来 利便性においてはいまと同じ。

コミュニティ電源としてモビリティとつながっていく。
どういう風に、地域を作って行くか。

改めて

佐々木 
農業、林業、観光業と組み合わせるとどうなるかな。と考えて行って、やりながら、走りながら。

倉阪
これからのライフスタイルに組み込むことができるかどうか。

新しいライフスタイルを作る。変える。子供たちがいまの生活のあり方を考える。そのためには省エネ、自然エネルギーについての教育が大事。お母さん、子供がどんな生活をするか。考える。教える。地域とすれば、新しい産業に結びつける。プロパンガス屋だったので、燃料電池がいいというのは「そうだ」と賛成。地域全体で仕組みを理解する。

赤池
製品はすべてエコになっている。にもかかわらず、エネルギー消費は増えている。本質的にライフスタイルを変えなければ、だめだ。
[PR]
by eric-blog | 2011-11-20 15:16 | ◇ブログ&プロフィール | Comments(0)

日本列島の20億年 景観50選

日本列島の20億年 景観50選
白尾元理・写真、岩波書店、2009, 元本「グラフィック日本列島の20億年」2001

1990年代に、日本列島生成の謎はどんどん解明されたのだという。美しい景観奇観には、地質学地形学の意味がある。

放射年代測定によって、日本最古の石は20億年もの、ヌーナ超大陸の破片であるかもしれない。

太古のサンゴ礁
生物大量絶滅事件の証拠
深海で堆積した岩石
日本海を生んだマグマ活動
ゆっくり冷えたマグマの跡
プレートが衝突した場所
日本列島を横断する大断層
川と波がつくった縞模様
東日本と西日本の衝突帯
いまも続く褶曲
土地の隆起
巨大火砕流の堆積物
噴火の記録簿
火山がつくった風景
氷河が削った谷頭
U字形の氷河の谷
氷河に磨かれた岩の瘤
雪崩が削る岩壁
多角形構造土
掃流力が切り裂く峡谷
岩塔と縞状土
植物がつくりだした土地

これらのフレーズを読むだけで、日本列島のわくわくするような成り立ちが眼前に立ち上がる気がするのではないだろうか?

半ページで書かれた解説もすばらしい。といっても、岩石の名前がわからないわたしには十分読み取れないところが多いのだが、それはまた別の学び。

日本の地体構造図もさることながら、50選中半分以上が東日本と西日本の衝突帯、本州の真ん中あたりに集中していることがよくわかる。

これらの成り立ちが動植物相にも影響しているんだから、おもしろい。

50選の最後は、「人間の作り出した大地」東京。北とぴあから眺めた時、「川はどこへ行った」のアクティビティを作ったことを思い出した。
[PR]
by eric-blog | 2011-11-18 07:13 | ■週5プロジェクト11 | Comments(0)