<   2009年 11月 ( 42 )   > この月の画像一覧

花はどこへいった 枯葉剤を浴びたグレッグの生と死

327-2(1415)花はどこへいった 枯葉剤を浴びたグレッグの生と死
坂田雅子、トランスビュー、2008

2009年12月4日(金) 第一部:14時45分〜17時30分、第二部:18時30分〜21時
2009年12月5日(土) 第一部:11時〜14時、第二部:14時30分〜17時

DAYS JAPANの関連企画。
わたしは両日参加できない。ぜひ、『花はどこへ行った』を見たいと思うのだが。

この本は、その映画のメイキングというか、同じく、1967-69の三年間ベトナム戦争に従事し、枯れ葉剤を浴びたグレッグ・ディビスの思いの集積だ。

著者であり、映画のプロデューサーである坂田雅子さんは、彼の妻であり、そして同じく映像メディアの世界に生きるIPJ社長。

グレッグは、カンボジア、ビルマ、ブータン、など、多くのアジアを取材している。そして八ッ場ダムの川原湯なんてところも。

1970年、軍隊を除して、京都に来て、坂田さんと出会って、写真を生業にする出会いを得て・・・・。
ずつと、アジアに通い続けた。

最初は韓国、学生デモや北朝鮮。
カンボジアでもポルポト後を取り続けた。

自身も、枯れ葉剤の影響か、肝臓がんで亡くなる。2003年。

ぜひ、見てください。グレッグが見つめ続けてきたものを。
[PR]
by eric-blog | 2009-11-30 09:34 | ■週5プロジェクト09 | Comments(0)

ジャーナリズム崩壊

327-1(1414) ジャーナリズム崩壊 上杉隆、幻冬舎、2008

DAYS JAPANシンポジウムで、日本の記者クラブ制度が閉鎖的で、ニュースをコントロールしている問題を指摘した人。

鳩山総理が海外で開催される首脳会議に出席しても、その記者会見に出席出来るのは日本のメディアだけ、というエピソードには笑った。
にもかかわらず、総理秘書官から「どうすれば、日本政府の発信力を高められるか」相談されたというのだ。

本書を読むと、日本のジャーナリズムの問題が・・・

海外メディアやフリーランスは大臣官邸の記者会見には出席できないため、亀井静さんが大臣だったとき、改革を求めた。しかし記者クラブは改革を拒否し、大臣は場所を変え(記者会見場の利用を拒否されたため)、時間を変えて、二度記者会見を開いたとか。

1979年に始まったこの記者クラブという制度は、一大臣の抵抗ごときでは、変わらなかったという訳だ。

それ以外にも、ニューヨーク・タイムズは毎日1ページ丸々訂正記事を載せる、編集と経営の分離など、より良いジャーナリズムを目指すための感動的な「13の箴言」(一部訳に異論あり)62、『官邸崩壊』の裏話など、面白い。

その著者をして、この発言なのかと、「日本という病」の深さを思い知る。

記者クラブという、その強固な「大本営発表を記事化する」体質は、権威・権力の無謬性を演出する装置だ。

権威の無謬性という虚構を演出しているのが、宮内庁なのではないか?皇室と宮内庁を分割して考えようとする、考えられるとする、分けて考えても、この「世界に稀な伝統」が存在しえたと考える。その浅さ。

今日の日経で『女性同士の争いが(怒)理由』(妙木忍)もとい『女性同士の争いが起こる理由』が紹介されていた。
ジェンダー役割を疑うことなく、女性の間だけで、役割の担い方について論争してしまう。男性は高みの見物。変化にも、改革にもつながらない不毛で消耗するだけの争い。

評者の加藤秀一さんは未来は見えているという。少子化、非婚化が女性たちがずっと突きつけてきた答えだと。

昨日の橋田壽賀子ドラマの描写が重なる。この人と結婚したければ、努力するのは女なのだ。男は我慢するだけで。しかも、このドラマは父親の愛情物語だと思わせたりして。
いやはや、ドラマライター恐るべし。

『学校林の研究』が示唆していた戦後国民統合の安心感のために使われた天皇制度に連なる学校林。
大衆がそのような「安心」を求めているのではない。共同幻想を求める大衆を求めるものが、この装置に荷担している。
大衆はどこまで行っても不安定なものだ。その不安定さを直視できない側が操作する。

その伝統を、いまやめることに賛成できない上杉隆さん、あなたもその一人になってしまったねo(^-^)o

どこかで、しっかり「この伝統を続けることの無害さ」を語って欲しいものだ。
しょせん、マスメディアという強さの側にいる人には、「弱い絆」による社会統合機能は無縁なのか?

小難しいジャーナリズム論を学んでしまった社会学部ジャーナリスト学科出身の学生は、日本のメディア界には入れない、入っても生き残れないらしい。

男性社会の無謬性神話と日本のジャーナリズムはいまだにその腐れ縁を切れないらしい。

ericかくた なおこ沅
[PR]
by eric-blog | 2009-11-29 12:15 | ■週5プロジェクト09 | Comments(0)

累計11万人!

今週は図書館がお休みで、
手もとに本はあるのだけれど、「追い立てられ感」がない。

そのためか、「週5プロジェクト」も気づくと、今日が初めて。

2004年にブログを開始してから、カテゴリーも増えました。
「週5プロジェクト」以外にも、雑多に紹介しているので、
使い勝手のために、整理しておきます。

☆BQOE       
                      このカテゴリーはBetter Quality of Educationよりよい教育の質をめざして
                     かくたなおこの雑感や提言をアツプしているものです。
☆PLTプロジェクト       Project Learning Tree 木と学ぼう 環境教育教材の推進関連の情報を
                     発信しています。
◇ブログ&プロフィール  この内容のような、自己紹介。
週5プロジェクト09       今年の「週5プロジェクト」です。なかなか週5冊のご紹介とはなっていませんが。
■週5プロジェクト08
■週5プロジェクト07
■週5プロジェクト06
■週5プロジェクト05
■週5プロジェクト04
■週5プロジェクト03
△研修その他案内    これからのお知らせを載せています。
□研修プログラム     実施した研修の記録です。
□レッスンバンク       ERICの教材開発力の軌跡。ここにもっとleggsレッスンバンクのたまごも紹介したいですね。
▲ファシリテーターの課題                  共有したいことなど。
〠リンク

うーーん、こう見てみると、カテゴリーも再整理が必要?
ぜひ、検索とともに、カテゴリーをご活用ください!
[PR]
by eric-blog | 2009-11-28 09:53 | ◇ブログ&プロフィール | Comments(0)

学校林の研究 森と教育をめぐる共同関係の軌跡

326-1(1413)学校林の研究 森と教育をめぐる共同関係の軌跡
竹本太郎、農文協、2009

労作である。意外に、学校林についての本がないのは、その所有、管理、活用、目標が多様だからだ。しかし、だかこそ、研究に意味がある。

そもそも「学校」という近代国民国家建設という目標を背景にした制度は、「自然村」と、どうせめぎあいつつ成立していったのか。

学校建設への補助金がなくなるのが明治18年。小学校は市町村の経営となる。

全国を8つの大学区、その下に32ずつの中学区、そして1小学区600人、210小学区。8、256、53760の学区が想定された。37

学校林を寄付した人びととして「村の名士」、医者になった人が上げられている。その人びとは、近代化によって沈まなかった人びとと言えるのだろうか。

地域の学校を維持するために「学田」「学校林」などが資本金蓄積の一つとして取り入れられたのだという。39

というように、戦前、そして戦後期は、財産としての学校林という色合いが強く、植林や育樹作業などが、児童生徒によって担われる、担われないという違いはありつつも、そこからあがる収益が第一目的であった。

現在、学校林は学習林、体験学校としての「新しい学校林」へと変貌を遂げつつある。そして、地域の共同・協働の場としての機能ももちつつある。

1953年には26195校、46448ヘクタールにも拡大した学校林。

これからの学校林の所有、管理の形が、Volksschuleとして学校を国家主義から取り戻すパワーとならないだろうか?

未来への展望はどこにあるだろうか?
[PR]
by eric-blog | 2009-11-28 09:34 | ■週5プロジェクト09 | Comments(0)

PLT with 大学院生 第一日

記録
参加者 11名 と教員

2009年11月27日
セッション1 共通基盤づくり
10.00-12.00
1. PLTの教授理論ミニレクチャー
2. ツリーリング、年輪で自己紹介
3. 傾聴[2’]
4. 話し合いのルールづくり
5. あの木の大きさは? [20’]
6. 気づいたこと・感じたこと・学んだこと

セッション2 流れのあるプログラム体験
13.00-14.45
1. じっくり観察しよう!「わたしの木」
2. 「わたしの木」を紹介する
3. 「木のあるところ/ないところ」
4. 「困っている木=木と人間の関わり」
5. 木の役割と人間の責任

セッション3 PLT、環境教育、参加型について
14.55-16.00
1. 参加型学習の特徴
2. 技術的省察・実践的省察「なぜ、そのような教授方略を活用するのか?」そしてそれは何のために? 批判的省察
3. 「さまざまな感情」でふりかえり
4. 学びを促進するもの・阻害するもの
5. ファシリテーターの役割
6. ふりかえり
[PR]
by eric-blog | 2009-11-28 09:27 | □研修プログラム | Comments(0)

人権研修2時間

ミニレクチャー
IALAC まりの物語
傾聴アサーティブな聞き方
学級を育てるために出来ること
全体共有・板書
わたしのIALAC
育てたもの
わたし・あなた・みんなのスキル、ミニレクチャー
なぜ、主体的自己主張が難しい?
日本社会の○△□
アサーションの12の権利


ericかくた なおこ沅
[PR]
by eric-blog | 2009-11-26 18:01 | □研修プログラム | Comments(0)

DAYS JAPANシンポジウム

早稲田大学大隈講堂にて

広河隆一さんと上杉隆さんの対談で締めた。

前半で白山眞理さんが戦前の日本でいかに多くのメディアを軍が作り上げたかを紹介。有名カメラマンがやすやすと、編集長として、あるいはお抱え写真家として、報道に手を貸していくかがレポートされた。
名取、土門など蒼々たる面々が、軍が関与した国策雑誌によって世に出た。

ジャーナリストとは権力の横暴をチェックする、被害者の側に立つ。

その矜持をジャーナリスト志望の学生に広河が問うても、朝日新聞就職希望との違いすら、明確にしえない彼らがいると。

さて、ではジャーナリストとは誰によって支えられるのか?

ericかくた なおこ沅
[PR]
by eric-blog | 2009-11-23 12:01 | □研修プログラム | Comments(0)

英語のほめことば

小さなカードにして、学生たちに配っています。
インターネットで調べたwonderful の類義語に、よく使うほめことばを追加しました。

意味を聞かれて、これだけの違いを日本語で説明することの難しさに思いいたります。
類義語事典を1970年代のものと比較してみたいです。わたしが留学していた頃より
はるかにほめる語彙が増えていると思います。

Admirable  Fine   Prime
Amazing.  Good.  Remarkable
Astonishing  Great.  Sensational
Astounding  Groovy  Splendid.
Awe-inspiring  Incredible  Staggering
Awesome  Inspiring  Startling
Brilliant  Magnificent  Stupendous
Cool  Marvelous.  Super.
Divine  Miraculous  Superb
Dynamic  Nice  Surprising
Dynamite  Outstanding.  Swell
Enjoyable  Peachy  Terrific
Excellent.  Perfect.  Tremendous
Extraordinary  Phenomenal  Unheard-of
Fabulous.  Pleasant  Wondrous
Fantastic.  Pleasing Wonderful
[PR]
by eric-blog | 2009-11-22 13:00 | □研修プログラム | Comments(0)

大分 第二回

大分 第二回

セッション1子どもの権利と大人の責任
10.00-12.00
1. 前回学んだこと、役に立ったこと
2. 正確に聞く傾聴 3つのポイント
3. 全体共有
4. 子どもというテーマについて分析の枠組み[ミニレクチャー]
「いじめっ子」の連想図
「昔の子ども/今の子ども」の対比表
「昔の遊び/今の遊び」の対比表
「昔の青春/今の青春」の対比表
5. 分析を深める「都会の子ども/田舎の子ども」
6. 「関わる」大人を増やすには

セッション2 子どもの権利と大人の責任 継続
13.00-14.30
1. 人間静止画「池袋無差別殺傷事件のひろしさん」を囲む状況
2. 「迷い・葛藤」の傾聴[3’]
3. 「弱い絆」の社会だからこそ育てたい価値観と行動

セッション3女性差別と部落差別
14.40-16.00
1. サークルタイム「男は・・・女は・・・」三段論法の落とし穴
2. 理想のパートナー
3. 「理想のコミュニティ」
4. 「遅れてきた定着民」
5. ふりかえり
[PR]
by eric-blog | 2009-11-21 11:48 | □研修プログラム | Comments(0)

リーダーシップの行動科学「働く日本人」の変貌

325-5(1412)リーダーシップの行動科学「働く日本人」の変貌
三隅二不二、朝倉書店、1994

懐かしい、行動科学系の入門書。なぜ、予約したのかなあ。

リーダーシップとパフォーマンスの関係について研究したLewinの実験から、
専門性のパフォーマンスPと集団力学M理論が整理され、民主的運営のグループがパフォーマンスがいいのだが、課題が専門性の高いものについてはPが強いリーダーシップによるものがパフォーマンスがよい。

そこにさらに、達成への圧力Rや計画性Lとい変数を加えた実験などを踏まえ、その研究では「働くことの意味」をアンケート調査。

日米において「働くことの意味」の差異が小さくなってきていること、日本人にとって働くことの意味が低下していることが指摘される。110

◯生活にしめる位置
◯社会規範
◯働いた結果がもたらす価値
◯働くことの重要な諸側面 自律性、能力の発揮、いきがい、成長など
◯働くことへの一体感
◯働くことの意味の携帯
◯未来の働く環境への期待
◯働きがもたらす客観的結果

「働くことの意味」を調査する視点は広い。
[PR]
by eric-blog | 2009-11-21 11:34 | ■週5プロジェクト09 | Comments(0)