<   2009年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

人格教育への挑戦  「7つの習慣J」プログラムの実践

292-2(1309)人格教育への挑戦  「7つの習慣J」プログラムの実践
小林忠嗣、キングベアー出版、2008

フランクリン・コーヴィの「成功のための7つの習慣」ができるようになるための教育トレーニングプログラムが「7つの習慣」その日本版が「7つの習慣J」。

第一の習慣 自分が選択する
第二の習慣 終わりを考えてから始める
第三の習慣 一番大切なことを優先する
第四の習慣 Win-Winを考える
第五の習慣 まず相手を理解してから次に自分が理解される
第六の習慣 相乗効果を発揮する
第七の習慣 自分を磨く

1から3までは内面的なもの、そして4から6は関係性のもの。
これらを磨くためのプログラムを「FCエデュケーション」という会社が日本で提供している。1993年から提供を初め、累計で3万人以上が受講。

「先生」のことをファシリテーターと呼んでいるのは「生徒一人ひとりが自分自身の人生を考え、選び、行動できるように促し、支援する役割」だからだという。160

また、指導者も、このプログラムを自分自身ができているかという内省によって、「教える側」ではないなあという実感が生まれてくる、共に育とうという気になると紹介されている。

第一講 四日間
第二講 3日間
第三講 2日間
第四講 1日  受講生を4人以上獲得できた人

のべ10日間、間の課題への取り組みに合わせて、3ヶ月間はかかる。

導入校と呼ばれるところも、私立を中心に増えているようだ。ITTO学院など、岡山あたりに多いように思うのは、ピア・カウンセラーなどのトレーニングについて調べてみた時も、岡山の教育研究所が出てきたりしたので、こういうハウツウものが好きな土地柄なのかと。でも、ERICも人権でずーっと呼ばれているなあ。

これらのものが相まって、参加型、ファシリテーター型の授業や学校風土の広がりが実現されていくといいなあ。
[PR]
by eric-blog | 2009-04-30 08:48 | ■週5プロジェクト09 | Comments(0)

対話 芸術のある国と暮らし

292-1(1308)対話 芸術のある国と暮らし
堺屋太一、実業之日本社、2008

堺屋さんは辣腕プロデューサーでもあるのだなあ!
大阪万博を初め、ここに紹介されている安藤忠雄さんらとも、花博、万国博覧会など共同しているものが20数件あるという。
「田舎に泊まろう」というテレビ番組で「かぼちゃのある島」に行きたいという栃東。香川県直島。そしてやっぱりあのかぼちゃは草間弥生。

福武書店改めベネッセが、博物館や宿泊施設などを建設している島だ。うーーーん、楽しそう。でも、「田舎に泊まろう」はごく当たり前にそこに生きている人と暮らしが見えたので、この本や直島アートについての本より、グッドだったかな。

ともあれ、いまや美術は巨大プロジェクト化しているのか? 美しい風景というものも、このような手間とコストをかけたものを言うのか?

金沢21世紀美術館は感動した! そんなに大きな美術館じゃなく、町に緑の空間をもたらしていたのが好きだった。それは、小倉城のまわりもそうだったなあ。

河合隼雄さんは、「心のノート」で、ちょっとがっかりだった人。つまり、ここに居並ぶ人たちはみんな「「大文字」の文化力」の人びとなのだ。

その仕掛けと人びとの暮らしが呼応した時初めて、長く続く、100年後の遺産ができるのだと思う。

4-2(14) ◯△□の美しさって何?
本江 邦夫、ポプラ社教養文庫、1991
も「知価革命と現代絵画のゆくえ」で登場しています。
[PR]
by eric-blog | 2009-04-30 08:29 | ■週5プロジェクト09 | Comments(0)

TEST in OSAKA 2009 学びの質の向上を目指して

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆ TEST in OSAKA 2009 学びの質の向上を目指して ☆★
   (TEST = Trainers Effective Skills Training)
────────────────────────────
  ☆2009年5月2日(土・祝)・3日(日)開催☆  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ERIC国際理解教育センターで、年度末に開催される「TEST教育
力向上講座」に、「行きたい! でも東京は遠い! なら講師
を大阪に呼ぼう!」ということで始まったTEST in OSAKA。
今年は大阪での TEST から新年度がスタートです。テーマは、
制度分析。ファシリテーターの角田尚子さんから届いたプログ
ラムをご紹介します。
ぜひ、ご参加ください!
────────────────────────────
[セッション1] 共通基盤づくり
1.「教育」の目的は何?
2.さまざまな「教育」
  ノンフォーマル、インフォーマル、ヒドン
3.「教育」=「人間形成」「社会形成」
4.「わたしの人間形成」をふりかえる

[セッション2] 制度分析1
        「学校」というハードの徹底分析
1.学校建築は、明治時代の兵舎が原型
2.メディア(媒体)、どう伝えるかがメッセージ
3.学校を「生産機械」としてとらえると、出て来る製品は?
4.なぜ「機械」なのに進化しなかったのか?

[セッション3] 制度分析2
        「カリキュラム」というソフトを分析する
1.カリキュラムの類型と教育目標
2.全担主義と教担主義
3.教科中心主義カリキュラムを支えるもの
4.カリキュラム改革を崩壊させるもの

[セッション4] 制度分析3
        主観・前主観・客観・間主観・共感の間で
1.「わたしの人間形成」を再びふりかえる
2.からだからだ Sensory Awarenessにこころを澄ます
3.Mindfulに生きる
4.Mindfulに生きることを教えるには?

[セッション5] 制度分析4
        意思決定・社会性・市民性・協力・不服従
1.教育を取り巻くグループ・ダイナミクス
2.誇りに思うこと・危険なこと
3.市民性教育から入る危険性はどこに?
4.より危険なもの、もっとも危険なもの 成長はプロセスだ。

[セッション6] 制度設計をしよう
1.成長のプロセスを言祝ぐ
2.言祝ぎを形にする、手だてにする
3.「わたしとわたしのこれから」言祝ぎ
4.ふりかえりと評価
────────────────────────────
日 時 5月2日(土・祝)〜3日(日)
    2日9時30分受付開始、3日17時半終了予定
場 所 クレオ大阪中央(http://www.creo-osaka.or.jp/chuou/)
    地下鉄谷町線「四天王寺夕陽丘」徒歩3分
講 師 角田尚子さん(ERIC国際理解教育センター)
定 員 20名
参加費 2万円以内(予定)
※このワークショップは、“主催者−参加者”という関係では
 なく、“その場にいる人みんなでつくる”あり方をめざして
 います。ですので、当日の運営は、全員で分担して行います。
 費用に関しても実際にかかった経費をその場で精算します。
 「予定」となっているのはそのためです。
※1日目の5月2日の夜には、懇親会を予定しています。
★申し込み連絡先 栗本敦子(test.in.osaka@gmail.com)★
────────────────────────────
[PR]
by eric-blog | 2009-04-28 12:49 | △研修その他案内 | Comments(0)

英語・国際語になった日本語

English Japanese
英語・国際語になった日本語

今日は、授業の中で「カタカナ語を元の英語のスペルにする」50単語に取り組みました。なかなかに面白かったです。

表記の課題も毎年出す。パソコンを使った授業ができる時は、パソコンに、これぞと思う言葉を入力して、Wordにスペルチェックをかけることができたので、ずいぶんおもしろかった。言葉は生き物だから、今使われているものを即とはならないが。

今年はパソコン室ではないので、さてさて、どんな単語を調べてくるやら。楽しみ、楽しみ!

Futon ワシントンDCで人の家に泊まった時、床に直敷してました!
Tsunami これはタイ・プーケットの被災の時、専門用語として使われていた。
Typhoon
Harakiri 三島由紀夫で有名になったが、もう古いか?
Samurai 最近はWBCのおかげで、再ブーム?
Kamikaze
Sukiyaki 坂本九さんの「上を向いて歩こう」が、このタイトルでUSAで大ヒット。
Ninja 新しい乗り物の名前にも使われた。
Nintendo
Karaoke 上海でもそのままだったなあ。
Sushi
Sake
Surimi これはニュージーランドで聞いた。業界人だったからかも。工船棒のようなカニカマがフライになっているのには驚いた。Crab Stickと言うから、カニの爪でもでるのか、それにしては1ドルは安い、と思ったら、かまぼこじゃんかあ。
Teriyaki
Tofu
Miso soup 
Shinkansen
Manga
Shoyu
Edamame
Karoshi その他、Kanban hoshikiなどのそれぞれの業界用語はありそう。
Kimono
Obi
Kabuki
Mage
Nattou
Nappa
Onsen
Koban
Otaku
Oden
Sumo
Wasabi これは昨年米国で「Cranberry Wasabi Sauce」を購入!
Sashimi

Judo
など、それぞれの専門分野では、Ippon、Wazaariなども使われていたね。

ノーベル賞授賞式では日本語であいさつしてくれたし、英語ネイティブでなければ、何が何でも英語というわけではないものね。日本語で日本文化を受け入れていくのも、有りなのだ。ますますクロスカルチュラルになっていく世界。千昌夫さんの「星影のワルツ」をカンボジアで耳にした時、「あ、日本の曲が流行ってんだ」と言ったら、「これはカンボジアの曲だ!」と言われて、説明能力も、質問能力もないままになってしまった。その後のニュース番組で、やっぱり、日本からの輸出が盛んと聞いてはっきりしたのだが、完全にカンボジアの曲だと、彼らは思っていた。
プノンペンの本屋に並んでいた左開きのアラレちゃんやドラゴンボール(海賊版)にも驚いたけれど、文化は国境を超える。

Japanというのが漆器のことだというのも、面白いね。
[PR]
by eric-blog | 2009-04-24 08:22 | Comments(0)

沈黙をやぶって 子ども時代に性暴力を受けた女性たちの証言+心を癒す教本

291-5(1307)沈黙をやぶって 子ども時代に性暴力を受けた女性たちの証言+心を癒す教本
森田ゆり、築地書館、1992

翻訳本である『誰にも言えなかった』の出版後、寄せられた体験記の紹介と、性的虐待の四つの前提条件、癒しのビルディング・ブロックス。

アメリカの子どもへの暴力防止トレーニング・センターでの豊富な経験からの洞察が、だんだんと研究者によっても跡づけられてきているという。例えば、ローランド・サミットは性的虐待順応症候群を明らかにし、子どもの証言がなぜぶれるように見えるかを明らかにしました。262

1.性的虐待の事実を秘密にしようとする
2.自分には状況を変えることはできない、という無力感
3.加害者、あるいはまわりの大人の期待、要請にあわせよう、順応しようとする
4.暴行を受けたことをなかなか認めない、あるいは事実関係が矛盾する証言をする。
5.暴行されたと認めたあとで、その事実を取り消す。

その心理的動機は、罪悪感、加害者や家族に何が起こるかという不安、性的虐待を受けたことが立証された自分への恐れ。

CAPのトレーニング・セッションで必ず教える項目として、以下のものが上げられています。220
・ デビッド・フィンケルホーの「加害者の四つの前提条件」Four Precondition
・ ローランド・サミットの「被害児の順応性症候群」Accomodation Syndrome
・ サンドラ・バトラーの「沈黙の共謀 Conspiracy of Silence」
・ 家族病理としての相互依存症
・ フロイドによるエディプス・コンプレックスの誤用 Floydian Cover Up

社会学者であるデビッド・フィンケルホーの「加害者の四つの前提条件」というのは、逆に言えば抑止力がどこにあるかを明らかにしている。
1.加害者の動機
2.内的抑制力
3.外的抑制力
4.子どもの抵抗

加害者はこれらの抑止力を超えて、性的虐待を犯すのですが、実は、わたしたちの社会は逆に児童性虐待はオッケーなのだというメッセージを発している社会だと、社会学者であるフィンケルホーは指摘しています。

加害者の動機
◯男は強く支配的でなければならない 情緒
◯子どもポルノの氾濫 刺激
◯性への抑圧的な社会通念 不安・葛藤
内的抑制力
◯加害者への処罰の甘さ
◯家父長的考え方
外的抑制力
◯男女不平等社会
◯母親への社会的支援の欠如
◯家族内のことに他人が立ち入らないという社会通念
子どもの抵抗
◯子どもへの暴力防止教育の欠如
◯弱者としての子どもの社会的地位

著者による癒しのビルディング・ブロックス  自己ヒーリング・ガイド
◯記憶に出会う
◯語れる人に出会う
◯内なる子どもに出会う
◯仲間と出会う
◯今を生きる自分に出会う

予防教育であるCAPのセッションが呼び起こすのは、暴力に傷ついたたくさんの「内なる子ども」でもあるのだ。CAPスペシャリストのトレーニングやスキルアップは果てしないね。
[PR]
by eric-blog | 2009-04-23 07:48 | ■週5プロジェクト09 | Comments(0)

新しい貧困 労働、消費主義、ニュープア

291-4(1306)新しい貧困 労働、消費主義、ニュープア
ジグムント・バウマン、青土社、2008
WORK, CONSUMERISM AND THE NEW POOR, 1998

一度、英文のものを読んでみた方が、いいのかもしれない。バウマンは、コミュニティとか、個人化社会とか、液状化社会とか、モダニティの追放者とか、取り上げているテーマが、興味を引かれる著者なのですが、議論の立て方や深め方そのものはわたしにはしっくりこない。「ああそうだったのか」とか、「新しい視点だ」と感動しないのです。なんだか、タイトルだけで満足してしまうだけのような。ところどころ、いい分析があるなあ、くらいな。

「社会的な存在の質をめぐる権力闘争が金銭的な収入額をめぐる闘争へと方向づけられ、経済的な利益が自律と自己主張への意欲の唯一の表現になった」44
「労働倫理への服従の度合いを評価するために強制と所有の刺激の組み合わせが用いられた」45

「今日の社会の核心は「人為的に生み出された、主観的欠乏感の増大」にある。」ジェレミー・シーブルックより 80
「人びとが持っているものは、いっそう裕福な人びとによるこれ見よがしで過剰なまでに法外な消費によって、打ち消され、否認され、矮小化される」80

うーーん、このような消費主導者会だとして、わたしがそこでもっとも感じる矛盾は、労働がそのような消費に向けての労働へと追いつめられていくということ。例えば、最高のソムリエによる最高のワインを消費するという場合、そのソムリエが、その同等のサービスを受けるレベルになるためには「カリスマ」ともてはやされる以外にはないのだろう。その「最高のワイン」を作る人は、もてはやされることで、「法外な消費」のできる側になるのだろう。

労働がそこへ向う指向性を持たされることが、最大の矛盾なのだ。

失業から余剰へ  132

アンダークラスの発見、ハーバート・J・ガンス 137
「学校から落ちこぼれ、働いていない、また若い女性の場合には、結婚せずに子どもを持ち、福祉の対象となっている人びと」
彼らに共通する一つの特徴は、
他の人びとが彼らに適切な存在理由を見いだせず、
彼らが周囲にいない方が、自分たちはずっと幸せだと想像してしまうことかも知れない。138

無用性と危険性
不適格、不適応

わたしたちはリチャード・ローティの言うような価値観を、教育で実現しているのだろうか?
「机の苗に腰掛けてキイボードをたたいているわれわれが、自分の手を汚してわれわれのトイレをきれいにしている人びとの10倍もの給料をもらっていたり、第三世界でわれわれのキイボードを生産する人びとの100倍もの給料をもらっていたりするのは許せないと考えるような人間に。そして最初に工業化された国々が、まだ工業化されていない国々の数百倍もの富を手にしているという事実に、心を痛めるような人間に。」181


J. Seabrook, 1988, The Race for Riches: The Human Cost of Wealth,
H. J. Gans, 1995, The War Against the Poor: The Underclass and Antipoverty Policy
リチャード・ローティ『アメリカ未完のプロジェクト』
[PR]
by eric-blog | 2009-04-22 10:43 | ■週5プロジェクト09 | Comments(0)

新しい貨幣の創造 市民のための金融改革

291-3(1305)新しい貨幣の創造 市民のための金融改革
ジョセフ・フーバー、ジェイムズ・ロバートソン、日本経済評論社、2001

協同組合論についての論客である石見尚さんが翻訳し、そしてNew Economic Foundationからの出版。となれば、すごい本だ! 

政府が持っている通貨発行権が、いまの金融制度の中では無意味化している。投資のための貨幣と日常経済のための貨幣を分けなければならない。
そして、投資のための通貨を政府が発行し、コントロールすることで金融と経済の両方のコントロール力を取り戻すということだ。

ということがわたしが理解できたことである。

その提案の妥当性や有効性を証明するための議論が延々とされているのだけれど、それは専門家に任せたい。

ただ、貨幣という制度も、わたしたちが作ってきたものなのだということを、改めて思い出させる、そして主体的に考えていく、選びとっていくことができる世界なのだということに、信頼が持てた本だ。
[PR]
by eric-blog | 2009-04-22 09:23 | ■週5プロジェクト09 | Comments(0)

最底辺の10億人

291-2(1304)最底辺の10億人
ポール・コリアー、日経BP、2008
The Bottom Billion Why the poorest Countries are Failing and what Can Be done about it?

いまや世界は10億人の先進国と、40億の開発途上国、そして開発の端緒にすらつけていない、1960年代から何も変わらない状況にある10億人の人々に分かれるという。

そして、これらの最底辺の国の開発にとっては、次の四つの主要な罠があり、それらの罠が相まって開発の足を引っ張っているのだという。
◎ 紛争の罠
◎ 天然資源の罠
◎ 内陸国の罠
◎ 小国における悪いガバナンスの罠

「紛争の罠」というのは分かりやすい。最底辺の10億人の73%が最近内戦を体験したか、あるいは今も内戦の最中にある。著者らはミシガン大学の内戦データベースを分析することで、以下のような事を発見した。
◎ 国の所得が半減すれば戦争の危険は二倍になる。
◎ 低所得、低成長の国は、五年間で14%の内戦のリスクに直面している。成長率が低下するとリスクは増加する。
◎ 内戦は長期化する。開始時に貧困であるほど長引く。
◎ 内戦が終結した国のわずかに半分だけが、10年間再燃することなく、切り抜けられる。
◎ 内戦によって国の成長率は年間で2.3%低下する。7年間内戦を続けると国は15%貧しくなる。戦闘によるよりは病いによって多くの人命が失われる。

天然資源があることも、開発を阻害する。歳入が豊かな国では税金をとる必要がなく、政府は国民に対する説明責任を逃れられる。結果、ガバナンスが育たず、また、利権に群がり利益を得ようとする人々が政府を動かして行くことになる。

内陸国であることは、海洋交通による貿易へのアクセスに、他国を通過する陸上交通という大きなリスクを背負うことになる。また、隣国の政治的安定に強く影響される。

小国であることによって、経済規模が小さく国際社会の関心を得られないことも、経済投資の恩恵を受けられない結果となる。

分析は鋭く面白い。問題は処方箋である。開発第一主義がいいとは言わないものの、確かに開発の先に平和があるようにも説得される。
[PR]
by eric-blog | 2009-04-21 18:50 | ■週5プロジェクト09 | Comments(0)

存在の耐えられない軽さ

291-1(1303)存在の耐えられない軽さ
ミラン・クンデラ、集英社、1995年
原著1984、耐えられない、軽い/明るい、存在

すご訳だと思う。存在ではなく、軽さが際立つ。

村上龍さんが本歌どりするほどの訳である。

小説なのか、自伝なのか、集合的共通体験の典型なのか。

閉じられ行く国境の、その内側へと、引き戻されるのは、「自由な」「近代的」「自我」という人生ではなく、「どこどこの村」の「あの母親の」娘である私。男は外科医というパスポートによって、国外に逃れ、女を呼び寄せつつ、結婚に縛られない性的放逸を変えない。
芸術家というパスポートを拒否してまで男の妻であることを望んだ女は、男の自由に耐えられず、国境の内側へと閉じられて行く。
女の後を追って国境の内側へと戻った男は体制側のエリートとして留まるか、思想的指導の必要な労働者になるかを迫られる。
耐えられない軽い存在にしか許されない自由。が主題なのだとすれば、それは国境の外側という世界においてもそうなのだ。

ericかくた なおこ・
[PR]
by eric-blog | 2009-04-21 08:53 | ■週5プロジェクト09 | Comments(0)

ファシリテーター養成講座 in Osaka

参加者は20名。
場所の大きさはちょうど良かったですが、白板がもう少し欲しかったでした。

記録

セッション2 子どもの権利と大人の責任
13:00-16:30 (16時より少し延びて終了)
1. グループ作業で、「子どもの権利」と人権の違いを考える
  1 欲しいもの
  2 その中から「人間、誰にとっても必要なもの」を探し出す
  3 それらを「人権」と言うとすれば、どんな表現になる?
  4 子どもの人権とはどこが違う?どこが共通?
2. グループ・プロセスをふりかえる。ふりかえりの視点は次の二つ。
  1 公正だったか
  2 効果的だったか
3. 全体で共有する。技術的省察と実践的省察。実践的省察のふりかえりのポイントを「かくた自身が参加型の方法論にとって大事な視点」として提示して行った。
14:20-14:30 休憩
4. グループで準備する。4種類の資料が次の様な順番で準備されている。20分で準備し、15時から各グループ15分ずつで始める。
  1 子どもはいつから大人?
  2 保護から自立へ、そして保護は「主体性の発揮」「成長」「参加」のため。
  3  子どもたちにつけたい力
  4 大人の責任・わたしたちの責任
5. 各グループのファシリテーター実践 [15分, 15分, 10分, 7分]
6. サークルタイムでふりかえり「グループ・プロセスをふりかえったことは、その後の取り組みに役立ったかな?」
[PR]
by eric-blog | 2009-04-20 16:29 | □研修プログラム | Comments(0)