<   2005年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

不況! 東京路上サバイバル

115-6(540) 不況! 東京路上サバイバル
増田明利、恒友出版、2004

28人のホームレスに対するインタビュー集。有名大学卒業して、有名企業入って、それでリストラされてホームレスに、という人、いるんだねぇ。

とはいえ、マンガ本拾って日に2000円の稼ぎ、月に15万円を稼ぐ生活に対しても、それで充分、と思う人と、えーーーっと思う人がいるんだね。

失業は、職業選択の自由と職業移動がある社会では必ず存在するものなのだと思う。じゃなんで、ホームレスにまで至るの?

そこにバブルに踊らされ、高い住宅を取得し、長年のローンを組んでいた、35歳以上の「職探し適齢すぎた高齢」というファクターが加わると、あっという間に借金地獄。住居がなくなる。離婚する。信用がなくなる。よりいっそう職探しが厳しくなる。という悪循環を作り出している。

そのことが「大企業に勤めていても安泰じゃないんだよなあ」という感想に結びつく。

それは違うはずだ。

不況を嘆くと、再びバブル待望論的になる。インタビュアーが、どうもいまのホームレスの人々が語る「昔はよかった」に流されすぎている気がしてならない。

中期的には10%程度までの失業率であれば、大丈夫な社会を創ることを決意しつつ、短期的にはいまのホームレス対策をすべきなのだと思う。

とはいえ、いよいよ団塊の世代が定年を迎えだし、ホームレス人口も増えそうだ。団塊の世代が日雇い労働者の労働条件改善に多少なりとも寄与した部分があるのであれば、次は、ホームレスの支援政策が改善されていくことに貢献しないものだろうか。

冬季支援は必須ですね。カンパ。
[PR]
by eric-blog | 2005-12-31 11:13 | ■週5プロジェクト05 | Comments(0)

寒波のため野菜高騰

a0036168_14392519.jpg

なんていう時に限って白菜の漬物なぞを作りたくなるんだよね。一玉250円ナリを漸くゲット!お日様に干しているだけで気持ちの半分以上は満たされています。
果たして食べるところにこぎつけるまで気持ちを持続できるのか、不安です。 (・_・;)
[PR]
by eric-blog | 2005-12-29 14:39 | Comments(0)

ネパールの赤ひげ

岩村昇さんが亡くなられた。PHD協会の活動は、収入の1割を社会貢献に という明確なメッセージとともに印象にきざまれている。訃報に接し図書館で検索したら岩波ブックレットで2冊。わたしが借りて読んだのはタイに行く編。クリスチャンの方の活動は普遍性と共通性がうらやましい。
タイの話の中で面白かったのは大学卒業生のなかからGHVという公衆衛生ボランティアが選ばれ一年間活動するプログラムである。ぜひ日本にも欲しいと思った。
ESDは社会、文化、宗教の違いを超えた普遍性と共通性を地球市民に提供してくれるものだと思う。その意味でクリスチャン達の先達に学ぶことは大きい。
合掌。
[PR]
by eric-blog | 2005-12-29 11:08 | Comments(0)

小川町

a0036168_76687.jpg

晴天の色に感動! 20人もが集まってお餅搗きをしました。皆様にとって来年がよい年でありますように!
[PR]
by eric-blog | 2005-12-29 07:06 | Comments(0)

多様性教育入門 参加型人権教育の展開

115-5(539) 多様性教育入門 参加型人権教育の展開
大阪多様性教育ネットワーク・森実編著、解放出版社、2005
An Introduction to Anti-Bias Education

多様性を「反偏見・バイアス」のための教育ととらえた教育活動についての紹介です。
ODEN大阪多様性教育ネットワークの研究成果のまとめでもあります。献本していただ
きました。ありがとうございます。
http://www5d.biglobe.ne.jp/ oden/

この本で紹介されている差別の問題を正面から扱う参加型学習による学習プログラム
を開発したのはADL, Anti Defamation Leagueが母体となって設立された「多様性の
世界研究所」です。1992年設立。研究所では参加型のアクティビティも新たに開発し、
プログラムを創って来たそうです。

わたし自身は「多様性教育」という名称よりも「アンチバイアス」のためのプログラ
ムと言われた方が、なぜこのカリキュラムの構造化が「同和教育」と「人権教育」の
間を結ぶものになるかという説明にぴったりくると思います。というのも、『いっしょ
に考えて! 人権』を書く時に、「第2部 人権について学ぶ」において、人権につい
て考えるだけでなく、「差別のある社会」「カテゴリーとランキング」など、差別の
現実の背景にあるものを理解することが必要だと感じていたからです。個別の課題に
ついての理解は「人権のための教育」に譲っているのも、課題解決のために何が課題
かを知ることは必要だが、人権侵害を起こしているものについて理解することは、個
別課題の理解そのものとは違うと考えたからです。また、自分自身の背景となる文化
社会を理解することの重要性も「日本型コンフリクト」で扱いましたが、いまであれ
ば、日本語の階級遵守性、日本文化の重層性などの概念も、取り入れたいところです。

多様性教育、多文化教育、アンチバイアス教育はほとんど同義で使われているようで
すが、森さんたちは、ADLのプログラムに学びながら、日本の差別の課題は「同化圧
力」が強いこと、多様性に目をむけないこととして、多様性教育という打ち出し方を
選ばれたようです。もしも、解放教育の人々の実践に取り入れるのであれば「アンチ
バイアス教育」とした方が、より主体と目標がはっきりするようにも思います。たぶ
ん、そのような主体の濃度さはまだ存在する社会でしょうから。

多様性教育の哲学21-30が紹介されているので、それに関連するアクティビティなど
も考えながら、共有したいと思います。
1. 差別意識の意識化と脱学習 人権教育でよく使う気づきのためのアクティビティ

2. わたしもよそもの=共感の掘り起こし  『未来を学ぼう』の「新入生を迎えよ
う」
3. あらゆる差別の被害は一様ではない 差別は個別の痛みを伴う
4. 「われわれ」「あいつら」意識を越える カテゴリー・ミステイクとランキン

5. 教職員よ「汝自身をいやそう !」 最近の校内研修はほんとこれです
ね。
6. 「わたしは差別なんてしていない」    差別を取り巻く7つの立ち場
7. 罪よりは、現在や未来への責任 より高次のアイデンティティによる統合と協

8. 動機にかかわらず、よい行動はよい
9. 誇りこそ土台
10. 説教ではなく「聴く」ことから

そのような原則の上に、プログラムがどのように編成されているかというと、次ぎの
ようになっています。30-38

0. 自分たちでルールを創る
1. 自分が生きる価値の実感    自尊感情
2. いろいろな違いの自覚と尊重
3. 差別や人権侵害につながりやすすい違いの認識
4. 差別の歴史的・社会的背景の学習
5. 差別を見抜くための共通概念に関する学習
6. 目の前で起こった差別的言動に対する行動力の育成
7. 社会に働きかけるための集団的・組織的な行動力の育成

ERICでは「わたし」「あなた」「みんな」の構成の中に、自尊感情や人間関係、社会
の課題と働きかけなどを含めているのですが、この流れには共通する点があると思い
ました。小学校では1.2あたり、中学校では、など焦点のあて方の違い、そして学年
の流れの構成として紹介されています。竹の台高校での実践では「わたし」「あなた」
「みんな」の流れは、難しかったです。最近、「対立から学ぼう」のプログラムを
「調停」から入るのですが、全体像をつかんだ上で、パーツパーツの習熟ほ取り入れ
るという方が、問題意識が持ちやすいように思います。高校でも、最初に「人類共通
の課題」についての学習などを行ってから、個別の課題に入る方が、わかりやすかっ
たように思うのです。
ま、とはいえ、まずは実践してみることですよね。参加型カリキュラムの組み立ては。

ちょっと理解できなかったところは、参加型学習で「差別的な異見が出て来たらどう
するのだ」という疑問がある41多様性教育では、参加者同士がお互いに異見のズレを
感じることが想定されている。..参加者から反発を受けることも想定している。...
そのための対応法がある。
というくだりです。
その対応法として紹介されているのが
・参加者を信頼して参加者同士で解決をはかってもらう
・対立が起こった時に「休憩をとりましょう」と提案する。
・進行役自身が「わたしメッセージ」を使う
などなのです。そして、ADLからのファシリテーターがこれらの疑問に対してとても
よく整理されていた1-2ことに感激してODENが始まったと「発刊にあたって」で書か
れています。
逆に、ODENのメンバーたちは、どのような参加型プログラムをされてきたのだろうか
と、疑問を感じました。

第2部の実践プログラム編では、プログラムの流れとアクティビティが紹介されてい
ます。
第1章 いろいろな人々
第2章 文化的多様性
第3章 バイアスを見抜く
第4章 バイアスに立ち向かう

ことわざ、ヒーローなどのキーワードも、アクティビティにするにはおもしろい素材
だ。

中でも「憎しみのピラミッド」「回転ブレーンストーミング」がおもしろそうに思い
ましたが、残念ながら紹介されていませんでした。ま、だいたい想像できるように思
いますが。

さあ、西尾氏らとの議論がこれで進められるようになるのか。要検討だね。

フリースクールなどの本とともに「本トのインタビュー」にするか、あるいは「開発
教育」「環境教育」などの課題別教育の本との一群で考えるかですね。

異文化教育、多文化教育などとの関連を考えるのもいいですね。昨日みんなで検討し
た「看板と名刺」のアクティビティに活用するといいかもしれません。最後に概念の
シェママトリクスを描くというのがよいでしょうね。


-- 人権尊重文化の推進3原則 --
○排他的ではなく包容力のある文化 Inclusion
○ヒエラルキーではなく対等な関係 Empowerment
○リスクを避けるのではなく、変化のプロセスに挑戦する Process Mind
-------------------------------
[PR]
by eric-blog | 2005-12-27 14:16 | ■週5プロジェクト05 | Comments(0)

新・国民の油断

115-4(538) 新・国民の油断
西尾幹二、八木秀次、PHP研究所、2005

1999年に成立した男女共同参画基本法、「よう通したな、こんな過激な法律」と上野千鶴子に言わしめたというその法律成立の背景には、自民党政権がくずれ、羽田、村山と政権がぐらついていたとき、1994年ありたにありそうだ。審議会が作られ、審議会に大沢真理さんが入っていた。

その他、船橋邦子さんら、名前がずらずら。

年は平成でしか書かないわ、男脳女脳の性差=性差そのものと決め付けるわ、彼らの考える男と女の性差を認めない限り、議論を進めようとしないわ。むかつく。

オンナが出産を引き受けるときに生じる不利益を解消するような社会制度が必要だと言っているのに、そのことは議論せずに、いまの男性中心社会を温存する発言のためだけに「男脳、女脳」の最新研究をおもしろげに持ち出す。

どんなに研究が進もうが、その研究の立ち位置が批判されようが、論文が積みあがろうか、反論が書かれようが、結局は一人ひとりがどう考えるかだ。そんなことでわたしが規定されるわけではない。

選択する個人をサポートする教育、それに尽きる。

人間と人間理解のうえにたっての議論をしたいと思う。

一度書いたら、文章全部消しちゃったので、短くてごめんなさい。でした。

この本は『多様性教育』の本と『シングル単位の社会論』とともに読むといいですね。
[PR]
by eric-blog | 2005-12-27 10:52 | ■週5プロジェクト05 | Comments(0)

ダイヤモンドより平和がほしい

a0036168_1031650.jpg

ムリアの目の下の月形の傷は皮膚を切り裂いて麻薬を埋め込まれた痕。人を殺したくなるという。
シエラレオネでは虐殺した方も虐殺された方も共に忘れられない過去を乗り越えて、平和と未来をどのように作り出せるか模索している。
人間が試され磨かれることの過去と現実がアフリカにはありすぎる。

後藤健二
[PR]
by eric-blog | 2005-12-27 10:31 | ■週5プロジェクト05 | Comments(0)

東京シューレ 子どもとつくる20年の物語

115-3(537) 東京シューレ 子どもとつくる20年の物語
奥地圭子、東京シューレ出版、2005

1985年から始まった東京シューレの物語。出版社の名前からもわかるように、いまやシューレ大学、三箇所のシューレ、ログハウスシューレ、ホームシューレなどの事業に拡大している活動の担い手が書いた本だ。

みみずの学校など、子ども文庫活動や子どもの居場所を提供してきた人が、疲れてやめていったのに対して、なぜ、東京シューレはこんなに多様に発展したのだろうか。

奥地さんの本を読んでいると、親たちとの共同経営的なスタイル、子どもたちと創る日々、それがポイントなのだろうなと思えてくる。

こんな教育の場があってもいいじゃないか。そんなことなんだろうなあ。

他にも『フリースクールとはなにか』東京シューレ、教育史料出版会、2000年
『学校に行かなかった私たちのハローワーク』2005
『学校に行かない僕から学校に行かない君へ 登校拒否・私たちの選択』1991
『学校の外海の外 不登校の子どもたち世界を駆ける』1995
『学校は必要か 子どもの育つ場を求めて』奥地、1992
『 父親が語る登校拒否』東京シューレ父母会、1992、1997
『登校拒否なんでも相談室』奥地、1992
『不登校という生き方 教育の多様化と子どもの権利』奥地、2005
『不登校の子どもたちは家庭でどうしているか 調査・親と子の行動と意識』1996
『ホームエデュケーションのすすめ 家庭で学ぶ不登校の子どもたち』1996
『僕らしく君らしく自分色 登校拒否・私たちの選択』1995

『いじめと不登校』に対談
『NPO実践講座 いかに組織を立ち上げるか』2000
『人権読本』2001
などに奥地さんが書いている。

つまり、ほとんど一年に一冊書いているということ。これは22年間の教師生活のノウハウだなあ。調べ学習、ゲストの交渉、通信の発行などだ。
通信を出すのはいまは子どもたちがやっていて、毎月80-100ページのものを出すというからなあ。

ほとんど、東京シューレは出版会につながるべくしてつながったと言えるほどだ。すでに、シューレの手を離れ、独立した存在の出版会が、果たして明石書店のような存在になっていくのか、それとも、自分たちの実践報告の延長だけになるのか、それもまた人が決めることなのだろうなあ。

フリースクール、オルタナティブスクール、ホームエデュケーションなども「本トのインタビュー」をやってみたい分野ですね。
[PR]
by eric-blog | 2005-12-27 09:46 | ■週5プロジェクト05 | Comments(0)

教師

115-2(536) 教師
森口秀志編、晶文社、1999

87人の教師に対するインタビュー。
特別インタビュアーに沖縄の宮城康博さんが参加しているのに驚きました。沖縄本島北部のやんばるエコツーリズムを考える会ではとてもお世話になった方で、いまは市議をされていると思います。

ということで北は北海道から南は沖縄まで、全国、小中高、養護施設、挑戦学校、児童養護施設、スクールカウンセラー、日本人学校、夜間中学、農業高校、さまざまだ。

表紙には「かつてない大型インタビュー」と言うが、大型のわりには散漫だ。それぞれが務めている学校のサイズ、生徒数、担当学級数などの基礎データが示されていないために、読み手には、あるいはインタビューしている人にすら、なんら判断の基準がない。原理原則、経験知が積みあがらない。それぞれの教師の教育論、子ども観が語られることに対する印象論しか感想をもてない。教師は「語る」のが職業だ、ということの繰り返しか

さて、この本をどう使いこなすか、だね。

ひとつ分ったのは、「朝10分の読書タイム」の実践から気づいたこと。わたしは英会話のクラスで最初の5分ほどで、文章の読み合わせからやるんだけれど、二人一組で何が何でも読んでみることをやる。その効果がこの「朝10分読書」と共通していることに気づいたのだ。

読書、声を出して読むなどはなぜいいのだろうかね。

全国の先生、がんばってます。みんなでBQOEをいっしょに考え、いっしょに進めましょう!
[PR]
by eric-blog | 2005-12-27 09:02 | ■週5プロジェクト05 | Comments(0)

1985年

115-1(535) 1985年
吉崎達彦、新潮社、2005年

2005年も終わりに近づいています。家庭教育の崩壊や社会の教育力の低下が言われますが、そんな時にわたしが感じるのは、「では教育は20年前何をしていたのですか」ということです。すべてを学校教育の責任にするというのではありませんが、教育の効果を高める必要があることは間違いないことだと思います。育てたように子は育つ、のですから。あるいはそのためにこそ教育に力を入れる必要を論じたり、あるいはその可能性を信じて努力したりすることができるのですから。

さて、二十年前の1985年というのは、USAで飛躍的に高等教育進学率が向上した時です。「すべての人々に教育を」というスローガンの元に、中等教育の教育内容の見直しが行われた時でもあります。

吉崎さんというこの著者は、1985年を回顧するためのメルクマークとして選んだ。項目を追ってみよう。

・円高ドル安につながったプラザ合意「輸入品を買いましょう」
・レーガンとゴルバチョフ
・つくば博とニューメディア
・山本益博
・金妻とひょうきん族
・御巣鷹山日航ジャンボ機墜落事故

巻末の年表から面白いと思うものを挙げてみると
・NTTとたばこ産業発足
・男女雇用機会均等法
・ライブエイド「ウィ・アー・ザ・ワールド」
・中曽根首相、靖国神社公式参拝
・世界の人口48億4300万人

そして、戦後40年というこの年までの日本というものがまた象徴的である。
1950年と1985年の比較でGNP80倍、国民所得50倍、輸出140倍、輸入90倍。この急成長が対日警戒論につながり、プラザ合意へとつながっているという。

いま、日本の斜陽を言う人、民族的エートスがなくなったとなげく人々は、たぶん「日本脅威論」を忘れているのではないだろうか。国際社会にどのような地位を占めるか、どのような役割を果たすか、そんな視点からも考えてみたい。

20年前、あなたは何をしていましたか。教育は何をしていましたか。その中の何が今日につながり、そしてその中の何を誇りに思い、何を残念に思われるでしょうか。

よいお年をお迎えください。
[PR]
by eric-blog | 2005-12-26 18:12 | ■週5プロジェクト05 | Comments(0)