カテゴリ:△研修その他案内( 107 )

スキル「あなた」 2017年10月28-29日 ESDファシリテーターズ・カレッジ2017



ERICの研修はすべて「参加型」のアクティブ・ラーニング。経験学習の四段階で進めます。 


経験とふりかえり、ふりかえりと学び、学びと実践を「行きつ戻りつ」するW型を繰り返して、実践力であるスキルに習熟していきます。


a0036168_12321966.jpg






■二日間のプログラムの流れ


セッション1 共通基盤づくり「あなたは言える?

11:00-13:00

1. 研修への期待

2. 「わたし」から「あなた」へ

  ・マイクロアグレッション 共感ではなく、「わたし事」に

  ・あなたなら言える?

3. 「わたし」を育てるアサーション

4. 話し合いの心がけ


セッション2 流れのあるプログラム「アサーション・トレーニング」

14:00-16:00

1. アサーションって何だ?

2. 非攻撃的自己主張を可能にするもの「誰対誰」

3. ダブル・バインドが阻む自己主張

4. あなただけじゃない。アドボカシーにつなげよう。


セッション3 ふりかえりと学び

16:00-18:00

1. できている事、課題

2. 人権を通しての教育を実現するには

3. アドボカシー、協力の崩壊。何が今の危機をもたらしているか?

4.  Whole School Approach, Learning Organization, 生涯学習社会


二日目

セッション4 アクティビティ、プログラムの開発

9:00-11:00

1. 「関係性」の力を阻むもの

2. スキルを育てる五つの手立て

3. 手立てをカリキュラムに鏤める


セッション5 アクティビティ実践

12:00-14:00

1. ファシリテーション実践の評価と点検


セッション6 ふりかえりとまとめ

14:00-16:00

1. ファシリテーションのふりかえりと成長の課題

2. 個人的行動計画

3. アドボカシーにつなげよう

4. 修了証




■スキル「あなた」について


『対立から学ぼう』は対立を「誰対誰」で分類して、次のように整理しています。(p.103)


自分 vs. 自分内的対立=自己矛盾や葛藤のことですね。

人 vs. 人個人間対立=考え方や価値観の違いから来る対立。

集団 vs. 集団グループ間対立

国 vs. 国国際的対立


ERICでは、これらの分類に当てはまらない対立として「日本型コンフリクト」という対立を研究し、定義するに至りました。それは「個人 vs. 集団的伝統的価値観を体現していると思っている個人」の間の対立です。


一方で、「対立の扱い方」の一つ、アサーション、非攻撃的自己主張の考え方は、黒人差別や女性差別に対して、攻撃的にならずに、しかし、受身的でも我慢するのでもなく、自分自身の感情と価値観をしっかりと表現する方法のことです。


というのも、確かに黒人差別、人種差別、女性差別に対して、被差別者は集団で戦い、権利を認めさせ、回復してきました。しかし、日常生活では、被差別者がいつも集団を頼みにすることはできません。個人として「集団」の価値観を背景として差別的な扱いをする人、抑圧する人に対抗する必要があるのです。


そういう意味では「アサーション」というのは日本型コンフリクトにおいても有効な、被抑圧者が習熟すべき自己主張の方法であると言えます。


それは「マイクロアグレッション」や「レイシャルハラスメント」についても同様です。これらは支配的な「力」の側、多数派側の集団を背景にした価値観と、被差別者という集団の対立であり、その対立は必ず「個人 vs. 個人」として、わたしたちの日常に出現するからです。


「個人」が不在の「集団」はないのです。


徹底的に「アサーション」を習熟しましょう。バリアはどこにあるのでしょうか?


支配者側でありたい、そこに擦り寄りたいという願望が、最大のバリアなのではないでしょうか? 主張することで不利益を被るから、主張できないのではないでしょうか? 


アサーションは、そこへの手立てを持っているのでしょうか? だからこそ、アサーションの背景に「アドボカシー」を行使する必要があるのです。アサーションがさらなる隠れた差別の助長に繋がらないようにするための社会的圧力です。


個人と集団、その間の手立ての補完作用と相乗効果が必要なのです。運動と繋がらないアサーションは、被差別者の不利な扱いを改善することにはつながらない。


そのことを今回の研修ではしっかり確認したいと思います。


では、どこで、どのように運動とつながればいいのでしょうか?


『女たちの避難所』、性暴力への訴え、

『どん底』を通して、運動と個人の関係を考えたいと思います。


■ちがい ドキドキ 多文化共生ナビ ~在日外国人教育実践プラン~

http://ericweblog.exblog.jp/237576902/


なくそう! 職場のレイシャルハラスメント

http://ericweblog.exblog.jp/237781140/


[PR]
by eric-blog | 2017-10-21 12:34 | △研修その他案内 | Comments(0)

ESDファシリテーターズ・カレッジ テーマ「環境/PLT」

ESDファシリテーターズ・カレッジ PLT環境教育指導者育成

関連のイベント:東京  ESD  ワークショップ  

Logo top2

今編集中の「ファシリテーター・ハンドブック」の「経験学習」を中心に
経験から学ぶということはどういうことか、そのような学びをファシリテートする力量アップを目指します。

1.経験学習 構成的に学ぶ FH17Constructivism.pdf
経験を味わう FH17Reflexitive.pdf
経験を共有する FH17CooperativeLearning.pdf
問う力 FH17Questioning.pdf
経験の広がり FH17Scope.pdf
経験の広がり-発達段階 FH17Sequence.pdf
テーマ・ワーク FH17ThemeWork.pdf
経験学習のリアリア FH17Realia.pdf
コミュニティの課題解決 FH17Community.pdf
経験の広がり-全体言語主義 FH17WholeLanguage.pdf


[PR]
by eric-blog | 2017-07-11 16:36 | △研修その他案内 | Comments(0)

TEST教育力向上講座2017 

a0036168_13212784.jpg
<div class="widget" style="width: 490px; border: thick #ECF0F1 solid; padding: 20px; text-align: center; margin: 0 auto;"><strong><a style="color: 2ECC71; font-size: 18px; font-family: 'Lucida Grande','Hiragino Kaku Gothic ProN', Meiryo, sans-serif; text-decoration: none;" target="_blank" href="https://senseiportal.com/events/39858?from=widget">TEST教育力向上講座 ESDファシリテーターズ・カレッジ</a></strong><iframe frameborder="0" scrolling="no" src="https://senseiportal.com/events/39858/widget" style="width: 100%; height: auto;"></iframe><p style="font-size: 10px;color: #ccc;">関連のイベント:<a style="color: #ccc;" href="https://senseiportal.com/events-a/13?from=widget">東京</a>  <a style="color: #ccc;" href="https://senseiportal.com/events-w/ESD?from=widget">ESD</a>  </p><a href="https://senseiportal.com/"><img width="108px" height="34px" src="https://senseiportal.com/assets/logo-top2.png" alt="Logo top2" /></a></div>

https://senseiportal.com/events/39858

2017年3月18ー19日 土日 開催

今年で18回目となるTEST教育力向上講座。

ESD、持続可能な未来のための教育とは、価値観の教育である。
ESDの担い手を育てるための「一貫性」「誠実さ」「相互尊重」
をどう育て、どう実践力につなげるかについて、年度の実践をふりかえり、次年度を展望します。


[PR]
by eric-blog | 2017-01-10 12:48 | △研修その他案内 | Comments(0)

ESDfc 市民性・社会性を育てる 2016年11月26日27日



2016年11月26日27日  ERIC主催研修
         ESDファシリテーターズ・カレッジ 
         スキル「市民性・社会性を育てる」




webでの申し込みはこちらからも
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfCwrZxu0NEhmJINrbtxX7knhM_eqIX3Qahd--mdkvgyowGlw/viewform

a0036168_1151038.jpg



スキル指導ファシリテーター養成 12時間研修に含まれるべき要素
□スキル演習のアクティビティ
□流れのあるプログラム
□構成主義的アプローチと経験学習・発見学習を「スキル」指導に活かす
□スキルを育てる5つの手だてとカリキュラム
□省察的実践力をつける
□指導実践・ファシリテーション実践
□プログラムづくり
[PR]
by eric-blog | 2016-11-24 16:01 | △研修その他案内 | Comments(0)

「対立から学ぼう」人間関係スキルを身につけるアクティブ・ラーニング実践力研修



ERIC主催 ESDファシリテーターズ・カレッジ スキル「対立」
2016年10月29日30日 12時間研修
土曜日 11時から18時
日曜日  9時から16時


a0036168_12162050.jpg

セッション1 共通基盤づくり
11:00-13:00
1. スキルを身につけるということ。Dream Catcherを作ろう。
2. 話し合いの心がけ
3. 対立はどこから? 「若者論の五つの神話」
4. 身に付けたいスキル

セッション2 『対立から学ぼう』10の基本概念
14:00-16:00
1. 対立は悪くない
2. 対立の扱い方 特徴と限界
3. 対立は激化する・内在化する
4. 怒りの温度計 「お、いいか」で落ち着こう
5. わたしメッセージで伝えよう
6. アクティブ・リスニングで事実と感情を確認する。
7. 視点メガネ 人の見方はそれぞれさまざま
8. ウィンウィン型解決 双方の「本当に満たされたいこと」を満たす道
9. 要望と本心 わたしのコア・バリューに気づく
10. 調停と仲裁 対立の扱い方総集編

セッション3 教え方・学び方の特徴とまとめ
16:00-18:00

セッション4 カリキュラムづくり Skills 3×3
9:00-11:00

セッション5 対立の扱い方を阻むもの・バリア
12:00-14:00

セッション6 個人的行動計画とふりかえり
14:00-16:00

a0036168_1154840.jpg


■参考テキスト
対立から学ぼう、ウィリアム・クライドラー著、ERIC訳
対立がちからに プロジェクト・アドベンチャーの考え方
http://ericweblog.exblog.jp/1105891/
[PR]
by eric-blog | 2016-10-28 11:29 | △研修その他案内 | Comments(0)

アクティブ・ラーニングで人権を学ぶ 指導者育成講座



a0036168_9425324.jpg

[PR]
by eric-blog | 2016-09-20 13:09 | △研修その他案内 | Comments(0)

高校生留学生・海外進学ガイダンス

参加 42名、中学生10名(3年生)、高三まで、と保護者。

13:05
ミニレクチャー
・参加型学習=アクティブ・ラーニング
・アクティブ=能動的、積極的、主体的
・能動的な人は反応が早い
・ロボット工学者の石黒さん「どんな未来」とは作りたい未来。
・どんな未来を作りたいかという能動性
・アクティブ・ラーニングのコツをつかんで欲しい
・ERICのミッション 1989年、NPO

13:28
名前だけの自己紹介

13:50
ノートテイキング
傾聴
話し合いの心がけ・板書

14:09
ペア替え

14:12
教室の中の世界、つながり探し20個
つながっていないもの: 心、血、時間、

14:30
Youは何しに海外へ?
1) 世界に対する責任
2) 海外に出て得られるもの
3) 世界市民のマナー

14:40
各グループから共有・板書
アクティブ・ラーニングのコツ三つ、つかめましたか?
[PR]
by eric-blog | 2016-06-04 15:23 | △研修その他案内 | Comments(0)

2015年度 ERIC主催研修 ESDファシリテーターズ・カレッジ 日程

■□ 2015年度の主催研修の日程 □■

平成27年度の主催研修「ESDファシリテーターズ・カレッジ」の日程が決まりました。
ぜひ、ご予定に入れて下さい。すべて土日の12時間研修です。

■2015年(平成27年)6月27日28日 テーマ「国際理解」
■2015年(平成27年)7月25日26日 テーマ「PLT木と学ぼう・環境」
■2015年(平成27年)9月26日27日 テーマ「人権」
■2015年(平成27年)10月24日25日 スキル「対立から学ぼう」
■2015年(平成27年)11月28日29日 スキル「未来を学ぼう」
■2016年(平成28年)3月下旬予定 TEST教育力向上講座
[PR]
by eric-blog | 2015-01-25 13:17 | △研修その他案内 | Comments(0)

公共哲学カフェ 28 「ESD持続可能な開発のための教育=取組と課題」

*****************
◎公共哲学カフェ 28 「ESD持続可能な開発のための教育=取組と課題」◎

【日時】: 2014年11月25日(火) 18時30分~21時(開場18:15)

【会場】: 東京工業大学田町キャンパス内 キャンパス・ イノベーション
センター リエゾンコーナー 5階(予定、確定出来次第お伝えします)

東京都港区芝浦3-3-6 JR線田町駅下車徒歩1分、都営地下鉄三田線下車徒歩3分
地図→http://www.cictokyo.jp/access.html

【テーマ】: 「ESD持続可能な開発のための教育=取組と課題」

※ESDとはEducation for Sustainable Development(持続可能な開発のための教育)
の頭文字をとったもので「全ての人々が持続可能な未来の実現に必要な知識、技能、
生活態度、価値観を身につけることができる教育・学習を意味する」とされています。
今年11月には、名古屋(10日~12日)、岡山(4日~8日:ステークホルダー会議)
でESDに関するユネスコ国際会議も開かれました。しかしながら、内閣府の調査でも
ESDを知っている人は3%にも満たず、「言葉だけは聞いたことがある」という人も
20%に程遠いという状況のようです。
今回は日本のイニシアティブによって国際的に進められているにもかかわらず、
日本で知られていないESDについて、ESDファシリテーターズの研修などをされておら
れる国際理解教育センターの角田尚子さんをお招きして、ワークショップなども
はさみながらお話をお聞きします。

特定非営利活動法人 ERIC国際理解教育センター
http://eric-net.org/index.html

【メインスピーカー】 : 角田尚子(かくた なおこ)さん(ERIC国際理解教育
センター理事代表)
ブログ「ESD ファシリテーター学び舎 for BQOE」
http://ericweblog.exblog.jp/


【コーディネーター】 :
宮崎文彦(千葉大学法政経学部非常勤講師・特任研究員)
角田季美枝(和光大学非常勤講師、千葉大学大学院人文社会科学研究科特別研究員)

【会費】:500円 (資料代+お茶・お菓子代含む)

【連絡先】
公共哲学カフェ事務局
03-5842-7979(tel) 03-5842-7261(fax)
http://koishikawaunit.net/(090-1208-8159 (赤羽)
**************************************************************
[PR]
by eric-blog | 2014-11-14 10:49 | △研修その他案内 | Comments(0)

犯罪弱者・暴力弱者社会をひらく

◆参加のお申し込みおよびお問い合わせはこちらから

http://kokucheese.com/event/index/233154/?fb_action_ids=850457861652005&fb_action_types=og.comments

◆犯罪弱者・暴力弱者社会をひらく

 「犯罪の凶悪化がすすんでいる」「刑務所はいっぱいらしい」「再犯率が高いらしい」。そんなイメージを、わたしたちはいまの犯罪について持っているのではないだろうか。わたし自身、そうだった。
 しかし、実際に刑法犯罪のデータを見ると、殺人、強姦、傷害強盗、放火などの暴力犯罪は、刑法犯罪が10万人中1580件であるのに対して、10万人中30件程度。1580対30である。刑法犯の上位3種は、窃盗、詐欺、横領、50%が窃盗である。犯罪の背景に、貧困の影が見えないだろうか。彼らは刑務所を出ても、支援なしでは社会生活を送ることが難しく、結果再犯に追いつめられていくのが実態なのだ。
 生きるための課題解決の非暴力的な方法を知らないこと、そのために「暴力」的な現れしか選ぶことができないこと、そのような状況は暴力である。犯罪に追い込まれる人は、「犯罪弱者」であるのだ。社会的弱者支援の対策の充実が必要なのだ。さらに言えば、非暴力的な解決についての知識・情報、スキル、支援してくれるつながりなどについての教育的な支援がその基本となる。
 40人学級に戻すとか、教員の数の削減が語られている。すでに、いまの教育環境においてすら、「弱者化」している人々が、犯罪に追い込まれている。考えてみてほしい。義務教育段階で一人あたりにかけているコストは100万円程度。「犯罪弱者」に追いつめられ、刑務所に入れられた人一人当たりには200万円から500万円をかけて、しかも失敗していることを。よりよい質の教育をすべての人に。それが社会の未来をひらいていく。

a0036168_10595791.jpg

[PR]
by eric-blog | 2014-10-28 11:00 | △研修その他案内 | Comments(0)