カテゴリ:□週5プロジェクト17( 233 )

事故と事件が多発するブラック保育園のリアル

事故と事件が多発するブラック保育園のリアル

脇貴志、幻冬舎、2016

2943冊目


保育事故ゼロを目指して。


保育の現場もブラックならば、預けて働いている両親、保護者の労働環境もブラックである。


自分たちができること、というのはまずは互いに感謝の気持ちを持って日々接すること。


そして、この本に書かれているように、基本的な事柄、室内環境、周りの環境、保育者の対応などに目配りをして、保育園を選ぶこと。きちんとコミュニケーションすること。


だろうが、園長がしばしば変わるとか、我が事務局の隣に入る保育施設のように、保育園未満のところも増えているのではないだろうか?


事故が起きているのは圧倒的に認可外保育施設なんだけどなあ。p.21


隣に挨拶もない、マンション管理組合の防災担当にも相談がない。いいのか?

ホームページもないってどういうことかなあ。

a0036168_13013256.jpg

[PR]
by eric-blog | 2017-11-22 16:27 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)

元号

元号 全247総覧

山本博文、悟空出版、2017

2942冊目



なるほど、こんなまとめ方もあるのかと。天変地異、災いがあった時にも改元されてきたのだから、何かのきっかけがそこにはあると言うこと。


平成は30年ほどしかない予定だから、これまでの最長は昭和ということがしばらくは続きそうである。だって、今の皇太子だって、これから60年は生きられないでしょ。


さておき、元号は天皇とともにあったわけではない。

孝徳天皇が大化とした。グレゴリオ暦で言えば645年。

大化の改新を経て律令国家へと歩み始めた時。孝徳天皇は36代とされ、今の天皇は125代だから、元号はその倍ほどもあるということになる。一世一元制が明治時代に法制化され、今の天皇の退位に伴って元号も新しく制定される予定。


中国の影響で使われ始めた元号だが、今や日本だけになってしまったという。


わたし自身は天皇制そのものに反対、そしてであるから元号の利用にも反対、日本会議の活躍について知れば知るほど、元号法制化が日本社会に果たした役割の大きさを思うと、その立場は、揺るがせることはできない。できる場合であれば、西暦で記入している。


日本年号師大事典にまとめられている漢字の使用頻度。32


永、元、天がトップスリー。


次の元号には「永」が使われるんじゃないだろうか?


a0036168_12312243.jpg


[PR]
by eric-blog | 2017-11-22 12:31 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)

帝国日本の生活空間

帝国日本の生活空間

ジョルダン・サンド、岩波書店、2015

2941冊目


明治時代から敗戦までの日本の文化状況を『婦人画報』などの生活文化レベルから検証したもの。



帝国日本の三つのオリエンタリズム  036

・大陸アジア

・異国趣味としての西洋趣味 ステレオタイプ化された西洋

・日本それ自体の過去



訪問団にどこを見せるか。


東京のバスツアーは関東大震災後に始まった。226


天皇制国家にまつわる名所めぐり

西洋人に対してはグローバルな近代性の顔


台湾原住民と南洋諸島の島民のために組織された内地観光 245

帝国の演出、「台湾住民は宗主国の権力を見せられ、それに服従するよう要求されるだけ」


彼らは「伝統に縛られた」漢民族よりも「矯正」しやすかった。205



[PR]
by eric-blog | 2017-11-21 11:47 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)

受動喫煙をしない権利はどのように守られるか?

東京都の小さな飲食店は、「喫煙できます」あからさまだもんなあ。
つい先日の居酒屋でも、隣の高齢女性二人組がプカプカ。パーティションがある区分されたエリア内だったので、余計ひどかった。

2017年11月20日 東京新聞

a0036168_10495150.jpg
2017年11月19日 東京新聞
a0036168_10515376.jpg
こちらは「権力的喫煙」





[PR]
by eric-blog | 2017-11-21 10:59 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)

子どもにいちばん教えたいこと 将来を大きく変える理想の教育

子どもにいちばん教えたいこと 将来を大きく変える理想の教育

レイフ・エスキス、草思社、2007

2940冊目

Teach Like Your Hair's on the Fire



とても正直な本である。

著者は多くの有能な人材を貧困地域の小学校から輩出していることで有名な教員。


「真の優秀さには、犠牲、試行錯誤、甚大な努力が伴うことを知ってほしい。近道などない。」とプロローグに言うように、教室においてもそのような努力を一人ひとりの生徒ができるように支援する。


恐れではなく信頼で教室を運営する。そのために、最初の授業で「信頼」について学びあう。皆さんも「後ろに倒れこみ、みんなが支える」エクササイズを知っているだろう? レイフは、「100回支えてもらっても、101回目に冗談であれ、支えてもらえなかったとしたら、信頼はどうなる?」と子ども達に問うと言うのだ。


失われた信頼を取り戻すことは難しいのだ、と。


そして、そのことを行動を通して示していかなければならない。


しつけの仕方は合理的であること。


子どものお手本になること。



倫理的発達の6段階のレベル6を目指す。


倫理的発達段階の6段階とはローレンス・コールバーグによる分類。33


1. 面倒を避けたい

2. 報酬が欲しい

3. 誰かを喜ばせたい    教員はこれが好きだ。

4. ルールに従う      ルールが全てではない。

5. 他人を思いやる

6. 個人的な行動規範を持ち、それに従う


「学校は、わたしたちが本を読む理由を見失ってしまった。」53

本の選択基準そのものが、わくわくしない。


読書は科目ではない。人生における世界との関わりなのだ。

図書館を活用する。

おすすめ読書リストを活用する。ただし、子どもの発達段階にあったものを選ぶこと。

ブッククラブを休み時間や放課後などに教員が主催する。

大人と一緒に読む。読書を生活に引き寄せる。


書く力を育てる。

毎週のエッセーと毎月のブックリポート

毎週のエッセーの課題は金曜日に出し、次の金曜日に集める。週末に生徒のエッセーを読み、二、三選んでタイプする。名前は伏せて、次の週の文法学習の時間にそれらを読む。

ブックリポートを読むには一ヶ月かける。コメントを返す頃にはより上手になっている。

一年かけて一冊の本を書く。一週間に二、三度30分程度の時間を当てる。

自分でタイプして製本する。


算数を楽しむ 第五章 84

「ブー」ゲーム。言ってはならない数字を決めて、当てられた順番に数えていく。

暗算ウォーミングアップ。アメリカの州の数に一ダースを足し、最高裁判事の数を引く、など。学んだことを応用するのも良い。


テストは温度計。悪いところを示してくれる。できないところは何度でも教える。105


第七章 世界を知る

第八章 自分の手で実験する

第九章 スポーツから学ぶ

第十章 お金の使い方を学ぶ

第十一章 問題を解くスキルを身につける


映画、街に出る、ロックバンド、そしてシェークスピア劇!


https://en.wikipedia.org/wiki/The_Hobart_Shakespeareans


学校のウェブサイト

http://www.lausd.net/Hobart_EL/school.html


シェークスピアリアンのホームページ

http://www.hobartshakespeareans.org


動画

http://www.pbs.org/pov/hobart/


■TEDのプレゼンテーションが素晴らしい!

https://www.youtube.com/watch?v=cYnkRvYGnEk


■インタビュー

https://www.youtube.com/watch?v=-PRdpBttHWI


なぜやるのか?

スポーツを通して集中することを学ぶ。

学んだことは生活に役立つ。

Make your classroom relivant.


・自分が何を言っているかがわかるのに10年かかる、それを子どもにしっかり繋げるのに10年。教育者を育てるのに急ぐことはできない。

・Stableであるために、同じ服装をする。ベストに白いテニスシューズ。

・達成してもhumbleに。次に

・準備に50000時間かかる。

・organizedな人であれば、あなたの人生はよくなる。

・10のスキルはどこにでもある。

   ・organized

   ・curtesiy to your neighbors/member

   ・

・ハリウッド映画のような「転換点」がわかる日はない。

・なぜやるのか? あなたの人生の質を上げるために。時間と空間と。Time and Space


■もう一つ。これもすごい。

https://www.youtube.com/watch?v=B6RdJwQ8G64


■NAESPスピーチ

https://www.youtube.com/watch?v=KXTIHf-VsFM

6'00" 

若い先生が良い先生や同僚と仕事ができるように。

先生によっては教えることが嫌い、校長が嫌い、実は同僚も嫌いで、でも、一緒に愚痴を言い合っている。

子どもを助けたい。

テストの結果は気にしない。


6段階の倫理のどこにいる? それを一年を通じて、子どもと会話する。

内在化させたい。


Lessons 10

・There is no shortcut.

・モデルとして実践する Set example、Behavior has to be examplary

・シェイクスピアとロックンロール

音楽をやっている子どもは次のような行動規範を学ぶ。

「Discipline」「練習」「リスクをとる」こと。


■PCCでの講演

Pasadena City College、2011/08/17 に公開

https://www.youtube.com/watch?v=T77NzAcBijQ






[PR]
by eric-blog | 2017-11-20 12:38 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)

アフリカ人、イクイアーノの生涯の興味深い物語

アフリカ人、イクイアーノの生涯の興味深い物語

オラウダ・イクイアーノ、研究社、2012

2939冊目


1745年にアフリカのナイジェリアに生まれた著者が奴隷狩りにあい、大西洋を渡ってイギリス海軍の将校に買われる。そこから海軍とともに七年戦争に従事、商船オーナーに買われたりと、結局は海運にずっと携わり、様々な国を訪れ、自らも商売を手がけて、解放証明書も得て、自由奴隷として行きていく。


天国への道も彼の心を捉えていた。海での生き残りは運次第でもある。

そして、そのキリスト教への帰依が、彼の生涯をも救う。


この時代の描写に必ず出てくるアフリカ人、奴隷。しかし、彼らの内面の声を表したものは少ない。それだけにこの自叙伝の価値は高い。


1797年ロンドンにて死去。


[PR]
by eric-blog | 2017-11-20 08:52 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)

はだしのゲン わたしの遺書

はだしのゲン わたしの遺書

中沢啓治、朝日学生新聞社、2012

2938冊目


2011年に作られたドキュメンタリー映画『はだしのゲンが見たヒロシマ』のほとんど台本のような内容。撮影されたのは2009年。

http://www.cine.co.jp/gen/


中沢啓治さんは映画の中で「100歳まで生きる」と言っていたが、2012年に亡くなった。亡くなった後の『はだしのゲン』撤去運動はひどかったね。


著者が何も言えなくなった時に、その作品を誹謗するようなことまで言うとは。

http://ericweblog.exblog.jp/18421439/


動画とこの本はこれからも『はだしのゲン』の価値を保つのに役立つはずだ。作者の人柄、作者の自伝のようなこの漫画が、実際には原爆の残酷さの万分の一も伝え切れていないことを知るからだ。


被爆者が高齢化し、新たな証言を聞くこともできなくなる日は近い。

彼らの体験、苦しみを伝えるだけでなく、その価値を無化するような言説を許さない声を上げ続けていくことも大切だと言うことが、この事件からもわかる。


そのためにも、中沢さんの人柄に触れることのできるこの本やDVDを是非手にとってほしい。



[PR]
by eric-blog | 2017-11-19 19:52 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)

日本をもう一度江戸時代に戻そう!

日本をもう一度江戸時代に戻そう!

浅井隆著、飛岡健監修、第二海援隊、2008

2937冊目


江戸時代は男性過剰の社会だったというような認識があったり、江戸が素晴らしいのか、江戸時代が素晴らしいのか、用語の使い方を間違っていると思うことがしばしばである昨今の「江戸時代」ブーム。


この著者の方もほとんど「江戸」と「武家社会」について語っておられることがほとんどだ。人口の90%ほどが農民であり、農村に生きていた時代の諸相に迫っているのだろうか? と少々疑問。


過去をやたら美化しているだけでなく、そこからこれからの日本の参考になることを読み取るために、「いい面」に学ぶということについては否やはない。ただ、それを成立させた条件に、人権侵害、男女の不平等などが付随していな買ったかなどの検討が、不十分になるのではないかと、読む前から眉唾ですが。


明治時代に開国された時に訪れた外国人たちの回想録でベタ誉めリストが第一章、第二章。ジャポニズムとして、その影響力も。


武家というのは土地という資源から切り離されたガバナンス中心の人々であり、その人たちの心の支えになったのが「儒学」であり、神仏習合の上に儒学が加わったのが江戸時代の武家の精神性の高さにつながった。67


それが明治維新によって神社の統廃合による地域の神社の破壊。南方熊楠が「鎮守の森」の破壊に警鐘を鳴らしたのは有名な話である。77


神道は政治的祭祀の場となり、仏教は葬式仏教になった。77


そこに加えて太平洋戦争での敗北、というか都市、人、財産の破壊が凄まじかった。確かに日本は驚異的な復興を遂げたが、それは物質的なことだけになってしまった。79



江戸時代から学ぶことが第四章で項目別に書かれている。


・江戸のリサイクル社会

100%自給自足システム

・遊び心 ものはなくても暮らしを楽しむ心の知恵 識字率が高く趣味人、庶民にゆとり

・人間関係 江戸の町役人による束ねと大屋による長屋の管理。

・日本独自の藩が育てた地域の絆 強い藩民性 保守的な加賀藩のピラミッド型支配

・教え上手、育て上手 学力低下はそろばん離れ 「三つ心、六つ躾、九つ言葉、十二文、十五理」これいいなあ。

・世界観 大自然と共に心豊かに


そして第五章は「もう一度鎖国を!


まあね、鎖国してもいいとまで覚悟があるなら、江戸時代万歳の主張もわかるか。それぐらいの覚悟でないと日本の再生はない。米国の第51番目の州に成り下がる。


というか、属国だよね。



著者が実践する「再生日本21」はこちら。

http://www.saisei21.jp



伊勢崎賢治さん、吠える。「歴代米国大統領、ちゃんと玄関から入ってこい!

http://iwj.co.jp/wj/member/archives/405019#memberB


著者が引用している『文化力』を書いた川勝平太さんて、ノエル・ペリンの『鉄砲を捨てた国、日本』を翻訳した人なんだ! 感激!


[PR]
by eric-blog | 2017-11-18 13:14 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)

自治体アウトソーシング 改訂版Q&A 指定管理者制度と地方独立行政法人の仕組みと問題点

自治体アウトソーシング 改訂版Q&A 指定管理者制度と地方独立行政法人の仕組みと問題点

自治体アウトソーシング研究会、自治体研究社、2004

2936冊目


2012年「放課後等デイサービス」制度によって、子どもの放課後に企業が参入。NPOであったとしても「サービス」として提供されることには違いがない。


学校のサービスや地域の主体的な活動であったものが企業に任される。


その傾向は様々なむ分野に及んでいる。また、非正規雇用も自治体においても学校においても進んでいる。これはどう言うことなのだろう?


この本は小泉構造改革の時代に書かれた。郵政民営化がすすめられた時のことである。


問題は公共的な意味合いの強い社会的インフラを(ソフトも含めて)、民間の営利企業に任せて良いのかと言うことと、もう一つは、それらのインフラには公共的な資産がすでに投入されているのであり、その資産移転という問題にならないかということだ。


行政とは何を行うものなのか。


社会的不平等を是正するための保護と規制、制度を作り出すこと。それが行政の責務だ。


研究会は自治体スリム化・市場化の手法として以下のものをまとめている。p.17


1. 「公の施設」の指定管理者 2003年の地方自治法244/2の改定により

2. PFI法 1999年制定。公共的施設の建設の段階から民間企業に委ねる

3. 地方独立行政法人 2003年新設の制度。大学、社会福祉事業など。

4. 地方公営企業法 事業収入を持って経費を支弁することを原則とする。

5. 任期付フルタイム・パート公務員制度

6. 構造改革特区法

7. 労働者派遣・偽装請負

8. 有償ボランティア・NPO

9. 市場化テスト


結果、自治体リストラと雇用の劣化が進んでいる。


これで国民は幸せになるのか?


以下、それぞれの問題点についてQ&Aがある。


・図書館

・公民館

・学校給食調理業務民間委託

・水道事業

・病院

・道路、港湾、公営住宅、都市公園

・大学


学校における地域運営協議会方式

教育基本法の改定


教育基本法が変えられたのは2006年だよね。第1次安倍内閣。


など、教育分野においてもちぐはぐな民営化がすすんでいる。「忖度」型民営化は、これまでの私立校の伝統をも無効化するのではないだろうか?



[PR]
by eric-blog | 2017-11-17 14:56 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)

あそびの生まれる場所 「お客様」時代の公共マネジメント

あそびの生まれる場所 「お客様」時代の公共マネジメント

西川正、ころから、2017

2936冊目


最初に年譜が紹介されている珍しい本。時代の流れからいまの課題を知ってほしいということ。


子どもをめぐる環境がサービス産業化している。

わたし自身が行っている学習支援もそうだが、実際「子どもひろば」が企業によって運営されている。「放課後NPO」の説明会に参加した時から、その違和感は感じていた。


2012年「放課後等デイサービス」制度が導入され、多くの民間企業が参入。子どもの放課後は曜日によって細切れになりつつある。(実感!)


公共空間の劣化。


よくまとめられているので、長くなるが引用する。p.72からp.73


市場と制度によって「よりよい専門的なサービス」を調達することに私たちは成功した。しかしそれは、お客様としての自己認識のみを育て、孤立化を招き、苦情という表現しか持たない大量の住民を生み出した。それは言い換えれば、私は、この社会を変えることはできない、無力であるという自己認識を多くの人が持つにいたっているということを意味する。

自信が持てない子どもたちの姿に重なる。

高度成長以降の子どもたちは、2つのものを失った。一つは仕事、もう一つは遊ぶという行為である。かつては農業、自営業が多く、様々な子どもの仕事があり、具体的に子どもの手を必要としていた。しかし、生産(稼ぐ)と再生産(子どもの育つ場所)の場が分離されて、子どもたちは仕事、すなわち家庭や地域社会の中での役割を失った。代わりに大人たちが管理しやらせる時間、やってもらう時間が増え、自由に自分たちでつくる時間、すなわち遊びの時間を失った。


他方で、サービスとして子どもたちに仕事で関わる大人たちが激増した。




宮台真司さんは「郊外化」という概念で、この半世紀の日本社会の変化を「生活世界が空洞化し、システムに置き換わって行った」と説明している。73


生活世界とシステムの主従逆転現象。


そして、この本は、問題提起ではなく、コミュニティワーカーとしての著者がどのような実践をしているかを、めちゃくちゃいっぱい紹介しているのです! それはもう多岐にわたり、かつ脈絡ないので、まとめることなどできないのですよ。


ぜひ、ご通読あれ! 元気が出るよ。お客様をお客様で終わらせない工夫。というか、お客様じゃないんだし!



[PR]
by eric-blog | 2017-11-16 16:36 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)