カテゴリ:□週5プロジェクト17( 119 )

オリエント世界はなぜ崩壊したか

オリエント世界はなぜ崩壊したか  異形化する「イスラム」と忘れられた「共存」の叡智

宮田律、新潮社、2016

2756冊目



サイード『オリエンタリズム』新版序文

http://www.jca.apc.org/~nakanom/J/PrefaceToOrientalism.htm


エルサレムがそうであるように、アラブ世界は世界宗教の故郷であり、それらは共存していた。そして、オリエントはスペインなどの境界においてヨーロッパにも侵入していた。


ヨーロッパとオリエントの力関係が逆転するのは近代国家の成立、第一次世界大戦とともにある。


世界を分割したヨーロッパは、アラブ世界もまた分割した。


「寛容の文明」であったオリエントが、ヨーロッパのオリエンタリズムによって不寛容さを身にまとっていく。


オリエンタリズムの命名者であるエドワード・サイード自身がオリエンタリズムの体現者であったと著者は言う。202


ヨーロッパに発見された「オリエント」とは、欧米の優越性を保つよう、常に蔑みの対象となるように作りかえられてきた概念である。蔑むためには、オリエントに積み重ねられてきた人類の歴史と叡智は、厄介なものでしかなく、あらゆるものがうち捨てられてきた。欧米の学者たちのアラブ・イスラム地域に対する見方が虚偽とステレオタイプに満ちているのは、それが何よりも、ヨーロッパ、あるいは米国が推し進める植民地政策を、より好都合に進めるためであったからである。202


サイード自身が多数のアイデンティティを持つことを「足場の定まらない感覚」として厭うていた。204


完全なアイデンティティを絶望的に願望しながら、サイードはオリエントの寛容さに未来を見出していた。


対して欧米の啓蒙主義のあまりに矛盾した性格。207


ピアノ演奏によってもメッセージを送り続けたサイード。バレンボイムとの共演。


「歴史というものは人間が作るものであり、作らずに置くことも、書き直すことも可能だ」268


オリエント文明にあった「寛容」を今こそ思い出すべきであると、著者は繰り返し提案し、そのような過去があっことを知るべきだと、対立や排他の歴史にだけ焦点を当てることの愚かさを指摘している。



[PR]
by eric-blog | 2017-04-12 12:49 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)

沖縄 二題 『越境広場3号』『眼の奥の森』 答えと問いと

沖縄 二題 『越境広場3号』『眼の奥の森』 答えと問いと

2754冊目 2755冊目


「浜下り」宮城康弘さんの台本を読みたくて、ネットで注文。早速届いた。

表紙のTOM MAXの作品に込められた意味。

硫黄島陥落時のあまりにも有名な構図を下敷きにした占領完了の軍旗。

沖縄の地に旗を立てたのは日本軍なのだ。


さて、宮城さんの台本。


始原、永劫、未来の三つの時代を生きる男女のダイアローグによる構成。


始原においては薩摩藩とウチナンチューの女。

永劫においてはカメラマンと研究者の女性。

未来においては海猿と反対運動の女性。


どうも宮城さんの台本では女の方が強いようだ。強いというのは「生命の側」にあるという意味でだ。


そして、男たちは「制度」の側にある。その「強さ」で女を圧倒しようとする弱い存在だ。


女の強さをもてる国などあるのだろうか。


そんな答えを求めてしまう台本だった。

https://ideanews.jp/archives/32901


『眼の奥の森』目取真俊


戦後すぐに島で起きたアメリカ兵による少女強姦事件。

一人の村の若者が報復のために、次に同じ兵士たちが島にやってきた時に襲撃する。

島を逃げ回る若者の米軍による山狩りに協力する村人。区長に密告する村人。

ガマを突き止められ、催涙弾が投げ込まれ、若者は視力を失って捕縛される。

強姦によって妊娠した少女は、父親から疎まれ虐待され、精神を病んでいく。


物語がここで終わらないのが21世紀の沖縄の物語だ。


まず強姦ありきという事実を知った米軍司令官によって釈放された若者は眼敷いたまま、弟が継いだ実家で、海を眺めて暮らす。その語り口はウチナーグチだ。


区長は、米軍に協力したことを村人から冷たく見られ続け、島を離れる。

目撃者の一人である少女は村を離れていたが、年老いて、夜夢を見るようになり、夢の審議を知るために島を再び訪れる決意をする。

目撃者のいま一人の少女は、教師となり、息子もまた教師となって沖縄に生きており、島を共に向かう。


中学校で、いじめられている生徒がいる。生徒は戦争体験を語る女の物語を「真剣」にきく。いじめられないために。


戦争体験を語ったのは強姦された少女の妹だ。少女のその後が語られる。


そして、報復の攻撃によって傷を負ったアメリカ兵のその後の語りで物語が終わる。


いや、終わったのか?


いくつもの異なる小説を読んだような。


まだまだ、他の物語の糸口がほころび、余韻が続いていく。投げ込まれた小石の波紋は消えない。


答えではなく、広がり続ける問いがある。


「わたし」の語りに入り込む他者の声、眼差し。存在のリアルがそこにある。

わたしとは、そのように生きているものなのだ。そして生きることには終わりがない。物語は続く。問いを投げかけながら。



[PR]
by eric-blog | 2017-04-12 11:35 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)

「子どもの貧困」 解決への道 実践と政策からのアプローチ

「子どもの貧困」 解決への道 実践と政策からのアプローチ

浅井春夫、自治体研究社、2017

2753冊目


著者は立教大コミュニティ福祉学部をこの3月に定年退職。今後も研究活動を継続することが研究者としての本気を示すものだと、あとがきに言う。学問的誠実さとは何かを昨日議論していたことを思い出した。


そして、国・行政は、子どもの貧困問題について本気ではない、と指摘する。


まったく、それが大問題だよね。


児童養護施設における高等学校進学率は1974年以来、格段に改善した。しかし、課題は終了率と大学進学率だと、著者は言う。中卒の学歴での求人数はわずかに880人だというのだから。162


大学中退率は児童養護施設からの学生の方がはるかに高い。158


親からの仕送り金額は1986年の調査開始以来、最低になっている。86700円。


入所理由の最大は「虐待」であるが、虐待につながる要因は、経済、ひとり親、不安定な就労など、貧困問題が根底にある。160


4章では子どもの貧困対策法、逐条検討。88


あいかわらず、「目的」が曖昧だよね。


・削減目標などの具体性がない。

・責任体制を明示せず「子どもの貧困対策を総合的に推進」としている。

・子どもの年齢を明らかにしていない。25歳程度までにすべき。


第二章 乳幼児の貧困  57


1. 健康・医療

2. 衣食住の基礎的生活

3. 経済

4. 保育・幼児教育


人生初の貧困問題が、与える影響はとても大きい。


そして、貧困問題全般を問い直す必要がある。


人間らしく働くことができなくなっているからだ。61


低所得水準にあるだけでなく、(働き方改革のおかげで)雇用側の自由裁量が強くなり、長時間・コマ切れ・非定型的な労働が子どものいる家庭生活に否定的な影響を与えている。62


貧困の世代間連鎖にストップをかけることができるのか?





[PR]
by eric-blog | 2017-04-10 12:37 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)

言葉はこうして生き残った 「弁当の日」

言葉はこうして生き残った

河野通和、ミシマ社、2017

2752冊目


「考える人」編集者。


弁当の日を始めた竹下先生が平成14年に送った言葉


これだけ並べられると、全てを満たそうとか、満たせるとか思えなくなるのがいいよね。


教育勅語のダメなところはあの狭さだよなあ。人間をつまらなくする。教育は人間をつまらなくするためにやることなのか?

a0036168_10543039.jpg




[PR]
by eric-blog | 2017-04-08 10:55 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)

13歳、「私」をなくした私 性暴力と生きることのリアル

13歳、「私」をなくした私 性暴力と生きることのリアル

山本潤、朝日新聞出版、2017

2751冊目


グリーフサポートせたがやの連続講演会の三回目に登場する予定。

http://www.sapoko.org/activity/#2-20170312


もっとも安心感が求められる我が家で、もっともパーソナルな空間である寝具にくるまっている時に、侵入してくる他者。思春期に、そして子ども時代にそのような侵害を受けることが、自我の形成、他者との関係性の構築、そして信頼感の醸成にどのような影響を及ぼすかを描いている当事者による、そして当事者支援に拘る看護師による本。


これも「喪失」なのである。


「私」をなくした「私」


20代、混乱の中で生き延びる姿は痛ましい。


30代、夫と出会う。完全な安心を求めることの限界と誤りに気づく。


今、著者は、愛を分けていきたいと言う。

講演会が楽しみだ。



2017年6月16日
参議院インターネット中継 会議名 法務委員会

参考人として発言

脅迫や暴行が性暴力立案に必要とすることはやめなければならない。

モノとして扱うこと
人間として扱わないこと

加害者は、自分の優位を示す。加害者の喜びは被害者の苦しみ。

先進国では、同意のない性行為は性暴力。

暴行脅迫要件は明治から変わらない。


[PR]
by eric-blog | 2017-04-06 14:34 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)

クリフォード訪琉日記 もうひとつの開国

クリフォード訪琉日記 もうひとつの開国

H.J.クリフォード、不二出版、2015

2750冊目


よくある明治開国前の日本訪問記にさも似たり。


原本が最近発見され、翻訳されたこと、加えて研究として翻訳されたので解説「クリフォードの仕掛けた琉球・日本の近代」が充実していること。


人間の社会において一方的な訪問や観察はありえないこと。クリフォードらの訪問についての琉球の側からの資料に丁寧に当たっていることが素晴らしい。


かつ


「幕末の琉球外交をかたるとき、来訪者と受け入れる側の間にあった膨大なパワーの不均衡から目を背けるわけにはいかない。」のだ。


クリフォードは宣教師を琉球に送ることに傾注するのだ。


「あの過去への深い郷愁」を琉球及び琉球語は醸し出す。そこに日本の、日本語の原型に連なるものがあるのだ。


しかし、結語の意味が解せない。


「新時代の幕開けとともに、かつて琉球とよばれたこの島々に自らの原風景を見いだし、クリフォードの見たロマンチックな夢を語り継いでいくことになるのは、他ならぬわたしたち日本人なのである。」245


? 「わたしたち」は琉球にロマンチックな夢を見ているの?



[PR]
by eric-blog | 2017-04-06 14:22 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)

コレモ日本語アルカ? 異人のことばが生まれる時

コレモ日本語アルカ? 異人のことばが生まれる時

金水敏、岩波書店、2014

2749冊目


孫が「くれて」と言う。その他にも、外国人特有の言い間違いを5歳の子どもがするという法則性に驚いたものだ。


そう、外国人の言い間違いには法則性がある。


その法則性が、どこからなぜ生まれたかについて、この本が答えているとは思えない。ただ、日本文学、番組、映画などの表現の中に、どのように異人ことばが使われているかについて、明治時代から現代まで、幅広く事例が紹介されている。

ああ、そうだそうだと思い起こせば、ひょっこりひょうたん島にも中華系の人が出てくるのだ。そして、なぜその登場人物が「中国人」に拘るのかという判断の根拠が、その台詞回しにあったことは疑いない。

009006も有名だし、のらくろだって・・・


一つの傾向としては戦前は「怪しい、人を騙す外国人中年男性」の記号としての訛りであったものが、現代に至って、美少女、舌足らずの幼児性や可愛さの記号になってきたというところか。(後者がバカにしていないとはとても思えないが)


しかし、法則性があることは事実なのだ。


~~ある、あるよ という語尾。「是」に変わるものとして使っているのか?

○「どした?」「わかた」 のように長母音を短く言う、促音を省略する。これはその音が母語にないからか?

○助詞の脱落「これ、飲むあるね」 これは中国語が語順の言語であるためだろう。

○語尾、文末の助動詞「だ」などが省略される、あるいは乏しい。動詞が原型で使われる。

○強調のために言葉が繰り返される。 これは中国語の表現がそうだからなあ。


p.72参照。


うーーん、日本語研究者の限界かあ。でもなあ。ちょっとぐらい中国語学ぶとか研究協力するとかしたらどうだ?


コレモ研究者アルカ?



[PR]
by eric-blog | 2017-04-06 13:07 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)

PRIME「特集 国境・国籍の壁と軍事化の現在」

PRIME「特集 国境・国籍の壁と軍事化の現在」

2748冊目



特集

国籍の剥奪と安全保障化新垣修

島のうわさと記憶古屋晢

在日朝鮮人の「国籍」と朝鮮戦争(1947-1952)鄭 栄桓


これらの特集記事のタイトルを読んでも、特集の意味がわからなかった。どこに軍事化があるのか?と。てっきり竹島や尖閣列島問題が国境に絡んで論じられているものとばかり思って、ページをくったからである。


しかし、ちょうど『ルポ 思想としての朝鮮籍』を読んだばかりであり、鄭 栄桓さんの論文はとても参考になった。「朝鮮籍」はいかにしてできたかの歴史的な経緯がまとめられている。いまも3万人を超える朝鮮籍の在日朝鮮人の方がいるのだ。

http://ericweblog.exblog.jp/23757315/


19651026日の政府統一見解。「もと朝鮮戸籍に属し、日本国内に居住していたまま日本国籍を失い外国人となった特殊事情から、旅券またはこれに代わる国籍証明書を所持していないので、便宜の措置として『朝鮮』という名称を国籍欄に記載したもの」37


国籍ではない。


朝鮮人はサンフランシスコ講和条約の発効とともに日本国籍を喪失したとみなされた。


植民地時代は朝鮮戸籍 遠藤正敬『近代日本の植民地統治における国籍と戸籍 満州・朝鮮・台湾』明石書店、2010


1947年外国人登録制度に登場。外国人登録令52日 勅令第207号 朝鮮人は外国人登録の義務。違反した場合は退去強制。

1948年 大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国が樹立される。翌年、韓国が駐日代表部を設置、在外国民登録法を公布。登録を呼びかけ。

1949年 外登令改定、罰則の強化と2年毎の切り替え制度。「(出身地)」表記消える。

1950223日、国籍欄の「朝鮮」を申請を通じて「韓国」「大韓民国」に訂正できる。「朝鮮民主主義人民共和国」の記載申請は受け付けない。

朝鮮人男性と結婚した日本人女性の外国人登録は本人の選択により「韓国または朝鮮」

1951121日、当該国の国籍取得の証明書を求める。「韓国から朝鮮」への変更は認められない。2月、「韓国」は国籍表示とされる。


1952428日、サンフランシスコ講和条約の発効、「朝鮮及び台湾は日本国の領土から分離することとなるので、これに伴い、朝鮮人及び台湾人は、内地に在住している者を含めて全て日本国籍を喪失する」。在留資格は継続。台湾人は「中国籍」に統一。

621日、外務省通達。一斉切り替えにおいて、旧証明書の記載事項を継続することができるとした。


これらの動きは朝鮮国連軍に対する日本の援助と連動。朝鮮戦争の基地国家としての日本の戦後体制に結びついたものになった。56


37ページにも及ぶ論文である。


国籍は移動の権利にも関わってくる。そして、いま、「先天的」な国民であっても、国籍剥奪がIS、テロに絡んで行われるようになった。(イギリス、2002年国籍法改正)


国境・移民管理の厳格化。軍事や安全保障との連動。


無国籍者になるとしても市民権を剥奪できる。(2014)


2015年、オーストラリアも同様の法改正。


しかし、このことによって、「ヘイトクライムの犠牲になるなどの不利益をすでに被っているマイノリティ集団は、社会から一層切り離され孤立感を深めるだろう」と著者は指摘する。「疑念の文化」が広がっている。10




[PR]
by eric-blog | 2017-04-04 15:53 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)

ズレてる支援!  :知的障害/自閉の人たちの自立生活と重度訪問介護の対象拡大

ズレてる支援!  :知的障害/自閉の人たちの自立生活と重度訪問介護の対象拡大

寺本 晃久、岡部 耕典、末永 弘、岩橋 誠治、生活書院、2015

2747冊目


知らなんだ、知らなんだ。こんなに自立生活支援の制度化が進んでいたなんて!


当事者支援に関わっている人々、親、研究者による報告からなる本。


当事者の思いや願いと、支援者、介護者の読み取りと願いが「ズレる」ことが当たり前。そこから始める。


支援団体もあるんだなあ。


なるほど、障害者支援と高齢者介護保険のレベルを一致させることは、獲得してきたことの後退に繋がるね。それだけ高齢者介護は当事者の願いを聞き入れないと言うことだ。

a0036168_11531212.jpg
a0036168_11531405.jpg

[PR]
by eric-blog | 2017-04-03 11:53 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)