カテゴリ:☆アクティビティ・アイデア( 130 )

「学習された微細攻撃性 隠された悪意」

「学習された微細攻撃性 隠された悪意」

マイクロアグレッションという差別


『ちがい ドキドキ 多文化共生ナビ ~在日外国人教育実践プラン集~』

大阪府在日外国人教育研究協議会、2017


7. マイクロアグレッション 無意識の言葉が心に刺さる ~気づいてほしいこの思い~」を使って


プログラムの流れ


1. 各グループに一枚ずつ「マイクロアグレッション」カードを配る。


2. まず、表面を見て、何が問題かを話し合う。


3. 次に裏面を見て、「言われた側」の気持ちを確認する。


4. 課題は何かを話し合う。その「マイクロアグレッション」に病名をつける。


5. 情報カードで、自分たちが考えたことを採点する。


6. 時間があるなら、ここで全体共有する。病名と点数を板書する。


7. 「生活習慣病」のような差別的態度を克服するための手立てを話し合う。


マイクロアグレッション・カード 分析の視点


気づいたこと・感じたこと・学んだこと

表面 場面カード[ ]


裏面 言われた時の気持ち


情報カードを読んで


自分たちの採点をするとすれば?


表面・裏面で考えたこと/情報カードに書かれていること


そのマイクロアグレッションを診断する。

・どこで身についた?

・改善の手立ては?




■ハーフが美人なんて妄想ですから 困った「純ジャパ」との闘いの日々

サンドラ・ヘフェリン、中公新書、2012

http://ericweblog.exblog.jp/23304308/


■マイクロ ・アグレッション


「ごく普通の人々の中に巣食っている偏見や無知のせいで、無意識のうちに、言葉の中に巧みに悪意が織り交ざってることがある。これらの微妙な言動は「マイクロ・アグレッション」と呼ばれている。海外生活を送ったことのある人ならば、自分に発せられたその言葉が、褒めているのか?それとも嫌味なのか?その土地ではマイノリティである故に、わからなくなる場合があったこともあると思う。」

http://karapaia.com/archives/52149171.html




[PR]
by eric-blog | 2017-08-15 11:29 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)

PETリサイクルの課題

リサイクルの課題は何?
a0036168_11054653.jpg

[PR]
by eric-blog | 2017-06-21 11:06 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)

コッカイオンドク 6.11

5月15日に始まったコッカイオンドク。

FBでたくさんのグループがシェアされています。

6月1日 朝日新聞

6月4日 BS-TBS「週刊LIFE」
http://www.bs-tbs.co.jp/syukanhoudou/life/

6月7日 東京新聞 一面!

a0036168_15494404.jpg

台本及び解説のホームページはこちら
https://believe-j.jimdo.com

■報道されました。より

「国会審議は不条理」 「共謀罪」広がる音読 再現劇を6・11全国一斉開催(6/7、東京新聞)

審議を吟味、音読広がる 臨場感あふれる再現、苦笑いとため息(6/1、朝日新聞)

声に出して読む「共謀罪」答弁 参加者「イライラする」(5/31、朝日新聞)

「共謀罪」って大丈夫?県内でも勉強会の動き 「内容知ったら賛成できないはず」(5/29、神奈川新聞)

「共謀罪」に反対する路上寸劇披露 新潟で市民有志(5/21、新潟日報)

国会審議 朗読で「不十分」実感 金沢の主婦ら、新スタイルの政治参加(5/20、毎日新聞)

「共謀罪」質疑音読会広がる 採決「諦めない」(5/20、朝日新聞)

国会質疑を朗読 石川の主婦ら批判の声(5/20、琉球新報)

国会再現 金沢で路上音読劇 「共謀罪答弁」笑えます(5/18、北陸中日新聞)

「えー、いっぱんの方々は」 国会答弁音読の催し (5/16、朝日新聞)





[PR]
by eric-blog | 2017-06-08 15:51 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)

IALAC こんな時

IALAC I am Lovable and Capable!

こんな時、自尊感情が凹みますよね。
「わたしメッセージ」で、事実の確認、自分の感情、提案を言えるように練習しましょう。

人が育つということは、家族関係だけの問題ではないのではないでしょうか?

2017年5月10日 東京新聞より
a0036168_11365332.jpg


[PR]
by eric-blog | 2017-05-10 11:37 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)

地球の病を診断するドクターE(アース):デートDVファシリテーター基礎研修「別れさせて・・・」に参加して

デートDVファシリテーター基礎研修「別れさせて・・・」に参加して


個別支援にどんどんハマっていくのはなぜだろうか?

CAPという下地があり、「予防教育」を実践できる立場にありながら、「トークタイム」を重視し、被害者の発見や被害者や加害者からの相談への対応の研修へとファシリテーター研修を誘導するのはなぜだろうか?


教育とは、すべからく「予防的」なものであり、個別支援ではなく、わたしたちの社会形成である。そこには「わたし」自身も含まれた文化や環境、風土などがある。


いま、デートDV3組に1組ぐらい起こっている文化的、社会的状況があり、それが他の文化や社会と比較して多いのか少ないのかは知らないが、発生件数が少なくなることが教育の目標だと考える。


いまの社会のどういう特徴がデートDVを引き起こしているのだろうか?それは具体的な事例から見えてこないだろうか?


そんなことを考えた。


で、アクティビティ名は「ヒトにおける生殖対検討準備段階における行動に関する実態調査」

宇宙人の社会学者であればどうレポートすると思うか?



地球の病を診断するドクターE(アース)


以下のような行動が10%から20%の頻度で起こる社会や文化を描写せよ。
a0036168_16580655.jpg
a0036168_11093683.jpg

[PR]
by eric-blog | 2017-04-25 16:59 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)

12のものの見方・考え方

1.全体像をつかむ連想図、マインドマップなどによって全体を俯瞰する。

2.対比させて考えるもっともシンプルな「分かり方」。二つに分ける。

3.分類する複数のカテゴリーに分類して考える。

4.二次元軸で捉える二つの対比軸をX軸Y軸として四象限で分析する。

5.因果関係を追う「~するとどうなる」という連想を展開する

6.優先順位をつけるダイヤモンドランキングなどの方法で順位づけを行う。

7.量的に捉える

8.時間的に捉える

9.空間的に捉える

10.指標で評価する目標値など、指標を作る。指標によって評価する。

11.モデル化・シミュレーションする

12.行動計画をたてる


この図はちょっと違っている?全体像が随分後に来ていますねぇ。
a0036168_13354759.jpg

[PR]
by eric-blog | 2017-04-12 13:35 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)

未来型コミュニケーション「敬意表現」を身につける

未来型コミュニケーションのために「敬意表現に習熟する」


◆課題

対立の扱い方について学ぶ中で、「対等な表現」そのものが対立の扱い方の前提にあることに気づく。

日本語は階級制を体現した言語である。その言語体制の中で、対立を扱いやすくするために「対等な表現」である敬意表現によって生きるとはどのようなことか、またその実践の具体例、その実践力の身につけ方を考える。


  • 準備資料
    • ¬国語審議会資料
    • ¬日本語は流入語
    • ¬日本語は階級遵守語
    • ¬標準語で起こったこと
    • ¬日本白地図
    • ¬世界の言語
    • ¬英語化についての検討の歴史

■研修プログラム「気になる表現の「敬意表現」への言い換え 6つの視点」


  • 相手との立場や役割の異同を示す
  • 相手との関係が親しいか否かを示す
  • 場面が改まっているか否かを示す
  • 伝える内容の性格を示す
  • 気になる表現

    • 言い換え
  • 相手との立場や役割の異同を示す
  • 相手との関係が親しいか否かを示す
  • 場面が改まっているか否かを示す
  • 伝える内容の性格を示す
  • 相手の気持ちや状況に応じて思いやりを示す
  • 自分らしさを示す

  • 相手の気持ちや状況に応じて思いやりを示す
  • 自分らしさを示す


はじめに


 国語審議会は現代社会の言葉遣いの在り方を考える上で重要な概念として「敬意表現」を提唱する。敬意表現とは、コミュニケーションにおいて、相互尊重の精神に基づき、相手や場面に配慮して使い分けている言葉遣いを意味する。それらは話し手が相手の人格や立場を尊重し、敬語や敬語以外の様々な表現から適切なものを自己表現として選択するものである。

 国語審議会は、平成511月、第20期の冒頭において、文部大臣から諮問された「新しい時代に応じた国語施策の在り方について」のうち、「言葉遣いに関すること」について、「現代社会における敬意表現」として、ここに答申する。すなわち、国語審議会はこれまでの審議の中で、現代社会における言葉遣いの多様な様相を把握しつつ、言葉遣いのあるべき姿についての見解を示すことが重要であろうとの判断に至った。具体的には、現代社会における言葉遣いの核を成すものは、コミュニケーションを円滑にする言葉遣いとしての「敬意表現」であるとの認識に立ち、敬意表現を中心として、言葉遣いの在り方についてまとめたものである。


目次


一.言葉遣いに関する基本的な認識

二.現代社会の言葉遣いをめぐる課題

1 都市化の進展と言葉遣い

2 世代差と言葉遣い

3 性差と言葉遣い

4 情報機器の発達と言葉遣い

5 商業場面における言葉遣い

6 マスコミュニケーションにおける言葉遣い

7 外国人との意思疎通における言葉遣い

三.言葉遣いの中の敬意表現

1 円滑なコミュニケーションと敬意表現

2 敬意表現の概念

1)敬意表現とは

2)敬語と敬意表現

3)敬意表現の実際

四.敬意表現についての留意点

1 あいさつや前置きの中の敬意表現

2 人格や人間関係を表す言葉遣い

3 相手や場面にふさわしくない過剰な敬意表現

4 地域の言葉に根ざした敬意表現

5 仲間内の言葉と敬意表現の関係

6 新しい情報通信手段における言葉遣いと敬意表現

7 外国人との意思疎通と敬意表現

8 敬意表現の習得の場

1)家庭・社会

2)マスメディア等

3)学校教育

4)外国人に対する日本語教育


現代社会における敬意表現

平成12年12月8日

国語審議会


はじめに


 国語審議会は現代社会の言葉遣いの在り方を考える上で重要な概念として「敬意表現」を提唱する。敬意表現とは、コミュニケーションにおいて、相互尊重の精神に基づき、相手や場面に配慮して使い分けている言葉遣いを意味する。それらは話し手が相手の人格や立場を尊重し、敬語や敬語以外の様々な表現から適切なものを自己表現として選択するものである。

 国語審議会は、平成511月、第20期の冒頭において、文部大臣から諮問された「新しい時代に応じた国語施策の在り方について」のうち、「言葉遣いに関すること」について、「現代社会における敬意表現」として、ここに答申する。すなわち、国語審議会はこれまでの審議の中で、現代社会における言葉遣いの多様な様相を把握しつつ、言葉遣いのあるべき姿についての見解を示すことが重要であろうとの判断に至った。具体的には、現代社会における言葉遣いの核を成すものは、コミュニケーションを円滑にする言葉遣いとしての「敬意表現」であるとの認識に立ち、敬意表現を中心として、言葉遣いの在り方についてまとめたものである。


一.言葉遣いに関する基本的な認識


 日本の言葉は永い歴史の中で、脈々と引き継がれて現在の我が国の文化の基礎を成し、さらに次代へと伝えられていく。また、言葉は我々にとって人間活動の中枢を成すものであり、人間の自己形成と充実、社会の成立と向上、文化の創造と進展に欠くことのできないものである。国語審議会はこのような認識の下に、国語が平明で、的確で、美しく、豊かであることを望み、これを言葉遣い全体の理想的な姿としてきた。

 しかしながら、現在のところそのような理想的な姿が十分に実現されているとは言い難く、世間一般では今の言葉の状況を「言葉の乱れ」ととらえることが多い(注)。その要因は、現代社会における価値観の多様化、情報化、国際化の進展などに伴い、言葉の在り方や人間関係の在り方が大きな影響を受けていることにあると考えられる。いわゆる「言葉の乱れ」の中で具体的な問題として特に挙げられるのは、若者言葉、敬語などの言葉遣いにかかわるものである。これらが相手や場面にふさわしくない形で使われた場合は、円滑なコミュニケーションばかりか人間関係の阻害にさえつながりかねない。

 ところで、いわゆる「言葉の乱れ」の中には言語変化にかかわる問題も多く、すべてを一定の規準に照らして価値判断を下すことには問題がある。国語審議会としては、言語の変化を客観的にとらえ、変化の過程で、ある語について新たに生じた別語形が従来の語形と併存する状態については、これを基本的には言葉の「ゆれ」としてとらえた上で、現時点でのより適正な言葉遣いを考えていきたいと考える。

 また、適正な言葉遣いを考えるその基盤には、国語を愛し、大切にする精神がなければならない。このことは、我々一人一人が言葉に関心を持ち、毎日の言葉遣いを大切にし、言語生活を充実させていくことにほかならない。今日、この精神を養うことの重要性は、従来にも増して切実なものとなっている。

 言語生活を充実したものとするには、一人一人を取り巻く言語環境を整えることも一方で重要である。「言語環境」とは、言語生活や言語発達にかかわる、文化的、社会的、教育的等の環境を言う。特に子供たちにとって、学校、家庭、地域社会、マスメディア等の言語環境が及ぼす影響は大きいと思われる。したがって、学校教育においては、国語科はもとより各教科その他の教育活動全体の中で、適切で効果的な国語の指導が十分に行われることが必要であろう。また、家庭においては、家族間のコミュニケーションが十分に行われるよう心掛け、発達段階に応じた言葉遣いの指導に留意することが望ましい。さらに、地域社会全体として取り組み、学校、社会教育機関、マスメディア等が連携して、言語環境を総合的に整えることが望まれる。

 言葉は個々人のものであると同時に、社会全体のものでもある。一人一人が人格を形成し、より良い人間関係を築き、より良い社会生活を営むためには、相手や場面に配慮した敬意表現の運用能力を身に付け、それを適切に用いていくことが大切である。 (注)世論調査(平成121月 文化庁)によれば、「今の国語は乱れている」と思っている人の割合は85%に上る。



[PR]
by eric-blog | 2017-04-06 15:34 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)

ひと文字のキセキ

ひと文字のキセキ

浦上秀樹、PHP,2013


2729冊目


一つの漢字の中に、ことばが潜められているのが「ひと文字」である。


アクティビティとして、まずトレースする。トレースしたものをことばの一つひとつの仮名文字ごとに色分けする。


楽しかったあ。ありがとう、浦上さん!


a0036168_17153734.jpg
a0036168_17154384.jpg
a0036168_17155017.jpg


[PR]
by eric-blog | 2017-03-20 17:16 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)

QFT  質問づくりテクニーク Question Formulation Technique

http://www.eric-net.org/news/QFT.pdf


TEST2017教育力向上講座での実践用Power Point資料

問う心 を育てる QFT

QFT 質問づくりテクニックのルールの共有

問う: テーマについて考えられる限りの問いをブレストする

問いを分析する、言い換えてみる: 「閉じた問い/開いた問い」

優先順位の高い問いを三つに絞る: 選んだ理由などを確認する

「問い」に対する次のステップ: 知りたいこと、知るためにとる行動

ふりかえり

QFT ルール
=ブレインストーミングの原則

できるだけたくさん問う。

出された問いについて議論しない。

問いは出された言葉通りに書き出す。

意見や主張が出された場合も、疑問形にして書き出す。

問いに順番に番号を振っていく。

閉じた問い  closed-ended
開いた問い  open-ended

定義

「閉じた問い」とは、yes/no、あるいは一語で答えることができるもの

「開いた問い」とは、答えるのに考える時間が必要な問い。

それぞれの短所長所を考える。

リストの問いを分類する。

閉じた問いを開いた問いに、開いた問いを閉じた問いに言い換えてみる。



優先順位をつけるとすれば・・・

最も重要だと思うものを三つ選ぶ

あなたにとって

テーマにとって

学習目標にとって

などなどの「問い方」があり得るが・・・

選んだ理由は?

リストのどこにある?

次のステップ: 知りたいこと、そのための行動

問い

必要な情報know

そのための行動 do

1.



2.



3.




ふりかえり:
テーマについて、QFTについて

共有する

吟味した問い

優先順位とその問いのリストでの位置

優先順位の根拠

次のステップについて

学んだことは何か

どのように学んだか

テーマについて新たにわかったことは何か

QFTについて学んだことは何か

学んだことを次につなぐ:
QFT
の応用

QFTはどんなことに応用できるだろうか?

授業のどの段階で活用できるか?

導入

展開

まとめ

どういう目的で使うことができるか?

動機付け

知識の定着

評価

行動計画づくり

参考『たった一つを変えるだけ』ダン・ロススタイン他、新評論



[PR]
by eric-blog | 2017-03-16 16:05 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)

じょむの「自己尊重トレーニング」

じょむの「自己尊重トレーニング」
2017年2月11日(土曜日)12:30-14:30
生田さん、かいばらさんがファシリテーターで進行
参加者 7名

プログラムの流れ
1. 講座の目的 「ストレスと付き合う自分スタイル」の発見
2. ストレスのサインを、人型の絵の中に書き込もう→シェア
からだ、頭痛、倦怠感、
気持ち、やる気が起きない、ネガティブ
思考

3. タイプAの判定ワークシート、25項目をチェックする。自覚することが大切。(出典: 心理療法研究所ホームページ「心理研式タイプA検査」より
http://psycho21.org/6-test-work.php
18項目以上がYesの場合、強くAタイプの傾向がある
12-18項目の場合、Aタイプの傾向がある。
9-12項目の場合、AタイプとBタイプの中間
3-9項目の場合、Bタイプの傾向がある。
3項目以下、Bタイプ。
「Aタイプの人はB大部の人の4倍、心臓病罹患率がある。」
自分でチェックした後、段階ごとに挙手で共有。
3項目以下という人が二人いたのにも驚いたが、18項目以上の人も一人いた。

4. Yesとしたものについて、努力すれば変えることができる項目はあるか。自分でチェックしてみる。

5. 自分自身が実践しているセルフケアの方法を「Nuturing-Self200のリスト」をチェックする。「やって効果があるもの」「やって見たいもの」など。→二人でシェア


6. 自分のタイプに名付けてみる。「こころが疲れていることに気づく。ケアする。」

7. 自分自身にかけたい言葉、癖にする。「Self-Talk Sheet」五つのフレーズを考える。シェア。声に出して言ってみる。

8. 全員が同時に声に出して言って終了。ありがとうございました。


【感想】
一番面白かったのは「200のリスト」

a0036168_11203791.jpg


a0036168_11205168.jpg


やりたいと取りかかったけれど、継続できずにほったらかしているものも含めて、とてもたくさんのことをやっていることに気づいた。84項目。
自分自身で「やって見たけどダメだったもの」もチェックして見た。
カラオケに行く(曲を知らなさすぎる)
デリバリーフードを夕食にする(時々、無性にピザを頼みたくなるが、頼むたびに、「まずい」と思う)
スイミングプールに行く(塩素がダメ)
鍼灸やマッサージに行く(人にいじられるのが嫌い)
スポーツ観戦に行く(テレビの方が視点が定まっていていい)
好きなアロマを楽しむ(結局邪魔臭い、香はいいね。)
バードウォッチングをする(双眼鏡を覗くとグラグラする)
ボートやカヌーに乗る(出かけるのが邪魔臭い)

要するに大仰な準備が必要なもの、知識が必要なもの、人工的なものは、続かないということ。

これからやろうと思うこと。「笑顔の練習」「自分のいいところを書き出す」「やりたいことは、三日坊主になってもやってみる」

そして、自分に言いたい言葉は「わたしが選択してきたことがわたしを作ってきた。なりたいわたしに向けて、選択を積み重ねる。」かな。

ファシリテーター、参加者の皆様、ありがとうございました。

■参考「50のアイデア}
http://www.gateways-to-inner-peace.com/self-nurturing.html
[PR]
by eric-blog | 2017-02-12 20:27 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)