カテゴリ:☆アクティビティ・アイデア( 135 )

優生思想と不妊手術 授業実践

優生思想と不妊手術 授業実践 by 松波めぐみさん at 市大


知能テストの結果によって、本人には知らせずに不妊手術をする。

そんなことが日本でも行われている。


当事者をゲストに迎えた授業実践が素晴らしかったので、参考文献とドキュメンタリー映画の情報だけでも共有しておく。


■参考文献

『私は女』岸田美智子さん、金満里さん、長征社、1984年、新版1995

http://www.arsvi.com/b1900/8401km.htm


■ドキュメンタリー&インタビュー動画

カナダ・アルバータ州における強制不妊手術のサバイバーの女性・レイラニさんが裁判を起こすドキュメンタリー

https://en.wikipedia.org/wiki/The_Sterilization_of_Leilani_Muir

日本語吹き替え版を、ウイングス京都で借りることができます


https://www.youtube.com/watch?v=F5Lp9Ga3HY4

虫垂(Appendix)を取ると言われた。14歳半で。

結婚し、子どもが欲しかったので病院で検査して、虫垂は除去されていないことが判明。検査をして、子宮と一方の卵巣が取られていることがわかった。

1981年に子宮が除去されているという事実をやっと受け入れることができた。

その後、知り合いの若い女の子の新生児を養子縁組しようとして、数十万円もかけてベビー用品を買い整えて準備していた。しかし、不妊手術を受けていた過去から「母親不適格」という判断を下され、養子縁組はできなかった。離婚。

全てを失い、自殺を考えるまでに追い詰められた。


■2017年12月4日 東京新聞

a0036168_10232950.jpg



[PR]
by eric-blog | 2017-12-06 11:02 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)

悪魔の代弁者

Devil's Advocate

悪魔の弁護でも買って出る!

というのはよく「話し合いの心がけ」の時にファシリテーターの側からお願いすることであるが、東京新聞の筆洗いで取り上げられたので、紹介しておく。

a0036168_10384514.jpg



[PR]
by eric-blog | 2017-10-16 10:38 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)

スキル指導「わたし」について

スキル指導「わたし」について

■課題「あい」を育てる


■「わたし」を構成する五つの要素


  • λSafety 安心
  • λSelfhood 自意識、自信
  • λAffiliate 関係性、所属と繋がり088011
  • λMission 目標と責任
  • λCompetence 効力感、達成感


■教育者の資質


  • λ生徒に対する心からの興味と関心
  • λ生徒から重要だと思われるような個人的なラポート
  • λ各人の肯定的な資質を素直に認める
  • λ生徒の自己イメージは変わると本当に信じており、そのことを自信を持って生徒に伝えることができる
  • λ生徒が自分自身についてよりよく感じることができるように努力し、時間をかけようとする態度
  • λ生徒に自分を開き、個人的な資質や体験を彼らと共有しようとする態度。
  • λ信頼できる関係を創ろうとする欲求と、頼れる、信頼できる誰かであろうとする気持ち
  • λ自分自身の自画像を時々に振り返り、役割モデルとしての意識を持っている。


■教育者の態度、チェックリスト


  • υ安心を育てる態度
  1. 1.わたしは一人一人の生徒が、受け入れられ、歓迎され、大切な存在であると感じさせていますか?
  2. 2.わたしはわたし自身の考えや感情を生徒と共有していますか?
  3. 3.わたしは生徒の言うことに耳を傾ける時間を取っていますか?
  4. 4.わたしは生徒のプライバシーと秘密を尊重していますか。
  5. 5.わたしは生徒に対して現実的で合理的な期待を伝えていますか。(やろうと思えるほどに高く、しかし、達成可能なレベル)
  6. 6.生徒たちはわたしを頼りにし信頼できる人だと思っているだろうか。
  7. 7.わたしは生徒との個人的な人間関係を築く努力をしているだろうか。(個人的なメモを送ったり、家に電話をしたり、挨拶をしたり、など)
  8. 8.わたしは、学習環境について、合理的で意味あるルールや制約を課しているだろうか。
  9. 9.生徒はこれらのルールや制約についてはっきり認識しているだろうか。彼らはその結果や褒賞を理解しているだろうか。
  10. 10.わたしの態度は積極的な模範を示しているだろうか。


  • υ自信(Selfhood)を育てる態度
  1. 1.わたしは、彼ら自身が自分の価値を感じることができる態度や姿勢を伝えているだろうか。
  2. 2.わたしは生徒が彼ら自身の関心事、態度、役割、体格などの特徴を発見することができる機会を提供しているだろうか。
  3. 3.わたしは、生徒が過去及び現在影響を受けている重要な事柄について省察する状況を作り出しているだろうか。それらの事柄は彼らの自意識にどのような役割を果たしただろうか。
  4. 4.わたしは、生徒が彼らのユニークさを表現し、他者と異なっていると言うことのリスクをとることを奨励しているだろうか。
  5. 5.わたしは生徒自身が大切にしている価値は何かが認識できる感情や態度を探索することを助けているだろうか。
  6. 6.わたしは、生徒が前向きな発言をしたり、賞賛されることを受け入れたりすることを学ぶことを助けているだろうか。
  7. 7.わたしは、生徒一人ひとりが異なることを受け入れているだろうか。
  8. 8.わたしは、生徒が自分自身についての描写するリストを増やす機会を増やすようにしているだろうか。
  9. 9.わたしは、生徒が自分自身のユニークな資質に、誇りを持つことを奨励しているだろうか。
  10. 10.わたしは、生徒がDo I avoid equating the students' work with their self-worth?



  • υ関係性(Affiliate)を育てる態度
  1. 1.わたしは、どの生徒も受け入れられていると感じる機会を提供しているだろうか。
  2. 2.わたしは、全員にグループの一員として参加する機会を提供しているだろうか。
  3. 3.わたしは、一人ひとりの生徒がグループの一員として役割を果たしたり、貢献したりなどの参加をさせているだろうか。
  4. 4.わたしは、生徒が友情を育むための特別なスキルを身につける手助けをしているだろうか。
  5. 5.わたしは、生徒が互いに受け入れ、認め合う機会を提供しているだろうか。
  6. 6.わたしは生徒が互いに認めあい、支援すること奨励しているだろうか。
  7. 7.わたしは、学友たちが互いの背景や能力、関心を発見できるようにしているだろうか。
  8. 8.わたしは生徒が互いが達成したことを褒め合うことを教えているだろうか。
  9. 9.わたしは生徒が他の学友のニーズや感情にセンシティブであるように奨励しているだろうか。
  10. 10.わたしは、学級、学校愛や誇りを育てる活動を計画しているだろうか。


  • υ目的意識(Mission)を育てる態度
  1. 1.わたしは、生徒が何を達成したいかを明確にする手助けをしているだろうか。
  2. 2.わたしは、生徒と希望や目的について議論する時間をとっているだろうか。
  3. 3.わたしは生徒が以前のパフォーマンス・レベルと現在のレベルを評価することを手助けしているだろうか。
  4. 4.わたしは生徒が自分自身の進展、成長を点検する機会を提供しているだろうか。
  5. 5.わたしは生徒が彼らの設定した目標の結果を認識することを奨励しているだろうか。
  6. 6.わたしは生徒が達成可能な現実的な目標を設定することを手助けしているだろうか。
  7. 7.わたしは、生徒が問題解決において異なる選択肢を考慮したり、自分自身で決定を下すことを奨励しているだろうか。
  8. 8.わたしは生徒が自分自身の行動の結果を発見することをさせているだろうか。
  9. 9.わたしは生徒が彼ら自身の学業やプロジェクトの方向に影響するように奨励しているだろうか。
  10. 10.わたしは生徒の個人的パフォーマンスの不必要な比較を避けているだろうか。


  • υ効力感(Competence)を育てる態度
  1. 1.わたしは一人ひとりの生徒が成功する機会を提供しているだろうか。
  2. 2.わたしの生徒に対する期待は、現実的だろうか。それは達成可能なレベルだろうか。
  3. 3.「学業的な達成」に限ることなく、賞賛と認証の機会を提供しているだろうか。
  4. 4.わたしは生徒が彼らの特別な才能と関心を広げ、それらを学友と共有するように進めているだろうか。
  5. 5.わたしは、生徒の学ぶ力を信頼していることを伝え、彼らにどうすればコンピテンスを伸ばすことができるかについてのフィードバックを行なっているだろうか。
  6. 6.わたしは、教科内容を細かいステップに分割し、全ての生徒が達成できるようにしているだろうか。
  7. 7.わたしは、生徒の強化内容についての知識を評価し、彼らの能力を十分に把握できるようにしているだろうか。
  8. 8.わたしは生徒が自分自身の進捗を評価することができるように段階を踏んでいるだろうか。また、他者と比較することの内容に配慮しているか。
  9. 9.わたしは生徒が自分自身が達成できたことに誇りを持ているように奨励しているだろうか。
  10. 10.わたしは生徒が彼ら自身の能力と力に気づくような機会を提供しているだろうか。


  • υエスティームを育てるための雰囲気づくり
  • λ安心
  1. 1.学級、学校環境は互いにケアし合い、信頼しているように受け止められているか。
  2. 2.魅力的でかのしい物理的環境を維持することに努力されているか。
  3. 3.生徒は学校のルールと制約をはっきりと理解しているだろうか。そして、その結果を理解しているか。
  4. 4.全ての教職員が同意している積極的な行動規範のポリシーがあるだろうか。
  • λ自信
  1. 5.教職員は生徒や他のスタッフのために行動しているか。
  2. 6.生徒の自己認識の変化は観察され、記録されているか。
  3. 7.学校は個人的な成長の機会を提供しているか。
  4. 8.個人個人に対する承認はあるか。
  • λ関係性
  1. 9.生徒が学友の中で地位を獲得し認められるように、意図的な努力はされているか。
  2. 10.積極的で、分かち合いの雰囲気があるか。否定的で批判的なものではなく。
  3. 11.学校に対する誇りが共有され、共同体精神が奨励されているか。
  4. 12.メンバーは、所属していることを感じ、共にいることを楽しんでいるか。
  • λミッション
  1. 13.学校目標は全ての個人のセルフ・エスティームが満たされるような方向性を含んでいるか。
  2. 14.成員は意思決定のプロセスに参加することを奨励されているか。また、声を聞かれたり、意見を取り入れられたりするか。
  3. 15.協力したり、問題を正すための一致した努力は行われているか。
  4. 16.学校の方向性やミッションに合意はあるか。
  • λコンピテンス
  1. 17.個人の才能や力を活用する機会はあるか。
  2. 18.スタッフは彼らが生徒の認知や達成に重要な影響を持てることを認識しているか。
  3. 19.高いが達成可能な期待が、生徒とスタッフに伝えられているか。
  4. 20.スタッフの成長はモニターされ、スキルを向上させ、成功に導くために特別なフィードバックが行われているか。

http://eric-net.org/news/EsteemWorksheets.pdf

  • わたしを見つめるアクティビティ
    • ¬肯定的な態度
      • お似合いのイニシャル
    • ¬関係性
      • 10人の親しい人々
      • 重層的自己分析
    • ¬自己形成
      • 人生の河
    • ¬成長
      • 去年はできなかった、でも今年はできる


【参考文献】

  • LB5-10セルフエスティームの構成要素
  • いっしょに学ぼう
  • いっしょにできるよ
  • わたし、あなた、そしてみんな
  • 対立から学ぼう
  • ν




[PR]
by eric-blog | 2017-09-22 14:19 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)

あいのなさ Iがなければ愛もない 日本の「わたし」はどこへ行く?

宮崎県の人権研修で「ジェンダー用語集をつくろう」のアクティビティ実践に参加したときに語った自分自身の問題意識から、今日、ONKさんと二人ワークショップで作ってみた。

ドッキリ、ギクリとする人は、少ないのだろうなあと、「気づきのためのアクティビティ」が課題として残された。が、「未来型コミュニケーションを考える」ためのバリエーションとして使えると思った。

a0036168_14494572.jpg
a0036168_14495305.jpg

IWJ 岩上安身が語る。「個人が語ることができない国家、日本」
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/397414


[PR]
by eric-blog | 2017-09-05 14:50 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)

「傷つける言葉」とマイクロアグレッション

■言われて嫌な言葉分類表









意図なし

傷つける/攻撃性







             意図あり










無意識/押し付け/当たり前


■「言われて嫌な言葉」は、アサーティブに「嫌だ」と言おう。


  • アサーション: 非攻撃的自己主張、「わたし」の気持ちを伝える。
    • ¬事実の確認 「いま、あなたは~~と言いましたね。」
    • ¬感情の伝達 「それでわたしは嫌な気持ちになりました。それは△△だからです。」(感情の背景の価値観)
    • ¬提案  「これからは□□しませんか?
    • 指摘の受け止め方


■人種や国籍が関わるマイクロアグレッションの言葉と比べてみよう。「共通点/異質点」


■マイクロアグレッション(微細な攻撃性)の事例


  1. 1.「カルロスはブラジル人だから、サッカーうまいんだろ?
  2. 2.アルバイト先店長から「君の名前、日本語のないの?
  3. 3.「中国人なんでしょ。中国語喋ってよ」
  4. 4.「あなたベトナム人なの?全然わからなかった。大丈夫、日本人に見えるよ。」
  5. 5.「え? 君、在日なの? それでも僕はこれまで通り、何も変わらないよ。」
  6. 6.「ハーフの人はいいなあ、かっこいいし、英語も喋れるし。」
  7. 7.「君の振る舞いは普通と違うね。」 「すごく目立つね」
  8. 8.「あれ、お母さんは随分白いね」
  9. 9.「髪の毛、くるくるだあ」「髪の毛、黒じゃないんだ。」
  10. 10.「鼻が高いね/大きいね」
  11. 11.「あなたは何人なの?

参考文献

『ちがい ドキドキ 多文化共生ナビ ~在日外国人教育実践プラン集~』

大阪府在日外国人教育研究協議会、2017 参照

マイクロアグレッションhttp://karapaia.com/archives/52149171.html

日本の子どもに知っていてほしい人種差別的な言葉

http://gamp.ameblo.jp/janicaeigo/entry-12297580292.html

人権教育ファシリテーター・ハンドブック


[PR]
by eric-blog | 2017-08-23 15:45 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)

「学習された微細攻撃性 隠された悪意」

「学習された微細攻撃性 隠された悪意」

マイクロアグレッションという差別


『ちがい ドキドキ 多文化共生ナビ ~在日外国人教育実践プラン集~』

大阪府在日外国人教育研究協議会、2017


7. マイクロアグレッション 無意識の言葉が心に刺さる ~気づいてほしいこの思い~」を使って


プログラムの流れ


1. 各グループに一枚ずつ「マイクロアグレッション」カードを配る。


2. まず、表面を見て、何が問題かを話し合う。


3. 次に裏面を見て、「言われた側」の気持ちを確認する。


4. 課題は何かを話し合う。その「マイクロアグレッション」に病名をつける。


5. 情報カードで、自分たちが考えたことを採点する。


6. 時間があるなら、ここで全体共有する。病名と点数を板書する。


7. 「生活習慣病」のような差別的態度を克服するための手立てを話し合う。


マイクロアグレッション・カード 分析の視点


気づいたこと・感じたこと・学んだこと

表面 場面カード[ ]


裏面 言われた時の気持ち


情報カードを読んで


自分たちの採点をするとすれば?


表面・裏面で考えたこと/情報カードに書かれていること


そのマイクロアグレッションを診断する。

・どこで身についた?

・改善の手立ては?




■ハーフが美人なんて妄想ですから 困った「純ジャパ」との闘いの日々

サンドラ・ヘフェリン、中公新書、2012

http://ericweblog.exblog.jp/23304308/


■マイクロ ・アグレッション


「ごく普通の人々の中に巣食っている偏見や無知のせいで、無意識のうちに、言葉の中に巧みに悪意が織り交ざってることがある。これらの微妙な言動は「マイクロ・アグレッション」と呼ばれている。海外生活を送ったことのある人ならば、自分に発せられたその言葉が、褒めているのか?それとも嫌味なのか?その土地ではマイノリティである故に、わからなくなる場合があったこともあると思う。」

http://karapaia.com/archives/52149171.html




[PR]
by eric-blog | 2017-08-15 11:29 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)

PETリサイクルの課題

リサイクルの課題は何?
a0036168_11054653.jpg

[PR]
by eric-blog | 2017-06-21 11:06 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)

コッカイオンドク 6.11

5月15日に始まったコッカイオンドク。

FBでたくさんのグループがシェアされています。

6月1日 朝日新聞

6月4日 BS-TBS「週刊LIFE」
http://www.bs-tbs.co.jp/syukanhoudou/life/

6月7日 東京新聞 一面!

a0036168_15494404.jpg

台本及び解説のホームページはこちら
https://believe-j.jimdo.com

■報道されました。より

「国会審議は不条理」 「共謀罪」広がる音読 再現劇を6・11全国一斉開催(6/7、東京新聞)

審議を吟味、音読広がる 臨場感あふれる再現、苦笑いとため息(6/1、朝日新聞)

声に出して読む「共謀罪」答弁 参加者「イライラする」(5/31、朝日新聞)

「共謀罪」って大丈夫?県内でも勉強会の動き 「内容知ったら賛成できないはず」(5/29、神奈川新聞)

「共謀罪」に反対する路上寸劇披露 新潟で市民有志(5/21、新潟日報)

国会審議 朗読で「不十分」実感 金沢の主婦ら、新スタイルの政治参加(5/20、毎日新聞)

「共謀罪」質疑音読会広がる 採決「諦めない」(5/20、朝日新聞)

国会質疑を朗読 石川の主婦ら批判の声(5/20、琉球新報)

国会再現 金沢で路上音読劇 「共謀罪答弁」笑えます(5/18、北陸中日新聞)

「えー、いっぱんの方々は」 国会答弁音読の催し (5/16、朝日新聞)





[PR]
by eric-blog | 2017-06-08 15:51 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)

IALAC こんな時

IALAC I am Lovable and Capable!

こんな時、自尊感情が凹みますよね。
「わたしメッセージ」で、事実の確認、自分の感情、提案を言えるように練習しましょう。

人が育つということは、家族関係だけの問題ではないのではないでしょうか?

2017年5月10日 東京新聞より
a0036168_11365332.jpg


[PR]
by eric-blog | 2017-05-10 11:37 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)

地球の病を診断するドクターE(アース):デートDVファシリテーター基礎研修「別れさせて・・・」に参加して

デートDVファシリテーター基礎研修「別れさせて・・・」に参加して


個別支援にどんどんハマっていくのはなぜだろうか?

CAPという下地があり、「予防教育」を実践できる立場にありながら、「トークタイム」を重視し、被害者の発見や被害者や加害者からの相談への対応の研修へとファシリテーター研修を誘導するのはなぜだろうか?


教育とは、すべからく「予防的」なものであり、個別支援ではなく、わたしたちの社会形成である。そこには「わたし」自身も含まれた文化や環境、風土などがある。


いま、デートDV3組に1組ぐらい起こっている文化的、社会的状況があり、それが他の文化や社会と比較して多いのか少ないのかは知らないが、発生件数が少なくなることが教育の目標だと考える。


いまの社会のどういう特徴がデートDVを引き起こしているのだろうか?それは具体的な事例から見えてこないだろうか?


そんなことを考えた。


で、アクティビティ名は「ヒトにおける生殖対検討準備段階における行動に関する実態調査」

宇宙人の社会学者であればどうレポートすると思うか?



地球の病を診断するドクターE(アース)


以下のような行動が10%から20%の頻度で起こる社会や文化を描写せよ。
a0036168_16580655.jpg
a0036168_11093683.jpg

[PR]
by eric-blog | 2017-04-25 16:59 | ☆アクティビティ・アイデア | Comments(0)