カテゴリ:■週5プロジェクト09( 241 )

歴史和解は可能か 東アジアでの対話を求めて

343-3(1490)歴史和解は可能か 東アジアでの対話を求めて
荒井信一、岩波書店、2006

これは、買いたくなる本ですね。政治的な動きも含めて、日中韓米の状況を網羅。著者が1926年生まれと知ると、『いっしょに考えて! 教育』の完成もあせらなくていい、と思える。(そんなこと言うテント、はよやれ!)

日本の戦争責任飼料センター 共同代表
http://space.geocities.jp/japanwarres/

2005年5月10日 ベルリンに「殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑」が。何も書かれていない2731個の箱が並ぶ。「アウシュヴィッツ以降、詩を書くことは野蛮である。」byアドルノ
「詩化がなんらかの意味での美化作用をともなうとすれば、ホロコーストの記憶は無表情なコンクリートの箱によってしか伝えられないのかもしれない。むしろこの「沈黙の場」がそこをおとずれる人によびおこす思考や情緒によって記憶が持続し発展していくことを願ったのではないか」11

歴史和解の目的は傷ついた人たちの心を癒し、世界を平和的に再結合すること。11

相手の心にとどく和解のプロセスが必要である。13

和解の文化

小泉首相は、単純化されたフレイズと、靖国参拝のようなパーフォーマンスを繰り返すことによって大衆の心理を戦争国家へ誘導しようとしている。85

拉致問題に関連して
「在日の子供たちへの罵言雑言や嫌がらせはその後も続いた。・・・排外主義やねづよくのこる帝国意識の露頭が、コリアン社会に生まれたというだけの理由で子供たちに罪を問い、糾弾の対象とするのは何ともやりきれない事態であった。」135

「学徒兵たちはさまざまな契機から、日本の戦争の侵略性を認識したが、かれらが従軍体験を通して痛切に感じたのは、日本の「近代」の限界であった。」154
・ 旧式の大砲 軍事力の科学技術的後進性
・ 軍事的農奴的日本資本主義の脆弱性

近代化論の延長上に、中国革命への熱狂 156

さらに、著者は終章において次のようなドイツの青年のための交流学習施設を日本にもと提案する。
1.アウシュヴィッツの経験は、人類が忘れるにはあまりに痛切な経験である。
2.われわれはそこから学び、未来のための結論を引き出すことができる。

「近隣のアジア諸国との間の近現代史の歴史事象の扱いに国際理解と国際協調の見地からの配慮がなされること」船橋洋一の提案 283

斉藤一春 「中国・歴史教科書の新しい方向性」、『未来をひらく歴史』
船橋洋一「過去克服政策を提唱する」『世界』2001年9月号

日本・中国・韓国=共同編集
『未来をひらく歴史』
『미래를 여는 역사』
『东亚三国的近现代史』
2005年5月26日
[PR]
by eric-blog | 2010-03-30 16:28 | ■週5プロジェクト09 | Comments(0)

うわさ もっとも古いメディア

343-2(1489)うわさ もっとも古いメディア
J.-N.カプフェレ、法政大学出版局、1993年増補版

『いっしょに! 人権』で引用しているのに、まだ週5で
紹介していないことに気づいた。

初版は1988年、原著は1987年。

引用の意図は、「うわさを共有していることが集団の証」というところだった。

「誰にも言わないでね」と話したことが、次の日には地域の人が知っていた。
なんてこと、よくあるよね。わたしはこれは典型的に日本的な集団意識だなと思っていたのだけれど、このフランス人研究者が、同じことを指摘していることに驚いたのだ。同じことを知っていること、信じていることが、集団の証なのだと。

今回はこんな部分も紹介しておこう。「大げさな説明の快楽」102-

単純な説明と複雑な説明とでは、われわれは後者を好むのである。

103-105
その実験は、偽のフィード・バックの、きわめてよく知られた原理を利用している。AとBの二人の被験者は、同一の作業をまさに実行しなければならない。健康な細胞と病気の細胞を見分け、その結果についての正誤のフィードバックが即座に与えられる。Aのフィードバックは忠実である。Bのフィードバックは操作されている。
Aは見分け方をだんだんと習得し、いくつかの基準に基づく単純な説明を示す。Bの説明は複雑である。
AとBを論じあわせると、AはBのその複雑さに参ってしまうのだ!

うわさもまた説明体系である。・・・一般的に言って、うわさが突飛で手が込んでいるとき、人の気に入るのである。

マリー・ベナール事件 うわさのために禁固5年という事例。208
「大部分の裁判事件にも、うわさが存在している。」

増補版では、最初の出版以来の議論も紹介されている。
[PR]
by eric-blog | 2010-03-29 10:43 | ■週5プロジェクト09 | Comments(0)

歴史和解と泰緬鉄道

343-1(1488)歴史和解と泰緬鉄 道

ジャック・チョーカー、朝日新聞出版、2008

1942年のシンガポール陥落からから1945年の日本の敗戦による解放まで、戦争捕虜として3年以上を過ごしたイギリス兵であり画家。その画集に出会った小菅信子さんが、日記と合わせて、出版したもの。

戦争という状況が引き起こした残虐と暴力。それは連合軍の捕虜にだけの体験ではない。ビルマから徴用された人、現地の住民。日本軍であった韓国人。
植民地支配をしていたイギリスとマレーの関係。

支配・被支配、暴力の連鎖がアジアで錯綜する。

しかし、この本は、もう一つの『戦場にかける橋』を提示しようとしているのではない。和解の在り方を探るために出されたのだ。

であれば、解せないのは、南京インシデントについてのジャックの記述について、ことさらに「今日、多くの日本人読者が、バーガミニに依拠したこの部分の叙述に不満を感じ、反論を欲するだろうが、」30という表現が解せない。
また、「アジア人労務者に関する記述を・・・もっと多めに書き加えることができなかったのかと残念に思います」271というのも解せない。
何より欠けているのは植民地支配をしていたイギリスそのものについてだと思う。

そして、それは南京インシデントや第二次世界戦争についての日本人の回顧についても同じことだと思う。

「より上位のアイデンティティによってしか協力できない」という視点を思いだす。なぜ和解を求めるのか。それが未来の世代のためでもあることを考えると、和解は教育の課題でもあることは確かだ。

『死の鉄路 泰緬鉄道 ビルマ人労務者の記録』 リンヨン・ティッルウィン、毎日新聞社、1981、原著1967年

ericかくた なおこ
[PR]
by eric-blog | 2010-03-28 20:38 | ■週5プロジェクト09 | Comments(0)

有機農業推進法

WCFnougyou100323

23日は、ツルネン・マルティさんの「有機農業推進法」についての現状と展望をお聞きしました。
◯フィンランドでは有機農業による食糧供給率が10%
◯フィンランドでの残飯のリサイクル率は70% 飼料に、堆肥に、エネルギー源に 日本は90%が焼却されている。

有機農業をすすめることは、食の安全、環境保全、自然に学ぶことにつながる。有機農業から、給食、食育、農業体験へなど、ビジョンは壮大に広がっていました。
確かに、「幼児期の環境体験」をすすめることを考えても、食農教育の推進は必要ですね。何よりも、子どもたちを安全に外に連れ出すことのできる条件として「場」「人」「時間」の確保があります。ファシリテーターを増やす。そのための仕組みづくりが求められますね。でないと、人材育成=高等教育=大学となってしまい、大学改革を考える無限ループに入ってしまいます。

現在の世界で、肉食などに穀物をまわさなければ、食料生産は一人当たり2786kcalあるという情報も再度確認できてよかったです。

ルナ・オーガニックの安田けいこさんのプレゼンでは、食事のカロリー摂取の構成が
・ 肉類 16%
・ 油 16%
・ 小麦 13%
合わせて45%で、これらのほとんどが海外からの輸入であり、この構造させ変えれば、自給に近づけることは可能であるとのことでした。また、1600万トンほどのトウモロコシをUSAから輸入、その3/4が飼料に使われている。米、魚、大豆中心の食に戻すこと。

会場は紙パルプ会館、屋上で「銀座のみつばちプロジェクト」をやっている、とのこと。「銀座のママが・・」というのが二回ほど出てきて、その度に聴衆に受けていて、?でした。

25名ほどの参加者が、最後に1分ずつ自己紹介しました。ネットワークを作り出したいという気持ちを感じました。

■参加者および関連団体情報
新しい公共をつくる市民キャビネット
農都地域部会
NPO自然復元協会
NPOさいたまネット
どんぐりファーム
ミレニアム・シティ
里山元気塾
食養生
パルシステム

最後の自己紹介が、ダイアログBarからのご案内のゆえんなのでしょうか?

ふりかえりの質問にも進行について、という項目がありました。

-- 人権尊重文化の推進3原則 --
○排他的ではなく包容力のある文化 Inclusion
○ヒエラルキーではなく対等な関係 Equity, Power Shared, Empowerment
○リスクを避けるのではなく、変化のプロセスに挑戦する Process Mind
-------------------------------

[PR]
by eric-blog | 2010-03-24 14:08 | ■週5プロジェクト09 | Comments(0)

つながり ゆるりと 小さな居場所「サロン・ド・カフェ こもれび」の挑戦

342-2(1487) つながり ゆるりと 小さな居場所「サロン・ド・カフェ こもれび」の挑戦
うてつあきこ、自然食通信社、2009

NPOもやい が交流の場として、飯田橋近くに一軒家をゲット!

援助職として家庭訪問をしているうちに、「一対一」で引き受けていくことの重さに、違和感を募らせていた著者は、ここを「みんなで共有していく場」にしていきたいと思った。

サロンが開かれるのは週に一回だけ。そして、スタッフは基本的に無給。

何かを共にすること、人の役に立つこと、で、「自分の存在感」「いていい存在なんだ」と思えるようになっていく。それほどにホームレス、失業などの失敗体験は人を圧迫する。

さらにさらに、独自ブランドの焙煎コーヒーを作り出すプロジェクト。
それがホームレスと東チモール、地域と世界、自立の問題をつなげていくきっかけとなった。

いろいろな個性が集う場。

もやいの 湯浅さん、稲葉さんら男性と、女性であり、また援助職という職業にある著者とでは、つながり方が違う。同じつながり方はできない。それは「期待」の違いなのだという。

サロンの母 的存在になってしまったいま、次の自分自身とかかわりのあり方を探っている。

ホームレスであるということは、墓場にまで差別がついてくる。「もやいの墓」は、そんなつらい思いの中から生まれた。

人のつながりを、作り出す意志が、ヒトを人にしている。

そんなことの再発見と実証実験、experiential learning and being 広がるといいですね。

**********わたしの、あなたの、みんなの 共有・成長のための視点**********
**********今日は「エンパワメントにつながる評価」について**************
一人ひとり、そしてみんなのエンパワーメントにつながる評価

1.向上につながること
2.コミュニティに対するオーナーシップにつながること
3.包摂的であること、包容力があること
4.民主的参加があること
5.社会正義にかなっていること
6.コミュニティについての知識につながること
7.科学的根拠、証拠に基づいた方略につながること
8.能力育成につながること
9.組織的学習であること
10.説明責任が果たせること


[PR]
by eric-blog | 2010-03-24 09:06 | ■週5プロジェクト09 | Comments(0)

妹とバスに乗って

342-1(1486)妹とバスに乗って
レイチェル・サイモン、早川書房、2003
原著 Riding the bus with my sister 2002

障害のある妹と、作家であり大学でも教えている忙しい姉の交流を描いたもの。
姉(この本の著者)は、忙しさで自分自身を保っているような人。一人で生活している妹が、「一年間、わたしと一緒にバスに乗ってみて」と提案する。

妹は、朝の5時半の始発バスから、夕方まで、市内のすべての路線バスを乗り継いで一日を過ごす。バスの運転手の多くとは仲良しで、受け入れられている。

バスの運転手と客は、ファーストネームで呼び合い、会話する。
ベス(妹)は、運転手の右手後ろ、バスの昇降口すぐのところがお決まりの席だ。
姉は、妹と運転手のかかわり、交流を通じて、障害のある妹をサポートしてやろうとする運転手の心や考えに触れ、バスで展開する人間的な関係や交流を(いいのも、悪いのも含めて)、それに対して妹がどのように励まされたり、生き延びる術をみにつけてきているかを見る。
そして、彼女は、割り切れないままにひきずっていた自分自身とパートナーとの関係、人生の味わい方を取り戻していく。

日本の都会のバスでは考えられないなあ。

ベスの知的障害は軽い方で、以前はスーパーで働いてもいた。しかし、退屈な仕事にやる気が続かず、やめてしまって、いまは、障害者に対する援助によって暮らしている。

ケア・コーディネーター、医療関係支援者、日常のサポートなど、障害者支援の体制も垣間見え、以前紹介した子どもの養護プログラムの支援体制とも合わせて、興味深い。というのも、ベスも「グループホーム」に入っていたのだが、個別支援体制に援助プログラムが移行したために、一人暮らしになってという経緯が、子ども養護を家庭単位でというのに共通しているからだ。

人が生きるのをサポートするのは、人の心なのだということがしみじみ伝わってくる物語だ。


『きょうだい』は、障害のある人の兄弟姉妹として育った人々の物語。

-- 子どもの心を手にいれるために捨てる心の三大ゴミ--

「決めつける」「支配する」「正しくあろうとする」

---心のシンプルライフ--------ヒュー・プレイサー----

[PR]
by eric-blog | 2010-03-23 12:32 | ■週5プロジェクト09 | Comments(0)

経営者に贈る5つの質問・プロフェッショナルの条件

341-6(1485)経営者に贈る5つの質問
P.F.ドラッカー、ダイヤモンド社、2009

非営利組織のためのマネジメントにも紹介された5つの質問を、企業経営者にも向け、答えてもらったもの。

ドラッカーの5つの質問
1. われわれの使命(仕事)は何か?
2. われわれの顧客は誰か?
3. 顧客は何をかつあるものと考え るか?
4. われわれの成果は何か?
5. われわれの計画は何か?

建設的不同意の大切も、再度強調されている。

ビジョン
ミッション
いくつかの絞り込まれたゴール


計画における五つの要素 廃棄、集中、イノベーション、リスク、分析 75-76

ミッション→ゴール→目標→アクション・プラン→予算→評価→ミッション

終わることのない自己評価のプロセスが、成果を生み出していく。78

組織が成果をあげるための8つの条件 89
1.いち早く変化を捉える
2.ミッションを定期的に見直す
3.階層を排除する
4.前提を鵜呑みにしない
5.言葉を一貫させる
6.全員がリーダーシップを共有する
7.リーダーが確固たる存在である
8.成果をきちんと自己評価する

この本の使い方 大急ぎでは読まない。使う。98

以下『プロフェッショナルの条件』ダイヤモンド社、2000年より

マルクス主義はなぜ失敗したのか 14

何が、あの資本主義固有の矛盾、プロレタリアの疎外と窮乏化、そしてプロレタリアそのものをなくしたのか。その答えが、生産性革命だった。
今から250年前、知識はその意味を変え、道具、工程、製品に応用された。これが今日、ほとんどの人たちにとって技術が意味するものであり、技術系の学校が教えているものである。・・・1881年、ひとりのアメリカ人、フレデリック・ウィンスロー・テイラーが、仕事そのものの研究、分析、エンジニアリングに知識を応用した。
18
テイラーのもたらした最大の福音は教育訓練にあった。

22
テイラーが活躍し始めたころ、労働者の10人に9人は、肉体労働、すなわち製造業、農業、鋼業、輸送業において、物を作ったり運んだりしていた。・・・しかし、この生産性革命も終わった。・・・物を作ったり運んだりする人たちは、労働力人口の5分の一にまで縮小した。・・・今後問題となるのは、非肉体労働者の生産性のほうである。そしてそのためには、知識の知識への適用が不可欠となる。

新しい意味における知識とは、効用としての知識、すなわち社会的、経済的成果を実現するための手段としての知識である。・・・知識を知識に適用した結果である。これが知識の変化の第三段階、おそらくは最終段階である。
・・しかも、今日、知識は「いかなる新しい知識が必要か」「その知識は可能か」「その知識を効果的にするためには何が必要か」を明らかにするうえでさえ、意識的かつ体系的に適用されるようになっている。知識はイノベーションにも不可欠である。

産業革命
生産性革命
マネジメント革命

28
いまや知識とされるものは、それが知識であることを行為によって証明しなければならない。今日、われわれが知識とするものは、行動のための情報、成果に焦点を合わせた情報である。その目的とするものは、人間の外、社会と経済、さらには知識そのものの発展にある。
29
一般知識から体系化された専門知識への重心の移行が、新しい社会を創造する力を知識に与える。・・・専門知識の社会において、真に教育ある人間の要件は何かという問題である。

108
成長と自己変革を続けるために
1.ビジョンを持ち、努力を続ける
2.仕事において真摯さを重視する
3.日常生活の中に継続学習を組む
4.自らの仕事ぶりを評価する
5.期待を記録し、実際の結果と比較する
6.新しい仕事が要求するものについて徹底的に考える
7.自らの啓発と配属に自らが責任を持つ

149
問題は4種類ある
・ 基本的な問題か、例外的な問題か
・ 基本的な問題の兆候にすぎない問題
・ 真に例外的なことか、それとも、まだ分からない何か新しいことの最初の現れか

問題解決の必要条件は何か
何が正しいか
決定を行動に移す
フィードバックのしくみをつくる


227
自らの成長のためにもっとも優先すべきは、卓越性の追求である。

79-5-371 非営利組織の「自己評価手法」 ◎参加型マネジメントへのワークブック
●発行日:1998年9月16日4版
●編著者: ピーター・F・ドラッカー
●発行所:ダイヤモンド社
[PR]
by eric-blog | 2010-03-19 11:16 | ■週5プロジェクト09 | Comments(0)

ルワンダ中央銀行総裁日記

341-5(1484)ルワンダ中央銀行総裁日記
服部正也、中公新書、2009

1972年に出版されたものに、1994年のルワンダ動乱についての中央公論への寄稿と、その後のルワンダについての大西善久さんの解説を増補。

1961年に大統領選を実施、ベルギーから独立。日本銀行に20年、勤務していた服部さんは国際通貨基金からルワンダの中央銀行総裁にと招聘された。1965年から6年間の経験を綴ったもの。

中央銀行の仕事をこれほどわかりやすく読める本もないのではないかと思う。

途上国が国際資金によって国際市場向け第一次産品の生産に力を入れた結果、価格が低下、債務に陥るという構造はよく聞く。しかし、服部さんは在任中に国際価格の下落で本当に困ったのは1969年の一度だけだったと。

外国人社会とルワンダ人社会の二重構造を解決し、ルワンダ人中心のための財政計画を立案。それは農業中心と、ルワンダ人商人による国内流通の促進。人口密度の高いルワンダは90%が農民。勤勉な農作と小ビジネスの振興、そしてもう一つ、鉱山収入。それが服部さんが立てたビジョンだ。

徹底してアフリカ人差別意識を排して、外国人によるアフリカ人についての情報と見方を鵜呑みにせず、ルワンダ人から聞こう、知ろうとした姿勢。

だめにするのも、よくするのも人なのだ。
[PR]
by eric-blog | 2010-03-19 10:19 | ■週5プロジェクト09 | Comments(0)

Yes, andですべてはうまくいく!

341-4(1483)Yes, andですべてはうまくいく!
樋栄ひかる、幻冬舎、2006

No, butというのは聴いたことがないが、Yes, butというのはよくある言い方だ。
それはYesと言いながら、実は反対している。

Yes, andという相手の提案に乗って行く言い方をしてみようというお話。
というのも、乗っていくためには相手をよく観察しないといけない。要望ではなく、本心に耳を傾けなければならない。

ある日、ポケットに「すべてのことをYes, andで受け止める」と書かれたカードが。やってみよう!

そしてDREAMを忘れずに。

Dream夢
Reality現実
Enthusiasm熱意
Action Plan行動計画
Make it!実行

うまいねぇ。
[PR]
by eric-blog | 2010-03-18 07:52 | ■週5プロジェクト09 | Comments(0)

幼児期に育つ「科学する心」 すこやかで豊かな脳と心を育てる7つの視点

341-3(1482)幼児期に育つ「科学する心」 すこやかで豊かな脳と心を育てる7つの視点
小泉英明、秋田喜代美、山田敏之、小学館、2007

ソニー教育財団は、幼児教育支援プログラムを行なっている。この本はその支援を受けた保育園・幼稚園の実践の紹介と、理論編、そして著名な科学者たちに対するインタビューで構成されている。

http://www.sony-ef.or.jp/preschool/

7つの視点
視点1感動し想像する心
視点2 自然に親しみ驚き感動する心
視点3動植物に親しみ、命を大切にする心
視点4ひと・もの・こととのかかわりを大切にして、思いやる心
視点5遊び、学び、共に生きる喜びを味わう心
視点6好奇心や考える心
視点7表現し、やりとげる心

1996年から始まった科学教育運動も紹介されている。87
大学と現場の協力や、地域との連携が求められるということ。

「科学する」保育実践は次の三部で紹介されている。
A 感じる・気づく
B 考える・試す
C 経験を重ねる、納得する

北海道札幌市 もいわ幼稚園がこれまでの研究でわかってきたことをまとめている。

● 自然事象や自然環境を生かす
● 自分の思いを出し合える関係づくり
● 五感を通した直接体験
● 保育の計画と柔軟性
● 幼児の力を信じる
● 見えないものを見ようとする力

関係づくりの必要性にはうなづいた。

「見えないものを見ようとする力」を子どもにのばすというのは、とても広がりと深まりのある表現だ。
[PR]
by eric-blog | 2010-03-17 09:01 | ■週5プロジェクト09 | Comments(0)