Esteem Builders   自尊感情を育てる

324-3(1405) Esteem Builders
Michele Borba,
Jalmar Press, 1989

自尊感情を育てるために教員ができること、そして教員に求められる資質などについてとても包括的にまとめてある本。結構分厚い。何かというと引用したり、研修プロップにしたり、配布資料として使っているのに、このブログで紹介しないのはいかがなものかと。

アサーションの12の権利についても、鈴木さんのワークで触れ、この本で確認したようなものでした。お世話になっています。

Five Components of Self-esteem セルフ・エスティームの5つの構成要素

Security安全、安心、信頼
Selfhood自画像、自己意識
Affiliation所属とつながり
Mission目標と責任
Competence成功したという感情・効力感

セルフ・エスティームを育てる環境を表わすキーワード

caring互いに暖かい
nonthreatening恐怖・脅しのない
accepting受容的
supportive支援的
trusting信頼
encouraging奨励・はげまし
secure安全
comfortable心地よい
inviting迎かえ入れる・誘う
warm暖かい
nonjudgmental偏見・予断のない
positive肯定的な


自分自身について、次のチェックリストでふりかえってみよう。


セルフ・エスティームを高めることができる人とは(p.5)
生徒の自分自身に対する意見をよりよい方に変えることができる。
生徒のセルフ・エスティームに多大な影響を持つ
効果をあげるためには、生徒から価値があり、重要で、大切だと思われている。

必要な資質(p.6)
生徒に対する心からの興味と関心
生徒から重要だと思われるような個人的なラポート
各人の肯定的な資質を素直に認める
生徒の自己イメージは変わると本当に信じており、そのことを自信をもって生徒に伝えることができる。
生徒が自分自身についてよりよく感じることができるように努力し、時間をかけようとする態度。
生徒に自分を開き、個人的な資質や体験を彼等と共有しようとする態度。
信頼できる関係を創ろうとする欲求と、頼れる、信頼できる誰かであろうとする気持ち。
自分自身の自画像を時々にふりかえり、役割モデルとしての意識を持っている。

Esteem Buildersというのは、教育でできる配慮だ。

人間は一生伸びていく存在だから、無理する必要はないが、でも、自分で考え、自分で選びとったよりよい人生を目指して努力しよう。
[PR]
by eric-blog | 2009-11-11 10:53 | ■週5プロジェクト09 | Comments(0)
<< Itと呼ばれた子 幼年期、少年... 子どもと若者の参加 事前チェッ... >>