世界史のなかの台湾植民地支配 台南長老教中学校からの視座

世界史のなかの台湾植民地支配 台南長老教中学校からの視座

駒込武、岩波書店、2015

2796冊目


大学、キリスト教系、植民地。



1. 植民地帝国大学   台北帝大、京城帝大

2. 植民地キリスト教系学校 台南長老教中学、淡水中学、など。

3. 内地キリスト教系大学  上智大学、同志社大、立教大学、関西学院大学


この三つが重なるカテゴリーとして植民地におけるキリスト教系大学がある。


1の大学はほぼ100%内地人が教授。学生数も少ない。

2は教会を手掛かりに自治を引いていたが、30年代になると排撃運動に晒された。

3. は常に学校閉鎖の攻撃にさらされていた。


内地におけるキリスト教系学校の変質状況 623


1.神社参拝

2. 御真影下賜

3. 日本人校長就任


a0036168_12071088.jpg
                            640ページより


排撃運動が展開された時期 641



内地のカトリック系学校 1932-33

台湾のプロテスタント系学校 1934-36

朝鮮のプロテスタント系学校 1935-36

内地のプロテスタント系学校 1937年以降


そして、そのような弾圧をどう生き延びたかが、戦後にも影を落としている。

台南神学院で指摘されたこと。「戦後のことにも関心を持って」705あとがきより



[PR]
by eric-blog | 2017-05-23 12:09 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)
<< 憲法と民主主義の論じ方 単身急増社会の希望 支え合う社... >>