二重言語国家・日本

二重言語国家・日本

石川九楊、中公文庫、2011、単行本1999

2791冊目


秦の始皇帝の統一した政治文字によって古代宗教文字段階を脱した字画文字・漢字。紀元前200年ごろに起きた奇跡。136


万里の長城は、この言葉のありようの違いに生じるヨーロッパとアジアの区別の誕生の象徴。


文字中心言語vs声中心言語(音写文字)


紀元前1400年ころ、古代宗教文字の誕生によって文明段階に入った東アジア。

そして日本列島では、無文字の縄文時代と、有文字の弥生時代。


縄文時代を賞賛する人もいるが、その間に文字化に起こった変化に取り残された長さであったことも自覚すべだろう。134


日本語は古今和歌集が編まれた900年代に成立した1000年程度の歴史。


「人間は言葉する存在であり、人間的な意識は言葉によって生み出され、また、人間的意識は言葉として世界に立ち現れようとしてのたうちまわる。」130


日本の歴史を整理すると

第一段階: 多数の言語に分かれた国家も国境もない無文字時代(汎太平洋、汎アジア時代、紀元前200年頃以前)

第二段階: 漢語漢文漢字を公用語とし、無文字の生活語との二層の言語をもつ大陸国家の一部と見なされる時代。(BC200-AD650ころ)

第三段階: 政治的に中国から独立、文化的に中国的な時代。中国語を倭語に翻訳する訓法、倭語を中国語に翻訳する音法とをもつ翻訳文字・万葉かなの発明。(擬似中国時代。AD650-1000年頃)

第四段階: 女手、ひらかなカタカナ、和様漢字という三種類の日本文字の発明。漢和和漢の二重複線言語・日本語を確立した時代(日本時代、1000年以降)

第五段階: 基本構造を整えた二重複線言語・日本語に対して、中国の同時代(宋元明)の言語が流入し、内実を高めた中世。


文字の誕生は言葉が言葉を生産することを可能にした。133


甲骨文字は3千数百。これが漢代になると9000字に。


「ハンコ社会」が無責任体制につながっているというのは興味深い指摘だ。100


天皇は和歌を治める象徴として正月に歌会始を行う。159


そのような日本語が全国に浸透したのが武家社会も含めて中世以降ということになる。



[PR]
by eric-blog | 2017-05-19 11:46 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)
<< 帝国と学校 GPWU 第五回 1/3クール... >>