フクシマの荒廃 フランス人特派員が見た原発棄民たち

フクシマの荒廃 フランス人特派員が見た原発棄民たち

アルノー・ヴォレラン、緑風出版、2016

2771冊目


もうこれ以上を何をフクシマについて知るべきだろう。多くが語られ、多くが映画化され、多くが写真に収められて来たのではないか?


しかし、特派員から見たものは、さらに厳しい現実だ。


誰も何も語ろうとしない、という現実。


そして、語った人々が、消されて行く闇。


本当に怖い相互監視社会がそこにある。そして、そのような監視社会の中のコネで職と収入を得て、被ばく線量を積み上げて行く労働者たちの姿だ。


狭い、のである。フクシマは。


20万人。


9章。フクシマの子。

AFWを立ち上げた吉川さんへのインタビュー

http://a-f-w.org



10章 フクシマをつくった男


名嘉幸照、東北エンタープライズ会長へのインタビュー。

http://www.tohoku-enterprise.com


11章 日本原子力ムラ


古い体質のままの原子力規制委員会。


彼らが望むのはフクシマの沈静化だ。色々な意味で。


放射性物質吸引掃除機のアイデアを語る清水建設、松崎雅彦。

次に会った時、彼が異動していた先は、東京オリンピックの会場建設であった。


ページはめくられる。




[PR]
by eric-blog | 2017-04-26 10:49 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)
<< 不寛容の本質 沖縄 石垣島議員 いじめ問題 >>