天命反転住宅 テキスト&見学会

三鷹天命反転住宅 ヘレン・ケラーのために
荒川修作+マドリン・ギンズの死に抗する建築
水声社、2008
2757冊目

見学会はこちらから。
http://www.rdloftsmitaka.com/tour/

2017年4月15日土曜日 午後2時から3時半まで。参加しました。

床の感触、天井の高さの変化、四つの形のコンパートメントの組み合わせ、とても面白かった。

でも、コンクリートはまだ冷たく、心底からだが冷えてしまい、骨の傷を今だ抱える身としては、大打撃を受けてしまったよ。実際問題、天命反転してしまった感がある。

戸外の施設なら良いのかもね。

a0036168_09183771.jpg

先週末に外観だけ見に行ったけれど、狭い敷地に建てられていることに驚きました。
多彩な色を使うこと。いいなあ。

○使われている色は14色。一眼の中に6色以上が入ることで「色を数える」ことをさせない。多様性のメッセージだけが届く。
○材質や形も同様。多様であるから、常に新しい感覚を発見する。

「目隠し散歩」のような活動もした。意外にどのコンパートメントも小さいことに驚いた。「一間(いっけん)」のような大きさが生かされているように思った。目で見ているときは広く感じるということは、からだをいっぱい伸ばして動いていることはあまりないということだね。

はしごやポール、つり具なども面白かった。竹沢のログハウスにも取り入れよう!



どれもこれも行ってみたい!


養老天命反転地
https://retrip.jp/articles/5449/

奈義町現代美術館
http://www.town.nagi.okayama.jp/moca/access.html

2010年に74歳で没。荒川修作。すごい人ですね。

[PR]
by eric-blog | 2017-04-13 09:20 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)
<< 近代書き言葉はこうしてできた 12のものの見方・考え方 >>