アフリカ人、イクイアーノの生涯の興味深い物語

アフリカ人、イクイアーノの生涯の興味深い物語

オラウダ・イクイアーノ、研究社、2012

2939冊目


1745年にアフリカのナイジェリアに生まれた著者が奴隷狩りにあい、大西洋を渡ってイギリス海軍の将校に買われる。そこから海軍とともに七年戦争に従事、商船オーナーに買われたりと、結局は海運にずっと携わり、様々な国を訪れ、自らも商売を手がけて、解放証明書も得て、自由奴隷として行きていく。


天国への道も彼の心を捉えていた。海での生き残りは運次第でもある。

そして、そのキリスト教への帰依が、彼の生涯をも救う。


この時代の描写に必ず出てくるアフリカ人、奴隷。しかし、彼らの内面の声を表したものは少ない。それだけにこの自叙伝の価値は高い。


1797年ロンドンにて死去。


[PR]
by eric-blog | 2017-11-20 08:52 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)
<< 教員の長時間労働 はだしのゲン わたしの遺書 >>