何がいいかなんて終わって見ないとわかりません。

何がいいかなんて終わって見ないとわかりません

ミゾイキクコ、株式会社KADOKAWA、2017

2876冊目


2010年から2015までのTwitをまとめたもの。


1934年生まれ。2010年からTwitterでつぶやき始め、現在9万人以上のフォロワー数。って、この出版時には56,000人となっていたのだから、今も急増中。


わたしはSNSFBだけなので、あまりTwitterの面白さはわからないけれど、短い中にも端的に表現されている「あの時代」は若い人々にとっては貴重だろうなあ。


「昔は丈夫な人だけが長生きした」

「お金がないから家でひっそりしてるだけ」

「そして死んでいった。」

「生活保護がなかったから子供と一緒にしたに過ぎないのだ」

「社会の箍はあったが、麗しい絆ではなかった。」  124-5


「戦時中に国民学校の生徒だった私たちは

アメリカ兵やイギリス兵は弱くて

すぐ降参してしまうのだと教えられた。

彼らは投降することを恥とは思わず、

生きること、命を大切にすることを考えていたのでと、

敗戦後知った。」94-95


「わかってほしい場合には誠実が一番。

非難では通じませんから。」22


「自分がされて嫌だったことは、

人にもしないと考える人と、

自分がされたんだから

今度は私がやる番だと思う人。

後者は品性下劣。」16-17


「危ないことさせない、ひどいことは見せない。

そういう教育がずっと続いています。

それで、ものの判断ができるとは思えません。」84-85


「国民全員が政府を監視など

できないように仕組まれるのです」88-89


「効果がなくても意思表明は必要」118


「誰のおかげで食べられるんだ、

なんていう男は配偶者を決して

愛していませんよ。

いてくれるだけで働く張り合いがある

と言うのが、女を愛する男。」136-137


「考えなしの女は、

自分で自分の首を絞めている

ことに気づかない。

考えなしの女は、

女の敵である。」142


頑張れ!83歳。



[PR]
by eric-blog | 2017-09-12 11:19 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)
<< 「テロとの戦い」を疑え 紛争地... 三里塚のイカロス >>