PRIME「特集 国境・国籍の壁と軍事化の現在」

PRIME「特集 国境・国籍の壁と軍事化の現在」

2748冊目



特集

国籍の剥奪と安全保障化新垣修

島のうわさと記憶古屋晢

在日朝鮮人の「国籍」と朝鮮戦争(1947-1952)鄭 栄桓


これらの特集記事のタイトルを読んでも、特集の意味がわからなかった。どこに軍事化があるのか?と。てっきり竹島や尖閣列島問題が国境に絡んで論じられているものとばかり思って、ページをくったからである。


しかし、ちょうど『ルポ 思想としての朝鮮籍』を読んだばかりであり、鄭 栄桓さんの論文はとても参考になった。「朝鮮籍」はいかにしてできたかの歴史的な経緯がまとめられている。いまも3万人を超える朝鮮籍の在日朝鮮人の方がいるのだ。

http://ericweblog.exblog.jp/23757315/


19651026日の政府統一見解。「もと朝鮮戸籍に属し、日本国内に居住していたまま日本国籍を失い外国人となった特殊事情から、旅券またはこれに代わる国籍証明書を所持していないので、便宜の措置として『朝鮮』という名称を国籍欄に記載したもの」37


国籍ではない。


朝鮮人はサンフランシスコ講和条約の発効とともに日本国籍を喪失したとみなされた。


植民地時代は朝鮮戸籍 遠藤正敬『近代日本の植民地統治における国籍と戸籍 満州・朝鮮・台湾』明石書店、2010


1947年外国人登録制度に登場。外国人登録令52日 勅令第207号 朝鮮人は外国人登録の義務。違反した場合は退去強制。

1948年 大韓民国、朝鮮民主主義人民共和国が樹立される。翌年、韓国が駐日代表部を設置、在外国民登録法を公布。登録を呼びかけ。

1949年 外登令改定、罰則の強化と2年毎の切り替え制度。「(出身地)」表記消える。

1950223日、国籍欄の「朝鮮」を申請を通じて「韓国」「大韓民国」に訂正できる。「朝鮮民主主義人民共和国」の記載申請は受け付けない。

朝鮮人男性と結婚した日本人女性の外国人登録は本人の選択により「韓国または朝鮮」

1951121日、当該国の国籍取得の証明書を求める。「韓国から朝鮮」への変更は認められない。2月、「韓国」は国籍表示とされる。


1952428日、サンフランシスコ講和条約の発効、「朝鮮及び台湾は日本国の領土から分離することとなるので、これに伴い、朝鮮人及び台湾人は、内地に在住している者を含めて全て日本国籍を喪失する」。在留資格は継続。台湾人は「中国籍」に統一。

621日、外務省通達。一斉切り替えにおいて、旧証明書の記載事項を継続することができるとした。


これらの動きは朝鮮国連軍に対する日本の援助と連動。朝鮮戦争の基地国家としての日本の戦後体制に結びついたものになった。56


37ページにも及ぶ論文である。


国籍は移動の権利にも関わってくる。そして、いま、「先天的」な国民であっても、国籍剥奪がIS、テロに絡んで行われるようになった。(イギリス、2002年国籍法改正)


国境・移民管理の厳格化。軍事や安全保障との連動。


無国籍者になるとしても市民権を剥奪できる。(2014)


2015年、オーストラリアも同様の法改正。


しかし、このことによって、「ヘイトクライムの犠牲になるなどの不利益をすでに被っているマイノリティ集団は、社会から一層切り離され孤立感を深めるだろう」と著者は指摘する。「疑念の文化」が広がっている。10




[PR]
by eric-blog | 2017-04-04 15:53 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)
<< コレモ日本語アルカ? 異人のこ... 週5プロジェクト2016年度 >>