弟の戦争

弟の戦争

ロバート・ウェストール、徳間書店、1995

Gulf1992

2862冊目


作家のできることって、すごいね。猫の視点から戦争を描いてみたり、弟が交信しているイラクのラティーフと言う男の子の目を通して湾岸戦争を描いたり。


とにかくすごいの一言。



[PR]
by eric-blog | 2017-08-17 17:00 | □週5プロジェクト17 | Comments(0)
<< 『焼き場に立つ少年』は何処へ ... ちがい ドキドキ 多文化共生ナ... >>